費用を抑えたい方必見!駐車場をDIYして安く設置しましょう!

2021.4.30

費用を抑えたい方必見!駐車場をDIYして安く設置しましょう!

庭を駐車場にしたいけど費用も高くついてしまうのではないか。庭を駐車場にしたいと思われる多くの人がそんな気持ちを抱いていることでしょう。

しかし、庭を駐車場にするとき、どんな駐車場にしたいかをあらかじめ決めておくと、費用も算出しやすく、思い描いていた費用よりも安く済ませられる場合があります。
このコラムではそんな庭を駐車場にしたい場合の費用や、どんな駐車場があるのかなどをご紹介していきます。

駐車場の舗装は3種類あります

駐車場の舗装に使う材料は、砂利、コンクリート、アスファルトの3つがあります。この3つの素材はそれぞれ特徴があり、費用はもちろん、駐車場の使い勝手や、施工の難易度などに違いが出ます。

DIYしたいなら【砂利】がおすすめです

元からDIYで庭を駐車場にする計画を立てているのならば、砂利がおすすめです。砂利は小石から砕石を再利用したものなど、種類が豊富で家の雰囲気に合わせて材料を選べます。
また、砂利は踏むたびに音が聞こえてくるので、これが防犯にも役立つのです。しかし、その音がうるさい、足場が不安定、お手入れに手間がかかってしまうなどのデメリットがあります。

砂利舗装の費用は?
砂利の舗装に対応している業者によって違いがありますので、一概には言えませんが、だいたい、予算として4万円から考えておくといいでしょう。

きれいな仕上がりを求めるなら【コンクリート】!

コンクリートは一般住宅の駐車場にもよく使われている素材です。デザイン性に優れ、表面が平で固いので、駐車場としての機能もあり、汚れてしまっても水で洗い流せるのがメリットです。
しかし、施工費がほかの施工より高くついてしまったり、施工後はコンクリートが乾ききるまでは駐車ができないのがデメリットとなります。

コンクリート舗装の費用は?
広さにもよりますが、大体20万円前後が相場といわれています。ほかの素材よりは高額ですが、駐車場としての使い勝手のよさを考えるとコンクリートは良い素材といえます。

【アスファルト】も捨てがたい……

アスファルトは土の地面でもキレイに施工ができ、また、お手入れも楽です。アスファルト独特のざらざらとした地面が好きな人はこの素材を使った駐車場も視野にいれてみましょう。
しかし、古くなると表面がはがれやすいなど、劣化してしまいやすい点は注意が必要です。

アスファルト舗装の費用は?
施工する規模にもよりますが、オプションなしで約14万円~が相場だそうです。なお、施工したい庭の広さが広いとその分施工費用は掛かってしまいます。

安く済ませたいなら砂利がおすすめ

業者に頼んで施工してもらうこともできて、DIYの難易度も低く自分でも気軽に施工できる砂利は、砂利の地面が好きな人におすすめです。
また、砂利の地面は費用も安く抑えられ、多くのメリットを得ることができます。

DIYしやすい


このコラムを通してご紹介してきた通り、砂利の駐車場はDIYしやすくなります。
コンクリートやアスファルトの舗装は専用の機材が必要になってきますし、技術も必要でなので、DIYすることは難しいです。しかし砂利の舗装であれば、DIYすることもできるので、駐車場をDIYして安く舗装することができます。


防犯効果


砂利は音がうるさいということをご紹介しましたが、この音がうるさいというのはメリットにもなります。もし、誰かが駐車場内に侵入した場合、音がするので気が付きやすくなります。とくに家の入口が駐車場の場合は防犯効果が高くなります。


撤去しやすい


コンクリートやアスファルトを撤去するには人員が入用だったり、機械を使わなければならなかったり、撤去するのにも高い費用がかかったりします。
ですが、砂利であれば自分で撤去することもできます。「お金が貯まったら駐車場をコンクリートに……」と考えるのであればアスファルトより砂利のほうがいいでしょう。


駐車場をおしゃれに


砂利にはいろいろな色や種類があります。うまく使い分けることによって、駐車場をおしゃれにすることができ、コンクリート舗装する際に、車の車輪が乗る部分だけをコンクリートにすると費用を抑えることができます。その際、その他の場所を砂利で舗装することで駐車場を安くおしゃれにできます。

駐車場のついでに!設置したものがいいものとは

駐車場は地面だけ施工してもいいですが、せっかくなので、より駐車場を使いやすくするためにこんなものも設置してみましょう。より、駐車場が使いやすくなり、自分の理想の駐車場にも近づくことでしょう。

・カーポート
カーポートとは車庫とは違い、屋根と柱だけで構成された簡易車庫のようなものです。雨を凌ぐという最低限の機能を持ち合わせていますので、施工も車庫と比べると簡単で、本体も安く手に入ることもあります。
費用は大きさにもよりますが、大体20万円ほどで設置できるでしょう。

・ガレージ
相場は約100万円ほどの屋外車庫です。屋根もあり、壁があり、シャッターがありますので、ガレージの中に車を閉まっているうちは雨や風、ほこりなどに、車が晒されることはありません。
また、シャッターは外との視界を遮断、オープンスタイルの駐車場と比べ、うかつに出入りできないようになっていますので、駐車場の防犯性能を高めれます。

