ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除業者比較 目安料金について 建坪20坪の住宅でゴキブリ駆除をご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
56社のうち51 - 56件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

ゴキブリ駆除:
18,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

一匹からでも駆けつけます!

ゴキブリ駆除は、一匹から何匹いるのかわからないものまでお任せください!ゴキブリ駆除のプロが殲滅致します! 続きを読む

サニシステム

対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県邑楽郡邑楽町中野885-4
  • 低価格で丁寧な仕事

ゴキブリ被害は当社にご相談ください!皆様の期待に全力で応えます!

ゴキブリの発生を防ぐにはまず侵入口を塞ぐことが肝心です。家の中には排水溝や換気扇などのようにもともと開いていた穴もあれば、壁の亀裂のように経年劣化が原因で出来た穴もあります。家の中で見かけるゴキブリのほとんどは、こうした穴を通って外からやって来たものです。しかし中には、人に見つかりにくくゴキブリにとって最適な穴を巣にして繁殖するものもあります。... 続きを読む

他対応カテゴリ
シロアリ駆除
ゴキブリ駆除

ファミリークリーン

対応エリア:
北海道  
所在地:
北海道千歳市自由ケ丘3丁目20-6
  • 低価格で丁寧な仕事

ゴキブリを発生させない清潔な空間をご提案いたします!

【定期的に清掃を行いましょう】 私たちの生活の基盤となっている住宅は、常に気持ちの良い空間でありたいものですよね。生活臭が染みついたお部屋であれば、外で人と出会った際に悪い影響を与えてしまいます。会社勤めの方であれば、仕事に支障が出てしまうおそれもありますので、小まめな換気や定期的な清掃を行っておきましょう。もしも室内の環境維持を怠ってしまえば... 続きを読む

他対応カテゴリ
ハチ駆除
シロアリ駆除
ゴキブリ駆除
害虫駆除

株式会社札幌サニター

対応エリア:
北海道  
所在地:
北海道札幌市東区中沼西三条
  • 低価格で丁寧な仕事

株式会社札幌サニターがお客様の住環境を守ります

株式会社札幌サニターは、環境に配慮しながら北海道民の方がより住みやすい環境になる様にサポートしている会社です。温暖化によって、これまで生息していなかった生物が北海道に移り住む様になってきました。それによって、私たちの住環境に悪影響を及ぼしている事は、目を潰れない事実です。例えば本来寒さを嫌うゴキブリが、気候や室内を暖める電化製品の普及によって北... 続きを読む

他対応カテゴリ
ハチ駆除

株式会社ビソーテック

対応エリア:
東北  
所在地:
青森県弘前市鷹匠町
  • 低価格で丁寧な仕事

衛生環境を大切に・・・ゴキブリ駆除致します!

【設立は2008年5月】 当社「株式会社ビソーテック」は、2008年5月に設立された会社でございます。時が経つのは早いもので、もう5年以上は経ちました。それ以来、ハウスクリーニング関連のご依頼を承ってきましたが、他にもサービスを展開しているのが当社の特徴です。 その1つがゴキブリ駆除です。ゴキブリはどこのご家庭でも発生しうる生き物。サイズが小さいので、人間... 続きを読む

他対応カテゴリ
ハチ駆除

便利屋!お助け本舗 鳥取駅前店

対応エリア:
関西 / 中国・四国  
所在地:
鳥取県鳥取市岩倉403
  • 低価格で丁寧な仕事

便利屋お助け本舗 鳥取駅前店はお客様がお困りの際にはいつでも対応します

便利屋お助け本舗 鳥取駅前店は、地元を中心に便利屋として活躍しております。日常生活のお困り事に関しては、弊社にお任せ下さい! 【安心して弊社にお任せ下さい】 弊社は24時間体制で、365日営業しております!土・日・祝のご依頼も、喜んで対応致します。弊社は作業内容や曜日によって、料金が変わる事はございません。安心出来る価格でご満足頂けるサービスをご提... 続きを読む

他対応カテゴリ
ハチ駆除

生活110番おすすめサービス

ゴキブリ駆除:
18,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

一匹からでも駆けつけます!

