生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

これだけで解決!「BSが映らない」「エラー表示が出た」ときの解決法

更新日:2021-07-21

これだけで解決!「BSが映らない」「エラー表示が出た」ときの解決法

この記事は321082人に読まれています。

「BSが急に映らなくなった!」「BSの画面でエラー表示がされている」などのトラブルに見舞われたときは、まずアンテナレベルを確認して原因の目星を付けましょう。

BSが映らなくなる原因や適切な対処法を知っていると、修理業者に料金を支払わずに自力ですんなりと解決することができます。この記事ではBSが映らないときの対処方法についてご紹介していくので、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

トラブルの原因特定や修理には時間がかかることも多いため、「できるだけ早く直したい」という方はアンテナのプロに相談しましょう。原因特定や修理作業をすべてお任せすることができ、スピーディーかつ安全にトラブルを解決できるはずです。

BSが映らなくなる原因とは

BSが映らなくなる原因とは

BSが映らなくなる原因はさまざまですが、なかには自分ですんなりと解決できるものも少なくありません。例えば、BSが映らないときに次のエラー表示を見たことはありませんか?

E201・E202・E203エラーが表示される原因

テレビに関するトラブルのなかで起こることが多いのが、E201・E202・E203という名前のエラー。この状態のエラーはおもにアンテナのトラブルによる原因で起こることが多いものです。例えば、電機製品メーカーのシャープでは、以下のような原因でこれらのエラーが起こる可能性があるとされています。

症状(状況):エラー表示(E201/E202/E203)が出る
確認事項:診断を始める前に、エラー表示が出るおもな状況について説明します。

これらのエラー表示が出るおもな原因として、「テレビに、放送の信号が充分に届いていない」可能性があります。

例えば…
・アンテナ線の抜け、ゆるみ
・お住まいの地域の受信環境の影響で映らない
・天候の変化
などの理由で、テレビに届く放送の信号が弱くなり、エラー表示が出て、映らなくなる場合があります。

引用:シャープ株式会社

天候の影響といった一時的なものなら天候の回復を待てば改善されますが、アンテナ本体のトラブルや元々の電波環境が悪いといった場合は業者に依頼して改善してもらう必要があります。

エラーコード別の対処法

ここからはエラーコード別の意味や対処法をご紹介します。実際に表示されているエラーコードと照らし合わせて、対処法を試してみてください。

エラーコード「E201」

「E201」というエラーコードが出た場合は、電波の強度を表すアンテナレベルが下がっているということを意味しています。アンテナレベルが低下する原因としては

  • 雨や強風、雷などの天候不良によってうまく電波を受信できない
  • アンテナ線やアンテナ自治の不具合

などが考えられます。このエラーコードが出たときは、一度アンテナレベルを確認してみましょう。アンテナレベルの確認方法は次章(内部リンク:コンテンツ3)でご紹介します。

エラーコード「E202」

「E202」というエラーコードが出た場合は、電波を受信できていないことを示しています。
このエラーコードが出たときは、アンテナからのケーブル・コネクターが抜けていないか確認しましょう。

また、テレビのチャンネル設定の確認もしてみましょう。テレビのチャンネルの割り当ては地域によって異なりますので、引っ越し前の設定のままになっている場合は再設定が必要です。

エラーコード「E203」

「E203」というエラーコードが出た場合は、そのチャンネルが現在放送休止しているということを示してします。放送中のチャンネルに変更し、きちんと映るか確認してみましょう。

もしも放送中のチャンネルも映らないのであれば、何らかの不具合が発生しているおそれがあります。ケーブルの接続やアンテナレベルの確認をしてみましょう。

エラーコード「E100」「E101」

B-CAS(C-CAS)カードのトラブルです。きちんと挿入されているか、確認してみましょう。接触不良の場合もあるので、一度抜いて乾いた柔らかい布でやさしく拭いてから、もう一度差し込んでみてください。
それでも改善されないときは、カードの故障が考えられます。ご契約のテレビサービス会社へご相談ください。

エラーコード「E102」

B-CAS(C-CAS)カードではない、違うカードを間違えて挿していませんか?
いちど取り出し確認してみましょう。もしくは接触不良の場合もあります。
ホコリを取り除き、再度挿入してみてください。
それでも改善されないときは、カードの故障が考えられます。ご契約のテレビサービス会社へご相談ください。

