ドアノブ修理

ドアノブ修理業者比較 目安料金について ドアノブを一箇所交換した時にかかる費用の目安となります。

検索結果
49社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

リーズナブルに修理したいならご相談ください。

お見積りに満足していただけなかった場合キャンセルもできますので、まずは無料お見積りをお申し付け下さい。 続きを読む

安心ロック倉敷

ドアノブ修理を通じてお客様に安心や安全をお届けします

安心ロック倉敷は、その名の通り、お客様に「安心」をお届けするべく、毎日スタッフ一同頑張っております。お客様から「助けて!」とご依頼があれば岡山県内はもちろん、近隣の県にもお伺いします。ドアやカギのトラブルというのは、そこで暮らす人の安全を脅かしかねません。早急に適切な対処が必要になります。お客様目線での営業を心がけておりますので、いつでも遠慮な... 続きを読む

関連リンク
サッシ修理
ドアノブ修理
防犯窓

光信メンテナンス

安心綺麗なドアノブでより快適な生活を手に入れましょう!

【綺麗なドアノブを維持しましょう】 私たちが普段何気なく使用しているドアノブ。それだけに、お手入れもついつい忘れがちになってしまいます。本当に怖いのは、目に見えない汚れです。汚れた手や外から持ち帰った雑菌が付着したドアノブは、菌の温床になっているかもしれません。 光信メンテナンスは、日本で唯一のハウスメンテナンス会社です。ドアノブ修理もお任せく... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

アメージング企画 秋田

年中無休で24時間対応のきめ細かなサービス!ご依頼をいつでも承ります!

普段特に意識していなくても、日々の生活で頻繁にする決まったドアノブは多くの人にあるのではないでしょうか。もしも、そんなドアノブが急に使用できなくなったとしたら、場合によっては使用頻度の高いドアノブであるほど、大きな影響と問題を時間の経過とともに生んでしまいます。そんなドアノブのトラブルの解決や未然の防止に高い実績を持っているのが、私共アメージン... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

アールエルサービス中京

ドアノブ修理は丁寧でスピーディな対応のアールエルサービス中京にお任せ!

当社は2002年の創業以来、岐阜や愛知のお客様からいただく住宅のガラスや鍵の交換についてのご依頼に対応させていただいてきました。地元の業者様、企業様、もちろん個人のお客様からのご依頼について、様々な事例を体験してきました。技術力、知識、適正価格で私達は他の企業に負けているとは思いません。様々なご依頼を受けて、皆様からのご相談に対応させていただきます... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

青森ロックサービス

急なドアノブの故障もすぐに対応!電話での見積りもOKです!

青森ロックサービスは「鍵の専門店」です。一般住宅・金庫・店舗・シャッター・デスク・ロッカー・スーツケース・車・バイクなどあらゆる鍵のトラブルに対応しています。 【思わぬ閉じ込めも・・・】 私たちは、玄関をはじめ毎日沢山のドアの開け閉めをしています。ドアが設置されている部屋の用途によって頻度は違いますが、例えばトイレのドアなどは一日に何回も開閉... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

ロックエース24

安全安心!鍵やドアノブのことならロックエース24にお任せください!

「ロックエース24」では栃木県内を中心に営業し、鍵トラブルやドアノブ修理を承っております。鍵と同じくトラブル率が高いドアノブは、使用頻度が高い設備なので部品の劣化や不具合が起こりやすくなってしまいます。部品が破損してしまったり、内部で不具合が起きてしまうことでドアノブが回らなくなってしまうこともあり、このような体験をして困った方も少なくはないでし... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

鍵王

24時間年中無休!鍵王ならスピーディーなドアノブ修理が可能です

【迅速なドアノブトラブル解決をお求めなら鍵王へ】 屋外と屋内、室外と室内を隔てるドア。それを開閉するのに必要なのがドアノブなのは言うまでもないことですが、そのような役割があるからこそドアノブが故障した時は想像以上に大変なことになります。たとえば、ドアノブが回らなくなってしまった。ドアノブが空回りばかりしてドアが開かない。ドアノブが取れてしまった…... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

鍵屋ロックレスキュー和歌山

ドアノブの修理なら私達にお任せください!

