漏電改修

漏電改修業者比較 目安料金について 個人宅で漏電修理をした時にかかる費用の目安となります。

検索結果
81社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

漏電改修:
3,500円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

漏電トラブルに迅速・丁寧に対応いたします

漏電トラブルでお困るの方は、お気軽にご相談ください。お客様にぴったりのご提案で、迅速に対応させていただきます。 続きを読む

有限会社エムデンキ

目安料金:
¥15,000~
対応エリア:
東海  
所在地:
三重県伊勢市小木町136
  • 低価格で丁寧な仕事

伊勢市の漏電トラブルは有限会社エムデンキが解決します!

有限会社エムデンキは、三重県の伊勢市に本社を置き、漏電修理に力を入れている会社です。地域密着型の会社のため、伊勢神宮の存在で知られる伊勢市と、付近の鳥羽市・度会郡玉城町のみに出張することができます。また24時間営業をしているので、急なご依頼にも素早く対応可能となっています。 【漏電修理をしませんか】 漏電が起きているとわかったとき、皆さんはどう... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事
アンテナ工事
インターホン工事・取替
コンセント工事・取替・増設
漏電改修
スイッチ工事

田中設備サービス

目安料金:
¥8,000~¥12,000
対応エリア:
関東  
所在地:
千葉県佐倉市六崎1755-43
  • 低価格で丁寧な仕事

千葉県で発生した漏電は田中設備サービスが修理します!

田中設備サービスは、千葉県の佐倉市に本社を起き、漏電修理に対応している会社です。佐倉市を含めた千葉県内各方面の市町村に加え、東京都の江戸川区までも出張することができます。 【漏電修理は欠かせません】 漏電と聞いてもなかなかイメージが湧かないという人も多いかと思いますが、その実態は電気が漏れ出している現象になっています。平常時ならコンセントにプ... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

イー・アンド・シー 「何なり屋」

対応エリア:
東北  
所在地:
青森県青森市浪岡増館宮元1-12
  • 低価格で丁寧な仕事

困ったときには株式会社イー・アンド・シー ライフケア事業部「何なり屋」

皆さまの困りごとに対応するのが、私たち株式会社イー・アンド・シー ライフケア事業部「何なり屋」です。皆さまのトラブルであれば、何なりとお応えしますし解決もさせていただきます。起こったトラブルは何なりとご相談ください。全力で私たちが解決をさせていただきます。 【漏電修理もおまかせください】 家の中には多くの電気配線が走っています。漏電は、その配... 続きを読む

他対応カテゴリ
アンテナ工事

UEDA工業

目安料金:
¥8,000~¥12,000
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
広島県広島市安佐北区安佐町くすの木台12-25
  • 低価格で丁寧な仕事

広島県や山口県などの漏電修理はUEDA工業におまかせください!

UEDA工業は、広島県の県庁所在地である広島市に本社を置き、漏電修理に力を入れている会社です。世界的に有名な自動車メーカーがあるなど工業都市として発展する広島市をはじめとする広島県内に加え、愛媛県や山口県、島根県などの市町村へと出張することが可能です。 【漏電修理は重要です】 皆さんは漏電と聞いてもなかなかイメージが湧きにくいかと思いますが、実は... 続きを読む

他対応カテゴリ
エアコン工事

有限会社トータルエンジニアリングサービス

目安料金:
¥8,000~¥12,000
対応エリア:
関東  
所在地:
栃木県鹿沼市上石川874-1
  • 低価格で丁寧な仕事

一件一件丁寧な作業が自慢です!漏電修理は当社にお任せを!

地域密着対応で、親切丁寧な接客を心掛け、高品質のサービスをお届けするトータルエンジニアリングサービスでは、漏電修理もうけたまわっております。漏電修理は電気工事になりますので、豊富な知識と高い技術力が不可欠です。どちらかが欠けているだけで、適切な施工を行えなくなってしまいます。もし不適切な電気工事を行ってしまえば、大きな問題になってしまう場合があ... 続きを読む

他対応カテゴリ
アンテナ工事

ベル通信システム株式会社

目安料金:
¥8,000~¥12,000
対応エリア:
東北  
所在地:
福島県西白河郡西郷村道南西70
  • 低価格で丁寧な仕事

ベル通信システム株式会社が漏電修理を請け負います!電気工事は得意です!

