見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

条件に近いサービス

スーパーマン金太郎

突然の水道トラブルにも対応しますのでご安心を

私たちスーパーマン金太郎は、「なんでもおまかせ」をモットーに快適な住まいの実現に必要なサポートを幅広く行っています。創業から今日まで、お客様のお困りごとの力になりたい一心で様々なご依頼に対応させて頂いております。特に水道というのは電気、ガスと共にライフラインのひとつとして考えられているほど重要なものです。水道に何らかの問題が起こった場合、すぐに... 続きを読む

関連リンク
雨漏り修理
水漏れ修理・トイレつまり工事

たたみのかおり

たたみのかおりが皆さまの家の和室を整備させていただきます

畳には安らぎの効果があり、襖や障子にも和室の雰囲気を作り出す役目があります。しかし、こうした効果や役目もしっかり和室が整備されている状態であってこそあるものなのです。皆さまの家の畳などはしっかり整備されているでしょうか。もしそうでなければ、たたみのかおりに作業をおまかせください。私たちは畳の張り替え、襖の張り替え、障子の張り替えなど、和室のもの... 続きを読む

関連リンク
畳・襖・障子張り替え

株式会社アルファルーフ

愛知県の雨漏り修理は屋根・外装プロショップ・アルファルーフへ

【雨漏り修理は当社まで!】 愛知県の屋根・外装専門工事業の株式会社アルファルーフです。専門の雨漏り診断士の調査の後、被害状況に応じた対応の見積りを提出させていただきます。 【雨漏りによる被害】 雨漏りというものは、雨水が入ってくる天井の穴を防げば直る。と思われていることも時折あるようです。確かにシンプルにそう表現できる場合もあるのですが、住宅... 続きを読む

関連リンク
雨漏り修理

屋根工房(株)

長年培った屋根工事の技術!雨漏り修理に迅速対応いたします!

住まいの屋根はどれも信頼できる頑丈さを得るために様々な工夫を凝らして作られています。ですが、大きないわも長年風雨や日差しに晒されれば形を変えていくように、屋根もまた経年劣化や突発的な破損を完全に避けることはできません。そして、それらによるほんの小さな隙間からも雨漏りは発生することがあり、放っておけば建物の各所に雨水が浸透して被害を広げてしまいま... 続きを読む

関連リンク
雨漏り修理

株式会社日本水道保安協会

株式会社日本水道保安協会が安心の価格と信頼ある実績でお力になります

株式会社日本水道保安協会は、福岡県地域で数多くご依頼を頂き、九州・四国や関西・近畿~関東エリアで水回りのトラブル対応させて頂いております。トイレ詰まり等のトイレトラブルやリフォーム等は、弊社がお力になります! 【突然の水回りのトラブルに】 「突然水道が水漏れをして止まらなくなった」等水回りのトラブルは、いつ起こるか分かりません。弊社は24時間365日... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

近いジャンルで選びなおす

水漏れ修理・トイレつまり工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

総務省の統計による、福島県の水道普及率は推定90パーセントになります。福島県の給水人口は約164万人とされており、この福島県民の約9割にあたる人口の使用している水量はおよそ2,200億立方メートルとされています。立方メートルはあまり馴染みが無い方も多いでしょうから、リットルに換算すると1立方メートルは1,000リットルに換算されますので、この値に1,000を掛けて頂ければ、年間に使用している水の大さを知ることができるのではないでしょうか。1人当たりに換算すると1日約370リットルもの水を使っている計算になるでしょう。福島県は奥羽山脈や越後山脈を筆頭に広大な山々が、特に県の中部から西部にかけて広がっています。この山々が蓄えた豊かな水を使用して生活を送っています。雨水や雪解け水が山や林を介して、川や地下水脈となって県民の水資源を豊富にしているのです。この豊富な水資源は福島の水文化にも大きく影響しており、福島県の指定重要無形文化財でもある「岡山の水かけ祭り」などはあまりにも有名でしょう。水資源が豊富な福島県ですが、現在では水道のライフラインが発達していますので、水資源の取得先にこの水道を利用する家庭がほどんどです。水道を使用する際には、水道修理などのメンテナンスを定期的に行うことが重要です。地下水や河川の水を汲み上げる古くからの手法に比べて、システム化された現在のパイプラインは水道管などのパイプを通さなければ水を利用することができないからです。水道修理などのメンテナンスを怠ってしまうと、トイレ詰まりや水道水漏れなどのトラブルに発展してしまうこともあります。このパイプラインシステムの利用者率である、水道普及率の90パーセントは全国的に見れば低い数字になります。半数以上の県の水道普及率は95パーセントを超え、東京都や大阪府や沖縄県では100パーセントにもなります。この90パーセントの普及率の背景として、身近に水資源があることが大きく関係しており、古くから地下水道や河川などから湧き出る水を福島県民が利用してきたということを表しているでしょう。現在はこの水資源の循環を行政が行っていますので、90パーセントの人が上下水道に切り替えを行っています。古くから福島県にある伝統やしきたりなどの「あたりまえに近くにある水」の管理が利用者の手元から離れて、「パイプラインの整備」という間接的な形に変化しつつあることを示しているでしょう。つまり現在の福島県の多くの人は、水道が壊れてしまうと、水資源が近くにあるのにもかかわらず、水の利用が難しい状況になる可能性があることになります。水道から音が聞こえたり、水の量が不安定になるなどの異変を感じたら、すぐに行政や業者に相談をすることが重要になるでしょう。

0120-949-986