住宅の鍵の修理・交換・取付 まずはお問い合わせください。 「部屋のドアにもう一つ鍵を取り付けたい」「部屋のドアを鍵付きに交換したい」「ドアノブをレバーハンドルに交換したい」などお考えでしたら、一度お見積りさせて頂きますのでお電話ください。お電話で大体の金額がわかる場合もありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 もちろんトラブルも対応いたします。... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

有限会社河北ガラス店

ドアノブのお悩みは河北ガラス店にご相談ください!

河北ガラス店のページをご覧いただきまして、ありがとうございます。当店は、住まいを快適にするためのリフォーム、トラブルを解決するための施工を行っています。店名にある通り、ガラス店ではありますが、ドアノブの施工も大得意です。玄関や住宅内のドアノブが壊れてしまった、デザインが違うドアノブを取り付けて心機一転したいなど、ドアノブに関するお悩みがありまし... 続きを読む

関連リンク
ガラス修理・交換

鍵の甲府ロックサービス

24時間出張可能!ドアノブや鍵のトラブルは私たちにお任せください!

【安心・低価格】 「鍵の甲府ロックサービス」では、ドアノブ修理や鍵のトラブルに素早く対応し、皆様の安心と安全をお守り致します。鍵は非常に欠かせない物ですが、ドアノブも鍵同様に生活に無くてはならない設備です。ドアノブのトラブルはイメージしにくいですが、経年劣化や様々な原因でドアノブが回らなくなってしまったり、ラッチが引っ込まなくなってしまうという... 続きを読む

関連リンク
ドアノブ修理

生活110番おすすめサービス

リーズナブルに修理したいならご相談ください。

お見積りに満足していただけなかった場合キャンセルもできますので、まずは無料お見積りをお申し付け下さい。 続きを読む

ドアノブ修理業者をエリアから探す

ドアノブ修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ドアノブ修理について

  • ドアノブの寿命について

    世の中には、目立たないけれど毎日頑張っているものがいくつもあります。人間も然りですが、道具の世界にもそういったものが数多くあります。そのうちの一つが、ドアノブと言えるのではないでしょうか。自動ドアでもなければ、ドアの開閉にはドアノブが欠かせません。ライフスタイルやその場の環境にもよりますが、一日に何十回とドアノブは私たちの手で回されています。あまりにも身近なため気を配ることも普段はありませんが、ドアノブだってモノである以上、使い続ければ次第に劣化していきます。すると、どうなるのでしょうか。一言でいえば、壊れてしまったドアノブは、基本的にドアの開閉ができなくなってしまいます。そうなると、トイレやお部屋などに閉じ込められてしまうのです。そのようなことが起きないように、ドアノブに何らかの異常を感じましたら、ドアノブ修理を速やかに行うべきでしょう。特にドアノブがグラついたり、動きが鈍くなり始めましたら要注意です。内部の部品が異常を来しているかもしれません。それでは、何を目安にドアノブ修理に乗り出せばいいのでしょうか。一般的に、ドアノブの寿命はせいぜい10年〜15年と言われています。使用期間が耐用年数に近づく、もしくは過ぎてしまうと、ドアノブが壊れてしまう確率は大きく跳ね上がります。前述のような異常を感じなくても、ある日突然ドアノブが使い物にならなくなることも考えられます。もったいなく感じるかもしれませんが、お早めにどうあの部交換に踏み切ると良いでしょう。さて、ドアノブ修理・交換どちらにしても耐用年数が一つの基準になりますが、その耐用年数もドアノブの置かれた環境によって大きく異なる点に注意が必要です。例えば、玄関ドアのドアノブはどうでしょうか。玄関ドアは外気と内気とを遮る役目も果たしており、ドアの中でも特に過酷な環境下に置かれています。さらに使用頻度が高いため、その劣化の速度は非常に早くなっていると考えられます。他には、浴室やトイレのドアノブはどうでしょうか。どちらも水廻りにあるため、ドアノブ内部の金属部分が腐食しやすく、やはりこちらも劣化が早くなってしまうのです。玄関ドアは開かなくなっても勝手口などを利用すればいいですが、トイレなどは閉じ込められる危険があるので要注意ですね。ドアノブは普段気を配る物でもありませんし、一見してその内部がどうなっているか見えないため、知らず知らずのうちに劣化が進んでいる恐れがあります。もしもちょっとした不具合を感じたり、10年以上使用していれば、一度業者の方に見てもらい、ドアノブ修理・交換を依頼すると良いでしょう。その時は、その場所に合った素材や機能性を持つドアノブに交換すると、日々の生活がちょっと豊かになるかもしれませんよ。

