駐車場に使うコンクリートの費用とアスファルトの費用を徹底比較!

2021.4.30

駐車場に使うコンクリートの費用とアスファルトの費用を徹底比較!

アスファルトやコンクリートは、地面の強度を高めたりするために必要な舗装材です。一般家庭では、駐車場や庭などに使う機会があるでしょう。
とくに駐車場が土の地面のままだと、足場が悪く、車や服が泥で汚れやすくなります。庭の場合は雑草が生えてきたりしますので、それを防止する目的でアスファルトやコンクリートを施工する日がくるかもしれません。
そんなとき、アスファルトかコンクリートか、どちらの舗装材が駐車場や庭に最適なのでしょうか。

アスファルトとコンクリートの違い

まずはアスファルトとコンクリートの違いからみていきましょう。見た目からしておおきな違いがあるアスファルトとコンクリート。その見た目通り、材料や作り方に大きな違いがあるのです。

アスファルトとは

アスファルトは原油に含まれる炭化水素のなかでも重質なもののことをいいます。アスファルトには大きくわけて2種類のものがあり、原油を蒸留して作られる石油アスファルトと、天然で産出される天然アスファルトが存在します。
常温のときは固形、または、粘着質な液体ですが、熱を加えることによって溶かすことが可能になります。

日本では天然アスファルトは採れないため、ほとんどが石油アスファルトです。舗装材としてのアスファルトは、防水剤や道路の舗装材としてなど、多くの場面で取り扱われています。

舗装材としてのアスファルトが得意としていること

より、コンクリートとの違いを把握しやすくするために、アスファルトが得意としていることをみていきましょう。

〇乾くのが早い
アスファルトは施工してから、乾くのにそんなに時間がかからないため、施工後はすぐにその場所を使えるようになります。

〇コンクリートより安い
アスファルトはコンクリートと比べると単価が安いため、初期費用が安く済むのも魅力です。

〇静音性がある
アスファルトはコンクリートよりも柔らかいため、走行時や歩行時に音が出にくく、静音性を維持できます。音に敏感な人にもおすすめできるでしょう。

〇排水性が良好
地面の排水性がよくなければ、水が溜まってしまったり、ぬかるんだままの地面をしばらく歩かなければいけません。その点、アスファルトは排水性もよく、へこみなどがなければ水溜まりができることもありません。
最近では、排水性、透水性をよくする舗装方法もあります。

苦手なこと

アスファルトは舗装材として多くの場面で活躍する反面、苦手としていることもあります。こちらの面も考慮して舗装材を決めていきましょう。

〇熱をため込みやすい
アスファルトは熱を集めやすく、ため込みやすい素材となります。とくに夏の時期になると60度を超える高温になってしまうので注意しましょう。

〇高温になると柔らかくなる
アスファルトは熱を加えることで溶ける材質なため、高温を維持し続けると柔らかくなってしまうことがあります。それによりひずみができたまま固まってしまったりすると、水溜まりができたり、足場が悪くなる原因となってしまうことがあるのです。

〇耐久性に不安が残り、寿命が短い
アスファルトはコンクリートと比べると素材が柔らかいため、すぐに穴があいたり、ひびが入ってしまったりと耐久性に少々不安が残ります。
コンクリートと比べると寿命も短い傾向にあるのがネックです。

〇轍(てつ)ができやすい
アスファルトは柔らかい素材なため、轍ができやすいのもデメリットです。とくに駐車場にアスファルトを使いたい人はこちらも考慮しましょう。

〇メンテナンス費用が高くつく
アスファルトは初期施工費用は安く済むものの、すぐにひび割れてしまったり、穴が開いたりするため、その修繕費などで費用がかさんでしまう傾向があります。

コンクリートとは

反対にコンクリートは、砂、砂利、水やセメントを凝固させた舗装材で、建築、土木工事など多方面で利用される材料です。
ちなみにセメントを水で溶いたものをセメントペースト。このセメントペーストに細骨材と砂を練ったものをモルタルといいます。
配合によって、固さを変えられるため、道路の舗装はもちろん、トンネルやダムなどでも使われます。

アスファルトは表面がざらざらとして、黒色に近い色をしていますが、コンクリートはなめらかな表面、グレー色しているのも特徴です。

舗装材としてのコンクリートが得意としていること

コンクリートの得意なことを把握して、今後庭や駐車場を舗装したいときの参考にしましょう。

〇耐久性が高い
固まったコンクリートはある程度の衝撃に耐えれる耐久性を持ちます。ちょっとの衝撃でひび割れたり、かけてしまったりする心配がないのも魅力のひとつです。