エラーコード「E204」

配信していないチャンネルを選んでいます。
配信されているチャンネルに変えましょう。

エラーコード「E205」

ご契約されていないチャンネルを選んでいるようです。
視聴したい場合は、ご契約が必要です。テレビ視聴でご契約されているサービス会社へ相談してみましょう。

大まかな原因場所を【アンテナレベル】で確認する

大まかな原因場所を【アンテナレベル】で確認する

BSが映らないときは、アンテナレベルを確認すると大まかな原因がわかることもあります。アンテナレベルは、以下の手順でテレビ画面から確認することが可能です。

【アンテナレベルの確認方法】

  • テレビ画面のメニューから「本体設定」を選ぶ
  • 本体設定から「アンテナ設定」を選ぶ
  • アンテナ設定から「電源・受信強度表示」を選ぶ

手順を踏んでアンテナレベルの確認画面に入ると、テレビ画面には0~100の範囲内でアンテナ強度の数値(アンテナレベル)が表示されます。これが大きいほどアンテナの受信が強いということになります。

ちなみに、こちらも有名な電気製品メーカーのパナソニックでは、BS・110度CSデジタル放送における受信レベルの目安を「50以上」としています。これを基準として、アンテナレベルが50を切ることが多いのであればアンテナ受信状況の改善が必要になるでしょう。

参照元:パナソニック株式会社

アンテナレベルが0または推奨レベルより低いとき

受信がまったくされていないか、何らかの原因でアンテナレベルが大きく低下しています。そのときは、次章で説明する各機器の確認をしてください。接続が改善されてレベルが通常に戻ることがあります。

アンテナレベルが推奨レベルより高いとき

ブースターと呼ばれる電圧の増幅器に問題があるかもしれません。増幅させすぎると自分の家だけでなく、周囲への妨害電波になることがあります。ブースター本体に付いているつまみを操作してレベルが推奨レベルになるよう調整しましょう。

はじめにアンテナを調べよう

はじめにアンテナを調べよう

BSが映らないときは、はじめにアンテナを調べたほうがよいです。不調の原因は、実はアンテナに不具合が生じているケースが多いのです。その理由は下記です。

  • アンテナは天候の影響を受けやすい
  • アンテナは微調整して設置されている

このような理由があるため、アンテナは比較的何らかの不具合が起きやすいのです。アンテナの不具合を確認する方法はこちらです。

①アンテナの向きを確認する
アンテナは赤道上にある人工衛星に向けて設置されています。そのため日本の家庭からだと「南西方向」に向いていなければなりません。アンテナは強風により向きが変わることがあります。

ましてBS用のアンテナは1方向からの電波を受信するのには向いた形状をしていますが、多方面からの電波を拾うのは不向きな形状をしています。アンテナの方向はシビアに設定する必要があります。

A.自分で微調整する
アンテナにはねじが付いていて、ねじをゆるめて角度を調節することができます。アンテナは思っている以上に大きいため、作業していて落としてしまうなどのトラブルが起きないように、なるべく2人でおこなうようにしてください。微調整してテレビ画面を確認する作業を何度かおこないます。

B.アプリを使って微調整する
アンテナを調整できるアプリがあります。アプリを使うと正確な方向がわかり、微調整が1回で終わることがあります。

【BSコンパスios版】

②アンテナの近くに遮へい物がある
アンテナの近くに建物が建ったり何かものを置いていたりすると電波の受信が遮られて受信がうまくいかないときがあります。アンテナの設置場所を変えるか、受信を妨げている遮へい物を他の場所に移す必要があります。

もし遮へい物が移動させにくい場合は、アンテナの設置場所を変える必要がありますので、アンテナ工事の業者に依頼するのがいいでしょう。

③アンテナに雪が積もっている
冬などに大雪が降っていると、アンテナに雪が積もります。雪が電波の受信の邪魔をしているときがあります。雪を取り除けば正常に受信でき、BS放送の視聴ができます。

④アンテナの配線が外れている
アンテナは外にあるため、天候や動物による影響を受けます。そのため、アンテナから出ているケーブルなどの配線が外れていたり破損していたりします。そのときはきちんと付け直すかケーブルを購入して付け替える必要があります。自分でおこなえないときは業者に依頼するとよいです。またこの先ケーブルを保護したい場合はカバーを付けるやパテで守るなどの工夫が必要になります。

