伐採

伐採業者比較 目安料金について 高さ2m☓太さ30cmの木を伐採した時の1mあたりの目安料金となります。

検索結果
154社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

不要な樹木を素早く、安全に伐採!樹木の状況から個別お見積り。

伐採・間伐のプロが樹木やお庭の状況をもとに正確なお見積りをいたします。ご近所様にも気を配って作業いたしますので、安心してご相談ください。 続きを読む

株式会社石照園

伐採をするなら庭の業者である株式会社石照園がしっかり行います!

庭をお持ちの方は、その庭を大切にしていらっしゃると思います。それぞれ木花に愛情を注いであげていることかと思います。しかし、だからこそ時に処分を検討しないといけない時があるのです。庭木が思った以上に育ちすぎてしまい、自分では処理できなくなってしまうことが多くなっています。あまりに大きくなった、またはなりそうな木の世話をするのは大変です。自分で剪定... 続きを読む

関連リンク
草刈り
剪定
伐採
芝張り

七楽園

草刈りから伐採まで当社にお任せ頂ければ一括で解決致します!

七楽園は一流の造園師などが揃う、草木に纏わる業務を日々解決させて頂いている会社です。長年の実績と確かな技術がありますので、こだわりをお持ちになられる方にもご満足頂ける環境作りを提案しております。小さな内容から大きな内容まで、どんな事でもお気軽にご相談ください。 【庭木の伐採理由】 伐採を行う理由は様々ありますが、代表例としましては、育ちすぎた事に... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事
草刈り

塚谷三方園

伐採について自信があります!塚谷三方園にお任せください!

私たち塚谷三方園は鳥取県にて伐採・剪定からお庭のトラブルを解決する会社です。気に入った庭にしたい、庭の木が大きくなりすぎてしまった…そんな時こそ私たちの出番です。お客様のお悩みを解決いたします。さらに立派な木があるお宅には、虫が多く寄ってきます。当社は害虫駆除も行っております。お気軽にお庭のトラブルにお呼びください! 【木の力はすごい】 庭に裏... 続きを読む

関連リンク
剪定

ハヤカワサービス

伐採から片付まで経験豊富なスタッフが安全に作業します!

【株式会社ハヤカワサービスは創業から30年】 神奈川湘南地域を中心に、個人様から法人様まで幅広くご対応をしております。「頼みたいけれど値段が高い」「安過ぎるのはちょっと心配」という方も、当社に安心してお任せください。実績のべ1,000件以上のプロのスタッフが、長年の実績と経験を存分に発揮し、必ずご満足いただけるサービスを皆様にお届けいたします。 【お... 続きを読む

関連リンク
草刈り

庭義

不要な樹木の伐採作業は『庭義』にお任せください

庭義では、通常の伐採作業の他に「大木」の特殊伐採作業も行っております。また、高所作業車やラフターが使用できない、樹木の真下、真横に構造物が有る」などの厳しい条件下でも枝下ろし大枝下ろし幹下ろしなどの作業をい安全に実施することが可能です。また、林業全般(枝打ち、下刈り、保安伐採etc)作業や、竹林の管理なども承ります。お庭、空き家、空き地、山林などに... 続きを読む

関連リンク
草刈り

ガーデンサービス中里

女性のお客様にも安心してサービスを提供しております

当社は創業20年。大きな会社ではありませんが、対応地域の方々に、またご利用いただきたいと思っていただけるような、そんな会社を目指して働いてきました。お客様に満足していただけるように誠心誠意、真心こめて作業に当たり、こんなにきれいにしてもらったと喜んでいただけるお声を常に目標に従業員一同、安全と安心と丁寧な施工に頑張っております。町の頼れる植木屋さ... 続きを読む

関連リンク
草刈り

グッドライフ新潟

伐採などのお庭のお手入はグッドライフ新潟がお手伝いいたします

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。グッドライフ新潟は新潟市を活動拠点としており、草刈りや剪定・伐採などのお庭のお手入れのお手伝いを行っております。伐採という言葉を聞くと、木々の生い茂った森林の木を切り倒すような大規模なものを思い浮かべられるかもしれませんが、森林だけではなく個人宅や集合住宅の樹木を伐採しております。伐採作業が必要な場合... 続きを読む

関連リンク
草刈り

加藤造園

伐採したい木がある時は加藤造園にご依頼ください!

【個人伐採でのトラブル】 伐採作業を個人で行おうとすると、様々なトラブルが発生する事があります。私達が伐採する場合は、木の傾きや枝の付き具合から木の重心を見極め、風向きや周りの地形などを全て考慮して、伐採する方向を決めてから伐採に取り掛かるのですが、個人で伐採を行う方は、まず木の重心を見極めることが出来ないので、切り倒した時に思わぬ方向へ木が倒... 続きを読む

関連リンク
剪定

楠本造園

楠本造園は素敵なお庭造りのお手伝いを致します!

