生活110番辞典 お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

アベリアの剪定方法を紹介!剪定する時期の重要性やコツについて

2019-04-26

生活・アベリアの剪定方法を紹介!剪定する時期の重要性やコツについて

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

アベリアは庭木としても人気な、白や薄ピンクのきれいな花をつける低木です。暖かい地域が発祥の植物で、環境が整っていればつぎつぎに花芽をつけて成長していく特徴をもっています。さらにその淡くきれいな花は庭先に癒し効果をあたえるため、庭木としても人気の品種といえるでしょう。

そのため庭木としてアベリアの剪定方法を探している方もいらっしゃるかもしれません。こちらではアベリアの剪定方法や手入れのポイントについて紹介していきます。

防げ!の被害・ハチの巣作り駆除まとめ10選
暖かな日差しが心地よい季節がやってまいりました。 冬は寒さのせいで外に出ることが少なかった方も、春の陽気に誘われておでかけをすることも多くなったのではないでしょうか? しか ... 続きを読む

アベリアを剪定する時期

アベリアは初夏から秋にかけて花が咲き、生命力も強く、成長が早いという特徴をもった植物です。そのため年に1回のみの剪定では、きれいな状態を保ちにくいといえるでしょう。

剪定の最適期は新芽が伸びるまえの季節の2月~3月といわれており、新芽が勢いよく成長するまえにしっかり剪定するのがベストといわれています。あとは夏場8月ほどに伸びてきた部分を剪定して、11月など秋の花が咲き終わったころに剪定して整えているのが手入れのポイントとされています。

とても勢いよく成長する性質をもっているため、枝も伸びやすくそのままにしておくと、すぐに樹木のバランスをくずしてしまうことがあげられるでしょう。そのためアベリアは剪定をふくめて、手入れをマメにおこなうことがとても大切です。

アベリアを剪定する時期

アベリアを剪定するときは枝選びから

樹木を剪定するときは注意するポイントとして、「どの枝を剪定していくのか?」という切る枝について知っておくことがとても大切です。枝選びは、アベリアの剪定をおこなう場合でも同じように重要なポイントといえるでしょう。

やみくもに剪定をおこない、樹木を傷めて弱らせてしまっては元も子もありません。こちらでは剪定対象となる枝について説明していきます。

剪定をおこなう枝はわかりやすいものでは枯れ枝や、イレギュラーな生え方をしている部分になります。そのため樹木の見栄えを乱している部分に目星をつけて切っていくとよいでしょう。

名称としては、「からみ枝」と呼ばれて交差している枝や、「徒長枝」と呼ばれる上に勢いよく伸びすぎている枝などあります。

あとは「車枝」のように、一部分からたくさんの枝が生えている状況なども見受けられるでしょう。ほかにも曲がって内向きに伸びてしまった枝もなかにはあるかもしれません。根元から真上に伸びてくるイレギュラーな枝は「ひこばえ」などと呼ばれています。

そして目立つ不要な枝を切る場合には、根元から剪定するとよいでしょう。ほかにもメインとなる主枝の生え変わりを補助する意味で剪定をおこなう場合があります。

ある程度年数の経過している古い主枝は、切って生え変わりの準備をしてあげるとよいでしょう。新しい枝に生え変わるので、樹木もより強く育つと考えられます。

アベリアの剪定方法を知ろう

2章では、剪定する対象となる枝部分のおおまかな解説をしていきました。こちらではアベリアの剪定方法で一般的に取り入れられている方法について紹介していきます。きちんと適切な剪定方法をおさえて活用してみてください。

まず剪定するうえで大切なポイントとして、上下いずれも余分に伸びているなど、外観バランスを乱している部分をおさえることを意識するとよいでしょう。あとは樹木の内側などで枝が密集してきて、風通しが悪くなっているところを整えていきます。

不要な枝を切り、内側の枝部分を切っていくことを「間引く」と呼ばれています。アベリアはとても成長が早いので、場合によっては幹の本数を減らすことも必要になるかもしれません。

アベリアは年間3回ほど、剪定をすることが理想的といわれています。いずれもそれぞれのタイミングによって、そのときの時期にあった剪定をしていくのが望ましいでしょう。

新芽の伸びる春先の時期は、軽く整える程度の剪定をするのが最適です。2回目におこなう初夏の時期の剪定では、樹木の内側が密集してきやすいので、内側の枝部分を「間引く」のがおすすめです。

3回目は花の落ちた秋から、冬にかけての時期にあたるでしょう。秋から冬にかけては、樹木が休息期間にはいるため、高さの調整などの大がかりな剪定もおこなえます。そのため、冬場にしっかり剪定をして、夏場と秋の花が咲き終えたときに、整えるというながれで剪定がすすめられているのが特徴になります。

