ブロック工事・コンクリート工事

ブロック工事・コンクリート工事業者比較

検索結果
63社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込み

生活110番おすすめサービス

ブロックやコークリート工事のプロが迅速丁寧に施工いたします。

ブロック工事、コンクリート塗装など、ブロックやコンクリートに関することについてならお任せください! 続きを読む

中尾造園

ブロック工事のことなら中尾造園にお任せください!

【中尾造園の仕事】 「中尾造園」は、造園やブロック工事などの外構の業務を行っております。外構は住宅そのもののイメージを左右するほど大きな存在ですが、ブロック工事の際にどこに依頼すれば良いかわからないという方も少なくはないでしょう。ですがご安心ください。当社ではお客様のイメージやご予算をしっかりとお聞きし、経験豊富な専門家が住宅、環境にぴったりの... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事
芝張り

七楽園

そのブロック塀は大丈夫?今一度塀を見直しましょう!

庭付きのお家にお住まいの方にとって、外構工事は憧れの一つではないでしょうか。外構は、そのお家の顔のようなものです。来訪者にとっても、その家のお住まいの方にとっても、きちんと整えられた外構は機能の面でも景観の面でも心地の良い物でしょう。 しかし、外構は屋外にある物だけに、常に直射日光や風雨などの影響に曝されています。今ではメンテナンスフリーの外構... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事
草刈り
伐採
芝張り

FreeWorkThanks~あなたの町の便利屋~

仕上がりにこだわったブロック工事コンクリート工事を行います!

ご自宅の駐車場、お庭などをコンクリートに変えることで、手入れが簡単になりますよ。当社が美しい仕上がりで工事させて頂きます。ブロック工事もお任せ下さい。 【土の駐車場は車も玄関も汚れます】 土、砂利などの駐車場は雨が降るとドロドロになり、車に乗車する時にはその汚れが車内に付着してしまいますし、降りて玄関に入る時には玄関に汚れを持ち込んでしまいま... 続きを読む

関連リンク
砂利敷き

(株)松澤工業運輸

創業60年実績のべ1000件以上!専門業者が対応いたします

【(株)松澤工業運輸について】 昭和27年からおかげさまで創業60年以上を迎えることができました! 大宮で運送業がまだ盛んでない頃、会長である昇が運送業を始め、それと同時期に植物が大好きだった会長が伐採を請け負い始めたのが(株)松澤工業運輸の始まりです。 それから現社長である俊男が運送業だけでなく、総合土木業も始め、運送屋~土木屋~外構屋と時代に合わ... 続きを読む

関連リンク
フェンス設置工事

便利屋とちぎ

あなたの暮らしを応援します!外構工事もお任せください!

「便利屋とちぎ」はブロック工事や玄関アプローチのコンクリート工事に対応しております。エクステリアや外構は、ただ見栄えが良いだけではいいというものでもありません。きちんと周辺の環境や建物に調和させなければ違和感を感じてしまったり、住宅全体の印象も変わってしまいます。当社では周囲の環境や住宅との調和性を考えつつ、お客様のご希望に添った外構、エクステ... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

有限会社J・Wハウス倶楽部

お客様の気持ちを最優先に対応いたします!

私たち有限会社J・Wハウス倶楽部は、ブロック工事・コンクリート工事のご依頼を受け付けております。弊社は、お客様の期待以上の結果をだすことを意識して、いつでもお客様の立場になって考えるようにしています。そのため、ご契約が成立したあとは、入念に打ち合わせを行い、お客様の細かいご要望にも耳を傾けていきます。ブロック工事・コンクリート工事をご検討中でした... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

有限会社ステップリフォーム

ご依頼者様の立場に立ったプランをご提案します!

有限会社ステップリフォームのページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。弊社は、皆様の大切な住まいの良好な環境を整えることに努めております。住宅のリフォーム工事を得意としているため、外構や駐車場などのブロック工事・コンクリート工事も、もちろん大得意です。今までの数多くのご要望に応えてきた実績があります。まずはご相談だけでも、お気軽にお... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

株式会社アクティブ

水に負けないお家にするため私たちが奮闘します!