〇夏の暑さに強い
アスファルトは夏の暑い時期になる表面の温度が高温になりやすいですが、コンクリートは暑さに強いため、表面温度の上昇を抑えることができます。

〇維持費が安く済む
耐久性が強いコンクリートは、ちょっとしたことでは傷つかないため、維持費も安く済む傾向があります。維持費が安く済む点も、お財布に優しいのでいいですね。

〇防草シートの代わりにもなる
庭や駐車場の舗装材にすれば、防草シート代わりにもなり、舗装した範囲に雑草が生えてくることもありません。

苦手なこと

〇乾くまで時間がかかる
コンクリートはアスファルトのようにすぐに固まりません。施工するコンクリートの分厚さによりますが、固まるまで一ヶ月かかる場合があるのです。
家の駐車場のような小規模の施工であれば1.2週間目安に固まることが多いですが、それでも、施工する場所はコンクリートが固まるまでの期間は使えないことは留意しておきましょう。

〇急激な温度変化に弱い
コンクリートは、温度が高くなると膨張し、低下すると収縮する性質を持ちます。そのため、急激な温度変化が原因でコンクリートがひび割れてしまうことがあるのです。

〇初期費用が高い
維持費が安くすむコンクリートですが、初期時の施工にかかる費用が高くなってしまうのもデメリットとして挙げられます。しかし、舗装材としては優秀なので、性能を鑑みれば大きなデメリットとはなり得ないでしょう。

アスファルトとコンクリートはお互い得意としていることに違いがあります。どんな駐車場や庭に仕上げたいか。得意とすること、苦手とすることなど、十分に考慮して選びましょう。

舗装工事の手順

続いてアスファルト、コンクリートの舗装工事の手順についてご紹介します。これから業者に頼む予定、DIYする予定の人もぜひご覧くださいね。

コンクリート舗装の手順

1.土を掘削する
2.砕石を敷き詰める
3.砕石を転圧し、整地する
4.型枠を設置する
5.ワイヤーメッシュを設置する
6.コンクリート合材を流し込む
7.表面を仕上げる

アスファルト舗装の手順

1.土を掘削する
2.砕石を敷き詰める
3.砕石を転圧し、整地する
4.アスファルト合材を敷く
5.転圧し、表面を締め固める

土を掘削して砕石を敷き詰め、転圧して整地するという工程まではいずれも一致しています。しかし、土を掘削する深さは違います。
コンクリート舗装の場合、10cm程の厚さで施工を行うため、掘削は20cm程になります。アスファルト舗装の場合、5cm程の厚さで施工するため、掘削は10cm程になります。

駐車場の場合はこの上に必要に応じて白線ライン引きや車止めの設置、周囲のフェンスやブロックの設置なども行われます。駐車場の状態や施工内容によって地面の不要物を取り除く鋤取り、アスファルトを舗装しなおす場合には舗装撤去などの作業が加わることになります。

これらの作業が加わる場合は別途費用がかかることがほとんどですから、事前に駐車場の状態について無料で調査してもらい、どのような作業が必要なのかを明確にしておくのがよいでしょう。

アスファルト、コンクリート舗装の費用

アスファルトやコンクリートの舗装で気になることといえば費用の面。家計にとっては予定外の出費となるので、なんとか安く、お得に抑えたいところ。
そこで、アスファルトやコンクリートの舗装費用についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アスファルトの舗装費用

アスファルトの舗装費用は業者によって違いがあるため、一概にはいえませんが、最低でもこれくらいは見積もっておくといいでしょう。

平米/5,000円~

出張費や材料費など、その他オプション費用によって提示した金額より施工費用が高くつくことがあります。心配な人は依頼したい業者などに見積もりを請求してみるといいでしょう。

見積もりは業者によっては無料サービスでおこなってくれるところもあります。そういったサービスを利用してみるのも、安く、お得に舗装工事を済ませる手段です。

コンクリートの舗装費用

続いてコンクリートの舗装費用についてみていきましょう。

平米/10,000円~

前述したように、コンクリートはアスファルトより単価が高く、施工にも手間がかかってしまうため、高くなる傾向があります。また、オプションによっても費用に変動があるため、正確に費用を把握したい人はこちらも合わせて見積もりを請求してみましょう。

業者によっては現地見積もりを無料でおこなってもらえるところもあります。現地調査は電話見積もりより、正確に費用が算出できたり、より詳しいことが色々知れますのでおすすめですよ。

駐車場に使うコンクリートの費用とアスファルトの費用を徹底比較!

