生活110番ニュース 鍵の修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

投稿日:2020-03-23 更新日:2020-03-23

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

車のスマートキーを紛失したときには、慌てず、適切に対処することが大切です。そうすることで、キーを発見できる可能性が高まるからです。

しかし、鍵を紛失したとき、どのように対処してよいかわからなくなる方も多いでしょう。そこでこの記事では、スマートキーを紛失したときの対処法をお伝えします。また、車の鍵の紛失以外もスマートキーによるトラブルが起こることがあるのです。この記事では、スマートキーを使ううえでの注意点についてもご紹介します。

車の鍵を紛失した際に知っておきたい!各メーカーのスマートキーの名称

スマートキーは、近くにあると鍵穴に差し込まなくても解錠できたり、エンジンをかけたりすることができるアイテムです。メーカーによって、スマートキーの正確な名称が異なるため、以下にまとめました。

トヨタ:スマートエントリー・スマートキー
日産:インテリジェントキー
ホンダ:スマートキー
マツダ:アドバンストキー
スバル:アクセスキー
三菱:キーレスオペレーションキー
スズキ:携帯リモコン/キーレススタートシステム
ダイハツ:電子カードキー/キーフリーシステム

愛車の鍵を紛失して焦らないことが大事!スマートキーを紛失した後に必要な行動

愛車の鍵を紛失したら、焦ってどう対処してよいかわからなくなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、車の鍵を紛失したときの対処法をご紹介していきます。以下の内容を読んで、適切に対処してください。

心当たりのある場所を探索

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

車の鍵を紛失したら、まずはカバンや家の中、ポケット、立ち寄った場所などの心当たりのある場所を探しましょう。このとき、紙やスマートフォンのメモアプリなどに自分の行動を書き出してみることをおすすめします。そうすることで、自分の行動を整理することができます。その結果、どこで紛失したのかを推測しやすくなるのです。

警察に相談

心当たりのある場所を探しても鍵が見つからないときには、最寄りの警察に相談してみてください。もしかしたら、紛失した鍵が警察に届いているかもしれません。

もし、警察に紛失した鍵が届いていなかったときには、落とし物の特徴や紛失したときの状況を書く”遺失届”を出すことになります。遺失届を提出しておけば、鍵が届けられたときに警察から連絡をもらうことができるのです。

業者に鍵の交換を依頼

どうしても車の鍵が見つからないときは、鍵交換業者に依頼して鍵開けや鍵作成おこなってもらうとよいでしょう。

鍵を紛失したときにはディーラーに依頼する手段もありますが、鍵の種類によっては作成に数週間程度かかるようです。業者に依頼すれば基本的に1日以内には作成してもらえるので、早く解決したい方は鍵業者に依頼するのがおすすめなのです。

ただ、鍵業者に依頼した場合、車種によっては対応してもらえないことがあります。事前に車種やグレードなどを伝えておき、対応してもらえるかどうかを確認しておきましょう。

車の鍵の紛失だけじゃない!スマートキーを使う際の注意点

車の鍵の紛失以外もスマートキーによってトラブルが起こることがあります。そこで、ここではスマートキーを使うときの注意点についてご紹介します。スマートキーをお使いの方は、トラブルを防ぐためにも以下の内容を参考にしてみてください。

インロック

インロックとは、車に鍵を置いたまま施錠してしまうことです。鍵を車に置いたまま施錠すると警告音が鳴る車種も多いため、インロックをすることはほとんどありません。しかし、スマートキーの電池が切れているときなどは、インロックが起こる可能性があります。

インロックが起きてしまったら、スペアキーがあれば自分でも開錠することが可能ですが、スペアキーがないときには業者やロードサービスに鍵を開けてもらう必要があります。インロックを防ぐために、車から出るときは鍵を置き忘れていないか確認する習慣をつけるとよいでしょう。

電池切れ

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

スマートキーは、電波で車とやり取りをおこなうことで操作できる仕組みになっています。そのため、スマートキーの電池が切れてしまったときは車の操作ができなくなってしまうのです。

電池が切れたときは、スマートキーに内蔵されている”メカニカルキー(鍵穴に差して操作するキーのこと)”を使用すれば、操作ができます。ただし、イモビライザー(盗難防止の機能)がある車種では、メカニカルキーでもエンジンがかからないため、電池の交換が必要です。突然の電池切れで困らないためにも、定期的に電池を交換しておきましょう。

イモビカッターによる盗難

イモビカッターとは、イモビライザーを解除する装置のことです。通常、イモビライザーが搭載されている車種では、キーと車のID情報が一致しないとエンジンがかからない仕組みになっています。しかし、イモビカッターを使用すれば、IDを解除してエンジンをかけることができてしまうのです。

イモビカッターによる被害を防ぐためには、イモビカッターを検知すると自動で操作を妨害する盗難防止装置を利用するのが有効です。イモビライザー機能のついている方は、盗難防止装置の設置を検討してみるとよいでしょう。

車の鍵の紛失・悪用を防ぐために知っておきたい!スマートキーを使ううえで役立つアイテム

鍵の紛失などのトラブルは、アイテムを使って防止することもできます。そこで、ここからはスマートキーのトラブルを防止するために役立つアイテムをご紹介します。以下の内容を読んで、必要だと思ったものを用意しておきましょう。

ドライバーなどの工具

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

スマートキーをお持ちの方は、マイナスドライバーなどの工具を用意しておくことをおすすめします。ドライバーなどの工具があれば、万が一スマートキーが突然電池切れになってしまっても、自分で電池交換をおこなうことができるのです。具体的な交換方法については、取扱説明書に記載されているため、そちらをご覧ください。