【弊社の強み】 「株式会社アクティブ」地元の方々は、この名前を「雨漏り補修工事の会社」として認識しているかもしれません。確かに弊社は、雨漏り補修を中心とした、屋根・外壁工事の専門会社です。雨漏り補修に最大の自身を持っているのも確かです。 しかし、何も雨が被害をもたらすのは屋根だけではありません。外壁のひび割れからも雨水は侵入しますし、知らず知ら... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

楠本造園

住宅周りのブロック工事は楠本造園にお任せください!

【外構を素敵に仕上げます!】 「楠本造園」ではお客様のイメージやご予算に合わせたブロック塀など外構工事や造園工事を行っております。外構は住宅にとって欠かせない存在で、外構の美しさが住宅を引き立てます。私たちはお客様のご希望を親身にお聞きし仕上がりが美しい外構工事を行います。また、基礎工事も手抜きは一切せずしっかり施工させていただきますのでご安心... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

知多グリーン建工

快適なお住いづくりのお手伝い!外構のことは当社にお任せください!

現在、住宅には様々なタイプが登場し、ニーズも多様化していますが住宅だけでなくブロック塀や玄関回りなどの外構にもこだわりを持つ方は多いでしょう。しかし、どこに頼めばいいのかとお困りの方も少なくはないはずです。「知多グリーン建工」はそんな皆様のお住いづくりを全力でお手伝いさせていただきます!私たちはブロック工事・コンクリート工事など外構に関する業務... 続きを読む

関連リンク
ブロック工事・コンクリート工事

生活110番おすすめサービス

ブロックやコークリート工事のプロが迅速丁寧に施工いたします。

ブロック工事、コンクリート塗装など、ブロックやコンクリートに関することについてならお任せください! 続きを読む

ブロック工事・コンクリート工事業者をエリアから探す

ブロック工事・コンクリート工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ブロック工事・コンクリート工事について

  • ブロック壁の構造について

    家を取り囲んでいるブロック壁ですが、正式名称は「補強コンクリート造のブロック塀」といいます。ブロック工事をする時は、規準・規定を守ってつくる必要があります。ブロック壁は、建築基準法施行令第62条の8(へい)、平成12年建設省告示第1355号によって、最小限守らなければいけない事が規定されていて、日本建築学会で「ブロック塀施工マニュアル」、「コンクリートブロック塀設計規準」、「建築工事標準仕様書・同解説、JASS7、メーソンリー工事」、「壁構造配筋指針」において、様々な規定がつくられ、安全なブロック工事をするために推奨している数値などが決められています。ブロック工事に使われる材料の規定として、ブロックは建築用コンクリートブロック鉄筋コンクリートで定められている製品か、それと同等以上の品質で、12(B)か16(C)というものを使う必要があります。鉄筋は、鉄筋コンクリート用棒鋼、鉄筋コンクリート用再生棒鋼に定められている異形鉄筋異常の物を使う必要があります。コンクリートやモルタルで使用するものは、18N/mm2(180kg/cm2)以上の圧縮強度のものでなければいけません。ブロック壁の高さは、地盤面から2.2m以下の高さでなければいけないとされていて、ブロックの厚さは、壁の高さが2m以下の場合で12cm以上、2mを超える場合は15cm以上と決まっています。たて筋は、ブロックの空洞で重ね継ぎをしてはいけないことになっていて、基礎に鉄筋の径の40倍以上の長さを埋め込んで、1本で壁の高さの分だけ立ちあげなければいけません。一般的に、鉄筋は直径10mの節がついている異形鉄筋を使って、間隔を40cmから80cmで入れなければいけません。控え壁は、地震などで倒れないようにするためで、壁の高さが1.2mを超える場合、長さ3.4m以内ごとに、壁と基礎一緒につくることになっています。一番重要な基礎は、鉄筋コンクリート造か、型枠ブロック造布基礎とされ、基礎の大きさとさしては、幅(b)をブロック厚さ以上、せい(D)を40cm以上となっています。根入れ深さ(Df)は35cm以上で、壁の高さが1.2m以上の時は、高さに応じて深くするのですが、基礎は地表面より必ず5cm以上立ち上げる必要があります。その他に注意することは、高くする事を前提に計画していないブロックの上に、ブロックを積み上げないようにしてください。壁と建物の距離が近すぎると、基礎が作れないので、50cm以上離して壁を作るようにしましょう。