ゴキブリ駆除は、一匹から何匹いるのかわからないものまでお任せください!ゴキブリ駆除のプロが殲滅致します! 続きを読む

ゴキブリ駆除業者をエリアから探す

ゴキブリ駆除に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ゴキブリ駆除について

  • 市販品でのゴキブリ対策の限界について

    皆さんは自宅でゴキブリに遭遇したことはありますか?ゴキブリは何処からでも住宅に侵入してくるので、例え毎日綺麗に掃除していても、対策は立てておいたほうが良いでしょう。一般的にはゴキブリの対処は市販のスプレーや粘着シートなどを使ってゴキブリ駆除するのですが、市販のゴキブリ対策商品では、完全に家からゴキブリを追い出すのには限界があります。例えば、ゴキブリ捕獲用の粘着シートは、設置されエサに釣られて集まってきたゴキブリを、粘着シートで逃がさない仕組みになっていて、身動きがとれないゴキブリはそのまま死んでしまうわけですが、その方法で家にいる全てのゴキブリ駆除をするには無理があり、卵を持っているゴキブリが粘着シートに掛かったとしても、卵から出てくる小さなゴキブリの半分以上は、粘着シートの外に出て行ってしまいます。スプレー式のゴキブリ用殺虫剤も、目の前にいるゴキブリは駆除出来るかもしれませんが、家の至る所にいるであろうゴキブリを駆除出来る訳ではありません。またすぐに遭遇することになるので、たまたま見える場所に出てきたゴキブリの駆除が出来るというだけなのです。人間は、長い人生の中で最低でも3匹のゴキブリを食べているという話があります。それは、夜寝ている間に口の中に入ってきたゴキブリを、そのまま無意識の内に食べてしまうからです。つまりゴキブリは、見えなければ良いという話ではないのです。ゴキブリは様々な病原菌を持っているので、夜私達が見えていない所で、食器などの上を通っているかもしれません。ゴキブリが好む場所として冷蔵庫やシンクの下などがありますが、どちらも食事に係る場所です。ホウ酸団子などもありますが、これらは逆に、他の場所のゴキブリを家の中に寄せ付けてしまうことにもなります。もちろん食べたゴキブリはコロリと逝くのですが、エサが豊富な家の中で、わざわざ団子を食べたゴキブリの糞や死骸を食べる必要はないので効果は薄いでしょう。ゴキブリが共食いするのは、エサが無くなった時なので、どこにでも侵入出来るゴキブリに、家の中に巣がある状態で餌がなくなる事はそうそうありません。なんせゴキブリは髪の毛1本あれば半年は生きられるそうなので、団子の効果は薄いと言えます。ゴキブリ駆除業者の場合は、市販の薬剤ではなく、業務用の物を使い、専用の機具で散布していくので、持続性があり通常では届かない所まで効果を発揮してくれます。飲食店などがゴキブリ対策を市販の物で駆除しようとせず、業者に依頼して駆除してもらうのは、市販のものではゴキブリを駆除しきれないからです。本気でゴキブリを家の中から全て駆除したい場合は、業者に依頼するしかないでしょう。

