滋賀県 剪定

滋賀県の剪定業者比較 目安料金について 高さ3mのマツの木を5本剪定した時の目安料金となります。

検索結果
4社のうち1 - 4件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

今市造園

対応エリア:
関西 
所在地:
滋賀県近江八幡市北津田町1100番地 
  • 低価格で丁寧な仕事

庭のことなら今市造園におまかせ下さい!剪定もおまかせを!

今市造園は造園業者としての技術があり、庭の仕事のことをおまかせいただけます。剪定から伐採まで、皆さまの手が届きにくい作業までしっかり行うのでお頼り下さい。庭は人が管理してあげないと綺麗なものにはなりません。自然のものですが、そのままにしておいては整った庭にはならないのです。そのために庭仕事をして手入れをしないといけないのですが、なかなかその作業... 続きを読む

他対応カテゴリ
フェンス設置工事
ブロック工事・コンクリート工事
剪定
伐採
芝張り

グリーン装飾フェイス

対応エリア:
関西 
所在地:
滋賀県守山市水保町1461-45 
  • 低価格で丁寧な仕事
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • スピーディーな対応

庭木のお手入れご相談ください!親切サービスで最適な剪定を行います!

お住まいの庭木をはじめとした自然の植物は、時に人間の予想を越えた成長を見せることがあります。庭木が元気に育ってくれることは誠に結構なことではありますが、それも行き過ぎると近隣へのご迷惑となったり、お住まい方が望むお庭の景観を壊してしまうことにもなりかねません。そんな植物のお手入れにお困りの時には、ぜひ当社グリーン装飾フェイスまで剪定のご相談をお... 続きを読む

他対応カテゴリ
砂利敷き
剪定
芝張り

有限会社裕花園

対応エリア:
関西 
所在地:
滋賀県東近江市五個荘竜田町577-1 
  • 低価格で丁寧な仕事

お庭の形に合わせて自由にカスタマイズしましょう

住まいやお庭のカタチに合わせて自由自在にあなたの理想の空間に近づけます。私たち裕花園では、通常の外構・エクステリアに加え、造園のその豊富な経験ももとに植栽などを効果的に使用し、効果的に使用したデザイン性の高い外構・エクステリアを常に考えております。当然デザインのみではなく、機能面を取っても本当に質のいいものをご提案させていただいております。熟練... 続きを読む

他対応カテゴリ
ブロック工事・コンクリート工事
剪定

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

近いジャンルで選びなおす

滋賀県の剪定業者を市区町村から探す

剪定に関する、みんなの暮らしの知恵袋

滋賀県は、琵琶湖を擁する日本国・近畿地方北東部の内陸県で、県庁所在地は大津市となっています。気候は滋賀県全域が内陸性気候ですが、北部は北陸・山陰型の日本海側気候、南部は太平洋側気候と瀬戸内海式気候を併せ持っています。しかし、琵琶湖があるおかげで他の盆地と比較してみると、夏の暑さと冬の寒さは穏やかです。琵琶湖の西側と北側は、大部分が特別豪雪地帯や豪雪地帯に指定されていて、旧余呉町は特別豪雪地帯とされています。特別豪雪地帯意外でならどんな庭木でも育てることが出来そうです。人口は約1,420,000人で、総住宅数が602,500戸です。住宅の数が多いということは、お庭のある家も沢山あるということです。お庭を持つ方の多くは、自分なりの拘りを持って、庭木などでお庭を飾っています。庭木は沢山の種類がありますが、そのほとんどは定期的なお手入れを必要とします。庭に庭木を沢山植えて何も手入れしないと、草木が伸び放題になってしまい外から見たらお化け屋敷のような感じに見えてしまいます。そうなるとゴミなどを投げ入れられる事が多くなり、余計に酷い状態になっていってしまうのです。そうならない為にも、お庭の手入れはしっかり行う必要があるのですが、お庭の手入れで草刈りやゴミ拾いなどはいつやってもいいのですが、剪定だけは植えてある木ごとに適切な時期というものがあるので気をつけてください。もし知らずに間違った時期に剪定を行った場合、花木の蕾が切り落とされてしまって花が咲かなくなってしまったり、果実が生らないなどの悪影響を生じてしまったり、場合によっては木が枯れる原因になってしまう事もあるのです。剪定は植物の活動が低調となる冬に行うことが基本であり、日本の場合には11月から2月に行われるのが一般的です。しかしサツキ・ツツジ類は開花後の5月から6月に剪定するのが好ましいので、冬に間違えてやってしまわないように気をつけましょう。まずは一度、自分のお庭になんの木が植えてあるかを今一度再確認し、その木についてもっと知る必要があるでしょう。そして自分で剪定するのもいいのですが、剪定には見た目を綺麗にするためだけではなく、強風で枝同士がぶつかって折れないようバランスを保つ役割や、古い枝を切り落とし新しい物に更新することで、より良い花を咲かせる事を目的とした切り方や、傷んでいる所を判断して枝を切ることで、木の樹勢を回復させるためにも行われたりするので、剪定は出来るだけ業者に頼むのがいいでしょう。しかし冬の頭と終わりがけは業者も剪定で引っ張りだこなので、余裕を持って早めにお願いしておくことをお勧め致します。

0120-949-986