青い葉をもつブルーヘブンを庭木として育てる方法!剪定の仕方も紹介

2021.4.30

青い葉をもつブルーヘブンを庭木として育てる方法!剪定の仕方も紹介

ブルーヘブンは円すい形をした樹形に、青みがかった美しい葉を特徴にもつ、庭木のシンボルツリーとしても人気の高い樹木です。とても独特な美しさを放っているため、「ブルーヘブンを庭木として育ててみたい!」と思われている方もいらっしゃるでしょう。

ブルーヘブンの育て方や手入れのコツ、ほかにもブルーヘブンの剪定について、この記事では庭木として植え込む場合に、役に立つ情報をお伝えしていきます。

青の変化を楽しむブルーヘブンは庭木としても人気!その特徴とは

ブルーヘブンは、別名コロラドビャクシンともいわれている、ビャクシン属の針葉樹です。円すいの形をした樹形に、枝が斜め上に成長していく性質をもっています。何といっても、ブルーヘブンは、美しく青みがかった枝状に広がる葉が、とても特徴的な樹木といえるでしょう。

葉の色は、年間を通して春先が、もっとも美しい青色になるといわれています。とても美しい樹木になるため、ブルーヘブンは庭木としても人気の品種で、シンボルツリーとしての導入を考えている人も多いといわれる樹木です。

樹高は最大では、5メートルほどになりますが、剪定などを適切におこなうことによっておさえることができるでしょう。やや樹形が乱れやすい性質もあるため、小まめな手入れをしないと、乱れがちになる側面ももち合わせています。育つ環境についても、夏場の多湿な環境や、強い乾燥した環境は好まないこともあり、やや気を配る必要があります。

雑草の伸びるスピードに注意!草刈りは時期を考えて効率的に行う!

ブルーヘブンの育て方を知ろう

ブルーヘブンは環境に対して、少しデリケートな性質をもっています。そのため適した環境や、育てるときに気を配るポイントを、きちんとおさえておくことが大切です。ブルーヘブンを庭木として育てるときのポイントを確認していきましょう。

管理場所

ブルーヘブンは、日向や半日陰で育てるのが理想的です。ブルーヘブンは湿気の多い環境や、あまりに乾燥している状況をきらいます。時期に応じて、植え替えや場所移動までおこなう必要はありませんが、環境に対する性質は知っておくとより育てやすくなるのではないでしょうか。

水のやり方

地植えで育てる場合には、とくに水やりをしなくても育ちます。ただしブルーヘブンは乾燥にあまり強くないため、水が不足すると枯れやすい性質をもっていることを、おさえておくとよいでしょう。鉢植えで育てる場合などに、土の乾きを確認したときは、十分に水をあげてください。

肥料

肥料をあたえる場合は、植え込むときに緩効性の肥料をいっしょに、植え込むのがおすすめです。たとえば堆肥や腐葉土を使用すれば、ゆっくりと時間をかけて根に栄養もいきわたるので理想的です。さらに植え込む土の状態も、水はけのよい土の状態へと近づけてくれるでしょう。

ブルーヘブンはこまめな剪定が大切です!剪定時期や方法について

ブルーヘブンは、そのまま育てると樹形も乱れやすい特徴をもっています。そのため、ブルーヘブンの庭木を育てていくためには、剪定などの適切な手入れがとても重要になってきます。定期的に、ブルーヘブンは剪定をして整えていくと樹形が整い、美しい状態を保てるためおすすめです。

剪定する時期

ブルーヘブンは樹形が乱れやすいので、節目になる季節に、それぞれ適した剪定をおこない、樹形を整えるのが望ましいでしょう。適切な時期は、年に2~3回ほど、それぞれ剪定方法をわけておこなうのがおすすめです。樹木の芯など、大きく切る場合は春先3~4月と、細かい手入れは初夏から10月あたりにかけておこなうのがよいでしょう。

ブルーヘブンの剪定方法

ブルーヘブンを美しく整える剪定として、樹木が一本立ちの状態を保つことが大きなポイントです。ブルーヘブンは、手入れをせずにそのままにしておくと、樹木の芯がいくつものびてくる性質をもっています。ブルーヘブンの剪定では、この枝分かれしてくる芯の部分を切って、一本立ちにしつつ、高さを調整していくことがポイントとなるでしょう。

そして、枝を剪定するときには、なるべく葉を残すようにおこなうことが大切です。また、大きく育ってからでは、見栄えよく小さくすることはできません。そのため樹形をより美しく保っていくためには、まだ樹木が小さいうちから、こまめに剪定しておくことが大切といえるでしょう。

カリンの実は剪定次第でたくさん実る!注意点とその方法も紹介

きれいな色を保つ方法

ブルーヘブンの美しい状態を保ち続けるためには、日ごろから枯れ枝や葉を取り除くことが、非常に大切なポイントになります。とくに、不要な枯れ葉などが樹木についたままの状態になると、健康な樹木の成長をさまたげるおそれもあるでしょう。たとえば、樹木の内側まで日光が届かないことや、害虫被害などをまねくことが考えられます。

さらに、そこから害虫などの被害をまねくことにもなりかねません。そのため枯れ枝や葉を見つけたら、すぐに除去する習慣をもつとよいでしょう。ほかにも、あまり手間をかけずに、ブルーヘブンの庭木をきれいに保つ方法があります。それは、ブルーヘブンの葉を手で剪定してしまうことです。

枝葉がそれほど頑丈ではなく柔らかいため、簡単に気になる箇所を取り除けるでしょう。とくに不要な部分が細い枝なら、ブルーヘブンを手で剪定してしまうのが有効といえます。

しかしブルーヘブンは庭木として植え込んでいると、樹形を保つポイントである芯の部分を切る状況がでてきます。高さを一定で美しく保つ場合には、とくに芯を一本立ちにして整える必要があるでしょう。

自分でおこなった場合には、剪定作業になれない状態でおこなって、ブルーヘブンの樹木をよけいに傷めてしまうことも考えられます。そのため、大きく樹形を整える剪定の場合は、剪定を業者に依頼することも非常に有効です。

まとめ

ブルーヘブンは、青みがかった美しい葉をもつ針葉樹です。ブルーヘブンの庭木は、シンボルツリーとしても人気の樹木になります。あまり湿気を好まず、乾燥にも強くないといった、やや環境面でデリケートな性質をもつことも特徴です。

さらにブルーヘブンは、樹形も整いにくい性質をもっていることがあげられるでしょう。そのためブルーヘブンは剪定の手入れを適切におこなって、樹形を美しくしていくことが育てるうえでとても大切になってきます。

とくに樹木の芯の部分がのびだしたブルーヘブンは、剪定して保ちたい高さに調整していくことが、樹形を保つ大きなポイントです。樹木の芯の部分を切る、樹高を整える剪定は、非常に技術が必要となってくるでしょう。

剪定作業になれない状況でおこなった場合、ブルーヘブンの樹木を傷めてしまうことも考えられます。そのため樹高を整える剪定などは、業者に依頼するのもとても有効な方法です。樹木の樹高調整にもなれた、業者におまかせすれば、安心して剪定してもらえるためとてもおすすめです。

剪定を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「剪定」をご覧ください。


迅速・丁寧に受付対応!

庭木1本からお任せください!

※対応エリアや加盟店によって変わります

庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!

剪定 1本 2,300円~
剪定のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

剪定の記事アクセスランキング

剪定の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