キーチェーン

カバンなどにスマートキーを入れておくだけでは、財布やハンカチなど、カバンの中のものを出したときに落下し、紛失してしまうおそれがあります。そういったことを防止するためには、スマートキーにキーチェーンをつけ、それをカバンなどに取りつけておくのが有効です。

キーチェーンは100円ショップやホームセンター、ネットショップなどで売られているので、ぜひチェックしてみてください。

スマートキーの電波を遮断するケース

スマートキーは、車と電波でやり取りをすることで、操作を可能にしています。基本的には、電波でのやり取りは、スマートキーと車が近くにあるときにしかできません。しかし、特殊な装置を使って電波を増幅させれば、車とスマートキーが離れていても操作ができてしまいます。こうした特性を利用して、車を盗難する被害が起こっているのです。

電波での被害を防ぐには、電波を遮断するケースにスマートキーを入れておくのが有効です。ケースはカー用品店やネットショップで売られているので、確かめてみてください。

紛失防止のアラーム

紛失を防ぐためには、”スマートタグ”を取りつけるのも有効です。スマートタグとは、スマートフォンと連動して鍵などの紛失を防ぐアイテムになります。スマートタグをスマートフォンとBluetoothでつないでおくことで、スマートタグとスマートフォンが離れたときにアラームが鳴るのです。

スマートタグをスマートキーに取りつけておけば、スマートキーが落下したときや置き忘れたときでもアラームが鳴ってすぐに気づくことができるでしょう。

車の鍵を紛失した際に知っておきたい!スマートキーを作るのにかかる費用

スマートキーを新しく作成する場合、ディーラーに依頼すると3,000~2万5千円程度、鍵業者に依頼すると1万3千~4万円程度の費用がかかります。ただし、イモビライザーが搭載されているものは、より高額となります。

業者がディーラーよりも高額になるのは、現地までのガソリン代がかかったり、緊急対応の付加価値がついたりするからです。費用を抑えたい方は、ディーラーに依頼するとよいでしょう。

ただ、業者のほうがすぐに鍵を作製してくれる可能性が高いため、すぐに鍵が欲しいというときには、業者に依頼するのがおすすめです。

スマートキーを紛失した際に知っておきたい!車の鍵を作成する業者の選び方

スマートキーの作成を業者に依頼する場合、どの業者に依頼してよいかわからない方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここからは鍵業者の選び方をご紹介します。自分に合った業者に依頼するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

仕事が早いかどうか

鍵を紛失したときには、できるだけ早く解決したいものです。そのため、すぐに来てもらえる業者に依頼するのがよいでしょう。

到着までの早さを判断するためには、全国に加盟店や支店があるかどうかを確認しておくのが有効です。全国に加盟店や支店があれば、現地に近い場所から駆けつけてもらえるため、早く解決してもらえる可能性が高いのです。

スタッフの対応が丁寧かどうか

車のスマートキーを紛失した際は一体どうすれば良いの?鍵の管理について解説

業者を選ぶ際は、スタッフの対応が丁寧かどうかも確認しておきましょう。車の鍵を紛失してしまったときには、不安を抱えていることでしょう。しかし、業者に丁寧に説明してもらうことで、そのような不安を少しでも払拭できるかもしれません。

業者に依頼する前に、電話口でいくつか質問をしてみて、スタッフの対応を確認しておきましょう。

サービスが充実しているかどうか

サービスが充実しているかどうかも、鍵業者を選ぶときに確認しておきましょう。とくに、アフターフォローの有無を確認しておくことは大切です。

アフターサービスがついている業者に依頼すれば、「鍵を作成してもらったけどうまく回らない」などのトラブルが起きたときでも、すぐに対応してもらえることでしょう。業者に問い合わせたりホームページを確認したりして、アフターフォローの有無を確認しておいてください。

まとめ

スマートキーを紛失したら、心当たりのある場所を探し、警察に相談しましょう。それでも見つからなければ、鍵業者に依頼して対処してもらってください。

また、インロック・電池切れ・盗難など、車の鍵の紛失以外もスマートキーによるトラブルがあります。そういったトラブルを防止するためには、車に鍵を置き忘れていないか確認する・電池を定期的に交換する・盗難防止アイテムを使うなどの対策が有効なので、試してみてください。

また、生活110番では、鍵業者をご紹介します。鍵を紛失してお悩みの方は、弊社までご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

鍵トラブルを迅速に解決!
到着までにかかる時間 最短5
※対応エリアや加盟店によって変わります
あらゆる鍵トラブルをスピーディーに解決! 全国各エリアに多数の加盟店がいるから到着が早い!24時間受付対応だから深夜・早朝でもすぐに駆け付けます!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
家の玄関、ビル・シャッター、バイク・車、金庫など、あらゆる鍵トラブルをお任せください。
鍵のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-23 15:26:36
https://www.seikatsu110.jp/key/ky_repair/193165/
鍵の修理・防犯
車のスマートキーを紛失したときには、慌てず、適切に対処することが大切です。そうすることで、キーを発見できる可能性が高まるからです。しかし、鍵を紛失したとき、どのように対処してよいかわからなくなる方も多いでしょう。そこでこの記事では、スマートキーを紛失したときの対処法をお伝えします。また、車の鍵の紛失以外もスマートキーによるトラブルが起こることがあるのです。この記事では、スマートキーを使ううえでの注...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

鍵の修理・防犯 鍵開け・交換・修理

鍵開け・交換・修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

鍵開け・交換・修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!