手すり設置

手すり設置業者比較 目安料金について 個人宅の階段(1階~2階)へ手すりを1箇所とりつける時にかかる費用の目安です。

検索結果
75社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

手すり設置:
10,000円/1箇所
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

お客様のお悩み・ご要望に合う手すり設置プラントご提案します

安心、安全に手すりを使用していただけるように、親切丁寧に施工いたします。手すりのことは手すりのプロにお任せください。 続きを読む

奥村エンジニアリング

目安料金:
¥50,000~¥70,000/1箇所
対応エリア:
関西  
所在地:
滋賀県彦根市柳川町210
  • 低価格で丁寧な仕事

自宅の階段以外の場所でも手すりが活躍します!

【年齢と共に低下する身体能力】 年齢を重ねると共に、今まで簡単にできていた事も難しくなるなど、身体能力が低下してしまいます。この現象を避ける事は難しく、日常生活でも転倒しやすくなる他、視力も低下してしまう方もいるので慎重に歩かなければなりません。高齢のご両親と同居されている方は、ご両親が怪我しない様に歩きやすいお部屋にする為にも、お部屋の掃除や... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

舟山工業有限会社

目安料金:
¥50,000~¥70,000/1箇所
対応エリア:
関東  
所在地:
栃木県宇都宮市東原町1-1
  • 低価格で丁寧な仕事
  • サポート万全
  • 経験豊富

宇都宮の老舗家具屋が自社で木工場を所持しているため家具の修理もできます

舟山工業有限会社は、宇都宮にある老舗の家具屋です。自社で木工場を持っているので家具の修理も可能です。椅子・ソファーの張替えや桐たんすの削り直しなどいろいろなご相談に応じます。他にも、手すり設置などのリフォームも承っておりますので、ぜひご利用ください。 【様々なご要望をお受けいたします】 よく「こんな相談していいのかな」とご心配される方がいらっ... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

三洋トータルサービス

目安料金:
¥25,000~¥50,000/1箇所
対応エリア:
中国・四国 / 九州  
所在地:
山口県下関市上田中町3丁目5-39
  • 低価格で丁寧な仕事

手すりを取り付けて暮らしやすい住宅を実現しましょう!

【高齢化社会に備えて】 少子高齢化が問題視されてから、現代に至るまでには少なくとも十数年が経過しています。どの地域でも高齢者が住みよい環境であることが求められていることは明白です。バリアフリー化を行えば、どの世代にも生活が送りやすい住宅とすることは可能ですが、リフォーム工事には期間が必要です。手早く住みよい環境とするためには、部分的なバリアフリ... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

有限会社J・Wハウス倶楽部

目安料金:
¥70,000~/1箇所
対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県桐生市相生町512-15
  • 低価格で丁寧な仕事

建物のプロ『有限会社J・Wハウス倶楽部』が全力でお力になります

【手すりを設置する前に気をつけたい事とは】 普段お住まいの住宅に手すりを設置する事で、転倒防止に役立ちます。平成13年の東京都による調べでは、「都内に住む65以上の高齢者の5人に1人が転落や転倒によって怪我をした」と言うデータが報告されている程です。手すりを設置する前に、気をつけたい事があるのはご存知でしょうか。手すりを設置する前に、家族の中で「誰が... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

株式会社アクティブ

目安料金:
¥25,000~¥50,000/1箇所
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県さいたま市中央区上落合2丁目4-5-604
  • 低価格で丁寧な仕事

手すりの設置をお考えの際には「株式会社アクティブ」にお任せ下さい

【株式会社アクティブがお客様の生活を支えます】 弊社は埼玉県を中心として、住宅に関するお悩み事をサポートしております。高齢化が進むにつれて、住宅にバリアフリー対策をされるお客様が増えて参りました。手すり設置の工事は、比較的簡単にできる対策です。手すりを設置される事で転倒予防になりますので、安心して生活する事ができます。弊社は年中無休で営業してお... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

関西ホームライフ

目安料金:
¥15,000~¥25,000/1箇所
対応エリア:
関西  
所在地:
大阪府大阪市淀川区西三国1-21-43
  • 低価格で丁寧な仕事

「関西ホームライフ」が安全を考えて丁寧に手すりを設置します

【関西ホームライフがお客様目線でご要望にお応えします】 弊社は大阪府を中心として、大切な住宅を長持ちさせるサポートをしている会社です。お客様に安全により長くより快適に住宅で暮らせる様に、手すり設置の工事をお引き受けしております。手すりを設置する際には、設置する位置や高さを判断するのが難しいです。手すりを使う方が使いやすい様に設置するのが1番理想で... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

