シャッター修理

シャッター修理業者比較 目安料金について 手動シャッターに車をぶつけた時、修理にかかる費用の目安となります。

検索結果
46社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込み

生活110番おすすめサービス

電動シャッター、ガレージ用などのシャッター修理はお任せください

個人様、法人様問わずシャッターのトラブルへ迅速に対応しております。シャッターが開かない、リモコンシャッターのセンサーが反応しない、原因は分からないがシャッターの開閉が重い…など様々なお悩みを解決します! 続きを読む

三洋トータルサービス

シャッターの修理でお困りなら三洋トータルサービスにご相談ください!

「三洋トータルサービス」は、シャッター修理や住宅の塗装など住まいに関する業務を中心に行っております。創業34年の長い実績と経験を活かし、地域のお客様に満足いただけるサービス提供を目指しております。防犯や防煙に欠かせないシャッターは、開閉を重ねることで劣化や故障が起こってしまいますが、当社ではシャッターの不具合も専門の知識をもったうえで対応し、適切... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理
草刈り
芝張り

昭和建産西部販売株式会社

創立38年の実績!シャッター修理は私たちにお任せください!

防犯や防火の目的で使われるシャッターは重量シャッターと軽量シャッターに分けられています。また、最近では住宅やニーズに合わせることができるようにデザイン性や機能性が充実した製品も多く登場し、さらに生活を快適にするための改良がされました。同時に、メンテナンスや修理に対して不安を持たれている方も少なくはないでしょう。 【こんな時お任せください!】 ... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

知多グリーン建工

安全なシャッターで快適な生活を送ってしませんか?

ガレージや車庫、窓などに設置されているシャッターは様々な役割を持つ優れた建具で、雨の浸入を防ぐだけでなく、防犯や防災にも優れた効果を発揮します。ですが、部品の消耗や不具合により本来の機能性、安全性が低下してしまうこともあり、安全に生活するためのシャッターのはずが事故に繋がってしまうこともあります。「知多グリーン建工」では、皆様の安全をお守りする... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事
シャッター修理

奥村エンジニアリング

シャッターの修理や設置は奥村エンジニアリングにお任せください!

現在、あらゆる場所で設置されているシャッターは建物の安全を守るために欠かせない設備の一つとして浸透しました。軽量タイプや重量タイプがあり、またデザインや機能も様々なシャッターですが、需要が高まったと同時に故障や破損の際の対処法について悩まれる方も多くいらっしゃいます。特にモーターとスプリングで開閉を行う自動シャッターの故障は大きな事故に繋がって... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

アクアクリエイティブ株式会社

住まいのトラブル即解決!シャッター修理は私たちにお任せください!

「アクアクリエイティブ株式会社」では、住まいのトラブルに365日24時間対応しております。防犯目的で住宅でも採用されることが多くなった電動シャッターですが、開閉の頻度が重なるにつれて故障が起こりやすくなります。故障してしまった時は防犯性能が損なわれてしまうばかりか、事故などの危険に繋がってしまうケースもあるので迅速に修理対応しなければなりません。当社... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

カギの110番 呉店

シャッターの修理・交換に迅速対応!技術には自信アリ!

頑丈な構造が古くから様々な場面で重宝されてきシャッターですが、今では耐火性機能や採光性も併せ持つようなり、小型化、軽量化された製品は住宅設備として採用されることも多くなりました。ですが、それだけ心強い存在であるだけに、故障などの際には生活に与える影響も大きく、適切な対処で素早く機能を回復させる必要があります。そうしたトラブルの対処には、当社カギ... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

イー・アンド・シー 「何なり屋」

青森県でのシャッター修理は「何なり屋」にご用命ください!

株式会社イー・アンド・シー ライフケア事業部「何なり屋」は、青森県にて便利屋として活動しております。地域社会のため、お客様のためにギブ&ギブの心で業務に励んでおります。住宅内での困り事を解決するのが得意であり、ガレージや窓などに設置されているシャッター修理や交換のご依頼も承っております。便利屋として数多くの業務をこなしてきた経験と、柔軟な対応力... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

株式会社フイリング

伊賀忍者のごとく迅速で着実な施工をさせていただきます!