私たちベル通信システム株式会社は電気通信工事に関する事業に取り組んでおり、数々の現場を手がけてきました。店舗様からオフィスなどの様々な用途の場所に電気工事を行ってきたのです。この経験はオフィスだけではなく、皆さまのご自宅でも活用することができます。もし電気工事が必要な方はベル通信システム株式会社までご依頼ください。コンセントの増設工事やエアコン... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

太田電気設備有限会社

目安料金:
¥15,000~
対応エリア:
九州  
所在地:
宮崎県児湯郡新富町上富田5140-1
  • 低価格で丁寧な仕事

漏電が発生してしまった時は太田電気設備が駆けつけます!

【恐ろしい漏電】 私達が何気に使っている電気ですが、漏電が発生してしまうと今まで安全・安心だった生活が一気に危険になります。漏電とは名前の通り電気が漏れてしまう現象で、湿度が高い場所や乾燥した場所で発生しやすいです。また、築年数の長い家の配線は、劣化が進んで絶縁処理の効果が無くなってしまっている場合があり、その際も漏電が発生してしまうので注意し... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

有限会社アックス

目安料金:
¥4,000~¥8,000
対応エリア:
東北  
所在地:
宮城県仙台市青葉区中山4-1-37
  • 低価格で丁寧な仕事

電気の困ったことなら有限会社アックスにおまかせ!漏電も即解決です!

私たち有限会社アックスは電気関係のトラブルを解決する業者です。皆さまも経験はないでしょうか。家電を扱っている時にトラブルが起き、どうして良いのか困ってしまったことがあるかと思います。説明書を読んでもどうやって良いのか分からず、途方に暮れてしまったのではないでしょうか。しかし、有限会社アックスにご依頼いただければ途方に暮れる必要はありません。私た... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

株式会社広容電商

目安料金:
¥8,000~¥12,000
対応エリア:
九州  
所在地:
福岡県福岡市中央区六本松
  • 低価格で丁寧な仕事

危ない出来事が起きる前に漏電修理をしておきましょう!

【電気に隠された危険性】 火や水などは、私達の生活に欠かす事ができない大切なものではあるのですが、時と場合によっては命の危機に関わる程の危険なものとなるのです。これらと同じ様に日常的に利用しているのに危険が隠されている物が、電気です。電気はスマートフォンなどの多くの機能が搭載された携帯電話の充電時にも必要となります。電気コンロなども開発され電気... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

田島電気商会

目安料金:
¥4,000~¥8,000
対応エリア:
九州  
所在地:
鹿児島県霧島市国分重久886-1
  • 低価格で丁寧な仕事

田島電気商会は霧島市やえびの市で漏電修理をします!

田島電気商会は、鹿児島県の霧島市に本社を置き、漏電修理を行なっている会社です。霧島神宮がある霧島市を含めた鹿児島県のほか、えびの市などの宮崎県の市町村へも出張することができます。また年中無休で営業しているため、急に漏電が発生してしまったようなときでも安心です。 【とても大切な漏電修理】 漏電と聞いてもいまいちピンと来ない人も多いかと思いますが... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