アベリアの剪定方法を知ろう

アベリアを刈り込みするには

アベリアはとても丈夫な性質をもち、成長も早い特徴をもっています。そのため、剪定のときに刈り込みをおこなうことも、樹木を整えるうえで、有効だといわれています。それに適切に刈り込みもおこなって株の更新ができれば、さらに樹木の状態もよくなるでしょう。こちらではアベリアの剪定で刈り込みをおこなう場合について解説していきます。

アベリアの剪定で刈り込みをおこなうにも、どのタイミングでも刈り込みをしてもよいわけではありません。おもにアベリアが花を咲き終えて、休暇期間に入る秋のタイミングがベストといわれています。そのため秋の剪定といっしょに、刈り込みもおこなうのがよいでしょう。

刈り込みをおこなう場合も、上に余分に伸びている「徒長枝」を切り取ってからおこなうのが一般的です。アベリアを刈り込む場合の注意点として、20~30cmほど残すことを忘れないでくださいね。

アベリアは春にはつぎの新芽が芽吹くため、この時期に刈り込みがおこなえれば、生え変わりのスムーズな準備となるでしょう。刈り込みによって、枝の生え変わりが促進されれば、よりいきいきとした木の状態を保つことにつながるのです。
す。

ほかにも剪定だけでなく刈り込みをおこなう場合には、さらに電動ノコギリなどの道具も必要になるかもしれません。不慣れな道具による危険や時間の都合など、自分でおこなうのが難しいと考える方もいらっしゃるでしょう。自分で剪定や刈り込みをおこなわない場合は、剪定業者に依頼してお願いする方法もありますので覚えておいてください。

アベリアの花芽つきをよくするためには

最後にアベリアをよりきれいに保つためのちょっとしたポイントをお伝えしていきます。アベリアの花芽つきをよりよくするために、古い枝を切り戻すことがおすすめです。目安として地表から50cm手前ぐらいの古枝を切って、新しい枝が生えやすい様にしてみてください。

アベリアはとても成長が早く、丈夫な性質をもっているため再生力が高いという特徴があります。そのため、剪定をおこなわないと、どんどん成長して枝も無造作に伸びていってしまうでしょう。

アベリアは剪定などの手入れをおこなわないと、古い枝のまま伸び続けることになるため、花芽などが更新されることもありません。古い枝を切り戻すことによって、新しい枝に生え変わるため、花芽をよりつきやすくすることが可能になるのです。

切り戻しをおこなうことによって、アベリアの再生能力が活性化され、新たなる花芽がつくことも期待できるでしょう。新たな白や薄ピンクのきれいな花を楽しむことができるのでぜひ活用してみてください。

まとめ

アベリアは白や薄ピンクのきれいな花をつける庭木としても人気の低木です。暖かい地域が発祥の地で、とても成長の早い丈夫な性質をもっていることが特徴です。アベリアを庭木として植えるなら年に3回は剪定をするのがよいでしょう。

花芽のつくまえの冬場2月~3月にしっかりと剪定をおこない、夏場と、花の咲き終えた秋に整えて手入れしておくことが剪定の基本です。アベリアの剪定には、刈り込みという大幅に切りこんで、枝の生え変わりや株の更新をして樹木の健康をよくする方法もあります。

ただし自分で剪定をおこなうのが、不安に思うかたもいらっしゃるかもしれません。特に刈り込みなどは、不慣れな、電動ノコギリなどの道具が必要になる合も考えられます。自分で剪定や刈り込みをおこなわない場合は、剪定業者に依頼するのもおすすめです。不慣れで危険な道具や手間のリスクを軽減できるので活用してみるのもよいでしょう。

剪定を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「剪定」をご覧ください。

迅速・丁寧に受付対応!
庭木1本からお任せください!
※対応エリアや加盟店によって変わります
庭木が健康に成長するためにかかせないのが剪定です。剪定のプロがお庭や植木の状態を詳しくお調べし、プロの目から見て一番効率の良い最高の剪定方法をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭・樹園、どんな木でも対応。落ち葉、枝、雑草など剪定後の処理もいたします!
剪定 980円~/1本
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-04-26 17:55:39
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/137401/
お庭
[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] アベリアは庭木としても人気な、白や薄ピンクのきれいな花をつける低木です。暖かい地域が発祥の植物で、環境が整っていればつぎつぎに花芽をつけて成長していく特徴をもっています。さらにその淡くきれいな花は庭先に癒し効果をあたえるため、庭木としても人気の品種といえるでしょう。 そのため庭木としてアベリアの剪定方法を探している方もいらっしゃるかもしれません。こちらではアベリアの剪定方法や手入れのポイントについて紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 剪定

剪定のお問い合わせ・ご相談はこちら

剪定についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!