屋根裏害獣

屋根裏害獣業者比較 目安料金について 建坪20坪程度の住宅で、ハクビシンの駆除をした時にかかる金額の目安となります。

検索結果
75社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

迷惑な害獣を迅速・確実に駆除!早朝・深夜のご相談もお気軽に!

アライグマ・イタチ・ハクビシンなど、騒音や衛生的被害の原因となる迷惑な害獣を害獣駆除のプロである加盟店スタッフが素早く駆除いたします。駆除後の清掃、消毒もお任せください。 続きを読む

【害虫・害獣の対策や予防駆除】株式会社熊本美水

屋根裏に害獣が潜んでいたらすぐ『熊本美水』へ!

【屋根裏害獣による被害】 屋根裏に住み着く害獣による被害は年がら年中発生しています。例えば、睡眠中騒音を立てられて全く眠れない。家の中から獣臭が漂ってくる。家族がダニやノミに刺されて困っている。天井裏や壁に動物の糞尿によってシミが出来てしまっている。動物のフンのようなものが大量に落ちているなど、害獣が住み着くと困ることが多くなります。 【害獣... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除
屋根裏害獣
コウモリ駆除
ハト駆除
害獣駆除

株式会社石川防虫

石川防虫は屋根裏害獣を駆除しております!

害獣の中には屋根裏に潜む害獣もおり、私たちは「屋根裏害獣」と呼んでいます。この屋根裏害獣、とんでもない生き物としても知られています。何故かといいますと、屋根裏の中で糞尿を撒き散らすことがよくあるからです。害獣というのは色んなところで糞尿を撒き散らしますが、特に屋根裏で糞尿をされると、劣化した天井板が崩壊してしまう恐れがあります。このようなことが... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

害虫・害獣駆除専門店 エスクラス

屋根裏の害獣にお困りならぜひ当社におまかせください!

イタチ、テンなどの被害でお困りではありませんか?最近はイタチ、テンなどの駆除をお考えになる方も多いほど、屋根裏害獣による被害を受けているご家庭が増えております。 イタチ、テンなどは天井に住みついて更には繁殖もするため、そのままにしておくと数が増え続けてしまいます。 【暮らしに影響】 夜行性ということもあり、夜中に活発に動き回り、それを原因にご家... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

ハクリ商事

皆さまの家に忍び込んだ屋根裏害獣はハクリ商事が駆除いたします!

私たちハクリ商事は害獣、害虫駆除を行っている業者です。これまで扱ってきた駆除の中でも様々な動物がいましたが、その中でも屋根裏害獣は数が多いです。屋根裏害獣に分類されるのはハクビシン、イタチ、アライグマ、アナグマの4種類となっています。これらの害獣が屋根裏に住み着き、そして生活している状況があるのです。この住み着いた害獣の駆除を行うのが屋根裏害獣駆... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

ニッカン

ニッカンは24時間対応で皆さまをサポートいたします!

屋根裏がある家であっても、そこに入ることはあまりないと思います。何かしらのスペースとして活用しているのであれば話は別ですが、基本的には人が立ち入らない場所となっているのです。そこに害獣が入り込んできます。イタチやハクビシンなど種類は様々ですが、屋根裏に住み着いてしまうのです。これは良いことではありません。屋根裏害獣駆除をする必要があります。彼ら... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

株式会社三共リメイク

初めての屋根裏害獣発生で依頼先をお悩みの方に後悔は絶対させません!

【屋根裏害獣の対処はお早めに!】 株式会社三共リメイクは、東京や千葉・茨城に拠点を置き、屋根裏害獣駆除のプロフェッショナルとして活動しています。屋根裏害獣と言えば、ハクビシン・イタチ・アライグマ・テン・アナグマ等さまざまな種類が存在します。害獣を放置すると、悪臭や騒音だけでなく、やがて住宅は取り返しの付かない深刻な被害を受けてしまいます。そのよ... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

株式会社ラインナップ 環境衛生事業部

知らない間に潜む恐怖!屋根裏害獣のことはお任せください!

【当社について】 「株式会社ラインナップ」は、屋根裏害獣駆除や害虫の駆除に対応しております。屋根裏害獣はあまり聞き慣れないかもしれませんが、木造家屋の屋根裏に住み着き、家屋や人畜に被害を与える害獣のことを指します。ねずみも屋根裏害獣として分類されますが、その他にもハクビシンやアライグマ、イタチもこの屋根裏害獣として認知されています。山奥にしか現... 続きを読む

関連リンク
ねずみ駆除

大陽株式会社

鳥取県の屋根裏害獣は大陽株式会社が駆除します!