【弊社の想い】 株式会社フイリングは、従業員数四名の小さな会社です。小さな会社ではありますが、創業50年を迎える歴史ある会社です。「地域密着企業」という言葉もありますが、弊社もそのうちの一つでしょう。私たちは伊賀市を中心にお仕事をしているのはもちろん、様々なイベントも開催しています。地道な活動ではありますが、このような活動を通して地域の人々と深い... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

住宅内外装リフォーム タカヤマ

シャッター修理・交換は大阪の歴史あるリフォーム店『タカヤマ』に!

【調査からアフターフォローまでタカヤマにお任せ!】 当社「住宅内外装リフォーム タカヤマ」は大阪・泉佐野に創業して15年以上、お客様の信頼にお応えする工事をモットーに住宅工事に携わってまいりました。内装や外装などリフォームを得意とし、住宅全体の大規模なリフォームから部分的な修繕まで自社で一貫して施工可能なのが自慢です。自社施工だからこそお客様に真... 続きを読む

関連リンク
シャッター修理

有限会社J・Wハウス倶楽部

各種シャッター対応可能!修理・交換ならJ・Wハウス倶楽部へどうぞ!

シャッターは日本では鎧戸とも呼ばれているように、とても強固で信頼できる機能をもった建物の設備です。さらに近年では軽量化や小型化といった技術開発も進み、一般的なご家庭でも大切な財産や生活空間を守るために利用されるようになりました。当社J・Wハウス倶楽部では、そうしたシャッターの機能をお客様に良好な状態で十分に活用していただけるよう、新旧多様なシャッ... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

生活110番おすすめサービス

電動シャッター、ガレージ用などのシャッター修理はお任せください

個人様、法人様問わずシャッターのトラブルへ迅速に対応しております。シャッターが開かない、リモコンシャッターのセンサーが反応しない、原因は分からないがシャッターの開閉が重い…など様々なお悩みを解決します! 続きを読む

シャッター修理業者をエリアから探す

シャッター修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

シャッター修理について

  • シャッターの種類について

    シャッターには大きさから種類まで幅広いものがあります。役目としては防犯であったり、外構シャッターにペイントを施すことで宣伝をする目的を追加したり、飛んでくる小石などから守るためであったりと色々な目的があるのです。具体的にはどのような種類があるのでしょうか。今回はそれについて見ていきましょう。まずシャッターは大きく分けると5つほどに分けることができます。建物の外壁や防火区画に利用される重量シャッターです。外壁開口部で外からの火災の影響を防ぎ、また侵入者も防ぐためにあります。建物の中にもあり、これは防火シャッターとして利用されているものです。延焼防止のものになります。軽量シャッターはお店や倉庫に使われており、5種類の中では最も多く使われているシャッターです。閉店時間になった商店で、このシャッターが降りているのを多くの人が見ているかと思います。オーバーヘッドドアは開け閉めをよくする工場や倉庫の出入り口に設置されていて、大型のものは消防車の車庫、小型のものは住宅の車庫にも利用されているシャッターです。天井の方にシャッターをスライドさせる方式なので、開け閉めが早くできるために、基本的には車庫や倉庫の出入り口に使われています。高速シートシャッターはカーテンのようなシートを素早く上げ下げするもので、空調管理に主に使われているシャッターです。精密機械、食品などの空調管理をする場所では必要とされています。やや身近なシャッターではないかもしれません。私たちにより身近なものは窓シャッターでしょうか。窓ガラスに傷がつかないようにするためや、プライバシーの保護のためにあるシャッターです。動力源にも種類が分かれています。大型のシャッターはほぼ電動ですが、商店にあるようなシャッターや住宅にあるようなシャッターは手動のものが多いです。ただし住宅に関しては、ここ最近は車庫のシャッターも窓シャッターも電動のものが多くなってきているので、今後は電動シャッターが主流になっていくかもしれません。業務用は性能や用途を重視すべきですが、住宅用のシャッターはデザインなども気にする必要があります。特に窓用シャッターは全てを締め切るものだけでなく、採光をすることのできるシャッターも登場しているので、どのシャッターが自分の要望に合っているのかよく調べておかないといけません。どのシャッターでも同じという訳ではなく、電動と手動の違い、用途の違い、色々な種類があるのです。それらをしっかり見極めた上で、どのシャッターが1番良いのか、どのシャッターを取り入れるかを決めましょう。シャッターの種類を予習しておくだけでも、シャッターを選ぶ際にこのシャッターはどう使えば良いのかなどが理解しやすくなりますよ。