テレビの設定や配線を調べよう

BSが映らないときは、テレビの設定や配線に問題があるかもしれません。

テレビの設定や配線を調べよう

テレビの設定

テレビの設定には、アンテナへの電源を供給するかしないかの設定あります。その設定は、先ほどご説明したアンテナレベルを調べるときの「電源・受信強度表示」から「電源連動」を選択すると確認することができます。

電源連動の画面では、「入」と「切」を選択することができます。「切」になっているときはアンテナへ電気が送られていません。また、「入」になっている場合は、一度「切」にしてからテレビを再起動してみましょう。そして「入」に切り替えると直ることがあります。

引っ越し先では再設定が必要

引っ越し先でアンテナを取り付ける場合、元の住所のときと同じチャンネル設定・地域設定のままでは見られないことがほとんどです。住む地域によって視聴するための周波数が変わるため、再設定を必ずおこないましょう。

もしも引っ越し先がマンションで「共聴アンテナ」が設置されている場合は、マンション全体でその共聴アンテナを使用することになります。
もしも共聴アンテナを使用してBS放送が映らない場合は、以下の項目をチェックしてみましょう。

  • B-CASカードがきちんと挿入されているか
  • ケーブルがきちんと接続されているか
  • チャンネルの設定をしてあるか
  • ケーブルテレビに加入しているか

以上の確認をしてみても、特に問題がない場合はアンテナ本体に原因があるかもしれません。そのような場合はマンションの管理人や大家さんに相談してみましょう。

テレビの配線

テレビの裏にはコードを配線できる端子がたくさん付いています。テレビを移動するなどするとコードが端子から外れる場合があります。接続し直すためには次の方法を見てみましょう。

正しい端子に接続する

BSの壁面テレビ端子から出ているコードを、テレビ背面のアンテナ入力と書かれている部分の「BS/CS」という端子に繋ぎましょう。間にチューナーがあるときは、チューナーから出ているコードを使います。

レコーダーを使っている場合

レコーダーも使っている場合は、レコーダー背面の入力端子にBSの壁端子から出ているコードを繋ぎます。そして、レコーダーの出力端子からテレビ背面の入力端子にコードを繋ぎます。そのためコードがふたつないとBSが視聴できません。またレコーダーも使っているときは、同時にHDMIコードが必要です。レコーダーとテレビをHDMIコードで繋ぐ必要があります。

その他の配線や接続に原因があるとき

その他の配線や接続に原因があるとき

BSの視聴には、テレビ以外にもさまざまな配線を繋げなければなりません。それらの配線がすべてうまく接続されていないと視聴することはできません。また、配線に損傷があると新しいケーブルやコードを使用する必要があります。テレビ以外の配線には、次のような種類があります。

  • アンテナのコンバータとブースターを接続するケーブル
  • ブースターから室内に繋がるケーブル
  • 室内の壁面テレビ端子からチューナーに繋がるコード
  • チューナーからテレビに繋がるコード

これらのコードやケーブルの接続がしっかりおこなわれていなかったり、ペットによって噛まれて損傷していたりするときがあります。ひとつずつ確認していくと、途中でBS視聴ができるようになる可能性があります。

ここまでやっても直らなかった場合は?

ここまでやってもBSが映らない・原因が分からない場合は、自分ではどうにもならない異常がひそんでいることも。このような際には、まずは一度アンテナ業者に点検を依頼してみることをオススメします。

まずはしっかり原因だけでもはっきりさせてもらうと不安もなくなりますし、その後の行動や対処のしかたも考えやすくなります。もし自分ではどうにもならなければそのまま依頼、という流れもスムーズですね。

点検依頼を検討されるのであれば、ぜひ弊社の無料電話窓口をご活用ください。すぐにお近くの提携業者を選定し、ご紹介。最短即日で、プロの業者がご対応いたします!

