蜂の巣駆除は小さいうちに【スズメバチ以外】自分で取る方法と注意点

2021.6.8

蜂の巣駆除は小さいうちに【スズメバチ以外】自分で取る方法と注意点

毒のついた針で襲ってくる危険な生物である“蜂”。刺されると痛みだけでなく、最悪の場合は死に至ることもあり、多くの人が蜂は危険な生物だと認知していることでしょう。

そんな蜂が住んでいる蜂の巣は、小さいうちなら意外にも安全に駆除できる場合があることをご存知でしょうか。

今回の記事では、蜂の巣が小さいときに駆除したほうがいい理由や、蜂の巣駆除の方法・予防についてまとめました。蜂の巣ができていて困っている方や、蜂の巣を駆除したい方、蜂の巣を予防したい方はぜひ参考にしてみてください。

蜂の巣は小さいうちに駆除しよう

蜂の巣が作られているのを見つけた場合、できるだけ蜂の巣が小さいうちに駆除してしまうのがオススメです。

蜂の巣が小さいうちは、それだけ巣の中にいる蜂の数が少ないのですが、巣が大きくなるほど蜂の数が増えて危険性が高まります。
また、巣が大きくなってからでは危険がともない、個人で駆除することが難しいだけでなく、蜂駆除の業者に依頼したときの値段も高くなってしまいます。

そうならないためにも、蜂の巣を見かけたときは早急に駆除するか蜂駆除の業者に依頼するのがいいでしょう。

次章からは小さい蜂の巣の駆除方法をご紹介します。小さい蜂の巣は場合によっては自分で駆除することもできるので参考にしてみてください。

小さい蜂の巣に蜂は何匹いるの?大量発生のサインかも?

蜂の巣駆除①比較的安全なタイミング

まずは蜂の巣を駆除するタイミングについてです。蜂には活動が衰えるタイミングがあり、そのタイミングを狙うことで比較的安全に駆除することができます。

〇比較的安全に駆除できるタイミング

蜂の巣が小さいとき

蜂の巣が小さいときに安全なのは、前述したとおり蜂の数が少ないからです。場合によっては体力の衰えた女王蜂が1匹で巣を作っている状況かもしれません。

“蜂の巣が小さい”の目安は15cm未満ほどです。
 

夜中

ほとんどの蜂が早朝から夕方まで活動し、夜中は巣の中で寝るといわれています。夜中の寝ているタイミングを狙うことで蜂の不意をつくことができるのです。

※なかには夜中に活動するモンスズメバチという種類もいるため油断は禁物です。

比較的安全に駆除できるタイミングについて2つご紹介しましたが、自分で駆除できる場合は、最初の「蜂の巣が小さい」に当てはまることが最低条件です。大きい蜂の巣では、上記のタイミングを問わず危険性が高いためオススメしません。

〇自分での駆除を控えた方がいい場合

上記の2つのタイミングを満たしていても、自分で駆除をするには危険性が高い場合があります。

スズメバチの巣

スズメバチはとても攻撃的で強力な毒を持っています。そのため蜂の巣が15cm未満の大きさであっても、数匹の働きバチがいるだけで命の危険にさらされてしまいます。

スズメバチの巣の特徴は、ボール状で独特のまだら模様がついていることです。また、巣のでき始めはとっくりと似た形をしていることもあります。

蜂に刺される被害の原因のほとんどが自分で駆除しようとして失敗したときです。スズメバチの巣に限らず、自分で駆除するのが少しでも難しいと感じたときは蜂駆除の業者に依頼することをオススメします。

蜂の巣駆除①比較的安全なタイミング

蜂の巣駆除②必要なもの

ここからは蜂の巣駆除に必要なものについてです。蜂の巣駆除に取り掛かるまえにあらかじめ揃えておくことでスムーズに作業することができます。
 

〇必要なもの一覧

・防護服
・殺虫スプレー
・ゴミ袋
・虫取り網
・長い棒
・懐中電灯
・ほうき
・ちりとり
・はしご

 

・防護服
蜂の巣が小さいとは言っても、蜂が中にいれば刺されてしまう可能性もあります。そんな蜂に刺される危険を蜂用の白い防護服を着ることでほとんど解消することができるのです。ものによっては顔を覆うことができない防護服もありますが、その場合は白い帽子と防峰ネットとよばれる顔を覆うネットを着用しましょう。

防護服はお店や通販で購入することができますが、地域によっては各自治体が無料で貸し出している場合もあるので確認しておくといいです。

また、防護服がどうしても手に入れることができない場合は、白い作業着などの厚手で長そで長ズボンの服装、軍手、長靴、雨がっぱなどで代用できます。

・殺虫スプレー
蜂を追い出す・倒すために使います。一般的な殺虫剤でもピレスロイド系のものでしたら効果がありますが、できるだけ蜂専用の殺虫スプレーを用意しましょう。蜂専用のものは噴射距離が長く設計されていることが多く、一般的なものよりも遠い距離で蜂退治することができます。蜂用の殺虫スプレーには以下のようなものがあります。