生活110番おすすめサービス

漏電改修:
3,500円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

漏電トラブルに迅速・丁寧に対応いたします

漏電トラブルでお困るの方は、お気軽にご相談ください。お客様にぴったりのご提案で、迅速に対応させていただきます。 続きを読む

漏電改修業者をエリアから探す

漏電改修に関する、みんなの暮らしの知恵袋

漏電改修について

  • 漏電が起きてしまう理由

    皆さんは漏電について気になった事がある、又は対策をしている、などの経験は御座いますか?知識自体は備わっているが、実際問題としてあまり大きく懸念するような問題ではなく、特に気にした事も無ければ対策をした事が一度もない、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。そもそも漏電とは様々な原因によって外部へ電気が漏れてしまい、感電、及び火災へと発展してしまう可能性のある問題とされているのですが、具体的にはどの様な状態で漏電が発生してしまうのでしょうか。世間一般的にも大きく知れ渡っているような内容ですと、水漏れによる原因から配線、コンセントなどの経年劣化、又はホコリの蓄積などによるトラッキング現象というのは一度は耳にした事があるかもしれません。しかしその他にも昆虫や動物などのケーブルの破損、不適切な電気工事から塩害と呼ばれる、塩分が付着する事によっての絶縁体機能の低下などが存在しています。昆虫や動物の被害であれば気をつけていても発生してしまう可能性がありますし、見えない部分であればその被害に気づける可能性も低くなってしまうでしょう。不適切な電気工事であればまさかうちが・・・なんて思われる方々も多いのではないでしょうか。塩害については当然の周知内容と言う程ではないと思われますので、知らなかった、と言う方も少なからずいらっしゃる内容とも思われます。これらの内容に共通して言える事は、どこのご家庭でも発生し得る原因であり、いつ、どこで漏電が発生してもおかしくないという事です。漏電の被害に合われた場合は気づけないケースも御座いますので、万が一問題が発生した場合は一度に多大なる損害を被ってしまう危険性があるのです。漏電は住宅から生命にまで関連してしまうような内容となっていますので、発生する可能性の頻度が高ければ高い程、危険性も増すと言えるでしょう。これらはなるべくタコ足配線を利用せずに、コンセントの増設工事を行う事や定期的にコンセントの取替えを行うという対策によって未然に問題を防げる事が可能となります。また、既に漏電が発生していた場合でも、コンセント工事などを行って頂いた際に、業者の方々が気づいてくれたというケースもありますので、点検ついでとしても期待する事が出来るのです。日頃の対策からある程度の期間経過による点検はとても重要と言えるでしょう。大きな問題が発生していない場合でも、電気代の見直しとして役立つ事もありますので、経済面の負担を見直しつつ、自身にとって良い改善が行えるのであれば一石二鳥と言えますよね。

  • 漏電ブレーカーについて

    普段生活している中で、ブレーカーが落ちてしまうという事は珍しくなく、幾度か経験された事がある方も多いと思われます。しかしこのブレーカーが落ちた際、何故落ちたのか、何処にどの様な問題点が潜んでいるのか、など詳しく調べようと思った方々はいらっしゃいますか?大半の方は、電気を使いすぎたかな?と思ってしまい、すぐにブレーカーを上げて、当分の間はなるべく電力を消費する機会を落としてしまうだけで解決するのではないでしょうか。特にドライヤーや電子レンジなど、多くの消費電力を必要とする器具の多重使用は直接的な原因として関わってきますが、これら意外にもブレーカーが落ちてしまう原因が存在するのです。それは、漏電による問題です。ブレーカーには「漏電ブレーカー」というのが備わっており、こちらのブレーカーが落ちる事によってどこかの場所で漏電が発生している危険性を知らせてくれるのです。ほどんどの漏電ブレーカーは機能や使用方法というのは共通しているのですが、細かな使用方法から表示の見方につきましてはブレーカーの種類によっても多少異なりますので、一概には言えません。しかし、漏電ブレーカーを確認する事で、どこの部屋で漏電が発生しているのかを突き止める事も可能となっています。漏電している可能性がある場所が把握できた際には、コンセントや配線などを見直す必要があるでしょう。例えば、タコ足配線を使用しているのであれば、撤去してコンセント増設の工事をして頂いたり、ある程度年数が経過している配線は新品の物に取り替えるなどでも改善する事が出来ます。しかしながら大本のコンセント自体が漏電している場合ですと修理が必要となりますので、ブレーカーが落ちた際は漏電ブレーカーの確認から、その原因についても一考してみる事はとても大切な確認作業と言えるでしょう。漏電は自身に身に覚えのない状態で発覚する場合も多いと言われている内容になりますので、どこのご家庭でも発生する可能性は少なからず存在しており、万が一被害に合った場合、放っておけば自身のみに至らず広範囲での被害が予想される可能性がある、という認識を抱く事も必要と言えるのではないでしょうか。そして漏電ブレーカーが落ちていない場合でも、安心する事は出来ません。何故なら、特定の電気製品そのものが漏電している場合ですと漏電ブレーカーが落ちずに、その危険性に気づけなかったといいう場合があるからです。このような自体を事前に防ぐ為にも、定期的に漏電発生の有無やコンセントの見直しといった点検はとても大切になるかと思われます。