  • ゴキブリの予防法について

    ゴキブリは基本的になんでも食べます。食用じゃない物も食べます。糊。海苔じゃありません。紙を貼ったりするあの糊です。糞、髪の毛、フケ、ゴキブリの死体、ゴキブリの糞、ダンボール等を食べます。このように、食用でないゴミのような物も普通に食べるので油断はできません。おちおちゴミでも放置をしておくことはできませんね。部屋の掃除もこまめにしときましょう。基本、食べれる物であれば何でも食べると思われがちですが、実は嫌いな食べ物があります。それは、塩と柑橘類です。塩を食べると脱水症状になり、柑橘類の果物の汁を浴びると動けなくなるそうです。ハーブのニオイも苦手としているようです。小皿に塩を盛り、レモン汁とハーブの汁を垂らすとそれがゴキブリを予防してくれます。ですので、それがゴキブリの発生を予防する物になります。また、家の換気をこまめに行いましょう。ゴキブリが発生するのは暖かい春から夏にかけてですが、寒い冬は成長の時期になります。冬は換気を頻繁に行い家の中の温度を低くすることによってゴキブリ対策になるようです。ゴキブリは寒いのが苦手です。低温の中では生きづらく、産卵と成長が不可能になるのです。動きも鈍くなるようです。特に、チャバネゴキブリは寒さに弱く、20度以下だと幼虫が成長できないのです。外から家の中にゴキブリを侵入させないことも大切です。ゴキブリの外からの侵入口というのは、風呂場の排水口、窓。キッチンの排水口、窓。トイレの窓。換気扇。玄関。窓。です。こういった隙間は塞ぎましょう。塞ぐと言っても完全に塞ぐのではなく、ゴキブリが侵入できないように網目を張っておきましょう。塞ぐことができない場所にはその付近に殺虫剤をまき散らしておきましょう。また、巣も作らせないようにしましょう。ゴキブリは狭い場所、湿気の多いところ、エサになる物が多くある場所、暖かい場所を好みます。それらの場所に巣を作ります。キッチンは最も巣が作りやすい場所です。ガスコンロの下、鍋やフライパンを入れておく収納棚、冷蔵庫の裏にゴキブリはよく住み着きます。このような隙間は、テープ、クーラーのホースに使うパテを使って塞ぎましょう。アシダカグモというクモをご存知でしょうか。アシダカグモは、ゴキブリを主食にしています。しかし、アシダカグモは10cm以上成長するので人間には凄いインパクトを与えます。もし、家の中でアシダカグモを見かけても殺したり追い出さないようにしましょう。アシダカグモはゴキブリ駆除をしてくれるハンターになってくれます。

  • ゴキブリがもたらす害について

    「害虫」の代表と言えばゴキブリではないでしょうか。「害虫」とはその名の通り「害」のある「虫」です。人間に様々な「害」を与えてきます。では、どのような害を与えてくるのでしょうか。「害虫」といってもひとくくりではなく、様々な「害」を与えてくる「害虫」がいます。「害虫」の分類としては3種類の「害」を与えてくる「害虫」がいます。まずは「不快害虫」ただ、見た目が気持ち悪い「害虫」のことを「不快害虫」と言います。存在するだけで人間を不快な気持ちにさせます。人間に実害を与えることはなく、精神的な被害をもたらしてきます。代表的な「不快害虫」は、「クモ」「ヤスデ」「ゲジゲジ」等です。次に、「衛生害虫」です。衛生上の害を与えてくる害虫です。「菌」「ウィルス」などの病原体を持っており、その病原体のせいで人間が何かしらの病気になってしまいます。代表的な「衛生害虫」は、「蚊」「ハエ」「ダニ」「ハチ」等です。最期は、「経済害虫」です。経済上の実害の原因になる害虫のことを「経済害虫」と言います。物に害を与える「農業害虫」「食品害虫」「財産害虫」等がいます。シロアリが代表的な「経済害虫」になります。では、ゴキブリはどの「衛生害虫」になるのでしょうか。実は、3項目の「衛生害虫」全てにあてはまるのです。ゴキブリが何かしらの被害を与える害虫じゃなかったとしても、ゴキブリの姿というのはとてもインパクトがあり人間を不快な気持ちにさせます。あなたが訪れた飲食店でゴキブリを見たらどうでしょうか。そういったお店は何かしらの衛生的な問題があるお店でしょうし、そのお店に2度と行きたくなくなるでしょう。ゴキブリのほとんどは外から侵入してきますが、侵入してくる際に通る場所というのは「下水」「排水口」「トイレ」といった不衛生な場所が多いです。家の中で人目の付かないあまり掃除されていない場所を好んでそこを巣にします。ですので、ゴキブリには様々な雑菌が付着しているのです。ゴキブリに付着している雑菌というのは、「サルモネラ菌」「赤痢菌」「大腸菌」といったものです。ゴキブリの全身は「油膜」で包まれており、雑菌が付着していても感染をすることがないのです。そのゴキブリに家中を動き回られると、家の様々な場所に菌が付着してしまいそれが人間に感染してしまうのです。また、ゴキブリは何でも食べます。食べ物はもちろんですし、髪の毛、紙、糞まで食べます。棚の中に入っているお菓子なども普通に食べますから、みなさんはそのお菓子を食べる気にならないですよね、ゴキブリは暖かい場所を好み、家の中で常に暖かい場所といえば冷蔵庫の裏や電気ポッド、テレビやパソコンの内部といったところでしょうか。家電の基盤部分に侵入するので、それが原因で故障してしまいます。火災の原因にもなりかねません。これらが、ゴキブリが与えてくる「害」なのです。ですので、すぐにゴキブリ駆除をしましょう。

