生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

自力で開ける?鍵屋を呼ぶ?車の鍵を閉じ込めた時の開け方を紹介

投稿日:2018-06-26 更新日:2018-10-16

車の鍵を閉じ込めた!開け方を確認して落ち着いて対処しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

車の鍵を車内に残したまま、ドアのロックがかかってしまい鍵を取り出せなくなるトラブルのことを「インロック」といいます。

近年の車種ではインロック防止のシステムが搭載されたものも普及していますが、ドライバーにとっては未だに身近なトラブルといえるでしょう。

窓ガラス1枚へだてた向こうに鍵があるのに、手の届かないもどかしさ。
出先で遭遇しようものなら駐車場で途方に暮れてしまいます。
愛車に乗れない不便さは、一刻も早く解決したいですよね。

そこで本コラムでは、車の鍵を閉じ込めたドアの開け方を、自力で対処する場合プロに頼む場合の2パターンにわけて解説していきます。

インロックはなぜ起こる?車に鍵を閉じ込めてしまう理由

インロックの主な原因は、一時的に車から降りる時にうっかりドアのロックスイッチに触れてしまったり、ドアの取っ手を引きながらドアを閉めてしまうことにあります。

なぜインロックが起こってしまうのかという具体例をお話ししましょう。
よくあるのが、取っ手を引きながらドアを閉めたために計らずしも自分でロックしてしまったというケースです。

また、新車に買い替えたときにありがちなケースが、ドアに自動ロック機能があるのを忘れて車を降りてしまうというもの。
これは、「ちょっとの時間だから」と車内に鍵を置いたまま外へ出たために、自動ロック機能が働いてしまい、鍵を取り出せなくなってしまった事例というわけです。

また、買い物などで幼い子どもを車に残して降りた際に、子どもが中から鍵をかけてしまうということも少なくありません。
車の鍵だけではなく、子どもを車の中に閉じ込めてしまっているため緊急を要することでしょう。

スペアキーがない場合や場所によってはすぐに鍵を解錠できるとは限らないため、幼い子どもを1人で車に残すようなことは避けるべきです。

車の鍵の閉じ込めが起こる原因とは

※自己責任でおこなってください!車の鍵を自分で開ける方法

スペアキーが手元になく、すぐに車に乗りたいという場合に、自力でどうにかしようと試みる方もいることでしょう。
故障や破損につながるためおすすめはできませんが、自己責任の範疇でおこなうことを前提に、車の鍵を閉じ込めたドアの開け方をご紹介します。

針金(ハンガー)を使う方法

ドアガラスとパッキンの隙間から針金を挿し込んで、うまくドア内部のロック機構に先端を引っ掛けることができれば、ロックを開けられることがあります。
ただしこの方法は車上荒らしにも使えてしまうため、近年のほとんどの車種では対策がほどこされています

かなり古い年式の車なら、開けられる可能性がわずかにある、という程度に考えておくのがよいでしょう。
使う針金はある程度の長さと強度が必要です。
これはハンガーなどを解体することで入手できます。

また、窓にわずかにでも隙間があれば、そこから針金を差し入れてロックを操作することができるかもしれません。
いずれにせようまくいくまで何度も試す必要があり、時間もかかるので、素直に業者を呼んだほうが早いでしょう。

テニスボールを使う方法

これも古い車種限定の方法になりますが、鍵穴に空気圧を注入してロックを押し上げるという開け方もあります。
まずはテニスボールなど中に空気の入っているボールを用意し、1カ所小さな穴を開けましょう。
穴開けにはカッターや熱したドライバーを使うのがおすすめです。

ボールに穴を開けたら、鍵穴とボールの穴を密着させて、ボールを一気に押しつぶします。穴から放出された空気が鍵穴の内部に送り込まれて、空気圧でロック機構が押し上がり、ロックが解除されるかもしれません。

つまり、テニスボールを簡易的な空気ポンプとして使う方法ですね。
車種によってはこれでドアロックを解除できる場合もありますが、やはり何度も試行錯誤が必要です。
手元に偶然テニスボールがあるのであれば試してみる価値はあります。

殴ってガラスを割る方法

炎天下の車内に子供が取り残されている場合など、一刻を争うときは、もはや手段を選んでなどいられません。
鍵屋の到着に時間がかかるのであれば、窓ガラスを殴って割り、ドアを開けましょう。

狙うのはフロントガラスではなくドアの窓です
フロントガラスは非常に頑丈なうえ、走行中の安全を確保するために亀裂が入っても穴が開きにくいようになっています。

一方でドアガラスは、強化ガラスの性質上わずかな傷でも大きな穴を開けられるため、ガラス破りの際はねらい目です。
いざというときのためにこの差をおぼえておくとよいでしょう。

