生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

「BS」と「CS」の違いは何?見る方法やアンテナについて解説

2018-08-09

「BS」と「CS」の違いは何?見る方法やアンテナについて解説

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

最近よく耳にする「BS放送」や「CS放送」。これらをテレビで見たいという人も増えてきているのではないでしょうか。

本コラムでは、それら「衛星放送」を自宅で見る為に必要なものや、それぞれの違い、同じアンテナで視聴することができるのかどうかなどについてご紹介していきます。

衛星放送を視聴したい、BSとCSの違いが分からなくて不安、という人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめアンテナ工事サービス

そもそも衛星放送ってなに?

衛星放送とは、上空約36,000㎞にある人工衛星を利用し、そこから発信される電波をそれぞれの自宅、テレビなどで直接受信して視聴することができる放送形態です。

恐らく誰もが見たことのある白いパラボラアンテナは、この衛星放送を受信するためのアンテナです。

地上波放送というのは文字通り地上に設置してある多くの中継局を利用して電波を送信するシステムですので、根本的なフィールドが違います。

地上波放送は高低差や遮蔽物に弱く、たくさんの中継地点を設ける必要があるのに対し、衛星放送はたった一つの衛星で日本列島全土を網羅して電波を送ることができます。

空から送信してくるわけですから、山や島、盆地などといった地形の問題など全くお構いなしにすることができるわけです。

ちなみに、日本で初めての衛星放送は1978年、種子島宇宙センターから打ち上げられた衛星「ゆり1号」によるものです。

なんだかつい最近のシステムのように感じますが、2018年現在からみて40年も昔には衛星放送の基盤ができていたのです。

そしてBSとCSの違いとは、これらの点とは違うところにあるのです。

そもそも衛星放送ってなに?

ズバリ!BSとCSの違いとは

では、よく聞く「BS」と「CS」の違いっていったいどういうものなのでしょうか。名前は知っているし利用もしているけど、正直なんなのかイマイチ知らずに使っている…という方も多いでしょう。まずはこれらについて簡単にまとめ、比較していきましょう。

BSとは

「BS」とは、「Broadcasting Satellite(ブロードキャスティング サテライト)」の略で、日本語に訳すとそのまま「放送衛星」あるいは「衛星放送」です。

その名の通りもともとは放送のために作られた衛星で、先ほど触れたように、地形に左右されず広範囲にテレビ電波を送信することを目的としています。

また、放送範囲の拡大だけでなく、衛星による画質の向上も見込まれたため、BSは高画質ハイビジョン番組を多く取り扱っている傾向があります。

料金は基本無料です。WOWWOWやスターチャンネルなど一部、契約を必要とするチャンネルも存在しまず。

CSとは

「CS」とは「Communications Satellite(コミュニケーション サテライト)」の略で、日本語に訳すと「通信衛星」を意味します。

BSがテレビ放送を目的として作られた衛星であるのに対し、CSは当初、通信を目的として作られたものでした。国から認められた企業や専門の業者などの機関しか利用できないもの、というのが「CS」の始まりでした。

現在は1989年に改正された放送法にのっとり、BSと同様に一般に向けたテレビ放送をおこなうようになっています。

放送チャンネルの傾向としては、スポーツや映画、動物のドキュメンタリーなど、BSに比べ専門的なものを数多く放送しています。

料金は無料ではなく、スカパーと契約する必要があります。日本でCS放送を行っているのがスカパーのみであるからです。

以上のようにさまざまな違いがありますが、BS、CSともに「衛星放送」であることには変わりはありません。

ズバリ!BSとCSの違いとは

BSとCSは同じアンテナで受信できる?

結論から言えば「可能」です。

当初はそれぞれの衛星が別の軌道上(BS:東経110度、CS:東経124度と128度)にあったため、対応するための受信機がBSとCSで違い、それぞれ別々に必要な時期がありました。

ところが2002年になると、「110度CS放送」というものがBSと同じ方角に作られたため、晴れてBSとCSは同じアンテナでも受信することができるようになったのです。

BS/CS放送を視聴するためには

では、どのようにこれらの放送を視聴すればいいのかについてご紹介していきます。

現在はBSとCSに違いはあまりなく、同じアンテナでどちらも視聴することができる、と先ほど述べましたが、もちろんアンテナなら何でもいいというわけにはいきません。

BS、CSをどちらも1つのアンテナで視聴する場合は110度のCS放送に対応した「BSアンテナ(パラボラアンテナ)」と、衛星放送に対応した「チューナー」が必要になります。普段見ることの多い地上波番組用のアンテナ(UHFアンテナ)のみでは決して視聴することは出来ません。

また、BS、CS放送の中でさらに有料チャンネルを利用したい場合、有料放送用のケーブルを取り付ける必要がありますので、別途業者に相談してください。

BS/CS放送を視聴するためには

BS/CSアンテナの設置工事について

基本的に、アンテナ設置工事はプロの業者にしっかり依頼しましょう。

BS/CSのアンテナは主に屋根の上や最上階のベランダといった高所に設置します。工事にかかる時間は案外短く、2~3時間で完了できるところがほとんどのようです。

アンテナ自体の価格は基本的に約4,000~9,000円が相場ですが、もちろん工事費用が別途かかってきます。

工事費用は業者によって大きく異なり、相場は約15,000~60,000円にもなります。実際に工事を依頼する際は、いくつかの候補を挙げて慎重に依頼先を決めていきましょう。

必要のないものまでサービスに入っていたり、ほかの機材とセットで工事するコースしかないといった場合があったりするため、BS/CSの違いと自分が求めているものをしっかり覚えておくのが一番です。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

BS/CSの違いは、

・作られた当初の目的
・放送しているチャンネルの傾向(BS…高画質、ハイビジョン/CS…専門的)
・一部無料(BS)か全部有料(CS)か

が主なものとして挙げられます。どちらも衛星を使って送受信する放送であり、現在は一般向けなので特別とっつきにくいということも難しいということもありません。

また、どちらも1つのアンテナで視聴することができ、工事は1日数時間の暇があれば完了してしまいます。

悩んでいる人はこの機会にぜひ、思い切ってアンテナを設置してはいかがでしょうか。

アンテナ交換を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

弊社調べの最安値 15,000円~

弊社調べの最安値 15,000円~

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-09 15:54:08
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/106644/
各種電気工事

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

おすすめ記事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986