羽アリ駆除は自分でできる?方法や見分け方を押さえて羽アリ対策をしよう|おすすめ業者&費用も紹介

2021.9.14

羽アリ駆除は自分でできる?方法や見分け方を押さえて羽アリ対策をしよう|おすすめ業者&費用も紹介

羽アリは2種類いるということをご存じでしょうか?羽アリには、シロアリとクロアリの2種類が存在し、その種類によって引き起こされる被害駆除方法が異なります。家で羽アリを発見すると、家を壊されてしまうのではないかと心配になりますよね。

しかし、すべての羽アリが木材を食べるわけではありません。また、羽アリの駆除は自分でおこなうことも可能ですが、業者への依頼が必要な場合もあります。今回は羽アリの見分け方と、駆除方法についてご紹介します。

羽アリ駆除のPOINT

すぐに羽アリを見分けて必要な対策をおこないたい場合は、専門業者による無料点検がおすすめです。なぜなら、羽アリは一度駆除しても根本から解決しない限り、再び発生してしまうからです。

【無料点検でわかること】

発生した羽アリがシロアリなのかクロアリなのか
住宅付近にシロアリの巣があるのか
住宅に被害(シロアリによる食害)が出ているのか
被害が出ている場所や被害の程度
羽アリの再発生を防ぐために必要な施工内容と料金

無料点検は現在発生している羽アリの駆除だけでなく、再発生の防止や被害状況の確認においても役立ちます。下記より「生活110番」までお気軽にご相談ください。

羽アリには2種類(シロアリ/クロアリ)それぞれの特徴

シロアリの羽アリとクロアリの羽アリでは、それぞれ駆除方法が違います。そのため、羽アリが発生して駆除する場合には、シロアリとクロアリのどちらの羽アリなのかを確認しなければいけません。シロアリとクロアリは下記のような見た目をしていますので、あなたのご自宅に発生した羽アリと見比べてみてください。

シロアリの羽アリ クロアリの羽アリ
シロアリ 羽アリ クロアリ 羽アリ

シロアリの場合は、前後の羽がほぼ同じ形になっています。体は寸胴で、床下などに多く出現します。触覚が数珠状になっている点もクロアリとの違いです。

クロアリの場合は、前についている羽が後ろについている羽よりも大きくなっています。また、腹部がくびれており触覚は「くの字」です。

見た目だけでは判別がつかない方のために、シロアリとクロアリの生態の違いについてもご紹介します。

シロアリの特徴

羽アリがシロアリだった場合は注意が必要です。シロアリは木を食べる特徴があるため、放置しておくと家屋の柱などを壊してしまいます。発見した場合はできるだけ早く駆除することが大切です。シロアリは種類ごとに特徴が違うため、日本に生息する代表的な2種類のシロアリを覚えておきましょう。

イエシロアリ

日本に生息しているシロアリの中でも、被害数が多いと言われているのがイエシロアリです。イエシロアリの羽アリは、体長5mm~7mm程度で全体的に黄褐色、頭部のみ黒色という見た目をしています。おもな発生時期は5月~7月となっています。

ヤマトシロアリ

イエシロアリと同様に、日本での被害数が多いといわれているのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの羽アリは、体長3mm~5mm程度とイエシロアリよりも小さく、全体的に黒褐色の見た目をしています。日本全国に生息していますが、寒い地域で見かけることが多く、4月~5月が発生しやすい時期です。

クロアリの特徴

クロアリはシロアリと異なり、家屋の木材などを食べることはなく、人間の食べ残しなどを狙って発生することが多いです。そのため、シロアリほど早急に駆除する必要はありません。しかし、何匹もの羽虫が家の中を飛び回る光景はあまり良いものではありませんよね。

アリは数十匹、数百匹もの大群でやってくることもありますし、ときに家の中に巣を作られてしまうこともあるため、気分を害する場合は駆除しておくとよいでしょう。クロアリの羽アリは、体長7mm~12mm程度となっており、時期は3月~11月と長期間に渡って発生します。

また、ある時期になるとクロアリの王アリと女王アリは空中を飛びまわり、適当な土壌をみつけてそこに営巣する習性があります。営巣した後にはそこで産卵し、コロニーが形成されていきます。

クロアリの中でもルリアリという種は、隙間を好んで営巣する習性があり、都市部やマンションの高層階の部屋でも発生することがあります。家の中にルリアリなどのクロアリが巣を作ってしまうと、食べ物の袋や容器に侵入したり、生活空間を歩き回ったりすることも。

羽アリを見つけたタイミングで侵入を防ぐことが巣作りを阻止するポイントになります。クロアリの羽アリが発生している場合はクロアリの種類と対策もご覧ください。クロアリの種類や被害を解説しています。

クロアリの羽アリの場合:羽アリ駆除を自分でおこなう方法

ご自宅に発生した羽アリがクロアリの場合は、自分で駆除することもできます。比較的簡単で手軽にできる3つの羽アリ駆除方法をご紹介しますので、やりやすい方法を試してみてください。