大陽株式会社は、鳥取県の県庁所在地である鳥取市に本社を置き、屋根裏害獣駆除を行なっている会社です。鳥取砂丘で有名な鳥取市内はもちろん、鳥取県内のさまざまな地域へと出張ができることが当社の強みといえます。また年中無休で営業をしているため、皆さんの都合に合わせて休日でも作業をすることができます。 【アライグマに注意しましょう】 皆さんはアライグマ... 続きを読む

関連リンク
屋根裏害獣

エクスターミネーター

害獣駆除や害虫駆除なら我々におまかせを!エクスターミネーターです!

私たちエクスターミネーターは害獣や害獣の駆除に特化した業者です。相手となる動物や虫の生態をよく知り、そしてよく現場を経験してきました。どのような相手であっても駆除をする自信がありますので、ぜひ害獣・害虫駆除はエクスターミネーターにおまかせを!年中無休で対応をしておりますので、いつでもお問い合わせ下さい。皆さまの家に侵入したものはしっかり排除させ... 続きを読む

関連リンク
屋根裏害獣

株式会社三共リホーム東日本

お家のお困り事は三共リフォームにお任せください

三共リフォームでは、ハクビシン、ネズミ、シロアリ、スズメバチ、ダニ、ノミ、ゴキブリなどの駆除をおこなっております。害虫・害獣はあなたの大切な財産を脅かす存在です。そのような危険からあなたをお守りいたします。 【様々な屋根裏害獣】 ハクビシンは冬場に暖かい床下や屋根裏などに侵入してきます。外に住んでいる分には害はないですが、ひとたび屋内に侵入を... 続きを読む

関連リンク
屋根裏害獣

生活110番おすすめサービス

迷惑な害獣を迅速・確実に駆除!早朝・深夜のご相談もお気軽に!

アライグマ・イタチ・ハクビシンなど、騒音や衛生的被害の原因となる迷惑な害獣を害獣駆除のプロである加盟店スタッフが素早く駆除いたします。駆除後の清掃、消毒もお任せください。 続きを読む

屋根裏害獣業者をエリアから探す

屋根裏害獣について

  • 屋根裏に住む害獣例

    屋根裏に住み着いてしまって問題となる種類はアライグマ、イタチ、ハクビシンなどが挙げられます。それぞれ生活に被害が及ぶ可能性があり、特にハクビシンとアライグマに関しては全国の市区町村で見ても高い警戒態勢が敷かれていることが多いです。近年においてハンター人口が高齢化によって減少しているという事実もこれらの増加に拍車をかけていて、今後何らかの改善策を講じた上での対応が求められるでしょう。これらの種は本来日本で生息していなかった外来種であり、取引や飼育の過程で脱走したものが野生化したという説が有力とされています。本来存在していなかったのにも関わらずここまでの繁栄を築き上げていることから、高い繁殖力を有しているということがわかるでしょう。特にアライグマに関しては高い知性と精密な手先によって鍵を外す、また、ドアを開けるといったことも可能であると言われています。アライグマ駆除を試みる際には、そのような点も注意しておく必要があるでしょう。また、餌の数に比例して個体数を伸ばすという特徴もあり、資源に溢れる市街では特に強い警戒を求められます。その爆発力は驚異的で、そこまで被害が報告されていない地域でも警戒対象として指定されている場合もあります。一夫多妻制でオスが複数のメスと交尾しますから、その点も繁殖力の高さに起因していると言えるでしょう。また、厄介なことにこれらの野生動物は鳥獣保護法によって守られていますから、下手に個人でアライグマ駆除に乗り出してしまうと罰せられることもありえるようです。対策を講じる際にはそれに反することがないよう、お住まいの地域での許可を取るか業者への依頼をすることが推奨されます。ハクビシンに関しては糞尿被害が目立ちます。種独特の強い刺激臭を放ち、一定の地点に積み重ねるように排泄を繰り返しますから屋根材への負担もかかります。寝床である断熱材付近に平気で排泄する点と、野生動物であるという点から衛生面でも心配がされます。二次被害としてノミ・ダニ被害も予想されますから、発見した場合は早めにハクビシン駆除の対応をするといいでしょう。イタチもハクビシンに近い被害を生じさせていて、同様に断熱材を用いて寝床を作ります。この種もやはり事態を長引かせることは得策ではなく、早めのイタチ駆除による対策が求められそうです。これら3種とも私たちに害を為す存在で、それぞれに警戒を求める必要がありますが、特にアライグマに関しては農林水産省HPにて取り上げられるほどのようですから一層の警戒を意識するといいかもしれません。屋根裏に潜んでいるなんて考えられないという方もいらっしゃるかもしれませんが、万が一に備えて一度点検をされることをお勧めします。

