生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォシュレットから温水が出ない!故障かを判断するチェックポイント

投稿日:2019-09-27 更新日:2019-10-04

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

トイレのトラブルのひとつに、「ウォシュレットの温水が出ない」ということがあります。温水が出ないときには、さまざまな原因が考えられます。そのため、トイレ周りを確認し、どこに原因があるかを特定しなければなりません。

そこでこの記事では、ウォシュレットの温水が出ない原因を特定するときにチェックしたいポイントについてご紹介していきます。ウォシュレットの温水が出なくてお困りの方は、以下の内容を読んで原因を特定し、対処してみてください。

ウォシュレットから温水が出ないときにまずチェックしたいポイント

ウォシュレットから温水が出ないときには、まず以下のポイントをチェックしてみてください。

水は出るかどうか

まず、ウォシュレットの水が出るかを確認しましょう。水が出る場合には以下の3つの原因が考えられ、水が出ないときにはそれ以外の原因が考えられます。

水が出ないときの原因については次の章で解説するので、水が出ない方はそちらを参考になさってください。

温度設定が低くなっていないか

温水が出ないとき、温度設定が低くなっていることがあります。そのため、温度設定が適切かどうかを確認してみてください。
ウォシュレットから温水が出ないときにまずチェックしたいポイント
ちなみに、温度設定の変更は壁に付いているリモコンでおこなうことができるようです。ただし、メーカーによっては変更方法が異なる場合もあります。もし、水温の変更方法がわからない方は取扱説明書を確認するとよいでしょう。

節電モードなどになっていないか

ウォシュレットが節電モードになっているときは、温水が出ないことがあります。節電モードになっているときには、オフにしてみてください。

節電モードをオフにするためのボタンは、壁に取り付けられたリモコンにあるものが多いようです。

直前にウォシュレットを長時間作動させていないか

貯湯式(ちょとうしき)のウォシュレットの場合は、長時間作動させていると温水が出なくなってしまうことがあります。貯湯式は、温水を貯めてから出す仕組みなので、長時間作動させることによって温水を使い切ってしまったおそれがあるのです。

ウォシュレットを長時間作動させたときには、しばらく待つことでお湯がたまり、温水が出てくるようになるでしょう。

これらに当てはまらない場合に考えられる故障原因

ここまでご説明した原因に当てはまらない場合は、電熱線(電気が流れると熱を作り出す装置)やサーモスタット(ウォシュレットの水温を調節する装置)が故障しているおそれがあります。

電熱線やサーモスタットが故障しているときは修理・交換をおこなわなければなりません。ただし、自分でおこなうのは難しいので、水回りの業者に修理・交換を依頼するとよいでしょう。

弊社では、全国の多数の加盟店の中から、ウォシュレットを修理・交換する業者をご紹介します。ウォシュレットの温水が出なくてお困りの方は、弊社までご連絡ください。

ウォシュレットから水も出ないときは①本体以外の点検

ウォシュレットから水が出ないとき、まず本体以外に原因がないかを確認してみましょう。確認するポイントは、以下のとおりです。

まずは電源を確認しよう

まずは電源を確認してみてください。電源が入っていなければ、当然水や温水が出ることはないからです。
ウォシュレットから水も出ないときは①本体以外の点検
電源が切れている原因としては、コンセントに刺さっていない・ブレーカーが落ちているなどが考えられるので、確認してみてください。

漏電検知状態になっていないかも確認

停電が起こった後などには、「漏電検知状態」になっていることがあります。漏電検知状態になっていると、漏電遮断器が落ちて水が出なくなることがあります。

ちなみに、漏電遮断器とは、漏電を検知して電気の流れを断つ装置のことで、漏電ブレーカーともいわれています。

漏電遮断器は分電盤に付けられており、ブレーカーの横に「テストボタン」や「漏電表示ボタン」があります。漏電検知状態になっているときは、それを目印に漏電遮断器を探し、ブレーカーを上げてみてください。

水道の状態を確認

水が出ないとき、止水栓が閉まっているおそれがあります。止水栓とは、床や壁から伸びるパイプに取り付けられている水栓のことで、トイレの水量を調整したりトラブルの際に水を止めたりする役割があります。止水栓が閉まっているときには、開ければ水を出すことができます。

ちなみに、止水栓にはハンドルがあるタイプと、先端に溝があるタイプがあります。ハンドルがあるタイプは手でひねって、先端に溝があるタイプは溝にマイナスドライバーを差し込んで左に回すことで開けられます。

また、水道の配管が凍結しているときにも、水が出てこないことがあります。凍結しているときには、気温が上がるまで待つか、凍った部分にタオルを置き、ゆっくりとぬるま湯をかけて対処をおこなってください。

