「ピッキング防止法」を知らないと逮捕に繋がる場合も!その訳とは?

2021.4.30

「ピッキング防止法」を知らないと逮捕に繋がる場合も!その訳とは?

身近な工具であるマイナスドライバーやバールといった工具ですが、それらを隠して携帯してはいないでしょうか?これらの工具は「ピッキング防止法」に違反する恐れがあるのです。「そもそもピッキング防止法って何?どうしてドライバーを持ち歩いてはいけないの?」と疑問に思われる方もいると思います。そこで、今回はピッキング防止法について紹介します。

マイナスドライバーが逮捕の決め手に!

マイナスドライバーを乗用車内に正当な理由なく隠し持っていたというだけで逮捕されたという事例があります。事件の概要だけ聞くと「え?そんなことで?」と思われるかもしれませんが、逮捕される正当な理由があるのです。それは「ピッキング防止法」に違反したということです。

ピッキング防止法に違反すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金を支払う必要があるほか、前科がついてしまうため何としても違反は避けたいところです。ですが、そもそもピッキング防止法とはどのようなものなのでしょうか。

『ピッキング防止法』とは?

ピッキング防止法とは、正当な理由なく「指定侵入工具」を持ってはいけないという法律です。この指定侵入工具とは、鍵を破壊するためであったり、建物の出入り口や窓を破るために使用されるもののうち、建物の侵入用に使われる恐れの大きいものとして政令で定められている工具を指します。

マイナスドライバーの場合長さが15センチメートル以上で、先端の幅が0.5センチメートル以上のものは対象となります。プラスドライバーはこの対象にはなりません。なお、正当な理由の場合は持ち歩いていても罪には問われません。

      『ピッキング防止法』とは?

ピッキング防止法が所持を禁じる道具

ピッキング防止法が所持を禁じる道具としては以下のようなものが挙げられます。

 特殊開錠用具

ピッキングツール
錠に用いられるシリンダーを鍵を使わずに、かつ破壊することなく解錠するツールです。ピッキングツールを所持しているとピッキング防止法上の特殊開錠用具に該当するため罪に問われる可能性があります。

破壊用シリンダー回し
破壊用シリンダー回しとは、特定の建物錠のシリンダーに挿入して強制的に回転をさせることによりシリンダーを破壊する道具です。

ホールソーのシリンダー用の軸
特定の建物錠のシリンダーに挿入してシリンダーを開ける道具です。

サムターン回し
扉に穴を開け、室内側にあるサムターン(つまみの金具)を回して不正解錠をする道具です。

 指定侵入工具

マイナスドライバー
長さ15センチメートル以上で、先端の幅が0.5センチメートル以上のマイナスドライバーは指定侵入工具の対象となります。

バール
作用する部分のいずれかの幅が2センチメートル以上で、長さが24センチメートル以上のバール(くぎ抜きも含まれる)

ドリル
電動手動を問わず、直径1センチメートル以上の刃が付属するものに限ります。ドリルに刃を装着していなくても、本体と刃を携帯していれば罪に問われます。

      

所持が許されるのは誰?

ピッキング防止法で指定侵入工具とされている工具を持ち歩いていても、正当な理由があれば罪に問われることはありません。正当な理由というのは以下のような理由になります。

・近隣の家に施工をお願いされたので工具箱を持っていた
このように工具箱を持ち歩くのにしっかりとした理由があれば、工具箱の中に指定侵入工具とされるものがあっとしても罪には問われません。

・工具店から工具を買って持ち帰る
もちろん工具店から購入して自宅に持ち帰るという場合も正当な理由であると言えます。それが指定侵入工具であったとしてもちゃんと購入したという証拠があれば罪に問われることはないでしょう。

・仕事で使うため
先述したように大工などの工具を使う職業で、常に工具を持ち歩いている場合は罪には問われません。

上記のほかにも、逮捕されたという事例の場合は「隠し持っていた」とういうのが大きな決め手となることが多いです。指定侵入工具とされる工具を持ち歩く場合は隠さずに持ち歩くようにすることが大切です。

まとめ

ピッキング防止法はなかなか認知度の低い法律だといえます。指定侵入工具とされる工具を車のダッシュボードなどに入れっぱなしにしている場合は、法律に触れてしまう可能性があるため要注意です。持ち歩く理由がない場合は指定侵入工具とされるものは家にしまっておくようにしましょう。

もし家の鍵が突然開かなくなった場合は自分で無理やりこじ開けようとせず、鍵開けのプロに依頼をして鍵を開けてもらうようにしましょう。鍵開けのプロは即日で依頼を承ってくれるところもあるため、急に開かなくなった場合も安心です。

紛失時のカギ開け・交換・修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。


鍵トラブルを迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短5

※対応エリアや加盟店によって変わります

あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。

鍵開け・交換・修理 8,800円~
鍵開け・交換・修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

鍵開け・交換・修理の記事アクセスランキング

鍵開け・交換・修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