生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

【BSが映らなくなったとき】慌てる前にこのコラムから読んでください

2017-12-26

急にBSが映らなくなった!?BS/CSが映らなくなったときの対処法とは?

「BSが急に映らなくなった!?」いつも見ていたテレビが、急に映らなくなると焦ってしまいます。電波やケーブルはよくわからない、と業者にすぐ相談しようと思いがちですが、少し確認をするだけですんなり解決する場合もあります。今回はBSが映らなくなったときにすることを解説します。

おすすめアンテナ工事サービス

【E202 受信できません】が表示されていたら

BSを視聴しようと思ったら「E202」というエラーが出ることがあります。これは各メーカー共通のエラーメッセージで、何らかの理由で電波が受信できない状態にあることを示します。
ではこのエラーは、なにが原因で表示されるのでしょうか。

テレビの調子が悪い

テレビを起動するときにケーブルとのやり取りがうまくいかないと、エラーが出る場合があります。この場合はテレビを再起動すればなおることが多いため、一度電源を切って再度電源を入れてみましょう。BS/CSが映らなくなったら、まずこれを試すとよいです。

受信環境

屋外にあるアンテナは天候の影響を受けやすく、受信できない場合があります。またアンテナが向いている方向に背の高い建物や樹木がある場合は、安定して電波を受信することができません。角度が原因なら電波を受信できる角度になおし、天候が原因の場合は天候の回復を待ちましょう。

ケーブルの接続

BS/CSの視聴においてE202エラーが出る原因として、ケーブルが正しく接続されていないということがよくあります。BS/CS入力端子に正しく接続されていること、そしてゆるみがないことを確認しましょう。

アンテナレベル

受信できる環境は整っていてもアンテナレベル(受信した電波の強さ)が弱いと画面が乱れ、最悪の場合E202エラーが出ます。
      【E202 受信できません】が表示されていたら

突然映らなくなったときの確認手順―アンテナレベルの調べ方

ではBSが映らなくなったとき、アンテナレベルが原因の場合はどのように調べればよいのでしょうか。アンテナレベルの確認方法には2つあります。

リモコンでの調べ方

アンテナレベルは、お使いのテレビから調べることができます。テレビの機種によって確認方法は異なりますが、基本的には以下の手順で調べることができます。

 1.地デジ・BS・CSなどアンテナレベルを調べたい放送にあわせる
 2.リモコンのメニューボタンなどから設定を開く
 3.設定のなかのアンテナ設定からアンテナレベルを確認する

以上の手順でアンテナレベルを確認できるはずです。

レベルチェッカーを使った調べ方

レベルチェッカーとはアンテナや電波を増幅させるブースターのレベルを測定する機器です。強度だけでなく、信号とノイズの比率から電波の品質も調べることができます。
測定の仕方はアンテナケーブルをレベルチェッカーに直接つなぐだけで、簡単に測定することができます。

調べたアンテナレベルが、基準をこえていれば安定して視聴することができます。BS放送の場合、基準はレベル50程度といわれています。基準に達していない場合は画面が乱れるか視聴できない場合があります。
アンテナレベルが0になっている場合は接続ができておらず、テレビまで電波が来ていないことになります。一度接続を確認し、再度アンテナレベルを見てみましょう。
      突然映らなくなったときの確認手順―アンテナレベルの調べ方

ブースターは大丈夫?チェックポイント

BS/CSはアンテナが原因で映らないということがありますが、ブースターを利用しているアンテナはそちらが原因の場合もあります。ブースターは電波を増幅させる役割をもち、受信する電波の弱いアンテナに取りつけて利用される機器です。ブースターが原因でE202エラーが出る場合には次のようなものがあります。

電波を増幅させすぎている

ブースターではゲインとよばれる、どれだけ電波を増幅させるかという値を設定します。このゲインが大きすぎると電波が極端に増幅され、BSやそのほかの放送が映らないということになってしまいます。

電波が逆流している

同じくゲインを大きくしすぎたときにおこる障害です。ゲインを大きくした状態でアンテナの近くにブースターを設置すると、増幅した電波をまたアンテナが受信してしまい繰り返し電波を増幅させてしまいます。この状態が続くと電波がアンテナから逆流し、受信障害だけでなく周囲への妨害電波となってしまうおそれがあります。

いずれも増幅させ具合が原因でおこるため、適度なゲインを設定するようにしましょう。

そもそもアンテナが古すぎる?安定してBSを視聴する方法

ケーブルやブースターに異常がないにも関わらずエラーが出る場合は、アンテナが劣化している可能性があります。アンテナの劣化には単純な経年劣化と、雨風にさらされることによる劣化があります。アンテナの設置からかなりの時間が経過しているなら、一度アンテナの劣化具合を確認した方がよいかもしれません。

寿命がきている場合は新しく買いかえる必要があります。最近のアンテナは設置する環境などにあわせて多くの種類が販売されています。また、デザインアンテナとよばれる見ためや景観を意識したものもあります。買い換えの機会に、アンテナにこだわってみてはいかがでしょうか。

デザインアンテナについては、過去コラム「デザインアンテナのメリットとは?その人気の秘密に迫る! 」でもご紹介しています。あわせてご覧ください。
      そもそもアンテナが古すぎる?安定してBSを視聴する方法

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

急にBSが映らなくなったら慌ててしまいますよね。でもそんな時は落ち着いて原因を突きとめることが大切です。ケーブルが抜けていないか、電源を入れなおしても受信できないか、まずは簡単なことから確認してみましょう。意外とすんなり映るようになるかもしれません。ブースターを使っている方は要注意です。電波を増幅させすぎるとBSやほかの放送が映らなくなってしまいます。ケーブルやブースターに異常がない場合はアンテナが劣化している可能性があるため、買い換えを検討することも重要です。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、くわしくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:3.6
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-26 16:39:35
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/14907/
各種電気工事
「BSが急に映らなくなった!?」いつも見ていたテレビが、急に映らなくなると焦ってしまいます。電波やケーブルはよくわからない、と業者にすぐ相談しようと思いがちですが、少し確認をするだけですんなり解決する場合もあります。今回はBSが映らなくなったときにすることを解説します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986