  • ドアノブが壊れる原因と、壊れた時の被害について

    ドアノブの耐用年数は、およす10年から15年と言われています。そのため、ドアノブが壊れるといった事態に陥ったことがある人は少ないかもしれません。しかし、油断してはいけません。10年、20年と長期間使用していますと、ある日突然ドアノブが機能しなくなるかもしれません。木製やステンレス製などドアノブの種類は豊富ですが、その内部はいくつもの金属が組み合わされています。ドアにはラッチボルトという三角形のような部品があり、これがドア枠に嵌ることでドアが閉まります。ドアノブを捻るとラッチボルトが内部に引っ込み、ドアを開けられるようになるのですね。基本的にドアノブの故障による被害は、この動作が上手くいかなくなることに由来しています。それでは、どのような原因がドアノブの故障を引き起こすのでしょうか。先ほど述べましたように、ドアノブは金属の塊です。つまり、錆がドアノブの天敵なのです。実際に、浴室やトイレのような水廻りの場所では、ドアノブの寿命は早まると言われています。ドアノブの内部に湿気が溜まり、それがやがて結露し、金属を腐食させてしまうのです。似たような理由で、玄関ドアも注意が必要です。外気に晒される玄関ドアは、室内との気温差から結露を発生しやすい環境にあるためです。金属であるドアノブにとって結露は天敵ですが、錆びつき以外にも、大きな負荷がドアノブにダメージを与えることがあります。金属は高温になると膨張し、木材は湿気を吸うと膨張することをご存知でしょうか。ドアにも、金属や木材が使われています。時期によって、ドアが閉まりにくく感じたことは無いでしょうか。そして、その時力づくでドアを閉めていなかったでしょうか。力づくでドアの開閉を行えば、ドアはもちろんドアノブにも大きな負担になります。ドアノブは一日に何度も回され、大きな衝撃を受けるので、知らないうちに金属が割れたりネジが緩んだりしてしまうのです。単純に見えるドアノブですが、その故障となる原因は多岐にわたります。人によってはドアノブ修理をDIYによって行う方もいますが、根本的な故障の原因を掴めなければすぐに問題が再発してしまうことも考えられます。そのようなことを防ぐため、ドアノブ修理の業者を呼んでみてはいかがでしょうか。培った経験と技術で、その故障の原因を突き止めてくれるかもしれません。そして、そのドアノブの環境に合った、新しいドアノブを提案してくれるかもしれないのです。

  • ドアノブを交換することによるメリット

    普段使っているドアノブに、何らかの不満や改善点を思いついたことは無いでしょうか。おそらく、多くの人がドアノブのことなど考えもしなかったと思います。しかし、私たちにとってドアノブは目立たないながら非常に身近な存在。ドアノブ交換を行うだけでも、日々の生活にちょっとした良い効果がもたらされるかもしれません。ドアノブの寿命は10年から15年ほどとされており、定期的に修理や交換を行わないと、最悪の場合ドアを開けられなくなって閉じ込められるかもしれません。もしもご家庭のドアノブが古くなっているのでしたら、故障してしまう前に新しい物に交換してみてはいかがでしょうか。そしてその時は、全く同じものにするのではなく、より便利なドアノブ交換を考えてみることをお勧めいたします。というのも、従来の握り玉タイプのドアノブは、子供や高齢者にとって使いにくい恐れがあるのです。若くて元気な人にはイメージが湧かないかもしれませんが、高齢者もしくは小さな子供の場合、指先の力があまり強くありません。そのため握り玉を握り、回して開閉するといった作業が難しいこともあるのです。先述のようにドアノブは一度施工すれば10年は使用するものなので、どうせなら使いやすい物を選びたいですよね。そのため近年では、「レバーハンドルタイプ」のドアノブの需要が高まっています。レバーハンドルタイプは握りやすく力を加えやすいため、高齢者や子供にとっても開けやすいです。指先を使う必要もないため、例えば手がふさがっていても腕を引っかけて開閉することもできるため、忙しいお母さんにも扱いやすいことでしょう。他には押し引きするだけで開閉可能な「プッシュプルハンドル」というものもあり、こちらも容易に開閉が可能な人気のドアノブです。近年は少子高齢化の進展からか、家の中のバリアフリーを行う「バリアフリーリフォーム」という考え方も徐々に広がりつつあります。その一環として、このようなドアノブ交換に乗り出す家庭も増えているのです。自治体によっては、ドアノブ交換に対して助成金を送るところもあるのです。助成額の上限など細かい決まりはありますが、ドアノブ交換の際は一度ご自身の自治体が助成金を行っているのか調べてみると良いでしょう。多くのメリットが期待できるドアノブ交換ですが、一番大事なのは、「そのドアにはどのようなドアノブが最適か」を知ることかもしれません。最初に述べましたように、私たちはドアノブについて真剣に考えたことはほとんどないでしょう。だからこそ、ドアノブ交換の業者の方の意見を仰ぐのが大切なのです。一度ご家庭に業者の方を呼び、質問や疑問をぶつけてみてはいかがでしょうか。より良いドアノブが見つかるかもしれませんよ。

