ガラス修理・交換

ガラス修理・交換業者比較 目安料金について 一軒分の窓ガラス(透明ガラス)の交換にかかる費用の目安となります。

検索結果
96社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

ガラスの修理・交換は、年中無休、全国受付対応で迅速に対応いたします。

お電話1本で、24時間365日いつでも、東京・大阪・横浜などを始め全国どこへでも調査にお伺いいたします。 続きを読む

生活のトラブル係24

お困りの時はお知らせください!24時間何時でも緊急出動いたします!

屋外の風雨を遮り、適度な視界や採光を保っているという意味では、ガラスは設置されてから一時も休むことなく機能していると言ってもいいものです。そして、そうしたガラスは突発的な衝撃や見えない疲労の蓄積によって、突然壊れてしまうことがあります。当社生活のトラブル係24では、そんないつ起こるか分からないガラスのトラブルにいつでも迅速に解決していただけるよう... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換
防犯窓

アールエルサービス中京

丁寧な対応でスピーディーにトラブルを解決します

当店、アールエルサービスは創業15年、確かな技術と知識そして適正価格で対応しております。 ガラスの割れ換え・ペアガラスへの取替・防犯ガラス・内窓の設置・網戸の新規取付・網戸の張替え・飛散防止・UVカットフィルム施工・鍵の修理交換。ドアクローザー・フロアヒンジ取替等、幅広く作業しております。緊急割れ換え等、現場出張し現場にて施工いたします。 地元業... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換
ドアノブ修理
防犯窓

カラーズ

ガラス修理業者「カラーズ」はガラスや鍵のトラブルに対応した専門業者です

【ガラスの事ならお任せ下さい】 カラーズはガラス修理&交換をメインに営業しております。空き巣の被害や事故などにより割れてしまった窓ガラスを修理する会社です。また、ガラス修理・交換サービス利用後のアフターサービスも実施しています。ドアの鍵の交換や、ハウスクリーニングのサービスも行っています。利用料金は、窓ガラスの交換の場合は7,000円より、ドアのカギ... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

ガラス屋工房

24時間365日ガラス修理・割れ替えはガラス屋工房にお任せください

大阪、和歌山でカラス修理をしているガラス屋工房です。 住宅(戸建・マンション問わず)はもちろんのこと店舗や会社・工場のガラスも修理交換いたします。マンションの共有部分の手摺ガラスやトップライトのガラスも交換も承ります。食器棚やテーブルトップのガラスの新調や割れ替えも行なっております。ガラスが割れるのは殆どの場合1枚です。1枚からでも喜んでお伺いし... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

高瀬ガラス店

お客様に喜んでいただけるよう親切・丁寧を心掛けてます!

ガラス修理・交換をご自分で行う方も少なくないと思いますが、割れたガラスはちょっと油断しただけですぐ怪我をしてしまうことがあるので大変危険です。高瀬ガラス店にお任せいただければ、お客様が怪我をするといった危険性を防ぐことが出来るので、是非ご相談いただければと思います。 【30数年!】 高瀬ガラス店は、30数年にわたって様々なガラスに対応してまいりま... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

アスカガラス

お客様のお困り事を安心・迅速・親切に対応します

当社では、ガラス修理サービスをご提供させていただいております。板ガラス・防犯ガラス・ペアガラス・その他機能ガラス・アルミサッシ・網戸すべてに対応いたします。四日市市や津市を中心に、三重県北中部を主に対応しています。 【誠実に対応致します】 お客様のご要望に合わせて、丁寧で誠実なサービス提供を心掛けております。 「子供が遊んでいたら割れてしまっ... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

千の風-香川-

暮らしのお悩み何でもサポート!ガラス修理・交換は千の風-香川-へお任せ下さい!