楠本造園はお庭のお手入れ全般の業務をお引き受けしております。庭木で住宅のイメージが変わりますのでお手入れを行うことは重要です。しかし、高齢者の方やお時間が取れない方は庭のお手入れを中々行えず、そのままにしてしまうことも多いのではないでしょうか。当社ではそんなお庭仕事を承り、伐採や剪定を行います。高い知識を持つ一級造園技能士が在籍しておりますので... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

㈱風香園

草木に関するスペシャリストがお客様に最高品質のサービスを提供します!

株式会社風香園は草刈りや剪定、伐採などを主に手掛けており、一流の造園師が草木における様々なトラブルを解決するサービスを行っている会社です。伐採などは危険も伴う上に、綿密な打ち合わせが必要となりますので是非当社までご相談頂ければと思います。 【お庭の管理は周辺環境にも影響します】 植物は私たち人間にとても多くのメリットを与えてくれるかけがえのない物... 続きを読む

関連リンク
伐採

生活110番おすすめサービス

不要な樹木を素早く、安全に伐採!樹木の状況から個別お見積り。

伐採・間伐のプロが樹木やお庭の状況をもとに正確なお見積りをいたします。ご近所様にも気を配って作業いたしますので、安心してご相談ください。 続きを読む

伐採業者をエリアから探す

伐採に関する、みんなの暮らしの知恵袋

伐採について

  • 伐採を業者に任せるメリット

    伐採は、不要な樹木や建材などへ使用する樹木を切り倒す作業のことです。それだけならば簡単そうに聞こえる作業ですが、実際にはいろいろな危険や技術が必要な作業で、不用意に行えば大事故にも発展するおそれがあるものです。特に危険なのが、木を倒す際の方向。方向を間違えば、作業者に木が激突することも考えられますし、周囲に住宅や電線などがあれば、それらへの被害も考えられます。まっすぐに見える樹木でも、重心の方向が少しずれているだけで、見ただけではわからない複雑な動きが予想されますので、勝手な判断で伐採を行なうのは大変危険ですから、知識と経験がある業者の手によって行われるのが一般的です。木は思った以上に重量のあるものですので、なおさら注意と技術が必要だということをしっかりと認識しておくと良いでしょう。また、切り倒す本数や生えている場所によっても、さらなる注意が必要な場合があります。特に樹木が密生している場所の伐採については、他の樹木に引っかかってうまく伐採できないという事例も多いのですが、これも十分な知識などがあれば、比較的問題なく伐採が出来ることが多いようです。本数が多い場合も、業者による伐採が効果的とされています。特に山林の間伐のような、何本もの木をまとめて伐採するような作業は時間も体力も必要なので、業者に任せておくほうが時間の節約、事故の防止という点から見てもおすすめです。

