ゼニゴケの駆除にはどんな方法が効果的?駆除と予防方法を知ろう!

2021.4.30

ゼニゴケの駆除にはどんな方法が効果的?駆除と予防方法を知ろう!

きれいなお庭を保つ際の天敵となるのが、雑草やコケではないでしょうか。雑草は冬になると枯れてしまうことが多いですが、不思議とコケは一年を通して生息していて、駆除方法に困ってしまいますよね。

コケの中でも、多くの方を悩ませるのがゼニゴケです。それでは、ゼニゴケはどのように駆除すればよいのでしょうか。この記事では、ゼニゴケの駆除方法だけではなく、発生する原因や予防方法までご紹介していきます。

ゼニゴケの駆除にはゼニゴケ用の薬剤を使おう

ゼニゴケは庭の土や石に発生することの多い、一般的なコケの種類のひとつです。年間を通して発生するため、駆除をどのような方法でおこなったらよいのか、悩むこともあるでしょう。

そのようなゼニゴケの駆除には、専用の薬剤を使用するのがおすすめです。ゼニゴケは、雑草を枯らすための除草剤を使用しても効果が期待できないため、専用の薬剤を用いる必要があるのです。

ゼニゴケ専用の薬剤であれば、駆除への高い効果が期待できます。専用駆除剤の種類は、液体を薄めて使うものや粒状のもの、スプレータイプなどさまざまです。

液体を薄めて使用する駆除剤であれば、即効性があり早期の駆除が期待できるでしょう。いっぽうで、効果は短期間であるため、繰り返しの使用が必要になります。

つぎに粒状の駆除剤ですが、こちらは効果が長期間持続するという特徴があります。しかし、粒が浸透してゼニゴケに効くまでに時間がかかるという点が、デメリットになるでしょう。

最後に、スプレータイプの駆除剤は即効性が期待でき、液体を薄めるなどの手間が不要なため、すぐに使用できるというメリットがあります。しかし、効果は長期間続かないため、液体を薄める駆除剤と同様に、繰り返しの使用が必要となるでしょう。

Common liverwort

ゼニゴケをはがすという駆除方法もある

ゼニゴケの駆除は、専用の薬剤を使用するだけでなく、物理的にはがしてしまうという方法もあります。スコップなどを用意し、ゼニゴケが生えている部分を取り除いてしまえば、駆除は完了です。

しかし、ゼニゴケをはがすだけでは、すぐにまた生えてきてしまうのではないかと心配になるでしょう。再発が心配な場合、ゼニゴケが生えていた部分が土であれば、上から石灰をかけておくことをおすすめします。

土に石灰を加えることによって、ゼニゴケの再発防止につながるのです。そのため、ゼニゴケの発生を予防したいという場合は、定期的に土に石灰を混ぜるとよいでしょう。ただ、石灰を使うと、ほかの植物にまで影響してしまうため、注意が必要となります。

ゼニゴケはどういうところに生えるのか

これまで発生してしまったゼニゴケの、駆除方法をご紹介してきました。しかし、ゼニゴケは、そもそもどのような場所に生えるのでしょうか。ゼニゴケが発生しやすい、おもな3つの環境を確認していきましょう。

湿気の多い場所

ゼニゴケが生えやすい場所の条件として、空気や地面などに湿気が多いという点があげられます。コケは繁殖に水分が必要となるため、多湿な場所では増殖しやすいのです。そのため、湿気が多い場所ではとくに、ゼニゴケが発生するおそれが高くなるでしょう。

日の当たらない場所

日の光が当たりにくい場所も、ゼニゴケの発生リスクが高くなります。日が当たらず風通しの悪い場所はとくに、湿気も溜まりやすくなってしまうのです。

日が当たらない湿気の多い場所は、ゼニゴケにとって最適な生息環境になってしまいます。また、ゼニゴケは気温が低い冬も得意とするため、日照時間の少ない寒い季節はとくに注意が必要です。

土壌の性質

ゼニゴケの発生が加速する条件として、土壌が酸性であることがあげられます。土壌は雨などの影響で、どうしても酸性になってしまうものです。そのため、雨水がよく溜まるなどの場所は、ゼニゴケの発生を助長させてしまうでしょう。

ゼニゴケをはやさないために

ゼニゴケは駆除をおこなうことも可能ですが、それ以前に発生させない環境づくりが大切です。ゼニゴケの発生を防ぐ方法を知っておけば、駆除した後でもその環境を保つことで、再発防止につながるでしょう。

ゼニゴケを発生させないための環境づくりとして有効な方法は、おもにふたつあります。ひとつめが、前述したように石灰を土壌に混ぜるという方法です。

ゼニゴケは、酸性の土壌に発生することが多いですが、石灰を加えることで土はアルカリ性へと変化します。アルカリ性の土壌であると、ゼニゴケはうまく育つことができないため、発生を防ぐことができるのです。

ふたつめが、土壌の水はけをよくするという方法です。湿気の多い場所を好むゼニゴケにとって、水はけの悪い環境は格好のすみかとなってしまいます。そのため、水分をためこまない土壌にすることが大切になるのです。

土壌の水はけをよくするには、地面に土を加えて、排水路に水がいくような傾斜を作るのもひとつの方法です。排水路へと続く傾斜があれば、雨が降っても自然と雨水を流すことができます。そのため、雨が降る時期であっても、土壌をできるだけ乾いた状態にすることができるのです。

以上のような方法を併用すると、より高いゼニゴケの発生防止効果を期待できるかもしれません。水はけのよい土壌にし、定期的に石灰を混ぜることで、ゼニゴケの発生リスクを減らすというのもよいでしょう。

ゼニゴケをはやさないために

まとめ

ゼニゴケが発生してしまったら、専用の駆除剤で取り除くこともひとつの方法です。ゼニゴケは雑草を枯らす除草剤では効果がないため、専用の薬剤の使用が必要になります。

また、ゼニゴケを駆除する方法として、スコップなどを使ってはがしてしまうというのもよいでしょう。直接はがしてしまう方法は、駆除剤の使用とは異なり、効果を待つ時間が必要ありません。

ゼニゴケが発生してしまったら駆除することも大切ですが、それ以前に生えてこないための環境づくりも重要です。ゼニゴケの発生範囲が広がってしまい、自分で駆除をおこなうのが難しい場合などは、業者に依頼することをおすすめします。

この記事を書いた人
編集者:たかし
過去に引越し経験が多く、手伝いをお願いされることもしばしば。これまでの経験をもとに、引越しの料金節約法や庭づくりといった分野が得意。

面倒な草刈りはプロに!

草刈り・芝刈り 最短 即日対応

※対応エリアや加盟店によって変わります

草むしりは面倒だし時間がない…そういって草刈りをしないでいるとどんどん草木が生長し作業が大変になってしまいます。面倒な作業はプロにお任せください。丁寧かつスピーディーな対応で安心です!

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

草刈り・芝刈り・草むしり・防草対策、草刈りのことはなんでもお任せください。

草刈り 180円/㎡~
草刈りのおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

草刈りの記事アクセスランキング

草刈りの最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理