栗の木の剪定は時期が大切!剪定方法と栽培する際のポイントについて

2021.4.30

栗の木の剪定は時期が大切!剪定方法と栽培する際のポイントについて

栗は秋の味覚にも数えられ、多くの方に認知されている植物と言えます。野山や住宅の庭など、様々な場所で見られる植物ですが、しっかり実を付けるためには正しく育てることが大切です。

そのため剪定方法や育て方をお探しの方も多いのではないでしょうか。今回は、適切な栗の育て方や剪定について、注意点も踏まえてご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

栗の木を栽培する際のポイント

庭木として栗を植えてしっかり育てたいとお考えであるなら、栗の木の剪定だけではなく育成のポイントもしっかり把握することが大切です。

ここでは、栗の育て方をポイント別に見ていきます。

日当たりのよい場所に植える

栗の木を植える場所は、なるべく日が十分に当たる場所を選ぶのが適切です。日当たりが良好であれば、十分な栄養を蓄えてしっかり実ってくれる可能性が上がるはずです。

水やり

基本的に土が乾いたら水をあげるようにしましょう。環境や土質、湿気の影響により土の乾き具合も変化することが考えられます。

そのため栗を植える地域の特徴をしっかり把握すうことが大切な要素と言えます。

病害虫に注意!

植物は、生き物と同じく病気にかかることもあります。成長を妨げるだけでなく、最悪の場合枯れる原因にもなりかねませんので、しっかり対策することが大切です。

また、害虫が寄生しているようであれば、早急に駆除して被害を最小限に抑えましょう。その際の有効な手段にお困りであるなら、適切に作業できる業者に相談するのも効果的です。
      栗の木を育てるポイント

休眠期は剪定に最適な時期!

栗は、11月ごろから3月ごろまでは休眠期に入る植物だと言われています。この期間は栗の木の剪定を行うのに適した時期であると言えます。

基本的には秋に実を実らせるため、直前の時期や成長期は剪定に適した時期ではないことが考えられます。そのため実を収穫する時期である9月、10月ごろに剪定を行うのはおすすめできません。

また、地域や環境によって適した時期も変化することがあるため、あくまで目安であるという認識をするのがいいでしょう。

栗の木の剪定方法

栗を放置していると、高く成長しすぎることにより近隣の迷惑となるおそれがあります。そのため正しい方法で栗の木の剪定を行う必要があります。

栗の木の剪定をする前に、どのような目的があるのかを明確にすることが大切です。樹高を低くしたいのであれば、太い枝を切れるハサミ準備しましょう。

高さを整える目安としては、3~4m以内が適切だと言われています。樹高を整える作業は、脚立を使用して行うことが多いです。そのため高所の作業になることが予想されます。

高所作業を行う際は、大きなトラブルが懸念されますので、十分注意して作業に臨む必要があります。

余分な枝や成長しすぎた枝を切り落とし、すっきりと仕上げたいのであれば余分な枝は全て切り落とすのが適切とされています。

また、実を付けたい目的があるのであれば、勢いのある元気な枝は残しておくのがいいでしょう。余分な枝を選ぶ際は、なるべく内側に枝が重なるなど変な方向に延びるものを切り落とします。

重なる枝を切り落とすことで日の当たりがよくなり、栗の成長を促す効果が期待できます。剪定作業に使用するハサミに関しては、なるべく清潔なものを使用するのがおすすめです。

病原菌が侵入する原因にもなりかねないため、使用前には十分消毒しておくなどの準備をすることが大切です。
      栗の木の剪定方法

栗の実付きが悪くなる理由

栗が成長し実を付けると、成長途中で落下してしまう実が出てくることがあります。実付が悪くなる原因としては、樹の老化や栄養不足などが挙げられます。

老化した樹木は、徐々に実を付ける能力が低下し毎年盛んに実らなくなる傾向があります。そのためどれだけ正しく育てても実付きが悪くなることが考えられます。

また、栗の木の栄養不足も実付きに影響すると言えます。栗は越冬時に根と実の両方の栄養を蓄えると言われています。

しかし、栄養が不足していることで弱く育った実が熟し切る前に落下してしまうおそれがあるのです。その場合は、十分な栄養を与えるように改善が必要です。

また、栗の木の剪定を作業の際に元気な枝を切り落とすことも原因の一つとして考えられるため気をつけなければなりません。
      栗の実付きが悪くなる理由

剪定の作業内容によっては花付きが悪くなることも

栗の花月が悪くなる原因としては、日照や栗の木の剪定方法に問題があることが考えられます。とくに内部の枝は日照不足になりやすいとされています。

そのため日当たりのよい環境を用意することはもちろん、まんべんなく日が当たるように栗の木を剪定することが重要です。

剪定は、基本的に余分な枝を間引く目的がありますが、花をしっかりつけたいという場合は日当たりしやすいよう工夫して作業することが要求されます。

まとめ

栗は、適切な環境と正しい方法で育てることができれば十分に実る植物と言えます。栗の木の剪定を行うときは適した時期をしっかり見極めて準備を怠らないようにしましょう。

また、植える環境も栗が成長するための重要な要素です。栗の木を植える前に場所も入念に選び、栗が育ちやすい環境で育てることも大切です。

もし病気に侵されたり、害虫被害などの懸念があり、お悩みの方は、しっかり駆除できるプロに相談するのも一つの手段と言えます。

迅速・丁寧に受付対応!

庭木1本からお任せください!

※対応エリアや加盟店によって変わります

庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!

剪定 1本 2,100円~
剪定のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

剪定の記事アクセスランキング

剪定の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