【ガラス修理・交換もお任せ下さい!】 千の風-香川-は地域に密着した何でも屋です!皆様の生活のお困りごとに何でも対応しております!ガラス修理・交換なども対応業務の一つです。ガラスは割れっぱなしにしておくと、怪我をしたりするばかりでなく、雨風やゴキブリ・ネズミなどの有害生物を招き入れてしまう原因となります。また、家の窓が割れている状態では空き巣など... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

土居ガラス

高知のガラスは任せて安心!私たち、土居ガラスにお任せください

私たち土居ガラスは高知県にてガラス修理交換を行うガラスのプロです。ガラスのことなら何でもお任せください。窓ガラスは家を快適な空間していると同時に、外的要因から住民を守るために大切な役割を持っています。鏡は身だしなみを整えるのに重要です。私たちとガラスは切っても切れない関係にあります。それらが破損したら、大変です。出かけることはおろか、家にいるの... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

有限会社太田硝子工業

有限会社太田硝子工業はお客様第1を心掛けている会社です

有限会社太田硝子工業は、兵庫県神戸市を中心として活躍しているガラス工業店です。数多くの実績と経験を積んできた施工職人が、お客様の「困った」の声の元にすぐに駆けつけます。 【ガラス修理】 「弊社は何枚以上でないとガラス修理をお受け出来ません」と断られたご経験はありませんか?ガラスは、突然に割れるもので、1度に何枚も割れるとは限りません。熱割れを起... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

沖縄インセクト合同会社

関連リンク
ガラス修理・交換

生活110番おすすめサービス

ガラスの修理・交換は、年中無休、全国受付対応で迅速に対応いたします。

お電話1本で、24時間365日いつでも、東京・大阪・横浜などを始め全国どこへでも調査にお伺いいたします。 続きを読む

ガラス修理・交換業者をエリアから探す

ガラス修理・交換に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ガラス修理・交換について

  • ガラスを探すには業者選びが大切

    ガラスと言うと、色や柄がついたものではないと、見た目上ではみな同じようなものに見えますが、実は必要とされる用途によって異なる種類があるのです。見た目は変わらなくてもそれぞれで異なる機能をもったガラスの種類について解説します。ガラス交換を考えている方がいましたら、ぜひ一度これらのガラスの特徴を踏まえた上で考えてみてください。
    最も多くのガラス窓で施工されているフロートガラスはスタンダードな窓ガラスです。ガラスより重い溶解した錫が入っており、フロートバス上に浮遊させた状態で流し入れて成形します。現在このガラスを使っていて、他の機能に特化したタイプのものとガラス交換したいという方も多くいらっしゃいます。
    複層ガラスは別名ペアガラスやエコガラスとも言い、2枚のガラスを重ね、その間に乾燥した空気を充填した窓ガラスです。結露が起こりにくく、断熱性や遮音性に優れているガラスです。
    合わせガラスは、防犯、防音ガラスの一種で、複層ガラスのように2枚のガラスを重ねていますが、その2枚の間に粘着性のフィルムなどを挟み、ガラスが割れてしまっても飛び散らないよう配慮されています。挟み込まれたフィルムの種類によって、赤外線や紫外線を反射したり吸収したりする機能を持った合わせガラスもあります。
    強化ガラスは通常のガラスを加熱し処理することで、一般的なガラスの4倍ほどの強度になっているガラスのことです。ガラスが割れてしまった場合でも、粒のように割れるため、破片などでケガをしにくいガラスです。しかし、安全面に比重が置かれているガラスであるため、防犯性能は高くないという指摘もあります。
    擦りガラスはガラスの表面を荒らして凹凸をつくり、加工を施したガラスです。これに似た種類でフロストガラスというものがあります。フロストガラスはガラスの向こうが見えにくくなっている加工を施しており、曇ったような映り方をするのが特徴です。近所の家との距離が気になるという方はこのタイプのものとガラス交換されることがよくあります。
    型ガラスはガラスを形成する際に、凹凸の型に嵌めて整形したガラスです。その見た目から曇りガラスや凹凸ガラスとも言われています。2ミリメートル厚さの型ガラスを梨地、4ミリメートル以上の厚さのものを霞と呼称し、分類しています。
    網入りガラスは別名で線入り板ガラスとも言います。網入りガラスはよく防犯ガラスと勘違いされる方が多いようですが、防犯性の向上を狙ったガラスではないため、注意が必要です。このガラスは火災などの事故が起こった際にガラスの破片の落下を防ぐため、金属の網が入っているガラスとして使われています。
    他にも、熱線反射ガラスや熱線吸収ガラスなど、よくオフィスビルで使用されているガラスなどがあります。
    主なガラスの種類は以上になりますが、他にもさまざまなニーズに合わせたガラスがあります。それぞれの必要とするところに合っている窓にガラス交換をして使っていきたいですね。ガラス交換をしたい、新しく使いたいと思っている方々の中には「家の窓のガラスをもっと断熱性に優れたものにガラス交換したいけれど、どのガラスを選べばいいのか分からない」「新しい事務所の窓に、場所や気温に適したガラス交換をしたい」など、さまざまなガラスに関する悩みがあるのではないでしょうか。このように「どうしよう」と迷われている場合はぜひお気軽にガラス交換を行っている業者に依頼しましょう。その際には当サイトでガラス交換を扱っている生活110番をご利用ください。

