テレビがなくても見られちゃう!BS放送をパソコンで見る方法を解説

2022.1.6

テレビがなくても見られちゃう!BS放送をパソコンで見る方法を解説

「BSを視聴したいが、これ以上見るテレビ局を増やすと家族でテレビの奪い合いになりかねない……」と思った方、テレビを増やすのも1つの手段ですが、お使いのパソコンでBSを視聴できる方法があるのをご存じでしょうか?

ここではBSをパソコンで視聴するために必要なものや覚えておきたい知識、おすすめのチューナーなどを3つご紹介します!

BS放送をパソコンで見るために必要なもの

テレビがなくても見られちゃう!BS放送をパソコンで見る方法を解説
まずBSをパソコンで見るために必要な器具について説明していきます。

アンテナケーブル

TVと家の壁についているアンテナ端子をつなぐケーブルを、アンテナケーブルと言います。これはBSを見るにも、地上波を見るにも、それぞれ必要になります。パソコン用チューナーを購入したときに、これが付属されていない場合がありますので注意しましょう。

パソコン用チューナー

パソコンそのものにはBSを視聴することはおろか、TVも見る機能もありません。そもそもパソコンにはアンテナケーブルを接続する穴がないからです。

チューナーはそのアンテナケーブルを差し込むことができ、またアンテナで受信した映像をPCで見るために変換してくれます。アンテナケーブルをチューナーに接続し、チューナーから出ているUSBケーブルをPCに挿すことでPCでTVやBSを見ることができます。

B-CASカード

デジタル放送はその名の通りデジタルデータの映像を送っているため、映像データを何も手を加えずにそのまま送信していると、映像を簡単に取得できてしまい海賊版などが簡単に作れてしまいます。

そのためTV局は送信する映像を暗号化することでその対策をしているのですが、その暗号化を解くカギになっているのがB-CASカードです。B-CASカードがささっていないTVは、放送を見ることができません。

B-CASカードはTVを購入したときに付属にされていたり、チューナーを購入したときについてきたりします。また、mini B-CASカードと呼ばれる、機器の大きさの都合などに合わせた小さいものもあります。

デスクトップパソコンには元からパソコン用チューナーがついているものがあります。この場合には「パソコン用チューナー」は必要ありませんが、「B-CASカード」やPC用チューナーに挿すための映像・音声ケーブルやB-CASカードを挿すための機械などが別で必要になります。

BS放送を見るためにはアンテナの設置が必須

地上波のアンテナとは別に、BS放送を見るためにはBS専用のアンテナを設置する必要があります。BS専用のアンテナが設置されていれば、BSをパソコンでも見ることが可能です。

BS専用のアンテナは市販で購入することが可能で、かつ業者に頼らなくても自力で設置することが可能です。しかし、アンテナを設置する向きに地方ごとに指定があり、また屋根上に設置したいと考える人は作業位置的に危険であることもあります。自分でBSアンテナを設置することに自信がない方や、危険だと感じた方は業者に相談するとよいでしょう。

アンテナをパソコンに接続しよう!

BSアンテナの設置が確認できたら、さっそくチューナーとパソコンを接続します。チューナーにB-CASカードがささっているか確認をしてから始めましょう。

まず、アンテナケーブルを使ってアンテナ端子とチューナーを接続します。次にチューナーから出ているUSBケーブルをパソコンのUSB端子に接続します。

接続が完了したら、必要に応じてパソコンがチューナーを認識できるようにドライバをインストールしてください。それ以降はチューナーの指示に従って受信するための住所の設定をおこなったり、アンテナの微調整をおこなったりしてください。これでBSをパソコンで見ることができるようになります。

おすすめのチューナーを紹介!

テレビがなくても見られちゃう!BS放送をパソコンで見る方法を解説
ここでおすすめのパソコン用チューナーを3つ紹介します!


I-O DATA「GV-MVP/AZ」

PCなどの周辺機器メーカーとしておなじみのI-O DATAが出している「GV-MVP/AZ」はUSBで簡単に接続できるのはもちろん、自動で録画が停止する機能や指定したキーワードが含まれている番組を自動で録画する機能、CMの自動カットなど録画再生機能が充実していることが特徴です。


ピクセラ「Xit Brick」

ピクセラもパソコン周辺機器を製造しているメーカーであり、そのピクセラが製造したBS対応パソコンチューナーが「Xit Brick(サイトブリック)」になります。

USBで簡単に接続できるのと同時に本体が薄くなっているため、視聴の邪魔になりにくいです。また、専用の視聴アプリがテレビ視聴をサポートしてくれるため、ストレスなく使用することができます。

また、この製品を2つ組み合わせると、最大で4つの番組を同時に録画することができます。


ピクセラ ダブル録画対応 Windows向け USB接続 テレビチューナー

こちらはUSBをつなぐだけでパソコンで視聴できるだけでなく、パソコンをつないでいる無線ルーターを仲介してスマホやタブレットで気軽に視聴できるのがポイントになります。またこちらもサイトブリックと同じく2つ組み合わせることで最大4つの番組を同時に録画できます。

まとめ

BS放送をパソコンで見るためには、映像を変換するチューナーやそもそもTVの視聴を可能にするためのB-CASカード、場合によってアンテナケーブルが必要です。

また、パソコンやTVにかかわらずBSを視聴するにはBS映像を受信するアンテナを購入することが必要で、これは業者に頼らず自力で設置が可能ですが、屋根上での作業が必要になるなど、設置環境によっては危険がともないます。少しでも危険を感じたら業者に相談するとよいでしょう。

パソコンでBSを視聴するのは難しそうに見えますが、ある程度の知識があれば臆することはありません。快適なBS視聴ライフをぜひ実現させてください。

アンテナ工事即日対応可能

現地調査・お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。

アンテナ工事 8,800円~
アンテナ工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アンテナ工事の記事アクセスランキング

アンテナ工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