方法1.掃除機で吸う

掃除機で吸う

羽アリが大量に発生している場合は、掃除機で吸い取るのがおすすめです。市販の殺虫剤で駆除した後に、掃除機で吸い取るという方法でも良いでしょう。羽アリは掃除機の中でも生きている場合があるため、殺虫剤を使用せずに掃除機で吸い取った場合は、掃除機をかけた後、ノズルに殺虫剤を噴射しておくと効果的です。

掃除機で吸うことに不安を抱く方もいるかもしれませんが、掃除機の内部は多少の虫を吸い込んだとしても壊れない構造になっています。しかし、殺虫剤を噴霧する際にはその殺虫剤が引火性のものでないことを事前に確認するようにしましょう。

引火性のものであった場合、掃除機内部のモーター部の火花に反応して排気部分から火を噴いてしまう危険性があります。また、スプレーを大量に使った後で掃除機を付けると空気中に残った成分に引火して爆発するおそれもあります。

スプレーと併用する場合は、十分に換気をおこないながら掃除機をかけるか、非引火性のスプレーを使うなどして火災事故にならないよう気を付けましょう。なお、サイクロン式の掃除機を使ってしまうと内部の清掃が大変になりますのでご注意ください。

理由は、遠心分離作用でアリの体がばらばらなってしまうからです。ゴミを溜める部分に虫の死骸が張り付いてしまい、かえって不快な思いをすることになりかねません。サイクロン掃除機しかない場合には別の方法で対処しましょう。

方法2.殺虫スプレーを噴霧する

羽アリは、光に反応して飛んでくることがあります。そのため、家屋の電灯をめがけて大群でやってきて、家の中へと侵入してくるのです。このような場合には殺虫スプレーを使って駆除するとともに、家に侵入できないように網戸や窓をコーティングしてしまうことも効果的です。

とくに虫が苦手な方の場合には、スプレーを使った撃退方法を選ぶことをおすすめします。羽アリ用のスプレーには、シロアリ用とクロアリ用で、種類が分かれているものもありますが、両方に効くエアゾールタイプの製品もあります。

ただし、エアゾールタイプの製品を使うと、死んだ羽アリたちがスプレーの成分でその場にこびりついてしまったり、ベタベタする状態で床や地面に落ちてしまったりするため、掃除が大変になることもあります。また、使用する際には換気をしながら、眼に入らないよう十分注意して使用する必要があります。

アリが家の中に侵入してこないような対策を前もって講じておくことが大切です。そのためには目の細かい30メッシュほどの網戸に変えることや、網戸や窓に噴霧しておくタイプの虫よけスプレーなどの使用が効果的です。

家の中に大量に侵入してきてすき間に入り込み、スプレーでは対処しきれない場合には、バルサンなど室内を締め切って使う薬品を試してみましょう。

方法3.粘着テープ

駆除する時間帯が深夜である場合や家に掃除機がないという場合は、粘着テープを使用するのがおすすめです。粘着性の高いものを使用すれば、スムーズに捕虫できるので効果的に駆除することができます。

ガムテープを使って貼り付けることもできますし、持ち手の長めな粘着式の掃除用具を使用すれば、虫に近づきたくない人でも容易に退治できます。捕まえた虫を観察すればクロアリかシロアリかの確認もできますので、アリの種類を確認したい場合には粘着テープを使った対処がよいでしょう。

また、捕虫や駆除のためだけでなく、侵入経路となる穴や隙間をふさぐ際にも粘着テープを使用できます。家の中へと入ってくる経路をいったんふさぎ、後からその経路にアリよけのスプレーをして侵入できないよう対策を取りましょう。

クロアリの羽アリ発生前にできる予防方法

羽アリは光に集まってくるという特徴があります。そのため夜に部屋が明るくなっていると、その照明につられて羽アリが侵入してきます。夜間はカーテンを閉め、しっかり窓の隙間を防ぐなどして羽アリの侵入を防ぎましょう。

羽アリ対策に有効なのは?羽アリの種類や特徴もあわせて解説します
家に羽アリが発生してしまうと、羽アリが家の中を飛び回ってしまい、とてもわずらわしいですよね。羽アリがシロアリである場合は、家に被害が及んでしまうおそれがあり ... 続きを読む

シロアリの羽アリの場合:羽アリ駆除方法

羽アリがシロアリだった場合は、早めの駆除が必要となります。シロアリは木を食べるため、住宅に被害を及ぼすことがあります。シロアリは一度建物内に侵入すると、床下などで被害を拡大させてしまいます。そのため、シロアリの羽アリ駆除は自分でおこなうことが難しいでしょう。シロアリを発見した際は、シロアリ駆除の業者に依頼することが必要となります。

羽アリといえばクロアリに羽をつけたイメージがあります。しかし、シロアリの中にも羽アリという個体は存在し、見逃してしまうと、家の中で繁殖することもあります。 羽アリのシロア ... 続きを読む

そもそも羽アリが発生するのはどうして?

