畳・襖・障子張り替え

畳・襖・障子張り替え業者比較 目安料金について 障子2枚の張り替えをご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
32社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込み

生活110番おすすめサービス

分かりやすい価格設定で対応いたします

高級なものから安いものまで幅広く取り揃えております。畳、襖、網戸、障子の張り替えならお任せください! 続きを読む

たたみのかおり

たたみのかおりが皆さまの家の和室を整備させていただきます

畳には安らぎの効果があり、襖や障子にも和室の雰囲気を作り出す役目があります。しかし、こうした効果や役目もしっかり和室が整備されている状態であってこそあるものなのです。皆さまの家の畳などはしっかり整備されているでしょうか。もしそうでなければ、たたみのかおりに作業をおまかせください。私たちは畳の張り替え、襖の張り替え、障子の張り替えなど、和室のもの... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

張替ファクトリーいにしえ屋

安心価格とまごころ施工がウリの地域密着の職人直営店です

【張替ファクトリーいにしえ屋に安心してお任せ下さい】 当店では長く地域の人達から愛される日本一「ありがとう」が集まるお店を目指しています。その為に5つ約束をさせて頂きます。「(1)高品質で施工」です。良質な材料と工具を使い施工、満足度の高い作業を行います。妥協せず高い技術での施工をお約束します。「(2)リーズナブルな価格で対応」です。同業他社の価格帯を... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

多田平安堂

襖や障子を張り替えて、気分和室もリフレッシュしましょう!

襖や障子を張り替えると、お部屋の雰囲気が驚くほど変わります。ちょっと傷んだところや汚れが気になるところを張り替えるだけでも、同様です。忙しい現代において、和室というのは一歩足を踏み入れるとほっと癒される特別な空間であると私たち多田平安堂は考えております。 【当社のこだわり】 1級表装技能士・1級壁装技能士が在籍しております。襖・障子の張替えはお... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

吉田家具センター

確かな技術と豊富なアイディアで、新しいライフスタイルをご提案します!

豊富な実績や経験を活かし、確かな技術で自由なアイディアを形にします。襖や障子などの張替えをはじめ、家具や内装インテリアについてのお客様からのご相談、お待ちしております! 【吉田家具センターとは】 当社が設立されたのは1958年。長い歴史の中で地域に根ざし、多くのお客様のご依頼にお応えしてまいりました。おかげさまで今となりましては、官公庁の備品家具など... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

張替本舗 池袋店

技能とセンスを兼ね備えた職人が、あなたのお部屋を彩ります。

【職人による技能とセンスを】 和風建築には欠かせない襖に障子、畳。現代では洋風建築におけるアクセントとしても使用されるこれらの和素材は、温かな雰囲気を醸し出すだけでなく、調湿機能や調温機能を持ち、日本の気候のなかでも健やかに暮らすための工夫に満ちています。しかし、そのような機能が発揮されるのも、きちんと手入れされていてこそ。傷んできたら補修や交... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

高橋畳店(登米市)

高橋畳店はお客様に喜ばれる仕事を致します!

畳は日本を代表する存在で、古くから多くの人々に愛され続けてきました。和の独特の落ち着きは勿論ですが、快適に生活するために理想的な効果を持っている畳は現代でも必要です。私たち「高橋畳店」はそんな魅力あふれる畳を明治33年の創業以来、100年以上も作り続けてきました。時代は変化し洋風な住宅が増えましたが、洋風な住宅に畳を取り入れるだけで和モダンを演出する... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

ハッピーファミリー

破れた障子はハッピーファミリーが張り替えさせていただきます!

和室の中でも最も破損しやすいのが障子です。木の枠に和紙を張りつけたものですので、破こうと思えば子どもでも破くことができますし、ペットを飼われているご家庭ではそのペットによって障子が破られることが多くなっています。しかし破れたからといってそのままにしてしまえば、和室が一気にみっともなくなってしまうでしょう。そこで障子の張り替えが必要になります。や... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

便利屋 よろず庵

障子・襖・網戸の張替でお困りでしたら当事業所にご相談ください!

【あなたの困った?を即解決!】 日々生活していく中で、畳、襖、障子の張り替えなどは頭を悩ませる要因の一つであります。そんな困り事のお手伝いをさせていただく事が、私ども便利屋よろず庵の仕事です。あなたのちょっとしたお手伝いをいたします。張り替えを全て自分でやるのは中々大変なので、ちょっと誰かに手伝ってほしい、ちょっと誰かに頼みたい、どんなことでも... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

有限会社 田建築工房

和室が欲しい!そんな時は(有)田建築工房にご相談ください!