  • ガラスの劣化について

    窓ガラスは長く使っていると、定期的に拭いたり、掃除をしていても日光や雨風による被害が内部に蓄積され、やがて割れてしまう場合があります。ガラス修理に出される内容としては、「衝撃によって窓ガラスが割れてしまった」という事例がほとんどですが、実はこのように直接的な衝撃以外でも割れてしまい、ガラス修理が必要となることもあるのです。特に網入りガラスは熱と錆によって自然に割れてしまうという事例が多数報告されています。
    熱によるガラス割れですが、これはガラスのコップに熱湯を注いだ時を想像してもらえると分かりやすいと思います。耐熱性のないガラスのコップに沸騰した熱湯を注ぐと、ひびが入ってしまったり、割れてしまったりすることがあります。これと同じように、窓ガラスも一定時間毎日太陽の熱に晒されていると熱せられ、膨張していきます。しかし、ここで、影になっている部分と日が当たっている部分とに分かれていると問題です。
    ガラス窓の影の部分は熱せられていないため、体積は膨張しませんが、日があたっている部分は膨張していき、影の部分と日が当たっている部分で体積差が出てきてしまいます。こうなると、住環境が変化しない限り、同じ箇所に日が当り、同じ箇所が影になっているということになります。一般的に日向と日陰では5℃前後の開きがあると言われています。これが真夏日になるとさらに開きが大きくなり、熱せられたガラス面はさらに熱くなっていくでしょう。温度差が開けば開くほど体積差は広がり、やがて窓自体が形を保つことができなくなってしまいます。これが熱によって窓が割れてしまう現象の原理です。「何故か分からないけれど、窓が割れてしまった」と首を傾げながらガラス修理を依頼する方々にはこのようなことが理由となっている場合が多くあります。
    また、他にも網入りガラスの場合では先に触れたとおり、ガラス修理を依頼する方々の原因として錆による割れというものもあります。ガラスの切断面や縁などから露出した金属が腐食すると、だんだん内部に侵食してガラス内の金網が錆びてしまったりします。そうすると、金網が膨らみ、ガラス内からひび割れが発生したりすることがあります。こうした場合には、ガラスの縁などにたまりやすい雨水や結露をよく掃除しておくことが対策として考えられます。
    しかし、このような対策をしていてもガラス修理が必要となってしまう場合には、信頼のできるガラス交換の業者に依頼することが大切です。そのような場合には、ぜひ当サイト生活110番をご利用ください。それぞれの地域に対応しているニーズに合ったガラス修理業者に依頼しましょう。

