水道管から水漏れしたときにできる対処法!さらに減免についても紹介

2021.4.30

水道管から水漏れしたときにできる対処法!さらに減免についても紹介

急に水道代があがってしまった経験はありませんか。それは、水道管からの水漏れが原因かもしれません。もしも水漏れが原因だとしたら、そのままにしておくのはとても不安ですよね。また、水漏れを放置しておくと水道代があがるだけでなく、家の耐久性にまで悪影響を及ぼすこともあるのです。

本記事では、本当に水道管からの水漏れなのか、確認方法と対処方法を紹介していきます。また、水漏れに対する応急処置、水漏れの根本的な解決についてもふれていきます。ぜひ、水漏れ対策のお役に立ててください。

水道管からの水漏れで起こる症状

水道管から水漏れしていた場合、さまざまな症状をみることができます。気づきにくいものもありますが、自分で確認できることもありますので、水漏れの心配がある方はチェックしてみるとよいでしょう。

水を使っていないのに水道メーターが回る

水道メーターは水を使用することで回転します。そのため、水を使っていないのに水道メーターが回っていた場合、水漏れのおそれがあるのです。

また、水漏れ箇所のおおよその特定には、まず蛇口をすべて閉めてみてください。それでも水道メーターが回っていれば、今度は止水栓を閉めてみるという方法が有効です。この場合、もし水道メーターが回っていれば、蛇口など普段使う場所からの水漏れではなく、水道管が水漏れ原因であることが考えられます。

水道管から水漏れしたときにできる対処法!さらに減免についても紹介

一部の地面がずっと濡れている

蛇口につながる水道管は、壁の中や地中といった目には見えない場所にあります。そのため、水漏れしていても気づきにくくなっているのです。

もし室内の地面など濡れるはずのない場所が濡れているようなら、水道管からの水漏れを疑ったほうがよいかもしれません。水漏れが起きて木材やコンクリートに染み込むことで、一部の地面が濡れてしまうようなのです。

地面に陥没が起きている

水道管のある場所が屋外の土の中であった場合、水漏れによって地面が陥没してしまうことがあります。水道管から漏れ出す水によって、地中内の土が流れ出し、表面が陥没してしまうようです

地中から「シューシュー」と音がする

水道管から水漏れしていた場合、配管に穴やひび割れがはいっていることが考えられます。その場合、配管から水漏れする際にシューシューと音がでることがあるようです。もし地中から音が聞こえてくるようであれば、一度業者に確認してもらったほうがよいかもしれません。

水道管からの水漏れが発覚したらまずすること

水漏れを発見してしまったら、放置するのはとても危険でしょう。そのままにしておくと、水漏れが原因となって部屋にカビが発生したり、敷地内の地面が沈んでしまったりすることもあるようです。

もしも、水漏れが発覚した場合、すぐに応急処置をおこなうことは可能です。そのためまずは、手軽におこなえる対策からとってみることをおすすめします。

水道管から水漏れしたときにできる対処法!さらに減免についても紹介

元栓を閉める

水道管から水漏れしてしまっているときは、まず元栓を閉めてみましょう。元栓を閉めることで建物全体の水を止めることができるため、一時的に水漏れを止めることができます。

しかし、それでも水漏れが止まらないことがあるのです。その場合は、自分の所有する敷地内ではなく、本管のある道路側で水漏れしているおそれがあります。この場合、敷地外の水道管は自治体によって管理されているため、市や水道局が修理をおこなってくれる範囲となるようです。

そのため、元栓を閉めても、水漏れがおさまらない場合は、市や水道局に連絡をする必要があるのです。

シールで応急処置をする

水道管から水漏れしていることがわかったら、専用のシールを使って応急処置することもできます。このシールは、水道管のひび割れ部分などに貼るだけでよいため、比較的利用しやすい応急処置の方法です。ホームセンターなどで購入することができ、値段も500~3,000円となっています。

ただし、根本的な水漏れの解決にはなっていないので、そのまま使い続けることはできません。水漏れが止まっている間に業者に依頼するなどして、水道管をしっかりと修理しておきましょう。

水道管の水漏れを修理するには

水道料金を抑えるためにも、少しでも早い水漏れ修理が必要になります。知識や経験があれば自分で修理することもできますが、失敗のおそれもあるので、あまりおすすめはできません。ここでは、水道管で水漏れが起きたときの対処法をご紹介していきます。

DIYでの修理はとてもむずかしい

自分で水道管の水漏れ修理するのは、簡単なものではありません。理由として、水道管自体は地中に埋まっているため、修理作業は大掛かりなものになるでしょう。

また、専門的な知識なしに自分で修理をおこなった場合、修理に失敗して水漏れがひどくなるケースもあります。仮に修理が成功しても水道管自体の劣化により、再度水漏れが発生するおそれもあるのです。

自分でおこなう水漏れ修理は、余計なリスクを避けるためにも応急処置だけにとどめ、万全を期して一度業者に相談してみるとよいでしょう。

修理の前に見積りの依頼を

よりよい業者を選定するためには、見積りが大切です。無料で見積りをおこなってくれる業者もあるので、まずは見積りをとることをおすすめします。

また、さまざまなトラブルを避けるためにも、現地調査もおこなってもらうとよいでしょう。電話やメールだけで見積りを出してもらうと、実際におこなう修理作業と変わってくる可能性があります。そうなると、想定していた費用よりも高くなってしまうことがあるためです。

水道管から水漏れしたときにできる対処法!さらに減免についても紹介

水道代が減免されることもある

水漏れを原因として水道代があがっている場合、減免制度を受けられることがあります。水道管での水漏れなどは気づかないことも多く、身に覚えのない水道代に対して保証をするというものです。ただ、自治体によって申請条件などが変わるため、気になる方は一度確認してみるとよいでしょう。

まとめ

水道管からの水漏れには、いくつか特徴があるようです。なかには気づきにくいものもありますが、自分で確認することが可能なものもあります。水漏れに心配がある方は、水道メーターや屋外の地面に変化が起きていないのか、注意深く観察してみるとよいでしょう。

もしも、水漏れを発見してしまった場合、自分で簡単にできる応急処置もあります。元栓を閉めることや、防水用のシールで一時的に水漏れ対策をとることができるのです。

ほかにも、水漏れに気づかないまま水道代があがってしまった場合は、減免される可能性もあります。水道代が水漏れによってあがっている場合は、お近くの自治体に確認してみるとよいでしょう。

また、自分でできる水道管修理は応急処置にしかならないため、根本的に解決をしたい場合は業者に依頼するとよいでしょう。その際は、しっかり見積りをとって納得のいく修理を依頼することをおすすめします。


水のトラブルを迅速解決!

到着までにかかる時間 最短15

※対応エリアや加盟店によって変わります

「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!

水漏れ修理・トイレつまり工事 8,800円~
水漏れ修理・トイレつまり工事のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

水漏れ修理・トイレつまり工事の記事アクセスランキング

水漏れ修理・トイレつまり工事の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