新潟県 解体工事

新潟県の解体工事業者比較 目安料金について 木造2階建て住宅(25坪)を解体する時にかかる1坪あたりの目安料金となります。

検索結果
4社のうち1 - 4件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

解体工事:
18,000円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

どのような構造の建物でも対応いたします

木造、鉄筋、鉄骨など、どのような構造の建物でも対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。 続きを読む

有限会社渡辺商事

対応エリア:
北陸 
所在地:
新潟県上越市柿崎区柿崎7036-1 
  • 無料現地調査実施

丁寧な仕事が自慢です!お見積りは無料ですので是非ご相談ください!

はじめまして、渡辺商事と申します。本日は弊社のページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 弊社は新潟県を中心として近郊の住宅の解体工事をしております。現地を見させていただき、まずお見積りをさせていただきます。ご納得をしていただいてからの工事となりますので、ご安心ください。ご実家等の解体をご希望で、遠方にお住まいのため、現地にいらっし... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

株式会社庭山組

対応エリア:
北陸 
所在地:
新潟県阿賀野市山口町1-6-22 
  • 低価格で丁寧な仕事

解体工事は住宅の業者におまかせ下さい!株式会社庭山組が請け負います!

私たち株式会社庭山組は建設業者として、これまで数多くの現場に携わってきました。それは家を建てる現場だけではなく、壊す現場にも関わっています。弊社は建設工事も請け負っていますが、同時に解体工事も数多く請け負っております。不用な建物を解体し、更地にすることで次の利用の下準備をする作業です。どうやって建物を壊していくのかは、建築の知識がないとできませ... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

有限会社日本環境

対応エリア:
北陸 
所在地:
新潟県上越市大日400-1 
  • 低価格で丁寧な仕事

解体工事はでお困りの際は日本環境にお任せください!

【信頼できる業者に依頼しましょう】 古くなった住宅の解体を行う際の業者選びは、しっかりと現地の確認をしてくれて、信頼のできる見積りを作成してくれる業者を選びましょう。事前にトラブルを防ぐため、近隣住宅に挨拶を欠かさないなどの配慮を行う業者が望ましいです。また、騒音に対する看板などの設置もしっかりと行えているかも業者選びの大きなポイントです。有限会... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

生活110番おすすめサービス

解体工事:
18,000円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

どのような構造の建物でも対応いたします

木造、鉄筋、鉄骨など、どのような構造の建物でも対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。 続きを読む

近いジャンルで選びなおす

新潟県の解体工事業者を市区町村から探す

解体工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

国勢調査によると、新潟県の人口は1997年の約250万人をピークに減少傾向となり、2016年2月時点では、約230万人になっています。この人口減少の理由には、18歳~24歳の若年層が進学や就職などの理由で県外に流出していることと共に、少子高齢化も挙げられます。このような人口減少はさまざまな問題を引き起こしますが、近年顕著になってきているのが空き家の増加です。過去に人口の増加に伴い需要も増えた住居が、所有者が高齢になったことにより管理が困難になり、また、将来相続人となり得る若年層が県内にいない状態であるということが、空き家の増加の要因となっています。空き家を放置しておくことで最も危険となるのは、建物の老朽化が進行してしまい、地域の景観を崩してしまったり、倒壊などが起こったりする可能性が出てくるために、近隣の安全性の確保が出来なくなるということです。 新潟県に属する新潟市では、空き家をはじめとする危険な建築物の所有者等の責務を明らかにすることを目的に、平成27年6月より「新潟市建築物の安全性の確保等に関する条例」を施行しています。この条例では、近隣に被害を与える可能性がある空き家などの「危険な状態にある建築物」の情報提供を市民から受けた場合に、市が現地や所有者の調査を行ない、是正の必要があると認められれば、所有者への改善の指導や勧告、所有者が不明である場合には必要最小限の「応急危険回避措置」を講じることが定められています。このようなことから、新潟県においては「危険な状態にある」と認められる前に空き家を適切に管理し、それが困難である場合には、解体工事を行なってその土地を売却することが最善策のひとつであるといえます。空き家の建物を残したまま土地を売却しようとしても、空き家のように老朽化した建物が付属した土地を欲しがる人はあまりおらず、購入に至ることはやはり難しくなってしまいます。さらには、売却の値段交渉の際、解体工事の費用を負担することを申し添えれば、交渉がスムーズに進む可能性も高まります。管理が行き届かない空き家とそれに伴う土地がある場合は、近隣の方の安全な暮らしを保護し、より高価格で売却するためにも、空き家の解体工事を行なうことが非常に有効な方法となるのではないでしょうか。

0120-949-986