  • コンクリート施工の難しさ

    街を歩いていると、コンクリート仕上げの建物があると思います。コンクリート仕上げをしてある建物は、「打ち放しコンクリート素地仕上げ」といわれるコンクリート工事の施工方法で、柔らかい生のコンクリートを木材の型枠に流し込んで作られています。それが固まってから型枠を外すと、綺麗なコンクリート面が出来上がるのです。この打ち放しコンクリートは、固まった状態のものに手を加えずに、美しい状態を実現させるには高度な技術と、精密な現場管理能力が必要とされています。しかし、現在の技術では、どれだけ高度な技術であっても、どれだけ最新の注意をしてコンクリート工事をしても、様々な問題が発生してしまうのです。そして、固まってから手を加えていないコンクリートは、汚れ防止機能や耐久性が低いので、固まった後に仕上げの処理をする必要があります。発生する問題には、「豆板(ジャンカ)」というコンクリートの表面に、砂利が出てきてしまい、空洞が出来てしまう現象や、「気泡(ピンホール)」などの空気がコンクリートの表面に残ったままになってしまったため出来る小さな穴や、「表面剥離(ひょうめんはくり)」という現象により滑らかだった表面が、剥離してしまいザラザラの表面になってしまうものや、「コールドジョイント」という数回に分けてコンクリートを流しこむ場合に、前回コンクリートを流し込んでから、翌日の作業で追加のコンクリートを流し込むなどの、時間を大きくあけてコンクリートを流しこんだ時に発生する問題が挙げられます。コールドジョイントの部分は、通常のコンクリートよりも強度が下がってしまうものや、「錆汁(さびじる)」というコンクリートを流し込む前に、雨が降ってしまい鉄筋が錆びて、そのままコンクリート工事をした場合、次に雨が降った時に、その錆が錆汁になってコンクリートの表面に流れでてしまい、染み付いて付着してしまう状態などがあります。このような仕上がり状態のままにしておくと、建物の劣化が早くなり、更なる問題を引き起こし、「エフロレッセンス」といわれる現象は、ひび割れなどから浸透した水と、コンクリートの成分が反応してしまい、コンクリートの表面に流れ出てくるもので、美しさを大きく損ねるものがあります。コンクリートは元々アルカリ性なのですが、このアルカリ性のおかげでコンクリートの内部になる鉄筋が錆びないようになっています。しかし、空気中の炭酸ガスや酸性雨に触れてしまうことで、コンクリートは徐々に中性化してしまい、鉄筋を錆びさせてしまうものや、中性化が進み、錆びた鉄筋が膨張してしまい、膨張圧によってコンクリートが破壊されてしまい、剥離してしまうなどの問題が発生してしまいます。そのため、最終的に綺麗な表面仕上がりのコンクリート工事をしようとした場合、様々な問題を解決して初めて出来上がるものとなるので、コンクリート工事は想像している以上に難しい作業だといえるでしょう。