  • 害獣による建物への被害

    屋根裏に住み着いてしまう害獣は様々な被害をもたらしますが、その中には建築物そのものへのダメージという要素も存在します。例えば、配線の切断などがその一例として挙げられます。住居の内部に張り巡らされている配線をかみ切られることでトラブルが生じ、漏電してしまったらそこから火災が発生することも十分に考えられます。それがガスの配管であった場合は爆発事故となってしまうでしょう。修理どころではない大惨事を引き起こしてしまう可能性がありますから、早急な対応が求められるでしょう。また、そこに住み着く際に作成される寝床は材料を断熱材とすることが多いですから、その箇所の被害も予想できます。具体的な例ですと、ハクビシンなどがこれらの被害を生じさせます。ハクビシン駆除に関しては市町区村でも率先して行われることが多いので、我々も同様の気持ちで警戒しておくといいでしょう。この種は糞尿被害も目立ち、その悪臭は天井裏という別スペースにも関わらず室内まで漂ってきます。この悪臭で体調を崩してしまう方も多く、ハクビシン駆除が遅れてしまったがために匂いが染みついてしまうこともありえます。実際にそれが原因で建て替えを行ったお宅もあるそうなので、同じ過ちを繰り返さないためにも早急なハクビシン駆除を目指してください。また、糞尿被害はにおいだけでなく、屋根材の腐敗にも繋がります。ハクビシンは糞尿を一定のスペースに排泄し続けるという特徴を持ちますから、積み重なったそれによって屋根が崩壊してしまう可能性も考えられるようです。材質的にも物量的にも住居を蝕んでいくと言えるので、やはり早めの対策が求められると言えます。また、害獣は野生動物なので病原体や寄生虫を同時に運び込んでくることも意味します。先ほどの糞尿被害の話にも関わりますが、害獣たちには排泄物を処理するという概念が存在しないので衛生面的にもよろしくないです。これらの要素は住居者の皆様の健康に影響し、中には深刻なウィルスを運び込む種も存在すると言われていますから、万が一の状況では大事へと至ってしまうこともあるかもしれません。これらの事態を防ぐためにも、害獣の存在を察知した際には迅速な行動が重要です。厄介なことにこれらの種は法律によって保護されていますから、個人での駆除が叶わない点も煩わしいです。だからといってそのままにしておくことは良くないので、業者へと依頼するなどの合法的な手段を選択するといいでしょう。市区町村によっては補助金が出る場合もあるようなので、利用できる制度を探したうえでお得な害獣駆除を目指せるといいですね。

  • 害獣による人体への被害

    害獣はその凶暴さから、私たちの身に危険を迫ってくる可能性があります。アライグマやハクビシンといった害獣はその可愛らしい外見からは想像もつかない勢いで牙をむいてきますから、十分な警戒が必要と言えるでしょう。アライグマに関して、幼獣時はとてもおとなしく人懐っこいのでつい可愛がりたくなってしまいますが、親が帰ってきた時に大事に至る可能性があります。成獣時にはそれまでのおとなしさが嘘のように一転し、凶暴化してしまうからです。ですから、発見した際には不用意な接近は避けるようにしてください。また、アライグマは回虫症などの感染症を引き起こす原因となることもあります。そもそも野生に生息する動物たちはその性質上、どうしても様々な病原菌を抱えていることが多いです。住居へと害獣の侵入を許してしまうことは、同時に付着している病原菌、寄生虫の侵入も許してしまっていることと同様です。当然害獣被害以上にそれらの被害も発生し、対処しなくてはならない問題が増えてしまうことが考えられます。病原菌の中には深刻なウィルスも存在すると言われますから、決して軽視することがないようにしてください。このような話を聞くと早めにアライグマを駆除しなくてはならないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、それを個人で行うことは推奨できません。アライグマを含む害獣は基本的に法律によって保護されているからです。ですから、どうしても個人で行いたいという理由がない限りは業者へと依頼しての駆除が推奨されます。個人で行う場合には市からの許可が必要ですので、一度相談してみるといいでしょう。アライグマ駆除を早急に行うべきだという意見にはその他にも理由があり、糞尿被害によって生活に支障をきたす可能性もあります。害獣の糞尿は異常な刺激臭を放っていることが多く、その不快感から体調を崩してしまった方もいらっしゃるようです。垂れ流された糞尿は処理されることはなく、そこにとどまり続けますから衛生面でも問題が残ります。先述の通り害獣には多数の病原菌、寄生虫が住み着いていますから、それらの生息環境を整えてしまうことに繋がってしまうでしょう。このように、多くの問題を引き起こす害獣たちですが、ハクビシン駆除、アライグマ駆除といった事業には市による支援が期待できることもあります。利用可能であれば積極的に利用していきたいものですね。害獣たちには危険が多く、二次的な要素も相まってその対処は重要なものとなっています。農業被害などに目が行きがちですが、それ以上に皆様をへ牙をむける可能性は十分に考えられます。遭遇してしまった時にはできるだけ接触は避け、関わらないように努めることが推奨されるでしょう。