殴ってガラスを割るといっても、当然素手での打撃は避けるべきです。
人間の拳でガラスを破壊するのは難しいですし、殴った拳の方がケガをするおそれもあります。
手頃な大きさの石を使うか、ガラスを割るための道具をその場で自作しましょう

ガラス破りの道具としておすすめなのが、スーパーなどでもらえるビニール袋にその辺の小石や硬貨、乾電池などを詰めた即席のハンマーです。
振り回してガラスに叩きつければ、遠心力でガラスを破壊できるだけの威力を確保できます。

ビニール袋が手元にない場合は、威力は劣りますが靴下やストッキングなどに重くて硬い小物を詰めたものでも代用可能です。
硬貨を使う場合は1円玉以外の重量のあるものを選びましょう。

当然ですが、外からガラスに打撃を加えれば車内に破片が飛び散ることになるため、子供の居る側とは対角線上のドアのガラスを殴るようにしてください。

※自己責任でおこなってください!車の鍵を自分で開ける方法

車の鍵開けを依頼するならどこがいいの?

車の鍵を閉じ込めた後に開け方をいろいろ試しても、時間はどんどん過ぎてしまいます。
車の鍵を閉じ込めたら自分で何とかしようとせず、業者に連絡して鍵開けを依頼するのがおすすめです。

まずは、JAFなどのロードサービスにご加入している場合は、コールセンターに連絡するのが良いでしょう。
24時間対応しているうえに、会員の方は無料で鍵開けをおこなってくれるそうです。

ロードサービスに未加入の場合でもJAFを利用することはできますが、鍵開け費用が少々割高となります。
費用を少しでも安く抑えたいのなら、24時間対応の鍵屋に連絡してみてはいかがでしょうか。

鍵屋に電話すると現在の状況をたずねられるので、車種や鍵の種類などを答えましょう。
いたずらや悪用を防ぐために、必ずご自身の身分証明書が必要となります。
車内に車検証などを置いている方も多いため、電話した際に相談しましょう。

また鍵屋に依頼した場合、到着後に鍵の状態をチェックしたうえで見積もりを提示されます。
必ず見積もり確認は、忘れないようにしましょう。

車の鍵開けを依頼するならどこがいいの?

車の鍵の閉じ込めを防止する方法

車の鍵を閉じ込めた際の対処法は、JAFや鍵開け業者に依頼するなどいろいろあります。しかし鍵開け費用は決して安くないため、痛い出費となってしまうことでしょう。
そうならないためにも、車の鍵の閉じ込めをしないようにしていきたいですね。

鍵を挿したままで車から外に出るときには、ドアロック状態にしないように気をつけましょう。
また自動的にロックがかかるタイプのドアの場合は、いったん鍵を抜いてから外に出る癖をつけておくことをおすすめします。

また、万が一のためにスペアキーを用意しておきましょう。
スペアキーの保管方法の1つに家族間で車を利用しているなら、スペアキーを家族で持っておくのも良いでしょう。

車体の下にスペアキーの入った箱を貼り付ける方法もありますが、走行中に箱が落ちるおそれがあります。
また、車窃盗のプロは車周りのスペアキーの保管場所を熟知しているため、狙われるかもしれません。
普段は家で保管するか、遠出の際に持ち出すぐらいにしておきましょう。

まとめ

ふとしたことで起こってしまう、車の鍵の閉じ込めに対し鍵を開ける方法はいろいろあります。
しかし自力で無理やり鍵を開けると、車体を傷つけたり鍵周辺の故障の原因となるのでおすすめできません。
鍵を誤って閉じ込めないように注意して、ドアを閉めるようにしましょう。
もしもの鍵閉じ込めに備えて、スペアキーを作成するのも良いかもしれません。

それでもうっかり車内に鍵を閉じ込めてしまった場合は、ご加入のロードサービスのコールセンターに連絡しましょう。
未加入の場合は、電話一本で依頼できる鍵屋に連絡しましょう。

いざというときにすぐに連絡できるように、電話番号などを控えておくと安心できるのではないでしょうか。

紛失時のカギ開け・交換・修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「紛失時のカギ開け・交換・修理」をご覧ください。
(この記事は2018年10月16日に加筆・修正しています)

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-16 15:05:21
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/88138/
鍵の修理・防犯
車の鍵を車内に残したまま、ドアのロックがかかってしまい鍵を取り出せなくなるトラブルのことを「インロック」といいます。近年の車種ではインロック防止のシステムが搭載されたものも普及していますが、ドライバーにとっては未だに身近なトラブルといえるでしょう。窓ガラス1枚へだてた向こうに鍵があるのに、手の届かないもどかしさ。出先で遭遇しようものなら駐車場で途方に暮れてしまいます。愛車に乗れない不便さは、一刻も...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!