羽アリの駆除は、羽アリだけではなく巣から根絶することが大切です。羽アリが発生しているということは、すでに家の中やその周辺に巣が作られているおそれがあります。この場合、羽アリだけを駆除しても、巣から新たに羽アリが発生してしまうのです。

そのため、羽アリを駆除するときは、巣からしっかりと根絶するようにしましょう。巣を駆除する場合は、スプレータイプの殺虫剤がおすすめです。羽アリはエサを食べることがほとんどないので、毒エサタイプのものはあまり効果が期待できません。

巣穴に殺虫スプレーを噴射して駆除しましょう。しかし、マンションなどの集合住宅の場合、巣の場所を特定することが難しいかもしれません。そのような場合は、アリ駆除のできる業者に相談してみるとよいでしょう。

羽アリがシロアリじゃないこともあるの?羽アリとシロアリの見分け方
「白アリ」をご存じない方はあまりいらっしゃらないかと思います。木を主食とする昆虫で、家屋の木材を食べてしまう害虫です。テレビのCMで見聞きす ... 続きを読む

羽アリ駆除は巣の根絶も大切!

そもそも、羽アリはどうして発生するのでしょうか。じつは、羽アリは巣を離れて新しいすみかに移るときに発生するといわれています。時期がくると女王アリは繁殖で巣を離れるため、一緒に旅立つメンバーとして羽アリを産むのです。

羽アリの駆除を自分でおこなうときには、発生しやすい時期を把握しておくといいかもしれません。羽アリが発生する時期は種類によって違いはありますが、多くの場合は4~11月といわれています。

羽アリ大量発生の原因は群飛!シロアリとクロアリの違いと駆除方法
羽アリの大量発生は家屋が危険にさらされているサインです。大量に羽アリが出る理由のひとつに、シロアリが家に住み着いて繁殖していることが考えられるからです。 シロアリは建築材を食べて ... 続きを読む

羽アリの駆除は【シロアリ110番】で本格的な対策を!

これまで見てきたように羽アリは放置していても自然に解決することはなく、またその羽アリがシロアリだった場合は早急な対策が必要です。

そこで当サイト「生活110番」のシロアリ駆除サービスである【シロアリ110番】にご相談になってみてはいかがでしょうか?

【シロアリ110番】に相談するメリットはこれだけあるんです!

シロアリの調査なら無料でOK!

シロアリの調査なら無料でOK

見かける羽アリが本当に自宅の床下などで発生している羽アリなのか、またシロアリの羽アリなのかクロアリの羽アリなのか見分けがつかないという場合も、無料で調査をしてみませんか?

【シロアリ110番】では、シロアリ調査が無料で行えますし、調査の結果問題がなかったのなら費用は発生しません

「家にシロアリがいるかも…」と考えているとモヤモヤした気持ちで毎日を過ごすことになりますが、無料調査で問題ないことがわかるとスッキリした気分になれますよ!
もちろん調査という名目で、不必要な施工を勧誘したり、しつこく営業をかけるようなこともありません。

万が一シロアリがいた場合も安心価格で駆除ができる!

もし、無料調査の結果シロアリの巣がご自宅の床下に見つかってしまった場合もご安心ください。一般的にシロアリ駆除の料金は20~30万円前後の費用が必要になります。また、定価というものがなく、駆除業者がそれぞれの計算法で駆除費用を設定しますので、本当にその請求額が高いのか安いのか判別がつきにくいのも難点です。

その点【シロアリ110番】は、原則として施工した面積の「1,320円(税込)/平米あたり」という低価格なうえに、明確な料金の基準があるのでご安心のもとご利用になれます。

もちろん無料調査後に一度お見積りを出しますので、いきなり駆除がはじまるわけではありません。

お見積りの内容や金額に納得いただいたうえでご利用ください。

羽アリを見かけたら、まずは【シロアリ110番】で無料調査を!

羽アリはシロアリによってご自宅の床下が被害を受ける前兆でもあります。

もし羽アリを見かけた場合は放置せず、【シロアリ110番】にご相談ください。

【シロアリ110番】へは下記の「シロアリ駆除のおすすめ業者を見る」ボタンから移動できます。

この記事を書いた人
編集者:さくら
危険な目に合ったことがきっかけで、防犯について知識を深めることに。家庭菜園も趣味としており、害虫や害獣に対する知識も豊富。
無料調査でシロアリ発見!

シロアリ駆除・予防 最短即日対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

シロアリは1匹見つけたら3万匹はいるといわれています。放っておくと、家屋の修繕費で100万円以上かかってしまうことも・・・。羽アリを見かけたらすぐに無料調査をしてもらいましょう。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

シロアリの駆除・予防に対応!少しでも予兆があれば…生活110番にお任せください。

シロアリ駆除 平米 1,320円~
シロアリ駆除のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

シロアリ駆除の記事アクセスランキング

シロアリ駆除の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理