  • 伐採後の木の利用について

    通常、森林などの樹木は伐採後に様々な利用法があります。一般的なもので、特に多くの方が連想するのは建築材料への利用でしょうか。日本は古くから木造建築が多い国でしたから、建築関係における木材消費量は、比較的、大規模な市場を形成していました。伐採を行った後の木は、幹の中に大量の水分を含んでいるので、そのままだと、建築材料として使用するために必要な強度を確保することが出来ません。そこで、伐採後は暫くの間、その場に放置して自然乾燥させることが多いようです。近年は更に時間を短縮するために、強制的に乾燥させる機械などを使用することもあるようですが、こちらは木の材質や品質次第で割れることがあるようで、今でも高級材として使用されている国産材は、比較的自然乾燥を行なうことも多いようです。乾燥した木材はそれぞれ必要な長さや厚みにカットされ、各種の建築・木工材料として流通することになります。しかし、国内産だけでは需要をまかないきれず、徐々に海外産の輸入量が増えてきており、伐採しても建材にしないということもあるようです。また、建材として使用できない民家の小さい庭木や、間伐などの際に出てきた生育の悪い木などは、伐採後どういうふうに使われているのでしょうか?建物用の樹木としてはあまり使われないような小さな樹木は、間伐材として知られています。通常の木材ほど厚みも強度もないので、建物の重量を支える重要部分には使えないのですが、壁の表面や比較的負荷の小さい家具の材料としては安価に使用できるので、近年利用例が増えているようです。また、間伐材として使用できない環境や、そのつもりがない場合は、小さく割って薪ストーブなどの燃料にしたりすることが多いようです。薪ストーブは古くはごく一般的に使用されていたものですが、エアコンや石油ストーブ、ガスファンヒーターの普及により、手間が掛かるので使われなくなりました。住宅環境の変化ももちろん関係しているでしょう。しかし近年の森林資源の有効活用や、電気や石油に頼らない暖房機器として再び注目を集めており、根強い愛好家も居るようです。専用の薪を購入して使うより、自己所有の山林や庭などに生えていた樹木が薪として利用できるのであれば、その方が費用の節約になるので、そういったことを目的とした伐採も近年は再び始まっています。また、間伐材の有効活用方法ということで、積極的に利用が勧められているものがあります。それは私達がよく使う割り箸です。特に、大量の割り箸を使うコンビニチェーンでは、割り箸としてこれらの木々を利用しており、身近なところで伐採により間伐された木々の利用例を見ることが出来ます。こうした利用方法があることはもちろんなのですが、一方で、処分に困ってしまう方も多いようです。特に市街地などで、木々の利用についてその先の計画やノウハウもないという時は、廃棄物として処分されることなります。小さなものや細かく切り刻んだもので、開けた場所であれば燃やしてしまうのも一つの例ですが、住宅街ではそれも難しいでしょう。そんな時は伐採を担当してくれた業者に、伐採後の木々の処分について相談してみてはいかがでしょうか?伐採した木はもちろんのこと、業者によっては抜根といって、残った切り株ごと掘り出して持って行ってくれる場合があります。特に木の生えていた場所に、他の建築物を作ろうという場合は、これが出来る業者が大変おすすめです。いずれにしても、最終的に処分が困るようなら業者に依頼して見るということが大切でしょう。庭などに木を放置しておくと、シロアリの繁殖など、思ってもみない被害に遭遇する恐れもあります。

  • 木と人に害を与える虫について

    通常樹木の伐採は、その樹木を建材として利用したり、燃料用の薪として利用するために行われるものですが、その他にも必要に迫られて伐採を行う場合があります。その一つが害虫の発生源となっている場合です。樹木は私達人間に様々な恩恵を与えてくれますが、その一方で、他の昆虫の住処になることでも知られています。代表的なものとしては、サザンカやツバキの木によく発生するチャドクガが特に有名です。チャドクガはガの中でもドクガに分類されるもので、本州の南部をはじめとする各地に生息しています。産卵の時期が年に2階、卵のまま冬をこすことができるので、春先暖かくなった頃に付加して被害に驚くこともしばしば。植物の葉を食い荒らすことでしられているのですが、このチャドクガの厄介なところは幼虫の時に毛虫となっている点です。毛虫は多くのガの幼虫期の姿として知られていますが、その毛には毒がついているので、肌に触れると強い痒みが襲います。しかもアレルギー反応を誘発して、1度目よりも2度目、2度目より3度目という風に被害が大きくなるのも特徴です。ハチ刺傷で有名なアナフィラキシーショックですが、チャドクガも弱いながら、この反応が出ることが多く、小さい頃にチャドクガに刺されたことがある人は要注意です。ハチのように命にかかわることは稀ですが、強いかゆみで睡眠障害を引き起こすことから、早目に医療機関を受診するのがおすすめです。自分から人間に襲いかかるような昆虫ではありませんが、お庭の手入れ中にこのチャドクガの幼虫の近くを通ったり、誤って触れてしまったりすることがあるため、比較的被害が大きいとされています。駆除の方法は、早い段階でチャドクガの卵塊を除去するか、幼虫を少しずつ排除していくしか無いのですが、これは中々手間の掛かる作業です。毛虫は外敵に襲われると、口から糸を吐き出して地上などへ散り散りになって逃げるため、生息域が却って拡大してしまうことも考えられます。また、元々卵を産み付けられやすい木であれば、しばらくするとまた卵を産み付けられて駆除を行うことの繰り返しになるだけかもしれません。そこで、根本的な解決方法として、必要ならチャドクガが卵を産み付ける樹木を伐採して、取り除いてしまうこともおすすめです。この方法であれば、樹木に巣を作り周辺への被害が心配されるスズメバチやアシナガバチの排除を行なうことも出来ますので、一石二鳥と言っても過言ではないかもしれません。チャドクガ以外にも、イラガなど他のガ類の毛虫についても同様の被害が予想されますので、同じような対処方法で問題解決を図ることが可能です。しかし、害虫駆除目的で伐採を行なう際にも、これらの害虫に襲われたり、誤って触れてしまったりするリスクを考えておかなければいけません。毛虫の毒針は大変細く、衣服の隙間に入り込んだり、皮膚表面についていても目に見えないことがあるため、知らずに擦ったりすると、更に痒みが増すことも珍しくありません。もし、毒針が付いた恐れがあるのなら、まずはセロテープなどで皮膚の表面の針を取り去ると良いかもしれません。ちなみに、どうしてもこういった害虫の駆除を目的として伐採をするのであれば、出来るだけ伐採を行なうことが出来る業者に依頼をするのをおすすめします。自分で伐採を行なうと、誤って道路に倒れこんだり、切り倒した木の処分まで行なうことが出来なかったり、あるいは電線や家屋に被害を与える恐れがあるからです。その点、業者に依頼すれば、伐採した樹木の処分も依頼できる場合がありますので、害虫問題、伐採後の木の処分などを包括的に解決してもらうことも可能です。場合によっては、残った根も処分してもらうことにより、その後のお庭などの利用方法の自由度が増すことも考えられます。チャドクガなどの害虫の発生シーズンを見極めて、必要であれば早目に伐採をしてもらうことも検討して、被害軽減に勤めておきたいものです。