千の風-香川-

目安料金:
¥15,000~¥25,000/1箇所
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
香川県さぬき市末714
  • 低価格で丁寧な仕事

まちの便利屋『千の風-香川-』がお客様のお悩みを解決いたします

【手すりはどこに設置すれば良いか?】 手すりを設置する際は、手すりを使用する本人の意志を尊重して、「こんな所に手すりがあったら便利」だと言う場所に設置して下さい。一般的には、浴室やトイレ等、座ったり立ったりする場所に設置する事をお薦めします。ご高齢の方は1度しゃがむと、立ち上がる際に足を踏ん張る筋力が低下している事によって、力が入りにくくなります... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

光信メンテナンス

対応エリア:
九州  
所在地:
佐賀県神埼市神埼町竹2049
  • 低価格で丁寧な仕事

住まいのかかりつけ医と言えば『光信メンテナンス』です

【手すりには色々な太さがあります】 手すりを設置する際には、「どこにどの様な手すりを設置するか」を慎重に考える必要がございます。せっかく手すりを設置しても、手すりを使用する方が使いにくければ手すりの効果は半減してしまいます。手すりには、色々な太さがあるのはご存知でしょうか。介護用の手すりには、32mmと35mmのものがございます。太い手すりの方が丈夫で... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

有限会社べんりや団十郎

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
岡山県岡山市北区津倉町2-1-6
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 経験豊富
  • 無料現地調査実施
  • キャンセル料なし

あなたの『困った』にすぐに駆けつけます!!

【初めての方もご安心頂けます】 初めてご利用される方は、スタッフの顔を見るまで不安に思われる方が多いようですが、べんりや団十郎は、便利屋歴18年の実績を持っています。岡山県内各地で経験豊富なスタッフが大活躍中です!!そのため、リピーターになってくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。 【手すりの工事もお任せ頂けます】 どんなささいな事でも遠慮は... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

ケンソウ工業

対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県太田市東新町373ハニーライズ201
  • 低価格で丁寧な仕事

暮らしやすい毎日の為に手すりの設置をしておきましょう

【手すりの価値】 普段の生活において何気なく利用している物が沢山ありますが、そのどれもが私達の生活の手助けをしてくれるものばかりです。椅子や机などの家具や、鍵や窓ガラス、これらの物は全て人の手で生み出され、今も私達の役に立ってくれています。手すりも同じく私達の生活に欠かせないもので、階段を上る際に手すりが無いと転落事故の可能性が高くなってしまい... 続きを読む

他対応カテゴリ
手すり設置

生活110番おすすめサービス

手すり設置:
10,000円/1箇所
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

お客様のお悩み・ご要望に合う手すり設置プラントご提案します

安心、安全に手すりを使用していただけるように、親切丁寧に施工いたします。手すりのことは手すりのプロにお任せください。 続きを読む

手すり設置業者をエリアから探す

手すり設置に関する、みんなの暮らしの知恵袋

手すり設置について

  • 手すりの重要性について

    家の中にも、公共の場にも、当たり前のように手すりが設置されています。階段にはもちろん、廊下や浴室、トイレや玄関にまで幅広く手すりが普及してきました。私たちは普段、手すりのことにどれだけ気を配っているでしょうか。特に若い方は、あまり手すりの重要性について考えたことは無いのではないでしょうか。若く元気なうちは、自分の体を思い通りに動かすことができます。何の疑問も不便もなく、長い廊下を歩き、急な階段を上り下りし、トイレで何の苦も無く用を足すことができます。しかし、高齢者になるとそうはいきません。体は次第に上手く動かせないようになり、今まで当たり前にできていたことができなくなってしまいます。人によっては、学生の頃などに高齢者の方の体を体験する授業を受けたかもしれません。その際、想像以上の不便を感じたのではないでしょうか。高齢者の方にとっては、その体が当たり前なのです。その不自由な体を支えるために多くの道具が作られてきましたが、手すりの設置もその一つなのです。それでは、具体的にどのように手すりが高齢の方々の助けになるのでしょうか。一つは、「転倒防止の役割」です。繰り返しになりますが、人は年を取るほど体の自由が利かなくなります。そのためちょっとした段差などでも、簡単に体のバランスを崩しかねません。しかし手すりに掴まることによって、体のバランスを向上させ、転倒を防ぐことにつながります。万が一転倒してしまったとしても、手すりを掴んでおけば転倒によるダメージを軽減することができます。もう一つが、「動作を円滑にする役割」です。先ほどの役割が危険を防止するものなら、こちらは快適な生活を送るためのものです。最初に述べましたように、近年はトイレや浴室にも手すりが設置されるようになりました。まず、トイレではどうでしょうか。トイレでは回る、座る、立ち上がると、狭い場所で体重の大きな移動が行われます。それを手すりが手伝ってくれますし、長時間座位姿勢を維持する際にも、その負担を軽減してくれます。滑りやすい浴室では、何より転倒事故の防止に重要です。バランスを崩しやすい浴槽の出入りにも助かりますし、トイレの時と同様に姿勢の維持の助けにもなります。いくつか手すりの有用性を述べましたが、これでもまだほんの一部です。また、高齢者の方に焦点を当てて述べてきましたが、例えば妊婦の方、障害を持っている方、小さなお子様などにとっても手すりの有用性は変わりません。今後も少子高齢化が進行すると予想されている日本にとって、手すりが果たす役割はさらに大きくなっていくでしょう。まずは、高齢者の視点に立って、手すりの設置が必要かどうか考えてみてはいかがでしょうか。体が動かなくなってからでは遅いので、将来のことを見越して手すりの設置をご検討ください。

