トイレが詰まったけどラバーカップがない!身近なもので解消する方法

2021.9.16

トイレが詰まったけどラバーカップがない!身近なもので解消する方法

この記事を読んでいるかたのなかには、トイレが詰まったけどラバーカップがない状況で、どうしようと悩んでいるかたも多いと思います。トイレが詰まることは頻繁に起こることではないですが、トイレが使えなくなってしまうとかなり不便ですよね。

しかし、ご安心ください。この記事では、ラバーカップがない場合にどこのご家庭でもありそうな身近なものを代用してトイレの詰まりを解消する方法をお伝えしていきます。

トイレが詰まったらまずやっておくべきこと

トイレが詰まったときにはまず、水を流さないように気をつけましょう。理由は、水を流すこと「だけ」でトイレの詰まりが解消することはほとんどないからです。水を流すたびにトイレに水がどんどん溜まっていってしまい、最終的には便器から水があふれてしまい状況を悪化させてしまうおそれがあります。

また上記と同じ理由になりますが、止水栓を止めて念のためウォシュレットの電源も抜いておきましょう。水が流れる大元を断っておくことで安心して詰まりを解消する作業に取りかかることができます。

準備ができたら、次の章からはトイレが詰まった際にラバーカップがない場合に簡単にできるトイレの詰まりの解消方法をご紹介していきます。

トイレの詰まり解消でラバーカップの代用になるもの①:ペットボトル

ペットボトルを加工して自作のラバーカップのようなものを作りそれを使います。詳しい手順は以下の通りです。

①ペットボトルを用意する

まずはペットボトルを用意します。ペットボトルをラバーカップの代わりに使うため、少しでも耐久性の高い炭酸飲料やお茶、スポーツドリンクなどの厚くて固いペットボトルが理想的です。

②ペットボトルを加工する

ペットボトルを用意したら、ラバーカップとして代用できる形に加工します。ペットボトルの底から3cmくらいのところを目安に、ハサミなどで切り取ります。また、ペットボトルのフタは外しておいてください。

③加工したペットボトルを便器へ押し込む

さっそく先ほど加工したペットボトルを便器の穴の奥まで押し込みましょう。押し込んだらラバーカップを使うような動作でペットボトルを繰り返し上下させます。この動作により水に勢いをつけ、うまくいけば排水管に詰まりを押し流すことができます。

ここまでトイレが詰まった時にラバーカップがない場合に、ペットボトルを代用した詰まりの解消方法をご紹介しましたが、力まかせになりすぎないように気をつけていきましょう。ペットボトルを破損させたり、便器や排水管を傷つけたりしてしまう原因になります。ポイントはペットボトルを一定のリズムで動かすことです。

トイレの詰まり解消でラバーカップの代用になるもの①:ペットボトル

トイレの詰まり解消でラバーカップの代用になるもの②:ラップ

つづいて、トイレが詰まった際にラバーカップがない場合の代用品として食品用ラップを使ったトイレの詰まりの解消方法をご紹介します。

ラップを使った方法は、ペットボトルのように加工する必要もありませんし手軽に試すことができます。具体的には、便器に圧力をかけ、その圧力により詰まりの原因を解消していくのですが、さっそく見ていきましょう。

①便器をラップで覆う

隙間ができないように気をつけながら便器をラップで覆っていきます。便座を上にあげた状態で何枚もラップを重ねることで隙間がなくなり便器を密封することができます。ここまでできたら準備完了です。

②水を流す

止めていた止水栓を開栓し水を流します。ラップで密閉した状態で水を流すと便器に圧力をかけることができます。

しかし、圧力が弱いと詰まりを解消することはできません。便器に、より強い圧力をかけるために水を流したあとに膨らんでくるラップの中央部分を手で押さえるようにしましょう。この圧力により、便器の詰まりが解消します。ラップを手で強く押さえすぎると、ラップが破れたり、便器から外れたりするため力加減には注意が必要です。

トイレの詰まり解消でラバーカップの代用になるもの③:お湯

詰まりの原因となっているものをお湯でふやかすことにより水で流しやすくします。詳しい手順は以下の通りです。

①バケツなどの容器に便器の水を移しておく

お湯で詰まりの原因をふやかすことにより解消する方法なので、お湯の温度を下げないためにもバケツなどの容器に便器にたまっている水をあらかじめ移しておきます。

②お湯を沸かす

便器の水をバケツなどの容器に移したらさっそくお湯を沸かしましょう。お湯の温度は大体40度くらい、高くても50度くらいを目安にします。お湯を手で触ったときに少し熱いと感じるくらいの温度がちょうどいいです。

万が一沸騰しているような高温のお湯を便器に流してしまうと便器にひびが入ってしまったり、最悪の場合、割れてしまったりすることがありますのでご注意ください

③お湯を便器に流す

沸かしたお湯を便器に流します。詰まりの原因をふやかすために1時間ほど放置します。

④水を便器に流す

お湯を流してから1時間ほど放置したあと、バケツなどで水を便器に流して、トイレの水が流れるかどうかを確認します。

トイレが詰まったけどラバーカップがない場合に、お湯を使って詰まりを解消することができたらとても便利ですよね。状況を悪化させないためにも、十分お湯の温度には注意してお試しください。

トイレの詰まり解消でラバーカップの代用になるもの④:洗剤

最後に、トイレが詰まった際にラバーカップがない場合に洗剤を使ったトイレの詰まりの解消方法をご紹介します。目新しいことは特になく、上記でご説明した「お湯」を使った方法にさらに洗剤を組み合わせてより詰まったものを流しやすくすることができることでしょう。

洗剤は、たんぱく質を分解する成分を含んでおり、この成分が便を溶かして詰まりを解消してくれます。お湯を使った方法とほとんど同じなのでここでは簡単にお伝えします。

①便器の水を取り除く

バケツなどの容器に便器の水を移しておきます。

②便器に洗剤を注ぐ

便器の水をバケツなどの容器に移したら、便器の穴の奥に洗剤を100ccほど注ぎます。

③お湯を沸かして便器に流す

40度ほどのお湯を便器に流したあと、1時間ほど放置します。

④水を便器に流す

放置したあと、トイレの水が流れるかどうかをバケツなどで水を便器に流して確認します。

まとめ

この記事ではトイレが詰まった際にラバーカップがない場合の対処方法をいくつかご紹介しました。いずれの方法も、どこのご家庭にもありそうなものを代用し簡単にできるので、ぜひお試しください。

トイレの詰まりは頻繁に起こるものではなく焦ってしまいますが、落ち着いて対処することが大切です。また、間違った方法や焦って対処をしてしまった結果、便器や排水管を傷めてしまい状況を悪化させてしまうおそれがあります。

ご自身で詰まりの対処をすることが難しいと判断した場合、さらに状況が悪化してしまう前に業者へ依頼してみることをおすすめします。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

※対応エリアや加盟店によって変わります

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!

水漏れ修理・トイレつまり工事 3,300円~
水漏れ修理・トイレつまり工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

水漏れ修理・トイレつまり工事の記事アクセスランキング

水漏れ修理・トイレつまり工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理