生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

天井からの雨漏りには応急処置が必須!あなたは放置していませんか?

投稿日:2018-02-20 更新日:2018-09-28

天井からの雨漏りには応急処置が必須!あなたは放置していませんか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

突然の天井からの雨漏りには応急処置が必要です。すぐさま自分で応急処置をする方、業者に連絡をする方、さまざまかと思いますが、放置をしている方はいらっしゃいませんか?

はじめから放置したり、応急処置後に放置をしたりなどたくさんのケースが考えられますが、いずれにしても雨漏りにおいて放置することは適切ではありません。

今回は、天井からの雨漏りした場合の応急処置や、放置する危険性を中心に紹介していきます。雨漏りで困ってしまう前にお読みください。

天井の雨漏りの応急処置に必要なもの

天井からの雨漏りの応急処置は、被害を拡大させないために必要なことです。自分で行うことができる反面、正しい方法で処置をしなくては意味がないものになってしまうため注意しなくてはいけません。適切な対処のために、まずは必要なものを確認しておきましょう。

・バケツ
・タオル

主に必要なものはこの2点です。家にあるもので簡単に用意ができそうですね。

天井からの雨漏りは室内を濡らしてしまい、さらなる被害を招くおそれがあります。垂れてくる水をバケツでキャッチすれば、床などを濡らすことを防ぎます。バケツにある程度の水が溜まってくると水がはねて周囲に飛び散ることがあるので、バケツの底にタオルを敷いておくと安心です。

天井からの雨漏りの原因が屋根にあり、その場所が特定できる場合は『コーキング材』を使って応急処置をすることもできます。コーキング材とは、隙間を埋めるためのペースト状の樹脂です。雨漏りの原因となっている隙間にコーキング材を埋めることで、効果が得られることもあります。ただし、屋根上での作業になるため危険を伴います。無理のない範囲で行うようにしましょう。
      天井の雨漏りの応急処置に必要なもの

どこへ行ったら入手可能?家にない場合は?

天井からの雨漏りの応急処置は、室内で行うのであればバケツやタオルを用意して行います。比較的簡単にできますが、屋根自体に応急処置を施す場合はコーキング材が必要になることもあります。コーキング材は家にないという方も多いと思いますが、どこへ行ったら入手できるのでしょうか?

近くにホームセンターがある場合は、そこで購入するのがいいでしょう。コーキング材と一口にいってもたくさんの種類があります。インターネットで購入することも可能ですが、どのコーキング材を選んだらいいかわからないというときは、店員さんなどに相談して購入すると安心できます。
       どこへ行ったら入手可能?家にない場合は?

天井の雨漏りはいつまで放置して大丈夫?

天井からの雨漏りの応急処置をして以来、放置してしまっているという方も意外と多いのではないでしょうか?大雨にならないと漏れてこない、応急処置をしたら症状が治まった気がするという方は、様子見をしているかもしれません。

しかし、この行為は危険かもしれません。雨漏りはなるべく早めに根本的な解決を図る必要があります。その理由は以下のようなものがあります。

 

・応急処置を施しても再発し、住宅にさらなる被害をもたらすことがある。
・雨漏りによるカビで健康被害をもたらすことがある。
・侵入した雨水によって漏電を引き起こし、最悪の場合火災に発展することもある。
・放置したことによって火災保険の適応が認められなくなるケースがある。

 
雨漏りの放置は、安心して過ごせるはずのご自宅でさまざまな被害をもたらすことになります。「少しの被害だから大丈夫」とは思わず、早め早めの対処を心掛けたいですね。

天井の雨漏りを修理するために必要なこと

天井の雨漏りを応急処置、修理しなくてはいけないときは、「まずは自分でやってみよう」と思われる方も少なくないでしょう。簡単にできる応急処置もありますが、なかには危険を伴う作業もあります。

不安に感じる場合は手を出さない、一人では作業しないという前提のもと対処をすることが大切です。しかし、作業が安全に完了したからといって完全解決にはならないことが多いのが、雨漏り被害の厄介なところです。 

困ったときは業者に連絡を

自分でやってみて効果が得られなかったというときは、その手間や材料にかかった購入費がとてもむなしいものに感じるかもしれません。

安心で確実、かつ迅速な対処を望むなら、やはり雨漏り修理業者の力が欠かせません。困ったときは相談してみることをおすすめします。相談や見積もりは無料で行っている業者もあるので、上手く活用していきましょう。
      天井の雨漏りを修理するために必要なこと

まとめ

天井からの雨漏りには応急処置が大切で、応急処置には自分で簡単にできるものと、屋根の上で行うような危険を伴うものがあることがわかりました。

自分でできることは、あくまで解決するのではなく応急処置の範囲内になるので、無理のない程度の作業にとどめておくと安心です。応急処置が終わると解決したかのように感じることもありますが、そのまま放置しておくことはおすすめできません。さらなる被害を防ぐためにも、一度業者に見てもらうといいでしょう。その際はぜひ当サイトをご利用ください。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:41:25
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/40085/
家の修理
突然の天井からの雨漏りには応急処置が必要です。すぐさま自分で応急処置をする方、業者に連絡をする方、さまざまかと思いますが、放置をしている方はいらっしゃいませんか?はじめから放置したり、応急処置後に放置をしたりなどたくさんのケースが考えられますが、いずれにしても雨漏りにおいて放置することは適切ではありません。今回は、天井からの雨漏りした場合の応急処置や、放置する危険性を中心に紹介していきます。雨漏り...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!