  • よくあるシャッターの不具合

    シャッターの仕組みは、シャッターカーテンを動かすための仕組み、ちゃんと上げ下げするための仕組み、収納するための仕組みが基本的なものになっています。このどこが不調を起こしても、シャッターを上手く動かすことはできません。基本的に多くあるシャッターのトラブルは動作の問題がほとんどです。例えばカーテンをちゃんと上げ下げするための仕組みであるガイドレールにゴミが溜まっていたり、変形していたりすることによって手動でも電動でも上げ下げができなくなります。このようなトラブルがよく発生します。特に電動シャッターは機械が多く組み込まれているために、どこかに不調が発生すると全体に問題が波及してしまうのです。電動シャッターが動かない場合、エマージェンシースイッチが発動した可能性があります。この原因はエマージェンシースイッチの誤作動です。エマージェンシースイッチは一定の位置になるとシャッターを緊急停止させる機能です。本来ならば完全に開き、完全に閉まるように設定されているのですが、誤作動によってシャッターがある程度の位置まで降りたら、緊急停止が発動して動かなくなるように設定されてしまっている可能性があります。シャッター修理をする際には、その設定を通常に戻すところから始まるのです。他には開閉スイッチが劣化して信号を送れていなかったり、そもそもショートなどによって電源が壊れてしまっている可能性もあったりするので、電動シャッターの不具合は色々と見ないといけない部分が多いので厄介です。手動シャッターにも問題は発生しますが、機械的なものというよりは経年劣化や部品の変形などが多いです。先のガイドレールのゴミや変形もそうですが、錆なども大きな原因となるので掃除はしっかりしてあげないといけません。故障の次に多いのはシャッターの開け閉めの際に異音がすることです。これもガイドレールの変形やゴミ、錆が原因として考えられますが、他にもシャッターが変形などによって左右のどちらかにずれている場合も異音が出てしまいます。開閉器巻取り部分から異音が発生している場合には非常に大きな問題で、開け閉めに関わる部品に問題が発生している可能性があり、異音から開け閉めができなくなるという不具合が発生する可能性が大きいです。そうなる前にも異音がシャッターの開閉口からしている場合には、すぐに修理に出した方が良いかもしれません。基本的にシャッターの不具合は開け閉めができなくなる、異音が発生するといった問題がほとんどです。電動シャッターは部品が多いので、原因を調べるのが大変になります。シャッターは開け閉めができなければ非常に困ってしまいます。お店の場合は開店できませんし、車庫は車を出すことができません。窓シャッターも開かないと部屋が暗いままです。何かあった場合はすぐにシャッター修理をしてもらい、不具合を解決してもらいましょう。