リモコンの電池が切れていないか確認

壁に取り付けられているリモコンの電源が切れていると、水が出てこなくなります。水が出ないときには、リモコンの電源が切れていないか確認してみるとよいでしょう。

リモコンの電源が切れているときには、リモコンについているランプが暗くなったり電源切れマークがついたりするので、チェックしてみてください。

ウォシュレットから水も出ないときは②本体の点検

本体以外に問題がない場合は、本体を確認してみてください。本体で確認するポイントを、以下にまとめました。

ノズル部分が汚れていないか

まずはノズルが汚れていないかチェックしてみてください。ノズルは、水垢・汚物・尿石・カビなどさまざまなものが付着するため、放置すると詰まりが起こることがあります。

ノズル部分が汚れている場合には、ノズルの洗浄機能で解消することが可能です。ノズルの洗浄機能のボタンは、トイレの横に付いている操作パネルにあるようです。
ウォシュレットから水も出ないときは②本体の点検
また、中にはノズル洗浄機能が付いていないものもありますが、その場合はノズルを引き出して清掃をおこないましょう。掃除機能ボタンがある場合にはそれを押すことでノズルを引き出すことができますが、ないときには手で引き出してください。そして、掃除シートでふき取ったり歯ブラシでこすったりして汚れを取り除いてください。

ウォシュレットが確実に設置されているか

ウォシュレットが確実に設置されていないときにも、水が出てこないことがあります。ウォシュレットを手でゆすり、ガタついていないかをチェックしてみてください。

もし、ウォシュレットがガタついていたら、便器のベースプレート(便座と便器の間にあるプレート)に固定されていないおそれがあります。その場合は、ウォシュレットをベースプレートにカチッというまではめ込めばガタつきを解消できるでしょう。

給水フィルターが詰まっていないか

給水フィルターが詰まっているときにも、水が出てこないことがあります。給水フィルターとは、給水ホース(便器とつながっているパイプ)にあるフィルターのことです。給水フィルターは、細かいゴミがたまっていって詰まることがあるのです。その場合は、給水フィルターの詰まりを取り除けば水を出すことができるでしょう。

フィルターを掃除する際は、止水栓を閉めた後、便器と給水ホースの間にあるフタを外してください。すると、フィルターが見えるので取り外しましょう。フィルターを外したら、歯ブラシなどで汚れをこすり落とし、逆の手順で戻せば完了です。

ここまで、ウォシュレットに温水が出ないときにチェックしたいポイントをご紹介しました。しかし、ここまでご説明したポイントに当てはまらない方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は、ウォシュレットが故障しているおそれがあります。そこで、以下からはウォシュレットが故障しているときの対処法についてお伝えしていきます。

もしもウォシュレットが故障していたら…

ウォシュレットが故障しているときには自分での対処は難しいので、水回りの業者に修理を依頼するとよいでしょう。ここからは、業者に依頼したときの修理費用や、交換時期についてご説明していきます。

修理にかかる費用の目安

修理内容にもよりますが、ウォシュレットが故障しているときの修理費用は、15,000円~30,000円程度が相場のようです。ただし、業者によっては出張料が別にかかるところもあります。より正確な費用を知りたい方は、水回りの業者に見積りを依頼するとよいでしょう。

長年使用している場合は交換も検討を

ウォシュレットの寿命は、約10年といわれています。寿命を超えると、劣化が進んでウォシュレットに不具合が出ることが多くなるでしょう。そのため、10年程度を目安に交換することをおすすめします。

まとめ

ウォシュレットから温水が出ないときには、まず水が出るかを確認してください。もし、水が出る場合には、温度設定が適切でない・節電モードになっている・ウォシュレットを長時間作動させたといった原因が考えられます。

もし、水が出ないときには、原因が本体以外にあるときと本体にあるときがあります。本体以外に原因があるときは、電源が切れている・漏電検知状態になっている・止水栓が閉まっている・水道管が凍結しているといったことが起きているおそれがあります。

また、本体に原因があるときは、ノズルが詰まっている・ウォシュレットがきちんと設置されていない・給水フィルターが詰まっているといった原因が考えられます。

もし、これらを確認しても温水が出ない原因がわからないときには、ウォシュレットが故障しているおそれがあります。その場合は、自分での対処は難しいので、水回りの業者に修理を依頼するとよいでしょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-04 09:54:26
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/167372/
家の修理
トイレのトラブルのひとつに、「ウォシュレットの温水が出ない」ということがあります。温水が出ないときには、さまざまな原因が考えられます。そのため、トイレ周りを確認し、どこに原因があるかを特定しなければなりません。そこでこの記事では、ウォシュレットの温水が出ない原因を特定するときにチェックしたいポイントについてご紹介していきます。ウォシュレットの温水が出なくてお困りの方は、以下の内容を読んで原因を特定...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!