  • 大きくなりすぎた樹木について

    樹木は地中から養分や水分を吸収しながら、どんどん成長していきます。特に広葉樹は葉も大きく、横方向にも枝葉を伸ばしていくため、定期的な手入れは欠かせません。特に、日本のような敷地面積の狭い住宅に於ける庭木の剪定は、大変重要な手入れとなっています。なぜなら、敷地境界をはみ出して、隣家や道路に枝や葉がはみ出してしまうからです。ただはみ出しているだけなのに、それが問題になるのだろうかとお考えの方は多いと思いますが、特に歩行者や走行中の自動車に危険があります。まず、歩行者に対しての危険としては、剪定されずに伸び放題の木から、枯れ枝が落ちてくることがあります。若い木であればそう無いことですが、年老いた木の場合は枝が途中から枯れていて、突然落ちてしまうことも珍しくはありません。また、伸び放題の枝葉が人の目線近くまで垂れ下がっている場合は、視界や歩行の為の通路を妨げることにもつながります。 もっと問題なのは、自動車などの車両類です。枝葉により看板や道路標識、信号などが隠れてしまうと、意図せず信号無視や交通法規違反ということも無くはないのです。また、必要な看板が見えないがために、目的地にたどり着かないとか、看板掲示者にしてみれば、もしそれが店舗などなら営業妨害をされているのと同じことで、大変な迷惑といえるでしょう。 もう1つ、木が伸び放題というのは問題がありまして、それは電線や電柱に関連しています。日本では様々な理由から、電線を地中埋設せずに、電柱により空中に渡しているところが殆どです。特に住宅街では、意外なほど敷地境界や住宅から近い位置に電線が渡されていることも珍しくありません。こうした電線に、もし万が一庭木が触れてしまったらどうでしょうか。電線は絶縁体で保護されているものが殆どで、電線に庭木が触れても直ぐに事故が起きるわけではありません。しかし、剪定もせず、伸び放題の木というのは風害に弱いことが多く、特に日本では夏の終わりから秋の初めに接近する台風により、木が倒れてしまうことも珍しいことではありません。その際、枝に引っかかっていた電線を引きちぎってしまい、周辺地域がまるごと停電ということもありうるのです。もしそうなれば、庭木の管理をしていなかった土地の責任者には、様々な賠償責任が生じないとも限りませんし、それにより二次災害が発生することも考えられます。例えば、引きちぎった電線から漏電して、それに触れた人が感電により重篤な障害を負ってしまうことや、周辺地域の停電による経済的損失ということも十分考えられます。基本的に、庭木は道路にはみ出した部分も含めて、その木が生えている土地の所有物とみなされており、管理もその所有者に責任があるとされています。庭木は人が管理できる程度のサイズに整えておくことが必要なので、定期的に剪定を行いますが、それでもダメな程大きくなってしまった時は、伐採してしまうことも必要です。伐採の際、道路標識や看板、信号を隠している場合、それに電柱や電線を巻き込んでいる場合は伐採時にかなりの注意が必要ですし、万が一の事故を防ぐためにも、必ず周辺にそういったものがあることを伝えた上で、伐採が可能な業者を探すのがおすすめです。特に電線についてはまた、伐採後に出てくる切り倒した木や残った切り株部分の処分を個人で行うことは大変難しいので、それらも必要であれば、業者に任せられるように、事前にしっかりと話し合いをしておくのがおすすめです。 いずれにしても、お庭の木を見てみて、既にそういう状態になっているところがあれば、行政や周辺住民の方々からの苦情や指摘が入る前に手を打つのが、庭木の管理者としての責務と言えるのではないでしょうか。

0120-949-986