  • 窓ガラスの違いによる電気代の違い

    日本に住んでいる私たちは毎年めぐる四季が楽しみでもありつつ、夏の厚さや冬の寒さには閉口気味です。特に家の中にいても入ってくる夏の日差しや冬の冷気には手を焼いている人も多いのではないでしょうか。実は、この冬や夏の外気温は、窓ガラスのせいで部屋に侵入してきているという場合がほとんどなのです。ガラス窓以外の外壁、建材などんどん進化しているにも関わらず窓ガラスはずっと変わらず「普通のガラス窓」を使っているという家庭が実は多いのです。これはなぜかというと、ガラスというものは高性能なものとそうでないものも、見た目上の区別はつきにくく、判別するのが難しいというものがあるためです。
    外気温からの影響として、夏場に外から家屋内に入ってくる熱気の71%、冬場に家屋内部の暖かい空気の48%は窓ガラスなどを通して侵入したり、出て行ったりしているとされています。これは夏に窓側が非常に暑かったり、逆に冬に寒かったりすることからもよく実感できると思います。これは窓ガラスが通常のシングルガラスである結果であり、ガラス交換をすることで、この状況は改善できると期待されています。
    ガラス交換をすることによって、ガラスによる遮熱や断熱を期待する場合、現在のサッシに対応しているガラス交換や、サッシの内側に窓を追加し、二重窓にするなどという方法が考えられています。前者のガラス交換では、見た目としての違いはそれほどありませんが、窓ガラスから伝わる寒さや結露を防ぎ、日射熱や紫外線を防ぐ効果もあるため、夏場や冬場に快適に過ごせるようになります。また内窓の追加では、前者のガラス交換と比較すると、飛躍的に断熱、遮熱効果、寒さ対策、防音対策までできる点が魅力的です。しかし、これは前者のガラス交換と比べると、価格が高くなる上、窓の開け閉め回数が増えてしまうということが難点として挙げられています。
    ガラス交換をする場合には、効果のあるガラスとしてペアガラスがよく取り上げられています。一般的なペアガラスには3ミリメートルほどのガラスに6ミリメートルの空気層が挟まれた形となっています。この間にサンドイッチされている空気層の幅が広ければ広い分、熱が逃げにくくなると言われています。また、熱が逃げにくくなっていることにより、結露が発生してしまうことも防げます。中には「ガラスが壊れたわけでもないのにガラス交換をするなんてもったいない」という方もいますが、このペアガラスへとガラス交換をすることで長期的に考えると、冷暖房費を抑え快適に過ごすことができるので、非常に効率的ではないでしょうか。
    このようにガラスにはさまざまな特性があり、それぞれで必要な場面が異なります。それぞれの特性を活かしたガラス交換をするためにも、信頼のできるガラス交換の会社に依頼して施工してもらいましょう。

  • ガラスの耐震性について

    日本は地震大国として、世界的にみても地震の数が多いことで有名ですよね。耐震設計、免震設計が施されている住宅やこれらに特化した建材も増えてきています。窓は家の中のほとんどどの部屋にもあるものですから、これらの耐震・免震機能を有した窓にガラス交換をすると、非常に高い効果が発揮されることが期待できます。特に窓ガラスの耐震設計としては、歴史的にみると、1978年に建設省で3階建て以上の建物に設置されたはめ殺し窓は「網入りガラス以外硬化性パテ止めによる施工が禁止」されたことを端緒として次々に進められてきました。現在の法律では、建物の層間によってガラスの破損や、窓枠の変形が生じないようにするために窓枠のガラスに所定の間隔を空けることが定められています。
    ガラス自体は地震などが起こった際、割れてしまうまでにかかる力の負担量などから、窓枠が変形した場合、窓枠とガラスとの間に衝撃を吸収する構造を有していると、ガラスが割れる前にとどまり、変形し他状態で衝撃を吸収することができるとされています。これらのことから、家の中にあるガラスにも衝撃を吸収させる仕組みを造っておいたほうが耐震設計上いいのではないか、と考えられますね。
    地震が起こった際にガラスが割れてしまう理由としては、窓のサッシや建物の傾きが直接ガラスに負荷としてかかり、変形してしまうためです。今のままの窓設備で不安がある場合には、地震が起こってしまった時でも割れにくいガラスとして使うために、ガラスとサッシの間に十分なゆとりのあるものとガラス交換をする必要があるかもしれません。
    これらの他にも、合わせガラスや網入りガラスにガラス交換をすることで地震が起きてガラスが破損してしまった時などでも飛散や脱落防止をするようにしたり、ガラス交換の際にシーリング材を弾性のあるものに変えて使用したりする方法などがあります。
    地震を起こさないようにする対策はできませんが、地震が起きてしまった場合にどのようにして対応するのかということを考えてガラス交換を施したり、具体的な対策を立てていくことが大切です。
    これら、ガラス交換をして地震対策をするだけでも、非常に大きな効果が期待できます。窓は家の中のほとんどどの部屋にも設置されているものであり、そのうえ、ガラスは地震が起こった時に最も破損しやすい箇所でもあるので、やはり重点的に注意して対策を取っていくことが大切です。地震に特化した対策をとるためにガラス交換をお考えでしたら、ぜひ当サイトの生活110番をご利用ください。

0120-949-986