アスファルトの種類。コンクリートの配合

DIYするにしても、業者に頼むにしても、アスファルトにはさまざまな種類があります。また、コンクリートは配合によって固さに違いが出てきますので、自分が施工したい場所に合わせたものを使うようにしましょう。
この章ではアスファルトやコンクリートの種類、配合について解説していきます。

アスファルトの種類

アスファルトは種類や舗装方法によって得意としていること、苦手としていることに違いがあります。アスファルトの種類・舗装方法を把握してよりよい種類のアスファルトを施工しましょう。

改質アスファルト混合物

ゴムや熱可塑性エラストマーを石油アスファルトに混ぜたものです。耐流動性や耐摩擦性などを高めれます。多くの道路などで利用され、道路に使われる際はその道路の交通量などに応じた配合がされます。
ちなみに、改質アスファルト混合物でも種類があり、その種類に応じて得意としていることに違いがありますので、覚えておくといいでしょう。

改質Ⅰ型アスファルト混合物:滑り止め・耐摩擦性など
改質Ⅱ型アスファルト混合物:耐流動性・耐摩擦性など

排水性舗装

粒度が粗い特殊な舗装材を基層に使った舗装です。雨が降ったときなど、舗装内部へ浸透させてから、側溝などの排水施設に排水する仕組みとなっています。
こうすることで、アスファルトの内部に水がたまりにくくなり、路面温度も普通のものと比べ、低くなります。

透水性舗装

透水性舗装は、舗装内部に浸透させた雨水などを、地中内部にそのまま流し込むようにしたものです。透水性舗装をされたアスファルトは、蓄熱性も小さくなり、夏場の路面温度が低く済むのです。
ただし、地中に水を蓄積していくため、舗装の状態が保てなくなってしまうおそれがあります。公園や駐車場といった場所でよく使われています。

滑り止め舗装

庭や駐車場で用いられなことは多いですが、路面の滑りや抵抗を高めることで、車の走行時の安全を高める舗装方法となります。

ロードアスファルト

不連続粒度(粒を敷き詰めたときに間が少ないように調整された大きさの粒)を敷き詰める舗装方法です。
滑り抵抗やひび割れなどに優れていて、トンネルやバスレーンなどで使われます。

コンクリートの配合

コンクリートは配合によってその固さに違いがでます。また、施工したい範囲や厚さによっても若干配合が変わってくるため、施工場所や範囲、コンクリートの厚さに応じた配合にしましょう。

ちなみに土間コンクリートはセメント1:砂3(好みで変化する):砂利3の配合がいいとされています。また、コンクリートの配合を自分でする、ある程度配合のことを知っておきたいのであれば、以下のことも覚えておくといいでしょう。

呼び強度

コンクリートの配合のときに使われる呼び強度とは、流し込んだコンクリートが約1か月経過したときに予想される圧縮強度のことを指します。
ちなみに、圧縮強度は圧縮された物質に対し、材料が持ちこたえることができる最大応力のことをいいます。この圧縮強度を指標にコンクリートの固さを決めていきます。
単位はN(ニュートン)です。

スランプ

スランプは固まっていないコンクリートの固さのこといい、単位は㎝となります。
数字が大きければ大きいほど、柔らかく、扱いやすくなり、小さくなるほど固くなります。スランプは水やセメントの量で変化し、水が多ければコンクリートが柔らかくなり、スランプも大きくなるのです。

粗骨材の最大寸法

粗骨材の最大寸法はコンクリートにおける砕石の最大寸法のことをいいます。砕石の大きさが大きければ大きいほど、強度と耐久性が増すのです。
粗骨材の使用は主にコンクリートの壁などに用いられます。ただし鉄筋を使う工事だと粗骨材がうまく通過しないため、あまり用いられることはありません。

駐車場に使うコンクリートの費用とアスファルトの費用を徹底比較!

