カラーボックスの捨て方について!面倒な解体なしでも捨てられます

2021.7.22

カラーボックスの捨て方について!面倒な解体なしでも捨てられます

多くの家具屋で取り扱われており価格面でも手が出しやすいことから、カラーボックスを使用している方は多いのではないでしょうか。縦置きと横置きの両方ができるものもあり、使用用途もアイデア次第ではさまざまです。

一般的なカラーボックスは木製のものが多く重量もそこまでないので、気軽に移動させられるのも人気の理由になっているのではないでしょうか。

しかし、劣化や引越しが理由でカラーボックスの処分を考えている方もいることでしょう。

処分の際には「木材でできているから可燃ゴミ?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。普段滅多に捨てることのないものは、処分時には頭を悩ませられます。

早い話、「エコノバ」で不用品回収業者の料金・評判を比較して依頼すれば、安い価格ですぐにでも処分可能です。

最大5社一度に見積もりでき、ついでに他の荷物も一緒に…という場合でもおすすめです。

\最短1分で無料査定できる!/

カラーボックスは基本的に「可燃ゴミ」

前述の通り、カラーボックスはほとんどのものが「木製」のため、基本的には可燃ゴミとして分類されます。しかし、可燃ゴミとしてカラーボックスを処分する場合は解体が必要となります。

カラーボックスによって解体方法は異なりますが一般的なカラーボックスの場合、解体は意外と簡単にできます。板が固定されているネジをドライバーで外すだけで、組み立て前の状態へと解体できます。

解体ができたら、板をのこぎりで小さく切っていきましょう。のこぎりを使うのが面倒だという方は、自力で折ってしまうという方法もあります。

ゴミのサイズ規定は自治体によって異なりますが、大抵の場合は30cm以上のものは粗大ゴミとして扱われるので、それ以下の大きさにすることで可燃ゴミとして回収してもらえます。

解体することが難しい場合は、粗大ゴミとして出すこともできます。粗大ゴミとして出す場合は、お住まいの地域の「ゴミ受付センター」に問い合わせ、粗大ゴミの回収を予約する必要があります。

予約が完了したら、お近くのコンビニやスーパーなど売っている処理券を購入し、カラーボックスに貼って回収場所へと持ち込んでいくというのが一般的な流れです。

カラーボックスの捨て方には、可燃ゴミや粗大ゴミとして「自治体の回収を利用する」という方法があります。しかし、自治体によって回収してもらうための細かいルールは異なるので、問い合わせの際に一連の流れについて直接確認することをおすすめします。

カラーボックスは基本的に「可燃ゴミ」

カラーボックスのリサイクルは難しい

カラーボックスの処分方法として、「買取に出す」という方法を考えている方もいるのではないでしょうか。ゴミを現金化できるこの方法は魅力的ではありますが、カラーボックスの場合は難しいかもしれません。

カラーボックスの買取が難しい理由として、「元値が安い」というものが挙げられます。新品のものでも、もともとの値段が安いカラーボックスは、中古のものでは値がつかないことが多いようです。また、最近では1,000円程度で購入できるカラーボックスもあります。買取に応じてもらえない理由は、中古のカラーボックスに対しての需要も関係しているのではないでしょうか。

カラーボックスの捨て方として「買取に出す」という方法をとることは、処分できる確実性を考えるとあまりおすすめできません。お手持ちのカラーボックスが買取に応じてもらえるかが気になる場合は、電話などであらかじめ確認しておくようにしましょう。

ほしいひとにあげよう

カラーボックスの捨て方ではありませんが、処分方法として「譲る」という方法もあります。カラーボックスを欲しいと思っている方に譲ることで、結果として処分することができます。

使わないカラーボックスを欲しい人が近くにいないか確認してみましょう。受け取ってくれそうな人が近くで見当たらない場合は、中古品の受け手を探せるサイトもあります。そういったものを活用することで、処分ができるかもしれません。

また、「譲る」と似た方法に、「寄付」というかたちの処分方法もあります。現在カラーボックスは海外の途上国で需要があるため、再使用可能な状態であれば寄付という選択肢もあるのです。「国際社会支援推進会」が日本で出る不用品を、途上国支援として役立てる取り組みをおこなっています。全国どこでも集荷をおこなっているようなので、こういった働きによる回収を利用するのも1つの方法です。

譲ったり寄付をすることは、不用品の処分をしつつも誰かの役に立てるという方法です。処分方法の選択肢として、ぜひ視野にいれてみてはいかがでしょうか。

ほしいひとにあげよう

不用品回収業者に頼ろう

自治体の回収を利用する場合も譲る場合であっても、どちらにせよ少し手間や時間はかかってしまいます。カラーボックスの捨て方に迷ったり、時間もかけたくないという方には不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

不用品回収業者とは、お金を払うことで不用品を回収してくれる業者のことです。不用品回収業者を利用する場合でもメリットとデメリットがあるので事前に知っておくことも重要です。

【メリット】
不用品回収業者に依頼する場合、処分に関しては業者がやってくれるためご自身ですることは「依頼」と「支払い」くらいです。ほかの方法と比べると、解体や持ち運び、受け取り手を探すといった手間と時間がかかりません。また、カラーボックスだけでなく、ほかの不用品も一緒に回収してもらうことができるという点も、大きな利点といえます。

【デメリット】
一番便利な分、料金は高くなってしまいます。業者によってサービス内容や料金帯が異なるため、相見積もりをとるといったことが大切になります。

不用品回収業者の相見積もりには「エコノバ」がおすすめです。

最大5社一度に査定でき、入力フォームがたった4項目なので手軽に見積もりできます!

\最短1分で無料査定できる!/

まとめ

カラーボックスの捨て方にはいくつかの方法があります。可燃ゴミとして自治体に回収してもらう際には解体が必要となることが多く、その解体方法は意外と簡単なものです。粗大ゴミとして出す際には、事前予約が必要となり、処分の流れについても確認しておいた方がよいでしょう。元値の低いカラーボックスを買取ってもらうことは、難しい場合が多いです。しかし、無料で譲ることや寄付するという方法はあります。

処分に手間と時間をかけたくない方は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。業者に依頼することで、カラーボックス以外の不用品も一緒に処分できるというメリットがあります。しかし、料金が発生するというデメリットもあります。相見積もりをとることで費用を抑えることができる場合もあるので、ご自身にあった業者選びが必要となります。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談

【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。 140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。

不用品回収・リサイクルのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

不用品回収・リサイクルの記事アクセスランキング

不用品回収・リサイクルの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理