  • よくあるシャッターの事故

    電動シャッター、手動シャッター問わずにシャッターに挟まれるという事故は多く発生しています。単なるヒューマンエラーとして、手動の場合は下げる時にシャッターと地面の間に指を挟んでしまったり、上げ下げしている時に不用意に触れてしまいレールに指を挟まれたりというトラブルがあります。人の不注意が原因の事故です。電動シャッターの場合は、シャッターを下げる時に確認をしなかったために人を挟んでしまう事故が発生しています。シャッターが閉まりそうだからという理由で走り抜けようとして、シャッターに挟まれるという事故もあります。ただの事故ではなく命に関わる問題なので、人的ミスは絶対に起こさないようにしましょう。また同じく絶対に起こしてはいけないのはシャッターの調子が悪かったために起こった事故です。これも手動、電動、どちらでも発生しています。経年劣化によって部品が破損し、ゆっくり降ろそうと思っていたシャッターがいきなり落ちてしまうという事故です。また、何もしていないのに突然シャッターが落ちてくるような事故もありました。シャッターは意外と重く、それが2メートル近い高さから一気に降りてくるのですから、直撃してしまった場合には無傷では済みません。こういった事故の前にはシャッターの動作中に異音がすると思われるので、その場合は修理を依頼した方が安全管理上は良いと思われます。そうでないと事故が発生してしまうからです。事故が起こってからでは大問題になってしまいます。シャッターに挟まれたらどうなってしまうのかと言うと、もし首などを挟まれてしまった場合は死んでしまうこともあり得るそうです。そういった事故も多く発生しています。死んでしまう可能性もありますし、重傷を負ってしまうこともあり得るのです。ちょっと痛いだけであれば幸運ですが、大怪我をしてしまうかもしれないのでシャッターの点検はちゃんとやっておきましょう。またシャッターの真下やその周りで不注意に遊ばないように気を付けないといけません。特に小学生などの子供の事故の場合、いきなりシャッターが降りてきたという機械的な問題もありますが、シャッター近くで遊んでいたために事故に巻き込まれてしまったこともあるのです。シャッターが降りてきたら不用意に近付いてはいけませんし、シャッターが降りてくる場所で遊ぶのは危ないので止めておきましょう。シャッターがいきなり降りてくる原因には経年劣化による部品の損傷や錆、人的ミスなど様々です。少なくとも部品の損傷などで事故を起こさないためにも、シャッターに定期的な検査を受けさせてあげましょう。そうすることによって防ぐことのできるシャッター事故はかなりの数になるでしょう。

  • シャッターの自力でのメンテナンスについて

    シャッターはちゃんと点検をしてあげないと、錆やゴミなどのせいでガイドレールが詰まり、シャッターの動作に弊害が出てしまいます。シャッターを下げようと思ったら急に止まってしまったり、いきなり落ちてきてしまったりと大怪我の原因になってしまうかもしれません。そういった危険性はなくさないといけないので、ちゃんとシャッターが動くような状態にあるかを判断する必要があります。そのためにシャッターのメンテナンスは必要なのです。そして何かあった際にはシャッターの修理をします。シャッターのメンテナンスをする時に自力でできるのでしょうか。結論は、できなくはないのですが、止めた方が良いかもしれないということです。先の通り、修理中にいきなりシャッターが落ちてきてしまう危険性もありますし、シャッターは幾つかの複雑な機械によって動いています。これは手動も電動も同じです。どちらも色々な部品が組み合わさったできたものであり、このメンテナンスをするのであれば、それらを分解して点検し、また戻さないといけません。これが果たして一般の人にできるのでしょうか。また部品の分解や修理には特殊な工具も必要だそうです。そういった機械もなしに分解しようとしたら破損の原因になってしまいますし、そもそも分解できるかどうかも分かりません。ただシャッターを壊してしまうという結果になってしまう危険性があるのです。よしんば、よく知らない機械を分解することができたとしても、それをまたちゃんと組み立てられるかどうかは非常に疑問ですし、分解作業中にシャッターがいきなり落ちてきて自分が怪我をしたり誰かが怪我をしたりとトラブルを作ってしまいます。少なくとも自分で簡単にシャッターを直すことは難しいので、最初は業者に依頼をしてメンテナンスをしてもらった方が良いです。シャッターから異音がする、動きが悪いという原因を探ろうとして自分が怪我をしてしまってはどうしようもありません。自分でやるよりも業者にシャッターのメンテナンスを依頼しましょう。そして何かトラブルを見つけた際も、そのまま業者にシャッターの修理も任せてしまいましょう。そうすれば自分で何もすることなく、ちゃんとシャッターのメンテナンスとシャッターの修理を完了させることができますよ。自力でやろうと挑戦することは良いのですが、どう頑張っても無理なことに挑戦をして状況を悪化させるような事態を招くことは決して止めましょう。シャッターのメンテナンスは安全の使用上大切な行動ですが、自分でできないのであればシャッターのメンテナンスができる業者に頼りましょう。それが最も安全な方法です。

0120-949-986