生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

投稿日:2019-10-07 更新日:2019-10-07

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

洗面台は、洗顔や歯磨き、ヘアセットなど、身なりを整える際に毎日使用しています。そのような場所が水漏れで使えなくなってしまったら困りますよね。

水漏れはさまざまな場所で起こる危険性のあるトラブルです。本記事では、そのなかでも洗面台のホースから水漏れした場合の確認ポイントや修理方法、修理にかかる費用などをご紹介します。

さらに、ホース以外にも水漏れが起こっている部分がないか、チェックしておきたいみっつの箇所についても解説しますので、ホースとあわせて状態を確認し、必要であればまとめて修理や交換をおこないましょう。

ホースから水漏れしているかも?と思ったらここをチェック!

洗面台のホースから水漏れしているときは、水漏れの場所を確認して、どのような修理が必要なのかを理解しなくてはなりません。まずはホースのどこから水が漏れているのか、みっつのポイントを調べてみましょう。

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

①ホースとヘッド部分のつなぎ目部分

まず確認しておきたいのが、ホースとヘッドのつなぎ目です。水を止めているにも関わらずつなぎ目から水が流れている場合は、つなぎ目の部品が破損しているかもしれません。すぐに破損している部品を新しいものに交換しましょう。

②ホースの表面

つなぎ目に異常がないときは、ホースの表面に傷や亀裂などがないか確認しましょう。普段ホースは収納されているので、異常が発見しにくいですが、洗面台のホースは長期間交換しないまま使い続けていると、劣化して亀裂が入ることがあります。

亀裂部分を元に戻すことはできないので、ホースに亀裂が入っていたら、すぐに新しいものに交換しましょう。

③洗面台の下の水受け部分

洗面台のホースは、ホース部分が水に濡れている状態でも使用後すぐに収納されるため、もともと多少水が漏れるものなのです。しかし、そのままではホースを収納している洗面台の下がベタベタになってしまうので、ホースを収納する水受けというものがあります。

ホースに残った少量の水を受けるだけなので、通常は水受けのなかが乾いた状態になっていなくてはなりません。もし水受けのなかに水が溜まっていたら、ホースから水漏れしているおそれがあるので、すぐに新しいホースに交換しましょう。

洗面台のホース水漏れはどうやって修理する?

水漏れしている部分がわかったら、修理をしたいところですが、洗面台のホースの水漏れ修理をしたことがある方はあまりいないでしょう。どのような方法で修理をおこなえばよいのか、応急処置から交換方法まで、詳しく解説します。

応急処置はテープで

ホースの亀裂や破損が原因で水漏れが起こっている場合は、破損している部分を自己融着テープで巻いて応急処置をしましょう。

自己融着テープとは、粘着剤未使用のテープで、伸ばしながらホースに巻きつけることで、テープの表面と裏面が融着して固定されるというものです。防水性が高いので、洗面台のホースから水漏れしている場合の応急処置に適しています。

できればホース交換して水漏れ防止を!

上記の方法はあくまでも応急処置で、そのまま使い続けることはできません。破損しているものを元に戻すことはできないので、ホースを交換する必要があります。

また、交換を先延ばしにして水漏れを放置していると、症状が悪化して別の場所まで破損し、ホースの交換では済まない状態になるおそれがあります。ホースの水漏れを発見したら、早めに交換をおこないましょう。

ホースの交換は特殊な部品を使用していることもあり、少し難しい作業です。基本的にはプロの業者に依頼して交換してもらうことをおすすめします。

洗面台の収納式ホースを交換する方法

難しい作業ではありますが、ホースの交換を自分でやってみようという方のために、ここではホースの交換に必要な道具と交換方法をご紹介します。以下を参考に挑戦してみてください。

【準備する道具】

道具がなければ、作業は始められません。まずは必要なみっつの道具をそろえましょう。

・マイナスドライバー(止水栓の開閉に使用します)
・モンキーレンチ(ホースと水栓の接続部分をゆるめたり締めたりするのに使用します)
・新しいホース

新しいホースは、メーカーや型番を確認してから用意しましょう。メーカーや型番はおもに、洗面台から出ているホースを収納している部分か、水を出したり止めたりするハンドル部分に貼られたシールに印字されています。シールの印字をよく見て、同じものを購入しましょう。

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

【交換方法】

道具がそろったら、正しい手順で作業をおこないホースを交換します。

1.止水栓を閉める
作業中にホースに水が流れることがないように、止水栓を閉めましょう。止水栓は洗面台の下にあります。マイナスドライバーをつかって時計回りに止水栓を回しましょう。

ハンドルがついていて手で開閉できるタイプもあるので、その場合は手で時計回りにハンドルを回して止水栓を閉めましょう。

2.水受けを外す
水受けは、ネジなどを使わずに取りつけられていることが多いので、手前に引くと外れます。

ホースから水漏れしている場合は、水受けに水が溜まっていることが多いです。水抜き用のホースがついているものは取り外す前に、水受けのみの場合は取り外したあとに、なかの水を抜いて水受けを乾かしましょう。

3.シャワーホースを取り外す
先に水栓本体との接続部分を外しましょう。ワンタッチジョイントがついている場合は、接続部分の先端に樹脂製のパーツがついているので、その部分をホース側に軽く下げると取り外せます。

