宮城県 解体工事

宮城県の解体工事業者比較 目安料金について 木造2階建て住宅(25坪)を解体する時にかかる1坪あたりの目安料金となります。

検索結果
4社のうち1 - 4件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

解体工事:
18,000円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

どのような構造の建物でも対応いたします

木造、鉄筋、鉄骨など、どのような構造の建物でも対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。 続きを読む

K's工房

対応エリア:
東北 
所在地:
岩手県滝沢市巣子202-43 
  • 低価格で丁寧な仕事

解体工事のことなら豊富な実績と安心価格のK's工房にお任せ下さい!

【解体工事をお考えなら】 家が古くなってお困りの際は、解体工事を行って土地を有効活用することをお勧めいたします。解体工事は危険が伴う作業になりますので、調査やお見積りの段階で現地を確認する必要があります。弊社は豊富な施工実績とノウハウを持っておりますので安心です。解体工事をご検討されているなら、K's工房にお任せ下さい。解体工事を行う際は、近隣の住... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事
屋根工事
外壁塗装

友進

対応エリア:
東北 
所在地:
宮城県大崎市田尻蕪栗字小沢49 
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • スピーディーな対応

宮城県で解体工事のことでお困りなら是非当社までご相談ください!

【様々な建物の解体工事を行います】 建物の解体工事というのは、建てる時と同じ、場合によっては建てる時以上に危険がつきまといます。高所での作業は落下の危険があり、建物を解体した時の解体ガラが飛散して周囲の住宅や通行車、歩行者に当たれば大きな事故に発展するかもしれません。当社、友進では各種の解体工事をこなしてきたこれまでの実績が裏打ちする安全管理と... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事

有限会社アースクリーン・ネットワーク

対応エリア:
東北 
所在地:
宮城県岩沼市小川字上河37 
  • 低価格で丁寧な仕事

解体の事は有限会社アースクリーン・ネットワークにお任せください!

有限会社アースクリーン・ネットワークは、解体工事を業務として取り扱っております。もちろん解体に関わる産業廃棄物処理なども含めて、許可書を取得してあり、必要な書類の提出なども責任をもって行っております。解体にはつきものとも言える近隣トラブルを未然に防ぐためにも、当社では近隣の方々へのご挨拶を行い、期間や連絡先などの説明をしっかりと行います。解体工... 続きを読む

他対応カテゴリ
解体工事
屋根工事

生活110番おすすめサービス

解体工事:
18,000円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

どのような構造の建物でも対応いたします

木造、鉄筋、鉄骨など、どのような構造の建物でも対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。 続きを読む

近いジャンルで選びなおす

宮城県の解体工事業者を市区町村から探す

解体工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

1980年以降、東方地方の中でも最も多い人口を記録し続けている宮城県は、県庁所在地となっている仙台市に人口が一極集中しており、その割合は県全体の約45%を占めています。この人口集中率は、京都府に次いで全国第2位の高さとなっています。日本では、高度成長期の人口増加に伴い供給される住宅も急増しましたが、この傾向は、宮城県でも例に漏れず見られたものでした。しかしながら、国勢調査が開始されて以来、増加の一途を辿っていた宮城県の人口が、少子高齢化の影響もあり、2005年には初めてマイナスに転じました。これらのことを鑑みて懸念されるのは、管理不全の空き家の増加です。住宅の所有者が高齢になったことにより、管理する人がいない、相続人がいないというような事情で放置されたままになっている空き家が、宮城県全体でも増えてきているのです。宮城県独自では空き家対策のための条例は設けていませんが、国により策定された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、雑草が繁茂している、建物が老朽化しているなど、周囲に危険や不利益を与える可能性がある空き家であるのにも関わらず適切な対処がされていないものについては、所有者に指導や助言、さらには勧告や命令などの対応が、各自治体からされることになっています。勧告を受けた場合、固定資産税等の軽減の特例から除外されますし、命令に違反してしまうと、50万円以下の過料を科されることになります。このような事態を避けるためには、放置している空き家があるのであれば解体工事を行ない、解体工事により土地を更地にし、売却を検討することが有効な手段のひとつになります。なぜなら、土地を購入する際、放置された空き家のような老朽化した建物が残ったままですと、購入者自らが解体工事の費用や時間などを負担しなければならないですし、いくら建物付きであったとしても、老朽化したものであれば購入に躊躇されてしまい売却までに時間がかかり、その分価値が下がってしまうことになるからです。宮城県で空き家の管理が困難で土地を売却してしまいたいという所有者の方は、少しでも高い価格で売却するためにも、まずは空き家の解体工事のご検討から始めることをオススメいたします。

0120-949-986