・オープンゲート
オープンゲートとは駐車場用の門で、ゲートを上に引き上げて開けるので、駐車場を使いたいときは開放的に使えると同時に、ゲートの収納スペースを多めにとる必要もありません。
防犯性能もそれなりにあり、約13万円~設置できるそうなので、駐車場の防犯面に不安がある人は一度、施工計画に組み入れてみてはいかがでしょうか。

・シャッター
駐車場のスペースが十分にとれる家で、防犯面をより強化したい方はシャッターを設置してみてはいかがでしょう。シャッターは全面外の視線を遮断できるものや、通風・採光を考慮したグリルタイプのものなど、機能やデザインが豊富です。

・チェーンボール
チェーンボールは数本のポールを駐車場の入り口に建てて、チェーンを渡して使います。開放感を保ちつつ、ある程度の防犯効果を期待できますし、シャッターやオープンゲートなどと比べると安価で購入できます。

安く手に入る砂利の種類

施工費が高い?デザインでそれなりにコストを抑える

庭を駐車場にしたいときにかかる費用についてご紹介してきましたが、施工費を軽く算出してみると、自分が思っていた値段よりも割高になってしまった。そんなとき、値段のせいか、なかなか施工まで足を踏み出せませんよね。

しかし、費用を抑えてしまうとなかなか自分好みの駐車場もできないかもしれない。そんな不安を解消するために、複数の素材を組み合わせた駐車場のデザインをご紹介していきます。

デザイン1:コンクリートと砂利を使う

庭を駐車場にするとき、コンクリートを一面に敷いてしまうとそれなりの費用が掛かってしまいます。ですので、タイヤを乗る部分はコンクリートで。それ以外のところは砂利を敷いてみてはいかがでしょうか。
費用を抑えられますし、コンクリート一面の地面より、程よく砂利がまかれている駐車場の方が見た目的にも彩りがあります。両方の素材を生かした駐車場が出来上がることでしょう。

施工費が高い?デザインでそれなりにコストを抑える

デザイン2:外から見えない場所は機能性重視

駐車場の防犯性を高めるブロック。ブロックは外からの視線を遮るだけでなく、知らない人が容易に家の敷地内に入らないようにする役割も担っています。つまり、家の前を通る不特定多数の人は家の正面に面しているブロックを最初に目にするのです。
ですので、その目にする部分を化粧ブロックにして、隣に面している塀はコストが低いブロックにするなど、費用を抑えつつ見た目もオシャレな駐車場を作ってみてください。

施工費が高い?デザインでそれなりにコストを抑える

こんなデザインもあります!費用を気にしないならこれもおすすめ

庭を駐車場にしたいとき、費用が安く抑えて、いいデザインの駐車場にできるならばそれに越したことはありません。しかし、設定費用を抑えすぎると駐車場のデザインも一定に絞られて面白みがありません。
最後になりますが、予算を気にしない方向けに、おしゃれな駐車場のデザインを一部ご紹介していきます。

芝生とコンクリート


芝生とコンクリートの組み合わせとして、市松模様のように四角模様を組み合わせたスタイリッシュなデザインなどです。これならば車を止めていても、出かけているときでもきれいでおしゃれな駐車場をに見せることができます。


タイル


コンクリートだとシンプルになりがちな駐車場でも、タイルを利用すればモダンで温かみのあるデザインに仕上げることができます。
費用は割高になってしまうものの、おしゃれでデザインの多様性、そしてメンテナンスもしやすいことから、タイルで駐車場を作ってしまう人も多いようです。


モザイク模様


モザイク模様はタイルやコンクリート使われています。コンクリートやタイルはメンテナンスがしやすく、家の駐車場をよりおしゃれに見せることも可能です。

予算を気にしなければデザインはもちろん、機能性とデザイン性が両立した駐車場を作りやすくなります。車を生きている間ずっと使うのであれば、家の駐車場は重要な場所です。

庭を駐車場に施工する費用はとても安いものではありませんし、費用設定を低くしすぎてしまうとなかなか自分が思ったような駐車場にならない場合があります。
家族や業者と綿密に話し合い、自分たちが満足できるような駐車場を作ってみてくださいね。

まとめ

駐車場の舗装は3種類ありますが、安く済ませたいのであれば砂利を使うことをおすすめします。砂利は材料費も安く、自分で施工することもできるうえ、防犯効果にも期待できます。
しかし、砂利の欠点といえば、駐車場の範囲が広いとDIYする手間が増えることや足場がコンクリートなどと比べると不安定です。もし、砂利以外がいいと思われる人は他の駐車場の施工を視野に入れましょう。

また、施工や材料集めの時間が作れない方は素人よりもきれいに施工してくれて、時間も節約できる業者へ一度、施工の相談をしてみてはいかがでしょうか。
業者であればプロ視点からあなたのお庭に合った駐車場を作ってくれるかもしれません。

砂利敷きを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「砂利敷き」をご覧ください。

この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

実は奥深い砂利敷き

現地調査、見積もりは無料です

※対応エリアや加盟店によって変わります

一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。

砂利敷き 平米 1,600円~
砂利敷きのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

砂利敷きの記事アクセスランキング

砂利敷きの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理