アスファルトやコンクリートは業者に頼むか。DIYするか

アスファルトやコンクリートのあれこれについてご紹介しましたが、業者に頼むか、自分でDIYするか迷ってしまうことでしょう。
DIYしたほうがいいのか、業者に頼んだ方がお得なのかについてみていきましょう。

DIYするならアスファルトがおすすめ

DIYで庭や駐車場を施工する場合はアスファルトをオススメします。
アスファルトは基本高温で溶かさなければ施工できませんが、DIY用のアスファルトであれば水を混ぜたり、かけたりすれば好きな形、厚さに施工できるものがあるのです。

ちなみに、アスファルトは業者に頼む場合、冷めたまま現場まで持ってくると使い物にならないため、高温の状態で工場から運ばれます。そこから高温の状態で施工場所に流さなければいけないため時間勝負となってくるのです。
もしアスファルトが冷めてしまった場合、再び温め直さなければいけません。温め直す場合、アスファルトを高温で溶かす機械が必要となるため、現場で温め直すということができなくなるのです。
こういった点を考慮しても、小規模のアスファルトの舗装であれば、業者に頼むよりも、DIYした方が手軽だといえるでしょう。

業者に頼むならコンクリートもおすすめです

逆にコンクリートは広範囲にわたって施工する場合、DIYでおこなおうとすれば、コンクリートを配合して練ったりする時間だけ何時間、何十時間という時間を費やしてしまいます。
とくに一人でDIYをおこなう場合、コンクリートの施工はおすすめしません。また、施工する厚さが5㎝以下だとコンクリートはすぐにひび割れを起こしてしまうでしょう。
初期費用が高いコンクリートですが、その分、維持費は安く済むので、一般家庭で庭や駐車場の地面を舗装したい場合はコンクリートがおすすめといえます。

駐車場の舗装はどちらがおすすめ?

駐車場をより使いやすくするためには、舗装が必要になってくるでしょう。アスファルトとコンクリート、両者どちらとも魅力的なメリットがたくさんあります。
その両者のメリット、デメリットを見比べて、よりいいと思った素材を施工するようにしましょう。

例えば、アスファルトは高温に弱く、コンクリートと比べると耐久性が弱いのがネックです。しかし、施工した後、素材が冷えればすぐに駐車場が使えるようになります。そのほかに、施工時間もそれほどかからず、排水性の面でもメリットが大きいです。

コンクリートは施工時間がかかってしまうほか、天候によって施工日数に変化がでてしまうことも。しかし、耐久性が高く、維持費もそんなにかからないのがコンクリートの魅力でしょう。
また、アスファルトと比べ暑い日に表面温度が高くならずに済むので、おすすめです。

庭の舗装なら……

では、逆に庭の舗装となるとどうなのでしょうか。
コンクリートの場合、どうしても施工費用が高くついてしまいますが、デザイン性が豊富なため、家や庭の雰囲気に合わせて施工が可能です。

対して、アスファルトはデザイン性が乏しいものの、しっかりと舗装材としての役割を果たしてくれます。また、DIY用のアスファルトも販売されているため、それを使えば自分でDIYできるのもポイントです。

まとめ

アスファルトとコンクリートはそれぞれが、舗装材として得意なこと、苦手なことに違いがあります。
例えば、アスファルトは高温に弱く、耐久性もそこそこですが、施工時間がかからなく、費用も安く済むのがポイントです。対してコンクリートは耐久性があり、維持費も安く済むのが魅力。しかし、施工費用が高く、施工時間もかかるため、急いで地面を舗装したい人には向きません。

どちらもメリットがあり、デメリットがあるため、しっかりと両者のメリット、デメリットを吟味して、自分の家の地面の舗装に向いている素材を選びましょう。
舗装に悩んだら、アスファルト、コンクリートを施工してくれる業者に一度相談してみるといいですね。

駐車場の舗装工事について相談したいなら、「生活110番」のアスファルト工事」を利用してみましょう。

この記事を書いた人
編集者:ことね
家で飼っているペットのブログを始めたのがきっかけで、ライターの道へ!もともとパソコン関連の趣味もあるため、ペット・パソコン関係の記事を担当することが多い。

どんな場所でも施工します

事前現地調査お見積り無料!

※対応エリアや加盟店によって変わります

1台分の駐車場から大型店舗の駐車場、アスファルトのひび割れの補修工事まで、幅広く工事を請け負っています。お見積り、現地調査は無料です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

すでにアスファルトで舗装されている場所の舗装も可能!

アスファルト工事 平米 5,500円~
アスファルト工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

アスファルト工事の記事アクセスランキング

アスファルト工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理