  • 加齢による身体能力の低下

    突然ですが、普段から運動を行っているでしょうか。もしも運動不足を感じていらっしゃるのなら、ウォーキングやサイクリングといった軽めの運動を始めてみてはいかがでしょうか。人間の体力のピークは20代と言われており、それ以降は徐々に下がり続けるのです。私たちが普段「体力」と呼んでいるものは、正確には「行動体力」と「防衛体力」に分かれています。「行動体力」とは、運動の基礎になる体力のことです。例として筋力、筋持久力、敏捷性などが挙げられます。一方の「防衛体力」とは、体温調節、病気に対する抵抗力のことを言います。二つに分けられる体力ですが、この二つは完全に独立しているわけではなく、相互に影響を及ぼしているのです。例えば、軽いウォーキングを続けるだけでも、心肺機能や神経系の機能を健康に保ちます。行動体力の維持はもちろん、防衛体力を上げて病気に強い体にします。逆に寝たきりなどの過度な運動不足に陥ってしまうと、筋肉も心臓も衰え、結果的に心筋梗塞などの病気のリスクを高めてしまうのです。若いうちの運動不足は歳を取ってから徐々に響いてくるため、「まだ若くて体力もあるから」と油断しない方がいいでしょう。それでは、運動不足のまま歳を取ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。実は、高齢になってからでも運動の効果は表れます。そのままでは急速に低下していたであろう体力を、ある程度維持することができるのです。しかし、体力の低下は必ず訪れますし、加齢とともに体の機能低下も避けられません。元々が運動不足だった人はその傾向が強いため、運動に踏み切れず、結局運動をしないという悪循環に陥るかもしれません。まずは、家の中からでも軽く歩き回るようにしてみてはいかがでしょうか。そしてその際は、手すりに掴まって歩いてみてはいかがでしょうか。手すりは、体のバランスを支える助けになってくれます。足腰が弱くなると転倒・転落し、体を壊すという危険もありますが、手すりはそれを防いでくれるのです。転倒のようなヒヤリとする瞬間にはもちろんですが、日々の歩行や階段の昇降などの動作を円滑にしてくれるため、安心して体を動かすことができるのです。近年は、住宅の至る場所に手すりを設置する家庭が増えてきています。高齢化が進んでいるということもあり、その需要も同時に増えてきているのですね。中にはDIYによって手すりの設置を自分で行う方もいますが、手すりは自分の体重を乗せる道具であり、万が一壊れてしまうと逆に危険が及びます。そのため、手すりの設置は業者の方に依頼して強固に取り付けてもらうと良いでしょう。それが、運動不足を解消し、健康を取り戻す第一歩になるかもしれません。

