生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

剪定後の切り口に『癒合剤』は必要?使い方と選び方について

2019-08-27

剪定後の切り口に『癒合剤』は必要?使い方と選び方について

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「桜の枝は切ってはいけない」といわれます。この理由としてあげられるのが、桜の太い枝を切ると断面がふさがりにくく、そこから腐っていき枯れてしまうことが多いということ。これはほかの木でも同様ですが、とくに日本全国に広がった人工種「ソメイヨシノ」が病気に弱いことから強調されているようです。

しかし隣の土地にはみ出している枝など、切らないわけにはいけない枝も少なくありません。またこれまで手入れが不十分だった木の見た目を整えるため、大胆に切ることも多いでしょう。こうした際、木を守るために癒合剤という木の塗り薬が開発されています。

今回はこの癒合剤について、選び方や代わりに使えるものなど紹介していきます。

巨大台風に備える!襲来前の準備から応急処置の方法までまとめました
毎年7月から10月にかけて、多くの台風が日本列島へ接近します。都市の水がめにとっては恵みの雨になる一方、ときには上陸し、暴風や猛烈な雨で各地に被害を与えることも少なくありません。 ... 続きを読む

癒合剤はなぜ必要?

冒頭でも軽く触れましたが、改めて「癒合剤はなぜ必要なのか」、その役割について確認してみましょう。

癒合剤の役割①水や養分が出ていくのを防ぐ

皆さんの中にはヘチマを緑のカーテンとして育てている方がいるのではないでしょうか。そしてヘチマを選んだ理由の中には化粧水として使える「ヘチマ水」を取りたい、というものも多いかと思います。

ヘチマ水は実がなった後に茎を切り、根から上がってくる水や養分を容器にためて取ります。つまり植物の茎や枝を切った場合、切り口がふさがるまでは相当の量がでていってしまうということ。植物を弱らせてしまう大きな要因となりえます。

癒合剤の多くは酢酸ビニル系やアクリル樹脂系など、水を通しにくい物質です。つまりふたをすることで放出を抑え、植物が弱るのを防ぐ役割があるのです。

癒合剤の役割②雨水や雑菌の侵入を防ぐ

癒合剤は逆に、切り口から入ってくる雨水や雑菌の侵入を防ぐ役割があります。人間でいえば「ばんそうこうを貼る」というイメージを持ってもらえばわかりやすいでしょうか。

植物には動物と違い、病原菌と戦う専門の免疫細胞や抗体を持っていません。そのため病気にかかると一部を枯らして病原菌の増殖を防ぎますが、上手くいかないと全体が枯れてしまうのです。そのため太い枝を切るときほど、癒合剤は重要になってくるといえます。

癒合剤の役割③カルスの形成をうながす

癒合剤にはもうひとつ、カルスと呼ばれる「分裂を積極的におこなう細胞」が生まれやすくする役割があります。

植物を増やす方法のひとつに、枝を土に挿し根づくのを待つ「挿し木」というやり方があります。これができるのは切り口にカルスが生まれ、最初の根として発達していくことから。また表面がカルスによって覆われることで切断面を保護する役割があります。人間のかさぶたと似たようなものといってもいいでしょう。

また植物の性質として、何かに接触している異物がある場合はその部分の生長がはやくなり、異物を押しのけようとするというものがあります。この効果もありカルスが早く形成され、癒合を早める作用が期待できるのです。

      癒合剤を使わないといけない場合とは

癒合剤を使う場面

しかし枝打ちをした場合など、すべての枝の断面に癒合剤を塗っていくのは困難です。するととくに癒合剤が必要となるのはどのような場面になってくるでしょうか。

切り落とす枝が太い場合

切り落とす枝の太さが太くなればなるほど、切断面がふさがるのが遅くなるとともに植物の生育に対する影響も大きくなります。たとえばケヤキの場合、3cmほどの太さの枝の切断面がふさがるのには3年ほどかかる場合も。

そのため木の根元に近い・太い枝を切る場合には癒合剤を利用し、植物へのダメージを最小限に抑えましょう。

木全体の大きさ

木が小さければ枝が細くても、木に対するダメージは大きくなります。たとえば盆栽は手入れしやすい大きさに抑えているぶん、切り口が大きいと木の負担が大きく枯れてしまう危険性につながるのです。そのため多少細い切り口でも、念のために癒合剤を塗るようにしましょう。

木の種類

サクラや果樹の成るリンゴなどは病気にかかりやすい木といわれています。とくに品種改良を重ねている園芸種の場合、見た目がきれいなぶん弱さを抱えていることも。菌に対する耐性を求めて改良していることもありますが、園芸用や果実目的の品種に関しては切り口を丁寧に処置することが大切です。

癒合剤はどのように選ぶ?

しかし癒合剤といってもさまざまな種類のものが市販されています。選び方に関して、何かポイントなどはあるでしょうか。

付加効果を意識してみよう

癒合剤にはカルスの形成を促進する効果のあるものや、殺菌・抗菌効果のある成分が混ぜられたものなどもあります。病気の耐性がとくに弱い種類に対してはこうした配合の癒合剤を使ってみるのもひとつの手でしょう。

枝の幹に合った色を意識してみよう

癒合剤によって、意外と色にはバラツキがあります。そのため幹の色によっては異様に目立ってしまうことも少なくありません。

もちろん「癒合剤を使っている」ことがわかるようあえて目立つ色にするのも手ですが、切った直後でも鑑賞性を高めるために幹と同系色にし、目立たないようにすることが一般的です。