  • ブロック壁の耐震化

    地震大国と言われる日本は、小さな地震から大きな地震まで、大小さまざまな地震が日本各地で発生しています。地震が発生した時は、安全な避難路の確保が重要になるのですが、ブロック工事でブロック壁を作る際に、耐震性を高めるブロック工事をしていないと、地震発生時にブロック壁が道路側に倒れてしまい、避難中の人に怪我を負わしてしまう事や、避難の妨げになる場合があります。ブロック壁の耐震性を高めるためには、ブロックの空洞部分に鉄筋を入れて、モルタルで接着しながら積み上げて、空洞部分をモルタルで埋めて作る必要があります。倒れないようにするには、適正な間隔でモルタルと鉄筋を使用・配置する事と、地面の下に適正な深さの鉄筋コンクリートの基礎をしっかりと設置する事、壁の面と直交方向に「倒れ止め」を一定の間隔で設置する事が重要になります。ブロック壁の高さが2.2mを超える場合、ブロックの厚さが15cm以上の物を使うことになっていて、それより薄いブロックを使用すると地震で倒れてしまいます。ブロックの倒れ止めは、3.4m間隔で設置する必要があり、それより広い間隔だと地震で倒れてしまいます。耐震性を確保したブロック塀も、長年使っていると劣化により耐震性が低下してしまいます。そのまま使っていて地震がきてしまうと、耐震性を確保していたにも関わらず倒れてしまいます。ブロック塀は、モルタルが劣化して剥がれてしまう事や、ブロックにヒビが入っている場合などは、耐震性が低下して危険な状態といえるので、改修工事を行わなければいけません。住宅と同じで、基礎も地震対策には重要な役割をしていて、基礎の大きさは縦の長さが40cm以上、幅はブロックの厚さ以上と決まっていて、地面より下の深さが35cm以上とされています。ブロック壁の高さが1.2m以上の場合は、壁の高さによって基礎を深くしていきます。基礎は、必ず地面から5cm以上出す必要があり、それをしないと基礎の意味を成しません。ブロック壁は、フェンスや生垣と違い、中の様子が完全に見えなく出来るので、プライバシーの保護としては完璧です。また、高く積み上げることで空き巣対策にもなるので、人が簡単に超えられない高さまで積み上げる場合が多いです。メリットは沢山ありますが、しっかりとした対策をしていないと、地震の時に倒れてしまうので危険となりますので、ブロック工事をしてから何年も経っている場合、ひび割れがないかなどを一度点検する事をお勧め致します。

  • コンクリート基礎の重要性

    私達が普段使っている住宅やビルなどは、コンクリート工事による「基礎」という物の上に建っています。この基礎は、建物の間取りや、快適性、デザインなどよりも重要なもので、それらにどれだけお金をかけても、どれがけ時間を掛けて考えても、基礎が弱いと地震や台風などの強風で、簡単に倒壊してしまうので意味がありません。基礎は地面に埋まっていて見えない部分なので、建築に係る人しか気にすることは少ないのですが、全ての建築物に最も重要なコンクリート工事部分なので、見えない部分だし安く済ませたいからと軽視してはいけません。基礎にも種類があるのでいくつか紹介します。「ベタ基礎」これは最近の住宅の殆どが採用している基礎で、家が建つ部分の殆どをコンクリートで覆って、間取りに合わせた立ち上がり部分を造り、面で広く建物を支えるという基礎です。ベタ基礎は、不同沈下に強いとされています。ベタ基礎は安全面が高いだけあり、鉄筋やコンクリートを多く使うので、コストは高くなりますが、最もオススメ出来る基礎となります。他には、「布基礎」というのがあり、家の外周部分、間仕切りの柱や壁の部分を支える基礎で、「ベタ基礎」と比べると、家を支える面積が少ないのですが、地盤が強い場所や、地盤改良がされている場所であれば、布基礎でも大丈夫とされています。弱点としては、床下からの湿気が問題とされていますが、最近では対策が取られているので、気にする程でもないようです。布基礎はベタ基礎に比べ使用する材料も少ないので、コストは安く済みます。しかし、不同沈下には弱いので、心配な方はベタ基礎にしておきましょう。地盤の強さは、家を建てる時に問題なくても、10年も20年も経てば雨や地震などで状況が変わってくるものです。いつまでも安心で安全な家に住みたい場合は、基礎だけは妥協しない事をオススメ致します。つまり、地盤が問題ないとされている場所に家を建てる場合でも、ベタ基礎のコンクリート工事をしたほうが良いという事です。基本的には業者の設計通りであれば、耐震性、強度などは問題ないのですが、基礎の強度や耐震性に拘りたい場合は、業者に相談してみてください。地盤が弱い場所に立てる場合は、先のことを考えて、必要以上の基礎を希望したほうが良いでしょう。その時だけ安心で安全な基礎では意味がないのです。また、定期的な地盤調査と基礎の点検も、安全に、そして安心して暮らす為には必要な事です。

0120-949-986