生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

地デジのアンテナの方向はどこが正解?正しい向きで快適な環境作り!

2018-08-08

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

地デジの電波は、日本全土に余すことなく送られていますが、山や建物などの地形の問題や、地デジアンテナの方向や種類の問題などによってうまく受信できない場合があります。テレビの映りが悪く、地デジアンテナに問題があるということは分かっても、どう直したらいいのかお困りではありませんか?

この記事ではアンテナの種類や電波についてご紹介し、どうすれば快適に地デジを楽しめるのかまとめたいと思います。

おすすめアンテナ工事サービス

地デジを受信するアンテナにはどんな種類があるの?

地デジの電波を受信するアンテナには「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」の2種類があります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

【八木式アンテナ】

住宅の屋根の上でよく見かける、魚の骨のような形をしたアンテナです。最も普及しているタイプのアンテナで、高い位置にあるため電波をしっかりキャッチすることができます。

しかし、その形状や設置場所から、台風や雪などで地デジアンテナの方向がずれ、テレビが映らなくなっている可能性があります。

【デザインアンテナ】

デザインアンテナには、屋外用と屋内用の2種類が存在しています。

屋外用

近年ポピュラーになってきた平面アンテナともよばれる新しいタイプで、名前の通り平面状の地デジアンテナです。壁に設置することができる為、八木式アンテナのように目立たず、色を選べば外壁に溶け込ませることもできるおしゃれさが人気のタイプです。

しかし、八木式と比べると設置場所が低い為、電波強度が足りない場合もあります。その場合、ブースターという電波を増幅させる機械を別途で設置することで、問題が解消するようです。

屋内用

こちらもデザインアンテナですが、なんと室内に設置できるタイプです。屋外に地デジアンテナを設置する場合に比べて、より楽に安く設置できます。また、天候の影響も受けず、電波が悪くても室内で対処が可能なのも魅力的です。

一方、室内に設置する以上、電波が弱くて映らない、またはさっきまで映っていても映らなくなるといった問題も起こりやすくなります。

      地デジを受信するアンテナにはどんな種類があるの?

地デジのアンテナの方向は発信所の場所で決まる

地デジのアンテナの方向は、どこに発信所があるかによって決まります。この地デジの電波の発信所は全国各地にあり、規模もさまざまです。

発信所は山などにあることが多いので、地デジアンテナをその方向に向けると受信できます。また、近隣の建物の屋根についている地デジアンテナの方向を確認するのも一つの手です。

また、もし山も家も近くになければ、インターネットやスマホアプリを使って電波の方向をチェックすることができます。

アンテナに届く電波が弱い場合はどうする?

地デジアンテナの方向や種類によって電波強度が決まることが分かりました。では実際に、電波が弱く地デジが映らない場合の具体的な対処法についてみていきましょう。

【地デジアンテナの方向を調整する】

八木式アンテナの場合、発信所や中継所を向くように、地デジアンテナの方向を調整します。一見普段と変わりなく見えても、実は風や雪の影響で微妙に方向がずれている可能性があります。少し方向が狂っただけでも電波が受信できなくなる場合もあるので、シビアに角度を調整する必要があります。

【地デジブースターを使う】

デザインアンテナは設置場所の関係上、電波強度が弱いことが考えられます。また、比較的しっかりと電波をキャッチできるはずの八木式アンテナの場合も、発信所との間に高層ビルや大きな建物が建った場合、電波を阻まれてうまく受信できなくなってしまうことがあります。

そんな時に活躍するのがブースターです。ブースターは弱い電波を増幅して、地デジアンテナがしっかりとキャッチして快適に地デジを視聴できるようにしてくれます。

また、複数台のテレビを使う場合は分配器というもので電波を分けるのですが、電波を分けると電波強度が弱くなってしまいます。この場合も、ブースターで電波を増幅することで補うことができるのです。

      アンテナに届く電波が弱い場合はどうする?

アンテナの微調整は業者に依頼しよう

八木式地デジアンテナの方向を調整する場合、非常に小さな角度でも重要です。アプリなどで適切な方向をチェックすることもできますが、屋外にある地デジアンテナの方向を少し調整して、屋内のテレビの映りを確認して、また屋外のアンテナを少しずらして・・・と考えると、非常に根気のいる作業です。

また、これまではちゃんと地デジが見ることができていたのに、天候でアンテナがずれてしまったという場合は、そもそもアンテナ自身が破損しているおそれもあります。

ほかにも、ブースターを設置する場合、住宅の状況や立地による電波状況などによって種類が変わるそうです。八木式アンテナ・ブースターのどちらにしても、きちんと業者に状況を確認してもらって、安心して快適にテレビを視聴するのがよいでしょう。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

地デジの映りが悪い場合、地デジアンテナの方向によって電波をうまく受信できていない場合があります。電波の発信所や中継所の方向を確認し、きちんと電波を受信できるように調整しなければなりません。

また、電波を受信できる角度に調整するには、非常に細かい調整をする必要があります。地デジアンテナの方向の調整の他にも、ブースターを活用するなどして電波状況を改善することができます。

業者に地デジアンテナの方向や状態を確認してもらい、確実に地デジが視聴できるようにしましょう。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

弊社調べの最安値 15,000円~

弊社調べの最安値 15,000円~

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-08 15:28:38
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/106588/
各種電気工事

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

おすすめ記事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986