  • 害獣の侵入を防ぐ方法

    アライグマ駆除、ハクビシン駆除は確かに必要な事項ですが、それ以上に被害を未然に防ぐことはさらに重要と言えます。屋根裏に侵入されるということはどこかに侵入経路があるということですから、被害が起こっていないうちにその箇所をケアしてあげるといいでしょう。ハクビシンはその外見以上に小さな隙間に潜り込めるという特技を持ち、大人の拳分のスペースがあればするりと抜けていってしまうと言われています。ですから、それだけのスペースを開けやすい通風口や軒裏の確認をするといいかもしれません。さらに小型な害獣であったらもっと小さなスペースでも侵入してきますから、それを防ぐために隙間にネットを張るなどの対策を取るといいでしょう。それ以外にも、庭周辺の雑草や伸び放題の草木といった条件も害獣をおびき寄せてしまう原因となってしまうことがあるようです。樹木に関しては侵入経路としての機能が考えられ、枝をつたって住居へと侵入してしまいます。外観面でもよろしくありませんから、定期的に刈り取れるといいでしょうね。清潔で見晴らしのいい環境は害獣が身を隠すのに不適当であるため、それだけでも効果を見込めるかもしれません。また、害獣が集まってくるということは餌場があるということも考えられますから、それを減らすことも対策になります。畑などで農作物を管理しているかたでしたら、それらをなるべく露出しないことが大切でしょう。アライグマ駆除などの害獣駆除はそれら経済的デメリットを数値化した上での考慮もされていますから、私たちが努力してその数値を下げられるといいですね。倉庫などの普段使用しないスペースも定期的に点検するといいです。屋根裏だけでなく、そのような箇所も害獣の住みかとなり得るからです。久しぶりに使用しようと思ったら中にハクビシンがいて、被害を受けたためにハクビシン駆除を依頼することとなってしまったケースも報告されているようです。これも先と同様に僅かな隙間からの侵入が考えられますから、隙間を埋めることを徹底しましょう。ハクビシンに関して、これらの害獣は水路を移動経路として用いることが多く、さらにその道を繰り返し使用する獣道というものがありますから、その周辺ではさらに警戒が必要と言えるでしょう。近年市街化が進んだ影響で山や林などの自然環境は減少傾向にあり、そこを住みかとしていた動物が街へとやってくることで害獣に指定されます。中には山中の農家を襲うイノシシなども害獣として扱われますが、それも私たちに人間の影響で餌が少なくなってしまったことが要因です。アライグマなどの縄張りをもたない種は市街地でも悠然と姿を見せ、居心地が良ければそこに住み着いてしまうことも自然の流れです。今のところこれらの具体的な改善案は出されていなく、どうしても駆除という手段がとられてしまうのが現状と言えるでしょう。しかし、動物たちも悪意があって私たちに危害を加えているわけではありません。むしろ住み分けの垣根を壊してしまった私たち人間に問題があるのではないでしょうか。いつかこの問題を解消する案が誕生するまで、生活に問題が起きれば害獣駆除は引き続き行われると思われます。それを少しでも減らすためにも、害獣を家に呼び寄せない工夫を行えるといいですね。

0120-949-986