  • 漏電しているかどうかの確認方法

    各ご家庭の個人でも、「漏電しているかどうかが容易に判明する場合がある」事を皆様はご存知でしょうか。これらは目に見える場所ではなく、漏電が発生していてもなかなか気づきにくい内容となってはいるのですが、それも状況によりけりであり、簡単に漏電調査を行い、原因を突き止める事が出来る場合も存在するのです。具体的には、漏電ブレーカーを確認する事になります。一般のご家庭に備わっている「分電盤」というのは種類によって多少の異なりはあるものの、大きな大差はほどんどありません。ですので、使用方法から漏電ブレーカーの確認についても同様の事が言えるのです。漏電ブレーカーとは名前の通り、漏電が発生した際に自動で電気を遮断してくれる機能が備わっており、こちらは電力会社の方でも確認が取れる内容となっています。ですので、万が一問題があれば直接指摘されるようなケースも少なからず存在するのですが、個人でも把握する事は可能となります。分電盤を見ると赤や黄色のスイッチがある箇所が漏電ブレーカーに該当する物となっており、こちらで漏電発生時の制御から遮断を行っている仕組みとなっているのです。ブレーカーが落ちた際に漏電ブレーカーが落ちていれば漏電の危険性が疑われる内容となり、早期段階で業者の方などに点検から原因解明、修理を行って頂く必要があります。また、どこの部屋のスイッチが落ちているかなどを確認する事も可能となる場合がありますので、知識、技術を持たないような詳しくない方でも漏電発生時に早期対策が行える手助けをしてくれます。しかしこれらで注意しなければいけない点は、「漏電が発生した際は必ずしも漏電ブレーカーが落ちているとは言えない」という事です。漏電ブレーカーが落ちていなくても安心しきれない場合は、主に電化製品が漏電しているという状態が挙げられます。コンセントなどが漏電していなくても、普段使用している電化製品が漏電していれば気付かずに使用を続けてしまう場合もありますので、事前に知識を得た上で対処を行う事は、今後にとっても有益な情報となり得る可能性があるでしょう。このような心当たりが懸念された場合ですと、漏電が発生した際にブレーカーが落ちるようになっておりますので、漏電発生の可能性がある場所を突き止めた際、一度全ての電化製品の電源を切り、コンセントを外して1つずつ戻してから電源を入れるなどを行い、どの電化製品が漏電しているか突き止められるケースもあるのです。しかしこちらについても言える内容は、絶対ではない事をしっかり認識しておく事が重要となっておりますので、安心しきる事のないように、日頃のコンセントの見直し、定期的な点検からコンセント工事、経年劣化の恐れがある場合は問題が発生する前に、事前にコンセントを取り替えるなどをして対策を行う事は、今後の被害を抑えるためにも大切と言えるのです。

  • 感電による死亡事故について

    感電について、日頃の生活を行っている上で考えられる可能性は代表的な例として2つ挙げられます。1つは落雷による感電ですが、そもそも一般のご家庭から通路などには避雷針が設置されていたり、電柱がその役割を果たしてくれる事から、直接的な落雷の被害に合う可能性というのは格段に低い確率であると言えます。次に可能性があるのが、漏電などによる感電です。電気は日常生活でも必要不可欠となっておりますので、頻度が高いだけにその危険性や被害の可能性というのも必然的に高くなってしまうと言えるでしょう。そこで感電事故に関する細かな特徴を挙げますと、大きく関わる内容となるのは温度にあります。タコ足配線を可能な限り使用せず、コンセントの増設といった工事を勧められているのは許容電圧を超えてしまう場合に備えてのことからです。コンセントにも供給可能な電力というのはそれぞれ設定されておりますので、タコ足配線を繋いで、更にドライヤーなどの電力消費の激しい電化製品などを使用された場合、簡単に許容量を超えてしまう事が予想されます。そうなった場合、配線は熱を帯びて想定される耐熱温度を通り越してしまい、劣化や漏電といった状況を作り出してしまいます。そして感電事故や火災への発展へと至ってしまう可能性が考えられるのです。現代では感電による死亡事故は過去と比べても年々減少している傾向にあり、安全度や耐久性については進化を遂げていると言えるでしょう。しかしながら、日進月歩の結果を記録している事は事実なのですが、平成24年から平成27年の間では大きな大差と言える減少は記録されておらず、横ばいとなる状態が継続しており、安心しきる事が出来ない事にも目を向けなければなりません。感電による事故で最も数が多いのは低電圧となる感電被害なのですが、低電圧であれば大きな問題ではないのでは?と思われる方々もいらっしゃるかもしれません。いくら低電圧でも身体、特に心臓などに直接伝わってしまうような感電の仕方をしてしまえば大事に至る可能性は非常に高く、濡れた状態などによる伝導率の高さでこのような被害に合ってしまえば、その危険性の高さというのも軽視できない問題となりますので、低電圧だからといって気を許す事は出来ません。熱に大きく関係している事から、夏季は感電の危険性が高い時期と言われておりますので、気候や配線の状態、電化製品などにも注意を払って定期的なコンセントの点検から、工事や経年劣化による被害を防ぐ為のコンセント取り換えなど、事前にあらゆる可能性を考慮して対策を行っておくと、このような被害に見舞われる可能性も自ずと低くなるでしょう。

0120-949-986