畳や障子は古くから日本で愛され続けており、現在も住宅に和を取り入れるという方は多くいらっしゃいますし、畳や障子には落ち着き感を得られるということ以外にも様々な利点が御座います。私たち「有限会社田建設工房」は畳の張替えや障子の張替えに対応し、お客様の理想とする和の空間をご提供致しますので、住宅内の1室だけ和室に変えたいとお考えの方はお気軽にご相談く... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

住まい工房アールプラン

住まいに関するプロだからこその綺麗な仕上がり!

北海道にて畳や襖などの張り替えをご検討中の方は、ぜひ住まい工房アールプランにご用命ください。弊社は住まいに関するプロです。数多くの施工実績を有しておりますので、効率よく綺麗に張り替えをしていきます。畳などの張り替えは、定期的に必要となります。一度ご依頼いただいたお客様には、張り替えが必要となった都度、弊社をご利用していただけるように価格以上のサ... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

生活110番おすすめサービス

分かりやすい価格設定で対応いたします

高級なものから安いものまで幅広く取り揃えております。畳、襖、網戸、障子の張り替えならお任せください! 続きを読む

畳・襖・障子張り替え業者をエリアから探す

畳・襖・障子張り替えに関する、みんなの暮らしの知恵袋

畳・襖・障子張り替えについて

  • 畳・襖・障子の張替えのタイミングについて

    現在では伝統的な日本家屋が減ったなどと言われていますが、家の構造がいくら変化しても、日本の家屋において、「和室がない」という家は稀です。多くの家に和室があり、畳が敷かれ、ふすまや障子で他の部屋と遮られているはずです。このように、生活形態が変わっても、日本人にとって「畳のある環境」は切っても切り離せないものなのです。
    そんな畳ですが、よく耳にするのが「畳の張替え時期が分からない」という悩みです。これはふすまや障子なども同様に質問されやすい悩みなのですが、ふすまや障子などと比較して、畳替えは「最もタイミングが分かりにくい」と言われています。
    畳替えのタイミングとして、畳表面の凹凸が目立ってきたり、変色や色ムラは要注意です。また、歩いた時に沈み込む気配がした時は、特に危険な合図です。これらのサインが合った時には、取り替える時期を過ぎないように早めに畳替えに取り掛かりましょう。もし、畳替えを行わずにそのまま使い続けると、カビが発生したり、最悪の場合には畳だけでなく住居の柱にまで腐食が及んでしまう場合があります。畳は毎日使っているものなので、日ごとに傷みを負っているものなのです。気がついたらできるだけ早く畳替えをしましょう。
    次にふすまの張替えについてです。ふすまの張替えは通常の場合、ふすま紙が破れたり損傷したりした時に行うものです。しかし、ふすま紙が汚れたり破れたりしていなくとも長期に渡ってふすま紙を取り換えずにいるとふすま紙自体が劣化していくため、ふすま紙は10年前後を目安として取り替えるといいと言われています。しかし、これはあくまで目安のため、ふすま紙のタイプや住環境などによって2〜3年であったりする場合もあります。厳密にはふすまの張替えを行っている業者に依頼して取り換えてもらうことが1番おすすめです。このようにふすま紙の寿命によってふすまの張替えを行う場合もありますが、それ以外にも「新年を迎えるタイミングで」「心機一転したい」など、さまざまな理由でふすまの張替えを行うこともあります。ふすまの張替えを行うと同じ家でもなにかしら新しい気持ちで生活ができるようになるので、そのような面からも需要があります。
    そして、障子の張替え時期についてですが、やはり障子が汚れたり、破れてしまったりした際が最も分かりやすい障子の張替え時期と言えるでしょう。最近では柄の入っている障子を使う人も増えてきていますが、まだまだ障子では無地の白がメジャーです。しかし、この無地の白はどのような住まいでも馴染みやすいという優れた長所がありますが、その反面、日焼けをしてしまったり、汚れが目立ちやすかったりというデメリットもあります。しかし、このような汚れや日焼けは毎日目にしている私たちからは分かりにくいところでもあります。そのため、障子の張替え時期を逃してしまうこともあります。おおよそ5年くらいを目安として障子を張り替えるといいと言われていますが、実際には障子の種類や住環境によって取替え時期が異なったりするため、注意が必要です。
    これまで畳やふすま、障子の張替え時期について検討してきましたが、実際には住まいの状況や気候、住んでいる人の人数や使用頻度などによって異なることが多いため、畳やふすま、障子の張替えを行っている業者に判断してもらう方が確実であると言えます。