  • ゴキブリの出る時期と駆除しやすい時期

    ゴキブリは目にするのも嫌ですが、そのゴキブリが出る時期というのはいつごろなのでしょうか。ゴキブリは暖かくなってくる春過ぎごろに活動を開始します。みなさんの家によく出るゴキブリには、2種類います。「クロゴキブリ」家の中でよく見かけるゴキブリなのではないでしょうか。外と家の中を行き来しています。冬はベランダ、植木鉢、ダンボールの中などで卵か幼虫の姿で冬を越します。「チャバネゴキブリ」クロゴキブリと違い、家の中だけで生息しています。寒さに弱いので、冬は暖かくて暗くて狭し場所で大人しくしています。そんなゴキブリを駆除するのは、活動時期の前の春が狙い目です。気温が20度を超えないと発育しにくく、25度近くにならないと繁殖が難しいという特徴を持っています。冬の寒さで死んでしまうことも多い為、4〜5月は夏に比べて数がそこまで多くありません。幼虫の姿であるうちに駆除してしまえば、繁殖を防ぐことになるのではないでしょうか。ゴキブリの繁殖時期は春から秋にかけてなのですが、卵や幼虫の状態で冬を越します。ですので、秋に繁殖することが多くその季節に駆除をすれば効率良く駆除を出来るのではないでしょうか。繁殖期を迎える前の4〜5月に、くん煙式の殺虫剤で一度駆除を行いましょう。しかし、ゴキブリの卵というのは硬い殻で覆われているのでくん煙式の殺虫剤だけでは駆除することは出来ません。ですので、卵が孵化する1ヶ月後ぐらいを狙ってもう一度くん煙式の殺虫剤を使ってみましょう。最も活動が盛んになる7〜8月と、活動が落ち着いてくる9〜10月もくん煙式の殺虫剤を使っておくことをおススメします。外から侵入してくるゴキブリもいるので、侵入されやすい場所のポイントを絞ってスプレー式の殺虫剤をその付近にまき散らしておきましょう。くん煙式の殺虫剤やスプレー式の殺虫剤は薬局やホームセンター等で購入できますが、家庭にあるものだけでゴキブリを駆除するものが作れます。「ホウ酸ダンゴ」というのをご存知でしょうか。ホウ酸と砂糖と小麦粉と玉ねぎと水と焼き肉のタレを混ぜ、団子状にしてゴキブリが徘徊しやすい場所や侵入経路に置いておくとそのホウ酸団子をゴキブリが食べ、ゴキブリが死にます。そのホウ酸団子を食べて死んだゴキブリを、また別のゴキブリが食べるとそのゴキブリが死ぬという連鎖が続いていきます。最初にホウ酸団子を食べて死んだゴキブリの体内に、ゴキブリに対して有害なホウ酸がまだ残っているからなのです。ゴキブリは、柑橘類のニオイが嫌いです。柑橘類に含まれている「d-リモネン」という成分がゴキブリにとっては有害なのです。

0120-949-986