イモビライザーキーってなに?特徴とよくあるトラブルについて

2021.4.30

イモビライザーキーってなに?特徴とよくあるトラブルについて

皆さんはイモビライザーキーというのをご存じでしょうか?イモビライザーキーとは、キーと車本体がIDコードでつながっており、そのIDコードが一致しないと車を動かすことができないシステムが導入されている鍵のことをいいます。とても便利な鍵ですが、紛失すると車が開けられないことや、キーが故障してしまうと使えなくなるなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性もあり、しっかりと管理しておくことが大切です。

今回のコラムでは、イモビライザーキーの特徴やメリットについて、詳しくご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

イモビライザーキーってそもそもなに?

イモビライザーキーという鍵は、自動車盗難防止システムが搭載されており、専用の鍵以外ではエンジンが始動しません。もちろん、登録してあるIDコードと鍵が一致しないと、扉の鍵の解除もできないので、非常に安全性が高く車両盗難などの被害を受けにくいとされています。

従来の車の鍵は、キーシリンダーの内部と鍵本体の「鍵山」と呼ばれるギザギザの部分が一致することで、開錠やエンジンの始動ができます。しかし、鍵穴があることによってピッキングの被害や、鍵を複製されてしまうなどのトラブルが増えていました。

イモビライザーキーのIDコードは、高度な暗号化技術によって作られているため、鍵を壊されてもエンジンの始動はできません。イモビライザーキーのIDを短時間に解読し、一致させることは難しいといわれているため、防犯性が高い鍵として使用している車が多くなっています。

イモビライザーキーってそもそもなに?

イモビライザーキーのメリットとデメリット

イモビライザーキーは、防犯性の高い鍵として使用している車が増えてきています。そんな人気のイモビライザーキーには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

・IDコードが一致しないとエンジンの始動ができないため、ドアをこじ開けられたり、窓ガラスを割られて侵入した場合でも、車を動かすことはできない。
・荷物で手がふさがっていても、ボタン1つで簡単に鍵の開錠ができる。
・ほかの鍵と比べると鍵の複製が難しいため、鍵を複製される心配がない。

【デメリット】

・鍵を紛失したときは、鍵と車体のIDコードを一致させることが必要なため、鍵の交換に時間がかかってしまう。
・精密機械なので水や衝撃に弱く、故障してしまう可能性がある。
・衝撃により鍵が割れてしまうことや、ヒビが入るなどの損傷が発生してしまう。

イモビライザーキーのメリットとデメリット

イモビライザーキーのトラブル対処方法

イモビライザーキーは防犯性の高い鍵として使用されていますが、精密機械のため水没や衝撃によって故障したり、破損することがありますので、取り扱いには十分注意しましょう。
とくに、雨の日にうっかり落としたり、海やプールなどのレジャー施設でポケットに入れたまま入ってしまうケースが多いです。ほかにも、イモビライザーキーには、以下のようなトラブルがあります。

インロックした場合

インロックとは、車の鍵を車内に置いたままにしてロックをかけてしまうことです。自宅や会社などでインロックした場合は、スペアキーがあれば問題なく開錠することができます。しかし、スペアキーがないときや、出張先や旅行先などの場合は、ロードサービスや鍵業者に依頼しなくてはなりません。鍵開けの依頼にかかる費用は、業者や鍵の種類によって異なりますので、1度確認してみるといいでしょう。

紛失した場合

イモビライザーキーに限らず鍵を紛失してしまったときは、まず落ち着いて身近なところから探します。自分の行動を振り返って、最後に車に乗ったのはいつだったのか、そのときに着ていた服のポケットやカバンのなかを探してみましょう。また、食事したお店や立ち寄った場所に置き忘れていないか確認も忘れずにしておきます。とくに、お店であれば店員さんに連絡して聞いてみると見つかるかもしれません。

それでも見つからない場合は、警察に遺失届を提出しましょう。鍵が見つかり次第、連絡してくれます。なお、鍵の紛失は誰かに拾われて悪用される可能性があるため、そのまま使い続けるのではなく、できるだけ新しい鍵に交換しておくことをおすすめします。

イモビライザーキーが動作しなくなった場合

イモビライザーキーが動作しなくなった場合は、業者に相談しましょう。動かなくなったり、動作の具合が悪くなったりしたときは、自分で修理するのは難しく、鍵を無理にこじ開けようとすると、車を破損させてしまうこともあります。

イモビライザーキーのトラブル対処方法

イモビライザーキーの作製にかかる費用と日数

イモビライザーキーのスペアキーを作製する方法は2つあり、車を購入した正規のディーラーに依頼する方法と、鍵屋に依頼する方法があります。作製費用と日数は、依頼する場所や車種によっても異なります。

正規のディーラーに依頼すると、さまざまな車種に対応可能なので、確実に作製してもらうことが可能です。しかし、数日から1週間ほどの作製期間を必要とするので、すぐに使用を考えている場合にはおすすめできません。作製費用は国産車と輸入車で異なりますが、国産車で約32,000円~、輸入車で約60,000円~の費用がかかるそうです。

一方で、鍵業者に依頼すると、作製期間は最短で当日に作製をしてくれるところもあるため、すぐに使用することができます。注意点としては、車種によって取り扱っていないことがあるので、事前に作製できるかどうか確かめましょう。鍵業者に依頼した場合の作製費用も、国産車と輸入車によって異なりますが、国産車の場合約10,000円~、輸入車の場合約12,000円~が一般的な相場です。

まとめ

イモビライザーキーは防犯性の高い鍵として使用されていますが、水没や衝撃に弱いため、鍵の管理には注意することが大切です。鍵の複製を依頼する場合は、事前に取り扱っているかどうか、確認しておくことをおすすめします。鍵業者によって、取り扱っていないところもあるので注意しましょう。

また、鍵を複製するときにかかる費用や日数は、車種や業者によって異なります。正規のディーラーに依頼することで、鍵の複製をすることができますが、早くても数日間の作製期間が必要となり、時間がかかってしまいます。すぐにスペアキーが欲しい場合は、鍵屋に依頼したほうがいいでしょう。万が一に備えて、イモビライザーキーの取り扱いのある鍵業者を確かめておくといいですね。

鍵交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「鍵交換」をご覧ください。

鍵トラブルを迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短5

※対応エリアや加盟店によって変わります

あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。

鍵開け・交換・修理 8,800円~
鍵開け・交換・修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

鍵開け・交換・修理の記事アクセスランキング

鍵開け・交換・修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