  • ドアノブの形状や種類について

    ドアノブ交換について考えたことは無いでしょうか。普段何気なく使っているだけに、あまりドアノブのことを真剣に考えたことは無いかもしれません。しかしドアノブは金属の塊のようなものであり、日々の強い衝撃を受けることで次第に摩耗していきます。そうなるといつかは壊れてしまいますので、そうなる前にドアノブ交換を考えておいた方が慌てずに済むでしょう。使用する頻度、環境などにもよりますが、ドアノブの寿命は10年から、長くても20年ほどと言われています。もしも目立った異常などが無くても、この期間を目安に交換について一度考えてみてはいかがでしょうか。さて、一口に「ドアノブ」と言っても、その種類は様々です。最初に述べましたように、普段はドアノブについてあまり考えることがないため、その種類をあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。ここでは比較的よく使用されるドアノブをいくつかご紹介しますので、ドアノブ選びの参考にしていただければ幸いです。一つ目は、「円筒錠」です。その名の通り円筒の形状をしたドアノブで、主に室内用ですが、古い家屋ですと玄関扉や勝手口に使われていることもあります。内側のボタンを押すことでラッチボルトを固定し、ノブが回転しないようになります。このタイプは防犯性が低いため、室内用でなければ防犯のためにもお早めに交換した方が安心でしょう。似たような形状で、「インテグラル錠」というものもあります。こちらはデッドボルトと呼ばれるかんぬきが付いているため、円筒錠と比較すれば防犯性能は高くなっています。そういった背景から、室内用ではありますが、円筒錠よりも玄関扉や勝手口に使用されている割合が高くなっています。しかしこちらも容易に破壊される恐れがあるため、やはり防犯性は低いです。お早めに交換された方がいいでしょう。そして近年急速に普及が進んでいるのが、「レバーハンドル錠」です。誰にでも扱いやすいユニバーサルデザイン設計が最大の特徴で、高齢化が進む日本において今後さらなる普及が見込まれるタイプのドアノブです。レバー型で握力が必要ないため、指の力が弱い高齢者や小さな子供にも開けやすいのです。手が荷物でふさがっていても開けやすいため、健康な大人にとっても有用な存在です。さらに便利な「プッシュプルハンドル錠」というものもあり、こちらはハンドルを押し引きするだけで扉の開閉が可能なので、レバーハンドル以上に扱いやすいのです。このように、ドアノブには様々な種類があります。同じ形状でも素材やデザインなどのバリエーションも豊富なので、その点も考慮してドアノブ交換に踏み切ると良いでしょう。ただし忘れてはいけないのが、その扉に合ったドアノブを選ぶということ。使用頻度が高い扉には頑強な物を、湿度が高い場所には錆びにくいものなど、使用条件を念頭に選ぶと失敗せずに済むでしょう。ドアノブ交換には業者の方を呼んで依頼すると思いますが、その時はどのようなドアノブを選択するべきか相談してみることをお勧めいたします。親身になって応えてくれることでしょう。

0120-949-986