  • 高齢者に多いケガについて

    高齢になるほど、体の機能が衰えてしまいます。視野が狭くなる、耳が遠くなる、疲れやすくなるなど、気力・体力共に何をするにも億劫になりがちです。そういう背景から、高齢になるほど家の中から出ないようになり、さらなる運動不足を招いてしまうのですね。体を動かさないことで筋力が低下してしまうと、「転倒のリスク」が大きくなる点に注意です。きちんと運動をしている人に比べて、運動不足の人の転倒リスクは4倍以上にもなると言われています。さらに複数の要因が組み合わされることによって、転倒リスクは何倍にも膨れ上がってしまいます。まずは、自分がどの程度転倒のリスクを抱えているのか調べてみるのはいかがでしょうか。病院や介護の現場では、転倒リスクの評価を行っていることもあります。具体的には「つまずくことはありますか」「歩く速度が遅くなってきましたか」などの設問がいくつもあり、その合計点によって予防が必要か否かを決定していきます。たかが転倒と思われるかもしれませんが、自分が転倒しやすい体になっているのかどうかを知るのは非常に重要なことです。なぜなら、転倒することで骨折(大腿骨頚部骨折)し、そのまま寝たきりの介護生活に入ってしまう方も多いのです。全体の10パーセントがその理由で占められており、介護が必要になった経験のワースト5位に入るのです。特に女性の場合はホルモンの影響で骨粗鬆症になる確率が高いため、一度の転倒でも骨を折ってしまう恐れがあります。高齢者を中心に襲う転倒と寝たきりに、どのように抵抗していけばいいのでしょうか。一つは、筋力を強化するという手が考えられます。体を鍛えて足腰を強くすることでバランス力が向上し、転倒する確率を下げます。そしてもう一つが、転倒しにくい環境を作ることです。足元に照明をつける、段差を無くすなどいろいろなアプローチが可能ですが、手すりの設置を考えてみるのもいいでしょう。手すりの最大の効果が、転倒・転落を防ぐことです。中には、手すりに掴まっていたおかげで大きな被害に遭わずに済んだという方もいるのではないでしょうか。また、手すりの効果はそれだけではありません。トイレで立ったり座ったりをスムーズに行うことができますし、玄関で靴を履いたり脱いだりするのにも体を支えてくれます。危険から身を守るのはもちろんのこと、日々の動作を円滑にしてくれるのです。安心して体を動かすことができますので、手すりの設置をきっかけに活発に動こうとする気力も湧いてくるかもしれません。手すりの設置は、消極的になりがちな高齢者の生活を豊かにする助けになるのかもしれませんね。

  • 手すりの取り付けを行う上で重要なこと

    おそらくどこのご家庭にも、階段には手すりが設置されていることでしょう。手すりは体の負担を分散させてバランスを向上し、転倒を防ぐために主に用いられます。高齢者にはもちろん、妊婦の方や小さなお子様など、知らず知らずのうちに手すりに助けられたという方も多いのではないでしょうか。そんな手すりですが、近年はバリアフリーの考えが浸透するに従い、公共の場ではもちろん住宅の内部でも多くの場所に設置されるようになりました。転倒防止という目的もありますが、日々の歩行や体重の移動が必要な場面で、手すりが体の動きを助けてくれるのです。シンプルな構造の手すりですが、それが果たす役割は見た目以上に大きいのです。しかし、手すり一つとっても、むやみに取り付ければいいというわけではありません。例えば廊下に手すりを設置したとすると、その分だけ廊下の幅は狭くなります。普通に歩行する分には問題無いかもしれませんが、車いすの人にとっては通行が困難になる恐れがあります。小さな子供の場合、ちょうど手すりの位置で頭や顔がぶつかってしまうかもしれません。手すりは確かに便利な道具ではありますが、それはあくまで正しく取り付けた場合のことです。滅多に行うことではないため、手すりの設置には業者の方の力を借り、細かく相談してちょうどいい手すりを設置してもらうようにしましょう。それでは、手すり設置の際はどのようなことに気を点ければいいのでしょうか。まずは、手すりの太さが挙げられます。太すぎても細すぎても力が逃げてしまいますので、直径何mmの物にするか、形は丸型か、楕円型かなど、太さだけでも決めるべきことは多々あります。次に、手すりの高さです。一般的に「高齢者ならこの高さ」「子供ならこの高さ」という目安がありますが、大事なのはその家庭にはどの高さが一番合うのかです。それ以外では、手すりの材質が考えられます。材質によって摩擦力や熱の伝導性、抗菌性などが異なってくるため、デザインだけでなく使用感にも直結する重要な工程です。このように、手すりの設置と言えど考慮しなければならない点は多々あります。しかし重要なことは、そのご家庭に合うように設置しなければならないということ。そして高齢者などはもちろん、健康な人たちにとっても住みやすいようにしなければならないということです。そうでなければ、バリアフリーとは呼べません。体が健康なうちに、少しずつ相談して手すりの設置を行ってみてはいかがでしょうか。自治体によっては、手すりの設置に関して助成を行っていることもあります。その制度を利用すれば格安で設置を行えますので、手すりの設置を検討されるのでしたら一度調べてみると良いでしょう。

0120-949-986