  • 畳の張替えについて

    「最近では純和風の家は少なくなってきている」、「日本家屋というものを見かけることもなくなった」などという声を耳にすることもありますが、実際に建てられている家で、和室が一室もないという家は少ないようです。やはり日本人が落ち着いて過ごせる環境というと、畳のある部屋切っても切り離せない関係のようです。
    このように日本人にとって馴染み深い畳ですが、畳は和室の顔であると言っても過言ではないというほど、畳によって部屋の印象が異なるのも事実です。畳を新調すると和室が華やぐような雰囲気になりますし、古い畳をそのまま使っていると、いくらふすまや障子をきれいにしていても、使い古したような空気は拭えません。やはり畳は定期的に畳替えをしてきれいな状態を保っておきたいものです。「そうは言っても、あまり定期的に畳替えをすることは金銭的に難しい」という方もいらっしゃると思います。ご心配には及びません。実は畳には表替え、裏返しなど「畳の表面が悪くなったらその畳のままで限界まで使う」方法があるのです。
    まず畳の「裏返し」ですが、文字通り畳の表面を裏返しまだ使われていない裏面を表にして使用することです。住環境にもよりますが、およそ新しい畳や畳替えをして2〜3年で裏返しをするのが目安だと言われています。
    次に「表替え」です。表替えとは経年劣化によって傷んだ畳の表面のみ取り替えるという方法です。新調したり、畳替えをしたりして使用し始めてからおよそ3〜5年が目安だと言われています。これは畳の中心が傷まない限り続けられますが、足を踏み込んで「畳が沈む」「ふかふかする」などの違和感があったら畳床が傷んでしまっている状況なので、畳そのものを取替えなければなりません。
    これらの裏返し、表替しを経て徐々に傷ついていった畳を最終的に取り替えるのが、「新床」です。しかし、ここまでたどり着くのには、裏返しをして数年、畳の表裏の両方で表替えを行い、それでも畳床が腐ってしまった、悪くなってしまった、などという場合に限って畳替えを行います。それまでの間、一般的にはかなり長く畳を使えるということです。
    しかし、これらの畳の裏返しや表替えなどの作業は、なかなか素人の人が行うには難しいものです。材料を買い揃えても、実際に家にある畳とサイズや種類が合うのか、どのようにして行うのか、分からないことが多いのではないでしょうか。実は、これはいい加減に行うとかえって畳を傷つけてしまうことにも繋がりかねないので、やはり畳替えを行っている会社に頼むのが最も安心できる方法です。「畳を変えたい」「けど方法が分からない」という方には、このような畳替えを行っている会社が役に立ってくれるかも知れません。畳替えや表替え、裏返しなど、畳に関する業務を行っている会社をお探しでしたら、ぜひ当サイトの生活110番をご利用ください。

