岩手県 剪定

岩手県の剪定業者比較 目安料金について 高さ3mのマツの木を5本剪定した時の目安料金となります。

検索結果
4社のうち1 - 4件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

佐蔵

対応エリア:
東北 
所在地:
岩手県紫波郡紫波町佐比内字舘前125-1 
  • 低価格で丁寧な仕事

素敵な庭造りに欠かせない剪定は佐蔵がお引き受けします!

岩手県を拠点に庭木の剪定作業を行っております、佐蔵です。当社のページにご訪問いただきまして誠にありがとうございます。岩手県にお住まいの皆様が快適に生活できるように、また、素敵な住環境を維持できるように当社が全力でサポートさせていただきます。剪定以外にも庭造りに関する知識と経験がありますので、お庭の管理・メンテナンスなどでお困りの際には当社にご相... 続きを読む

他対応カテゴリ
砂利敷き
剪定
伐採

便利屋しあわせや/とみた運送

対応エリア:
東北 
所在地:
青森県八戸市江陽5-24-12 
  • 低価格で丁寧な仕事

お庭のお手入れなら私たちにお任せください!

あなたのための便利屋さん!!しあわせやでは、お客様のお困りごとやお悩みを解決いたしております。 お庭いじりはされていますでしょうか?お庭で重要な要素といえば見た目になりますが、剪定をすることでさらに見栄えをよくすることができるでしょう。しかし、剪定は慣れていない人には難しいですし、失敗してしまえば取り返しがつきません。もし剪定でお悩みでしたら、当... 続きを読む

他対応カテゴリ
剪定

株式会社仙北造園

対応エリア:
東北 
所在地:
岩手県盛岡市仙北3-17-15 
  • 低価格で丁寧な仕事

盛岡市周辺の剪定なら仙北造園が対応します!

株式会社仙北造園は、岩手県の県庁所在地である盛岡市に本社を置き、剪定作業に対応している会社です。剪定の他にも伐採や枝落としなど木に関するサービスを提供し、お庭に木を植えている皆さんの力になれるよう努力しています。また盛岡市を中心に近隣市町村へと出張することができる、地域密着型の会社となっています。 【剪定をしましょう】 皆さんのお庭の木をよく観察... 続きを読む

他対応カテゴリ
草刈り
剪定
芝張り

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

近いジャンルで選びなおす

岩手県の剪定業者を市区町村から探す

剪定に関する、みんなの暮らしの知恵袋

岩手県は東北地方の北部に位置しています。岩手県の面積は15275.01k㎡であり、都道府県別のランキングでは北海道に次いで第2位の面積で、実に日本面積の4%を占めています。そんな広大な土地に恵まれた岩手県は持家住宅率が約72%と全国平均約67%を大きく上回っています。持家の楽しみの一つは庭の植栽を自由に楽しめることです。岩手県のシンボルである県の木はナンブアカマツ、県の花はキリです。このシンボルの他に、岩手県で注目を集めている樹木があります。それは陸前高田市、大船渡市、住田町からなる気仙地域で庭木として親しまれてきた「ゆず」です。震災で甚大な津波被害を受けた陸前高田には、200年以上も前からゆずが生息していました。岩手県内でも比較的温暖な気候で、日照時間も長い陸前高田は柑橘類の生産に適しており、特にゆずは陸前高田では庭木として当然のように植えられていたため、震災前までは地元の産物という認識も持たれないほど定着していました。震災をきっかけに他地域の方々からの支援、交流の中でこのゆずの認識が高まりました。ゆずは比較的寒さに強く、この気仙地域がゆずの北限と言われています。復興のシンボルとして、このゆずに注目が集まっています。ありふれた庭木であったゆずが、地域の特産としての価値を高め、活躍の場を広げているのです。ゆずをはじめ果樹には収穫量の多いオモテ年と、収穫量の少ないウラ年があります。庭木として果樹を植える場合、毎年安定した収穫量を確保するためには適切な時期に、適切な方法で剪定を行う必要があります。剪定を怠った果樹は背が高く伸びてしまい、管理や収穫がしにくくなり、病気も発生しやすくなってしまいます。また、誤って枝先を刈り込んで翌年の花芽を切り落としてしまう点にも注意が必要です。剪定には知識、技術が求められる場合が多いため、不安がある場合は剪定の業者に依頼してみるのもよいでしょう。

0120-949-986