癒合後の状態に着目してみよう

癒合剤は「切断面に木の表皮が形成されるまで(癒合されるまで)」がその役割。しかしどうやって表皮が形成されるか、癒合剤によって大きく2つに分けられるのです。

多くの癒合剤では、木の表皮部分は癒合剤の外側へ形成されていきます。そのため癒合剤が内部に入り込む形になり、その部分が太く球状になることも。これは複数の木が一体化する「合体木」という現象が起こるように、植物は異物が排除できない場合むしろ取り込んでしまうという性質があるから。標識に絡んでいる木などを見たこともあるでしょう。

一方癒合剤の中にはかさぶたのように、木の表皮が癒合剤の内側で形成されるものもあります。この場合、表皮が形成された後に癒合剤が剥がれ落ちてしまうのです。極端に癒合部分がふくれずに済むことから、見た目を気にする場合はこのタイプを選んでみるのもよいかもしれません。

代表的な癒合剤をご紹介します

ではここで、代表的な癒合剤をご紹介していきます。


トップジンMペースト

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

殺菌成分であるチファネートメチルを利用した癒合剤で、果樹類を中心に効果があります。明るいオレンジ色をしており目立ちやすいものの、多くの農家で使われている「定番」ともいえる癒合剤です。また癒合剤用途のほかにも、りんごやなしなどで起こる腐らん病・輪紋病などの治療としても効果が見込まれています。


カットパスター

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

軟膏状で、茶~灰色をした癒合剤です。松・柏など常緑樹用・その他の木(雑木)用の1種類があります。

カットパスターの特徴は「木の表記が内側で形成される点」です。そのためかさぶたのように取れるほか、癒合剤を塗った部分の変形が小さいことがあげられるでしょう。なおカットパスターは癒合が始まった際、もう一度重ね塗りするのがおすすめです。


新キヨナール

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

40年以上の歴史を持つ、緑色をしたペースト状・アクリル樹脂系の癒合剤です。とくに盆栽の剪定後に使えるよう意識して開発されました。また塗った後も完全には乾燥しないことも癒合に効果を出しやすい特徴といえるでしょう。


カルスメイト

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

茶褐色をした酢酸ビニル系・クリーム状の癒合剤です。また早く乾燥するため、癒合剤の部分が目立ちにくいというのが特徴としてあげられます。

代用できる?癒合剤の代わりに使えるもの

癒合剤は業務用に開発されていることも多く、わざわざ探すのは大変という方も少なくありません。一方で癒合剤の代わりに使えるものとして「木工用接着剤」「アルミホイル」「墨汁」などがあげられることもあります。こうした代用品の効果はどうなのでしょうか。

木工用接着剤

木工用接着剤の多くには酢酸ビニルが使われています。この酢酸ビニルは塗った表面に膜を作って固まることで効果を発揮します。また酢酸ビニルの膜は乾燥すると水を通しにくく、表面を保護する効果が期待できるでしょう。実際、一部の癒合剤にも酢酸ビニル樹脂が使われています。

ただし雨に当たる前提ではないため流れてしまうことも多く、専用に開発された癒合剤よりはどうしても効果が劣るといえるでしょう。

アルミホイル

アルミホイルで切断面やその周辺を覆い、固定するという方法もよく使われてきました。植物に特別な成分を塗るわけではないので、農薬などの化学物質が植物に与える影響・果実に残る影響を気にする方も安心して使えるように感じられるでしょう。

しかしアルミホイルではどうしても木との間に隙間が生じ、そこに湿気が溜まってしまうという側面も否定できません。また日光をさえぎるためカビやキノコなどが発生し、かえって切り口を腐らせてしまうおそれが出てくるのです。またアリなどが侵入し、かえって生成されたカルスを食べてしまうことも。そのため利用は最小限にとどめ、定期的に交換するなどの工夫が必要になってくるでしょう。

墨汁

墨汁も癒合剤の一種として挙げられる場合があります。確かに墨にはニカワが含まれているため、ある程度の被膜を形成することは期待できるかもしれません。しかしほとんどはスス(炭素)であり、切り口に塗る効果はほとんど「目立たなくする」程度ともいえます。

また近年普及している液体の墨汁はニカワの代わりに化学合成した物質を使っていることも多いです。そのため雨によって流れてしまうなど、植物に対する効果は小さいといってもいいでしょう。

代用品としてあげられるものは、癒合剤と比べて効果が限定的といえます。むしろ利用しないほうが早く治癒したという研究もあり、癒合剤と使うには難しい面が多いのです。

まとめ

剪定で太い枝を切ることは、木に対して少なからぬダメージを与えます。そのダメージを最小限にするためにも癒合剤などを活用し、切断面が表皮で覆われるまでは保護することが重要といえるでしょう。とくに病気に弱いサクラや園芸用の品種では、癒合剤処理は必須とも考えられます。

またそもそも太い枝を切らずに済むよう、定期的な剪定で木の育ち方をコントロールすることも大切です。また剪定方法も木によって違いが多く、私たちにとっては意外と困難な作業という一面も否定できません。そのため複数の木をまとめて剪定したいとき、長い間放置してしまった木などは剪定のプロへ依頼し、木を守りつつ見た目を整えてあげることが大切になってくるでしょう。

(この記事は2019年2月5日に加筆・修正しています)

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 1本 1,980円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
58投票,  平均評価値:4.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-27 10:37:00
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/22349/
お庭
「桜の枝は切ってはいけない」といわれます。この理由としてあげられるのが、桜の太い枝を切ると断面がふさがりにくく、そこから腐っていき枯れてしまうことが多いということ。これはほかの木でも同様ですが、とくに日本全国に広がった人工種「ソメイヨシノ」が病気に弱いことから強調されているようです。しかし隣の土地にはみ出している枝など、切らないわけにはいけない枝も少なくありません。またこれまで手入れが不十分だった...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!