  • 襖の張替えについて

    ふすま紙の種類は、織物と鳥の子紙に大別されます。また、これら2つの種類からさらに並品、中級、上級、高級、最高級と分けられていくので、多様な種類が用意されています。
    ふすま紙の中でも鳥の子紙は楮と雁皮を混ぜて漉き作り上げた和紙のことで、淡い黄色が特徴です。上の表面が滑らかであり、卵のような色であることから鳥の子紙と呼ばれています。その鳥の子紙の主要な種類として、「本鳥の子紙」、「鳥の子紙」、「上新鳥の子紙」、「新鳥の子紙」があります。
    本鳥の子紙は無地の色合いが特徴的な和紙で、ふすまの張替えなどで使う際には十分な配慮が必要とされる、繊細な種類です。鳥の子紙は本鳥の子紙と異なり、機械で漉かれ、つくりあげられる和紙のことです。上新鳥の子紙は普及品であり、比較的低価格で手が届きやすい和紙です。加工をしやすいため、中にはさまざまな図柄や模様が入れられている上新鳥の子紙もあります。新鳥の子紙はふすまの張替えに使われるふすま紙の中では最も廉価なものだと言われており、下地が透けることを防ぐために裏地が茶色になっているものが一般的です。
    これらふすまの張替えで使われる和紙とは根本的に異なるのが織物です。主な種類としては普及版織物、中級織物、上級織物があります。普及版織物は廉価なふすま紙用の織物であり、さまざまな絵柄やプリント柄などの加工がされているものが多く、使われている糸はレーヨンや麻糸などが多くあります。中級織物はレーヨンやスラブなどの糸を意匠撚糸で織っている種類の織物です。上級織物は縦糸と横糸の糸目を詰んでいる高級な織物ふすま紙です。施されている絵柄も手で加工されるため、繊細な作業が求められるふすま紙です。
    これら鳥の子紙や織物などのふすま紙に共通して言えることは、高級なものであればあるほどふすまの張替えに関する高い技術が求められるため、DIYなどで使うのは難しいということです。それでは「廉価なものなら簡単に扱えるのか」というと、そうとは限らないのです。廉価なものは場合によっては「廉価であるがゆえに扱いにくい」というものもあり、安いために使いやすく出来ていないという側面もあるのです。
    このことから総合的に言えることは、ふすまの張替えをする場合には、ふすまの張替えを行っている会社に依頼して張替えてもらうのが最も手っ取り早く、かつ安心して任せることができる方法なのです。よくDIYの一環で「ふすまの張替えを自力で行ってみた」という方もいらっしゃいますが、どんなに上手くふすまの張替えを行っても、隣に職人が張替えを行ったものを並べると、一目瞭然で素人が張替えたふすまが分かってしまうそうです。
    ふすまは至る所にある家の横顔のようなものです。そのようなふすまにキズがついていたり、汚れていたり、中途半端な張替え方をされたものが使われていると、来客などの外部から来た人には「残念な横顔」として写ってしまいかねません。
    そうならないように、しっかりとふすまの張替えを行ってくれる会社に依頼することが大切です。

  • 障子の張替えについて

    障子の歴史は遡ると実は古く、平安時代から貴族の家屋などで使われていたと言われています。障子は閉めた状態で採光が可能なことや通風性、断熱性に優れ、見た目にも優美なことから、古くから愛されてきました。他の仕切り機能を持った建具と比較して障子は断熱性や吸湿性が高いだけでなく、日光を和らげ拡散することや、これによって強すぎない自然な明るさをつくり出し部屋を心地よい空間としてくれることが、日本人のみならず、世界中で愛され使われている理由であると考えられます。
    そんな日本人の生活にとって欠かせない障子ですが、これら障子は歴史の過程で住宅に合った形態へとさまざまな変遷を遂げてきました。現在普及している主な障子の種類としては「荒組障子」、「横繁障子」、「堅繁障子」、「腰付障子」、「雪見障子」などのさまざまな種類があります。
    これらの種類によって、障子の張替えでの作業工程で気をつけるべきことや障子の種類や住環境によって使用されるのに適した障子紙が異なるため、障子の張替えを行っている会社に依頼して障子の張替えをしてもらうのが、最も安心で確実な方法でしょう。
    障子の張替えにはさまざまな工程や道具が必要となるため、自分で行う場合に1人で行うには難しい作業です。また技術が無い状態では出来上がった時にたるんだだらしのない障子になってしまいかねません。以下で簡単な障子の張替え方法を説明します。
    まず障子を洗い、糊を溶かして障子紙を剥がします。その次に障子を乾燥させ、障子紙を貼ります。障子紙が完璧に張り付いたら、障子紙を裁断していきます。そして障子を乾燥させたら完成です。
    この障子の張替え作業では特に障子紙を貼り付ける所が難しいようです。障子紙をきれいに張った状態で張り付けていくのは技術が無いと難しく、キレイに仕上げるには難しいものです。しかし、ここでこの作業が上手く出来ていないと最終的に乾燥させられた障子にシワが寄っていたり、折れ目がついてしまったり、弛んだりした状態となってしまうことが多いので、注意が必要しなくてはなりません。「キレイな状態で障子を仕上げたい」と思うのならやはり障子の張替えを行っている会社に依頼して障子を美しく張り替えてもらうことが大切です。また、「どの会社を利用すればいいのか分からない」「どのようにして選べばいいのか分からない」「取り換えに最適な時期が分からない」という方は当サイト生活110番をご活用ください。
    日本の和室には欠かせない障子。外からも見える障子は家屋の顔であるとも言えます。この障子が破れていたり、日焼けして黄色くなっていたのでは外から見ても残念なものです。常に美しい状態を保つためにも障子は時期がきたら定期的に張り替えてもらうようにしましょう。

0120-949-986