ワンタッチジョイントがない場合は、モンキーレンチで接続部分の上下両方をゆるめて取り外しましょう。

ホースを取り外す際は、ホースのなかに溜まっている水が流れ出るおそれがあります。バケツや洗面器など、水を受けられるものを用意しておきましょう。

接続部分が外れたら、シャワーヘッド側を引っ張って、水栓本体からシャワーホースを抜き出します。勢いよく引っ張ると、水滴が飛び散ったりホースが引っかかったりするおそれがあるので、ゆっくり引き抜きましょう。

4.ホースを交換する
交換が必要なのはホースなので、ホースとシャワーヘッドを外します。ヘッドを回せば簡単に取り外せるので、古いホースを外して新しいホースにヘッドをつけ替えましょう。

5.元に戻して水漏れチェックをする
ホースの交換が完了したら、取り外したときとは逆の順番で元に戻します。接続部分にゆるみがあると、あとから水漏れが再発する原因になるので、しっかりとゆるみなく固定できるように取りつけましょう。

接続し直したら、最後に水漏れがないかの確認をします。止水栓を開いてから水を出し、洗面台の下のホース部分から水が漏れていないことが確認できたら完了です。

交換用ホースが手に入らないことも…

洗面台のホースは、洗面台のデザインが特殊な場合や部品の廃盤などにより、新しく同じものが用意できない可能性があります。そのときは、メーカーに問い合わせて新しいホースが取り寄せできるかどうか確認してみましょう。

収納式ホースの交換を依頼したらどのくらいの料金になる?

洗面台のホースからの水漏れは、ホースを交換して解決するのが最適です。その場合は、ホース交換後に、ホースが外れて水漏れが再発することのないように、プロの業者に依頼しましょう。

ここでは、業者にホースの交換を依頼した場合の費用を、3パターンご紹介します。ご自宅のホースの状態を見て、修理費用の予算をたてる参考にしてください。

①ホース交換だけで解決する場合

ホースの交換だけで水漏れが解消できる場合は、3,000円程度で作業可能です。必要な部品がホースだけなので、比較的安く交換がおこなえるでしょう。

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

②本体の交換が必要な場合

シャワーヘッドやホースなどの一部ではなく、ハンドルなども含めた水栓本体の交換が必要な場合は、8,000~15,000円ほどです。水栓の種類によって費用が変わるので、やや相場に幅があります。

③洗面台ごとの交換が必要な場合

洗面台をまるごと交換しなければならない場合は、35,000円ほどかかります。必要な部品も多く、作業に時間や手間がかかるため、一部だけの交換より大幅に費用がかかります。

問題が起こったら迅速に対応が基本!

洗面台の水漏れトラブルは、毎日使う場所だからこそ、迅速な対応が必要です。可能であれば応急処置をしておくべきなのはもちろん、業者選びにも時間はかけたくありません。

費用面を心配して業者選びに時間をかけるくらいなら、弊社で複数の業者からまとめて見積りをとり、料金の比較検討をおすすめします。業者選びの時間が短縮できれば、すぐに修理の段取りを決めることができるでしょう。

洗面台周辺の水漏れチェックも一緒におこなおう

洗面台のホースの水漏れ以外にも、水漏れが起こる危険性があります。ホースとあわせてチェックしておきたい箇所をみっつご紹介しますので、こまめに点検をおこない、水漏れがおこらないよう予防しましょう。

チェック箇所①シャワーヘッド

水を止めた状態でシャワーヘッドやヘッドとホースのつなぎ目から水が流れたら、シャワーヘッドから水漏れしているおそれがあります。つなぎ目に関しては、ホース側なのかヘッド側なのかをよく見て修理をおこないましょう。

チェック箇所②ハンドル部分

ハンドル部分から水漏れが起こることもあります。水栓本体との接続部分がゆるんでいると、隙間から水が漏れ出すおそれがあるのです。ハンドルを交換するなどして、すぐに対処しましょう。

チェック箇所③排水栓とその周辺

排水栓が劣化していたり排水管が破損していたり、排水設備に不具合があっても、水漏れが起こることはあります。排水設備は洗面台の下にあり、あまり日常的に見るものではないので、月に一度などとタイミングを決めて点検するとよいでしょう。

洗面台のホースから水漏れしたら?交換方法と費用相場をご紹介します

まとめ

洗面台のホースの水漏れは、特別変わった使い方をしていなくても、起こる危険性があります。しかし、正しい応急処置の方法や交換方法を知っていれば、慌てることはありません。

自分で交換ができない場合は、プロの業者にホースの交換を依頼してもかまいません。その際、費用相場がわかっていれば、予算をたてることもできるので、安心して業者選択ができるでしょう。

また、水漏れが起こる危険性のある箇所は、洗面台周辺だけでもいくつかあります。しかし、ご紹介した3ヶ所をホースと一緒に調べておけば、不具合はそのときに発見できるので、水漏れする前に対処できるでしょう。

水回りのトラブルは、毎日使用する場所だからこそ、迅速な対応が必要です。水漏れが起こっても、焦らずプロに相談してすぐに修理をおこないましょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-07 12:22:11
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/169150/
家の修理
洗面台は、洗顔や歯磨き、ヘアセットなど、身なりを整える際に毎日使用しています。そのような場所が水漏れで使えなくなってしまったら困りますよね。水漏れはさまざまな場所で起こる危険性のあるトラブルです。本記事では、そのなかでも洗面台のホースから水漏れした場合の確認ポイントや修理方法、修理にかかる費用などをご紹介します。さらに、ホース以外にも水漏れが起こっている部分がないか、チェックしておきたいみっつの箇...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!