鍵が途中までしか入らないときの対処法【応急処置~鍵交換費用まで】

2021.4.30

鍵が途中までしか入らないときの対処法【応急処置~鍵交換費用まで】

鍵が途中までしか入らないときは、鍵穴に異物が詰まっている可能性が高いです。

鍵穴は屋外にあるので、砂ぼこりなどが詰まりやすいです。他に、子どもなどのいたずらによる異物詰まりも考えられます。

まずは、当記事でご紹介する応急処置方法をお試しください。応急処置で解決できない場合は、異物以外のことが原因と考えられます。なかにはご自身では解決が難しい原因もあるので、対処が難しいと感じたら鍵業者に相談しましょう。

鍵が途中までしか入らないときの応急処置方法

鍵が途中までしか入らないときは、鍵の汚れや鍵穴の異物を取り除くことで、解決できる場合が多いです。「すぐに鍵を開けたいのにうまく入らない!」というときは、以下の対処法を試してみてください。

【方法1】タオルやハンカチで拭く

乾いたきれいなハンカチやタオルで、鍵(鍵穴に差し込むキー)を拭いてみましょう。鍵についた汚れが障害になって、動きを妨げている可能性があるからです。

【方法2】息を吹きかけて汚れを飛ばす

鍵穴にふーっと息を吹きかけて汚れを飛ばしましょう。砂ぼこりなどの軽い汚れなら、息を吹きかけるだけで簡単にきれいになります。

状況を悪化させるNG行為に注意!

「滑りをよくすればよいのでは?」と考えて、家にある食用油や自転車用の潤滑油を鍵穴に注入するのはNGです。鍵穴のなかでゴミが固まって取れなくなったり、内部がさびたりして、余計に状況が悪化してしまいます。

もっと丁寧にしっかりと異物を取り除きたい場合は、次章でご紹介する方法をお試しください。

道具を使って鍵穴の詰まりを解消する方法

この章では、道具を使ってよりしっかりと異物を取り除く方法をご紹介します。

掃除機を使う方法

掃除機で鍵穴の異物を吸い込んで取り除きましょう。先のノズルを取り外した掃除機の吸い込み口を鍵穴に密着させて吸い込むと、取り除きやすくなります。

ピンセットを使う方法

外からなかに詰まっている異物が見えている場合や、少し引っ張ればゴミが出てきそうという場合は、ピンセットを使うのもひとつの手です。ただし、無理やり取り除こうとすると、異物を奥に押し込んでしまったり鍵穴の内部を傷つけたりするおそれがあるので、ゆっくりと慎重におこなうようにしましょう。

鍵穴の詰まりを解消する方法

何も詰まっていないのに鍵がうまく入らないときは?

「見た感じ何も詰まっていない」という場合は、鍵の滑りをよくすることで解決できる場合があります。鍵専用スプレーや鉛筆の黒鉛を使うのがおすすめです。

鍵用スプレーを使う

鍵用スプレーはサラサラしたシリコン油で作られており、速乾性もあるので、内部でゴミが固まるといったトラブルの心配がありません

各鍵メーカーが専用の鍵用スプレーを販売しているので、商品選びに迷ったら、ご使用中の鍵メーカーが販売しているものを選ぶのが安心です。鍵用スプレーはホームセンターやオンラインショップなどで購入することができます。

鉛筆の黒鉛を使う

鍵用スプレーがお手元にない場合は、鉛筆の黒鉛で代用することもできます。鍵の切り込み部分を2~3回鉛筆でなぞるだけでOKです。このとき、鍵に黒い色がしっかりつかなくても大丈夫です。

鍵がささりにくいときの対処方法

鍵が途中までしか入らない原因は異物以外にも!

前章までご紹介した方法を試しても解決できない場合は、異物以外のことが原因と考えられます。どのような原因があるのか見ていきましょう。

鍵穴に合わない鍵を使っている

同じメーカーの鍵であっても、鍵穴によって微妙に鍵の形が違います。とくに、複数の鍵を持っている場合は、鍵を間違えていないか確認してみましょう。

鍵が変形している

鍵は、使用しているうちに擦れたり欠けたりすることがあります。保管環境が悪く、鍵が曲がってしまったというケースもあります。変形した鍵は自分で直すことができないので、鍵業者に相談しましょう

合鍵を使っている

普段は合鍵(スペアキー)を使用しているという方も多いと思いますが、合鍵は、使用を続けていればメーカー純正のマスターキーよりも早く劣化が進んでしまいます。先にご紹介した「鍵の変形」でも触れましたが、変形した鍵は自分で直すことができないので、鍵業者に相談するようにしてください。

鍵が劣化してきたら交換しよう

日本ロック工業会(JLMA)の「錠の耐用年数についてのガイドライン(平成24年7月)」では、一般錠の耐用年数を【10年】としています。一般錠は、電子システムを搭載していない鍵のことです。

使用し始めてから10年以上経過している鍵は、劣化によって壊れても不思議はないということです。不調を感じる場合は完全に壊れてしまう前に、新しい鍵への交換を検討しましょう。

業者の鍵交換の費用相場

弊社がランダムに選んだ鍵業者4社の「鍵交換」の平均価格を算出したところ、8,745円(2021年1月現在)という結果が出ました。価格は交換する鍵の種類によって変動するので、まずは見積りをとるのがおすすめです。

見積りは3~4社からとるのがコツです。複数社から見積りをとることで、業者ごとの交換費用の差や、交換作業の内容などを比較することができます。しっかりと業者を吟味して、信頼できるところに依頼したいですね。

弊社は全国の鍵業者と提携しておりますので、一度に複数の業者をご紹介することが可能です。「まずはいろいろな業者を見てみたい」という方は、ぜひご相談ください。

※掲載価格は消費税を含みません

鍵のトラブルはプロに見てもらうのがおすすめ

鍵のトラブルを解決するには、専門知識を要することがあります。「自分でやったほうが安いから」と間違った方法で対処すると、余計に事態が悪化してしまい、倍以上の修理費用がかかってしまうこともあるのです。

早く確実に鍵トラブルを解決するなら、業者に依頼することをおすすめします。業者のなかには、早朝夜間も対応してくれるところや、出張サービスをおこなっているところもあるので、まずは相談してみてください。

鍵業者をご紹介している弊社では、年中無休でご相談を受け付けております。鍵に関するお困りごとは、お気軽に弊社までお問い合わせください。

まとめ

鍵が途中までしか入らないときの対処法をまとめると、以下のとおりです。

  • 鍵穴が詰まっている場合は、掃除機やピンセットを使う
  • 詰まっていないようなら、鍵専用スプレーや鉛筆の黒鉛を使う
  • 自分で対処できないときは、無理せず業者に相談する

何よりも大切なのは、「自分で対処できないと思ったら迷わず業者に相談する」ことです。修理費用が高くついて後悔する前に、プロの力を借りましょう。鍵の修理・交換に関するご相談は弊社までお問い合わせください。お客様のご希望に沿った業者をご紹介いたします。

鍵トラブルを迅速に解決!

到着までにかかる時間 最短5

※対応エリアや加盟店によって変わります

あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。

鍵開け・交換・修理 8,800円~
鍵開け・交換・修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

鍵開け・交換・修理の記事アクセスランキング

鍵開け・交換・修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