アース製薬 ハチアブマグナムジェット 550mL

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

持ち手とトリガーがついている殺虫スプレーです。銃のように持てるため狙いやすく、一度に強力かつ大量の噴射ができることからより安全な駆除につなげやすくなっています。

・ゴミ袋
蜂の巣を入れて捨てるため、蜂の巣よりも大きい燃えるゴミ用のゴミ袋を用意しましょう。

・虫とり網
虫取り網にゴミ袋を入れることでより安全に駆除できます。

・長い棒
蜂の巣を落とすときに使うため、できるだけ長めの棒を用意しておくといいでしょう。

・懐中電灯
夜間の作業で必要です。ライトの光に反応して蜂が襲ってきてしまうので、ライトの部分に赤いセロハンやフィルムをつけておきましょう。

・ほうき、ちりとり
駆除した蜂を回収するときに使います。

・はしご
蜂の巣が届かない場所にある場合ははしごが必要です。

蜂の巣駆除②必要なもの

蜂の巣駆除③駆除方法

蜂の巣が小さい場合の駆除は、意外とシンプルで次の手順でおこないます。
 

手順1.前述した必要なものを用意し、防護服に着替えておく。

手順2.できるだけ遠い距離から巣の穴にむかって殺虫スプレーを1分ほど吹きかる。
※殺虫スプレーを吹きかけると、巣の中の蜂がパニック状態になって飛び出してきますが、防護服を信じて吹きかけ続けましょう。

手順3.用意したゴミ袋を虫とり網にセットし、蜂の巣の下にもっていく。

手順4.空いている手で長い棒を持ち、蜂の巣にあてて落とし、ゴミ袋の中に入れる。

手順5.ゴミ袋の中のなかに殺虫スプレーを軽く吹きかけ、ゴミ袋を閉じる。

手順6.燃えるごみの日にゴミ袋をだしたら完了です。

 
駆除した蜂が地面に落ちている場合は手で取らないようにしましょう。死んでいても蜂の針には毒が残っているため、軍手などをつけていても危険です。ほうきやちりとりなどを使って片づけるのがいいでしょう。

蜂の巣駆除③駆除方法

蜂の習性を知って予防に役立てよう

蜂の巣が小さい場合の駆除についてご紹介してきましたが、できることなら蜂の巣ができないような対策をしたいと思います。

蜂は1年の活動時期がある程度決まっているため、活動時期を知ることで蜂予防をおこなうことが簡単にできるので参考にしてみてください。
 

〇蜂の活動時期

スズメバチ:4月~11月
アシナガバチ:3月~9月
ミツバチ:2月~11月

 
蜂はだいたい春頃に巣を作り始めます。よく蜂の巣を作られてしまう場所や、屋根裏・軒下・玄関・ベランダなどの作られそうな場所には、蜂が巣を作り始める前に予防用の殺虫スプレーをかけておくのがオススメです。予防用の殺虫スプレーには以下のようなものがあります。

ハチの巣を作らせない ハチ・アブ用ハンター 蜂駆除スプレー 510mL

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

2週間に一回スプレーするだけで蜂がよってこなくなるだけでなく、蜂の駆除にも使える殺虫スプレーです。

まとめ

蜂の巣は小さいうちに駆除することで比較的安全に駆除することができるだけでなく、蜂駆除の業者に依頼したときの費用も低めにおさえることができます。

蜂の巣が小さいことの目安は15cm未満ですが、スズメバチの巣は小さくても自分で駆除しないようにしましょう。とても攻撃的なため、危険性が高いです。

また、蜂を自分で駆除する場合は防護服などの万全の準備をしてから行うことが大切です。もし蜂の巣を自分で駆除するのが不安という人方や、蜂の巣が大きくなってしまっている人がいたら蜂駆除の業者に相談するのがいいでしょう。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。

この記事の監修者 ナカザワ氏について

この記事の監修者
ナカザワ氏 NPC 総合害虫駆除
監修ジャンル:害獣 害虫
神奈川県・東京都を中心とした総合害虫駆除サービスを運営。防除作業監督者(防第14721号)の国家資格を有し、アリ、ゴキブリ、ダニ、ハエ、トコジラミ、ハチやコウモリなど幅広い害虫や害獣にも対応。


この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

ハチの被害を迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短10

※対応エリアや加盟店によって変わります

お家の近くにハチの巣がある状態は大変危険です。
ご家族や、ご近所の方に被害が出る可能性があります。危険なハチはプロに依頼して素早く、安全で確実に駆除を!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチ、あらゆるハチ駆除をお任せください。

蜂の巣駆除 8,800円~
蜂の巣駆除のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

蜂の巣駆除の記事アクセスランキング

蜂の巣駆除の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理