まずは見積り・調査してほしい、というようなご要望ももちろん可能。見積り確認後でもキャンセルOKですので、ご安心ください。

窓口は、24時間365日受付対応しております。BSが映らない原因についてお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

そもそもアンテナが古すぎる?安定してBSを視聴する方法

そもそもアンテナが古すぎる?安定してBSを視聴する方法

ケーブルやブースターに異常がないにも関わらずエラーが出る場合は、アンテナ自体が劣化している可能性があります。というのも、基本的にアンテナは屋根の高い位置に立てられており、雨や風などの自然現象の影響をとくに受けやすいのです。なお、以下のようにアンテナの寿命はおよそ10年程度だといわれています。

“アンテナは設計上の標準使用期間は10年とされています。
それ以上使用できる場合も少なくありませんが、10年以上経過したら交換を検討する時期となります。
アンテナは普段目にすることがあまりない位置に設置されていることが多く、気に留められる方も少ないと思いますが、10年という節目で一度状態確認をされることをお勧めいたします。
少しでも問題ヶ所があれば早めに修繕されるか、交換されることをお勧めいたします。”

引用:Star Antena

もし経年劣化が目立ち、アンテナの受信トラブルが多くなってきたらアンテナの交換を検討してみてください。最近のアンテナは設置する環境などにあわせて多くの種類が販売されています。また、デザインアンテナとよばれる見た目や景観を意識したものもあるため、自身の希望やこだわりに合わせて選ぶのもよいでしょう。

デザインアンテナについては、過去コラム「デザインアンテナのメリットとは?その人気の秘密に迫る! 」でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

BSが映らない時の原因は様々!一度アンテナのプロに相談するのもおすすめ!

BSが映らないときの原因はさまざまです。この記事でご紹介した解決法を試してみてもBSが映るようにならなければ、一度アンテナのプロに相談することをおすすめします。

個人で対応するのはリスクも様々

アンテナや配線関係にあまり詳しくない方だと、トラブルの原因を正しく判断するのは難しいと感じるかもしれません。色々試行錯誤してみたものの、失敗して状況を悪化させてしまう恐れもありますので、自信のない方はプロにまかせたほうが安心です。

また、アンテナが屋根の上に設置されている場合、高所での作業には危険がともないますので注意が必要しましょう。

プロに依頼するメリットも多い

アンテナのプロは知識や経験が豊富なため、様々な種類のアンテナに対応することができます。これまで培ったノウハウを活かし、電波状況にあわせベストな工事方法を提案してくれますので電波が弱いエリアであっても心配はいりません。また、どんな設置場所の工事でも対応が可能ですので、安心して任せることができます。

プロに頼む相場感

プロに依頼した際の費用相場がどのくらいなのか不安になる方も多いことでしょう。工事費用はアンテナや家の状況によって異なりますが、目安として以下を参考にしてください。

アンテナ修理の費用相場
調整・点検 5,000円~10,000円
配線の交換 10,000円~
ブースターの交換 10,000円~15,000円
アンテナの交換 20,000円~

テレビ・アンテナのトラブルなら生活110番が便利!

生活110番では、全国に加盟店がございます。そのため、お客様のご希望に合わせたアンテナ業者をお探しすることができます。
ご相談・現地調査・見積りはすべて無料。正式なご契約前でしたら。いつでもキャンセルいただけます。
お見積り後の追加費用はかからずキャンセル料もいっさいございません
お電話をいただければすぐに業者を選定し、お客様のもとへ派遣いたしますのでぜひご活用くださいませ。

オペレーターがヒアリングして最適な業者をご紹介!

窓口は、24時間365日受付対応しております。「今日中に対応してほしい」「土日に対応してほしい」などのお客様のご都合にあわせた日程でスタッフがお伺いいたします。

まずは、どのようなことでお困りか、トラブル内容やお悩みをお電話でお聞かせください。
どんな小さなことでもおまかせを。弊社「生活110番」スタッフは、喜んで応対させていただきます。

お問い合わせの流れ

お電話でお問い合わせいただいた場合の流れは以下のとおりです。

  1. お困りごとの状況やご要望、お客様の情報をお伺いいたします。
    (対応希望のエリア(郵便番号・ご住所等)と、電話番号、氏名、お困りごとの詳細(例:エアコン工事の場合 メーカー名・品番など)を分かる範囲でお知らせください)
  2. お伺いした情報をもとに、対応可能な提携業者をお探しいたします。
  3. ご紹介後は提携業者と直接やり取りいただく流れとなります。

お問い合わせ方法はお電話のほか、メールやチャット、LINEでも承っております。
ご都合のよい方法でお気軽にご相談ください。
みなさまからのご利用、お待ちしております。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,800円~
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
224投票,  平均評価値:3.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!