古くなったテーブルはリメイクしておしゃれに!リメイク例をご紹介!

2021.7.19

古くなったテーブルはリメイクしておしゃれに!リメイク例をご紹介!

今使っているテーブル、もう古いし傷だらけ、デザインも飽きたから捨ててしまおう……。そう思っている人はお待ちください。まだ骨組みが丈夫であれば、テーブルを捨ててしまうのはもったいないです。

最近、テーブルのリメイクが流行っているのはご存じでしょうか。リメイクとは元々ある物をデザインや物を作り変えることをいいます。リメイク次第では自分好みのデザインや物へ生まれ変わらせることができるかもしれません。

このコラムではテーブルのリメイク方法やデザインについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

リメイクする前に……。傷だらけのテーブルの整え方

いらないテーブルのなかには長年使っていて、傷だらけだったり、塗装が剥がれていたりするテーブルもあるでしょう。そういったテーブルをそのままリメイクに使うことはできます。しかし塗装などは、傷だらけのままのテーブルに直接塗ってしまうと傷が悪目立ちしてしまう可能性が考えられるのです。

テーブルをリメイクする下準備として、テーブルの塗装剥がれや傷を何とかしましょう。

傷だらけのテーブルの整え方

傷だらけ、塗装剥がれのテーブルの整え方を2種類続けてご紹介していきます。

塗装剥がれの場合

①ベルトサンダーでテーブルの表面を磨いていく
※ない場合はサンドペーパーや研磨シートを使う
②表面が終わったらテーブルのふちの塗装を同じように剥がしていく
③磨いたときにでた汚れをテーブルから取り払ったら完成
※そのままニスを塗り替えたい場合は汚れを取り除いたあとに、木目にそってタンポ刷りで塗っていきましょう。

塗装剥がれをなんとかする場合はなるべく室外の広い場所にビニールシートなどを敷いて作業をしましょう。削ったニスや塗装の粉が部屋に散ってしまいます。

また外でするときは近所迷惑にならないように細心の注意を払ってくださいね。後片付けもお忘れなく。

傷だらけのテーブルの場合

・軽度の傷であれば、塗装とともに、サンドペーパーで磨く
・凹みやひび割れなどの深い傷があればパテなどを使って補修していく
※パテはマスキングテープを使うと上手く塗れます

傷だらけのテーブルはある程度のものであれば自分でなおすことも可能です。どうせ捨ててしまうのならば、傷の修理にぜひチャレンジしてみてくださいね。

どんなテーブルでも可能!壁紙シートを使ってリメイクするコツ

テーブルリメイクといわれれば、ペンキを塗ったりしなければいけない……。そういう手間を思ってしまうとなかなかDIYをする気にはならない。そう思ってしまう人もいるでしょうが、その先入観は大きな間違いです。じつはペンキを塗るなどの手間をかけるDIYにこだわらなければ、手間をかけずにできるテーブルのリメイク方法があります。それが、壁紙シートを使ったテーブルリメイクです。

壁紙シートってなに?実際に使ったらどんな感じになるの?
壁紙シートとはその名の通り、壁紙を装飾するためのシートです。切ったりできるため、家具に貼ったりできることから別名リメイクシートとも呼ばれています。

この壁紙シートは通販ショップなどで気軽に購入できるため入手しやすいですし、あればおしゃれにテーブルがリメイクできるためおすすめですよ。
以下は壁紙シートを使ったテーブルです。

木目の机
木目調などの模様をもったシートで、あたかもその模様の材質で作られているかのように見せることができます。またテーブルの天板などの上からかぶせて使うため、キズや汚れを隠すこともできます。

 
大理石の机
大理石模様など様々な種類のものがあります。シートは100円均一のお店で購入することもできるので、この機会に古くなったテーブルをリメイクしてみましょう。

壁紙シートをテーブルに貼るには……

傷が少なければそのままお好みの大きさにカットして貼れば完成です。
この貼るときに気を付けることは、汚れを十分に落とす点です。ごみや汚れがテーブルの上に残っていれば上手くシートが貼れなかったり、ごみなどの異物のせいでポッコリとシートの一部が浮いてしまうからです。きれいに貼りたい人はリメイクしたいテーブルをきれいに整えましょう。
シートを貼るときはなるべく空気をシートとテーブルの間にいれないように貼ると気泡がシートのなかに入らずに済みますよ。

タイルシートもテーブルリメイクに使える!

タイルは目地材や接着剤をつかずに手軽にタイルを張れるシートとなります。タイルがシート状になっていて、そのまま壁や家具に貼れるため、リメイクアイテムとしても人気が高いものとなります。
前章でご紹介した壁紙シートと同じ手順で貼っていくときれいに貼れますよ。

タイルの机
タイルシートはカッティングシートのように一気に一面を覆うようなものではなく、タイル一枚一枚がシートになっています。例のように手作業で並べることでハンドメイド感が出て、かわいらしい仕上がりになることもあります。

 
ワンポイント
全体をタイルで覆わずに、ワンポイントアクセントとして利用する使い方もあります。もともと木目調のテーブルに使ってもいいですし、カッティングシートを貼った上にタイルシートといった使い方もできそうですね。

マスキングテープを使って簡単おしゃれなテーブルに

シートをカットするのも、貼るのも面倒。時間ももったいないけど、テーブルのリメイクには挑戦してみたい。と思われる人もいらっしゃるでしょう。また、ただシートを貼るだけだといっても、不器用な人にとってはシートを貼ることにも苦労してしまいますよね。

そんな場合はマスキングテープを使っておしゃれなテーブルへリメイクしてみてはいかがでしょう。

マスキングテープならばはさみも使う必要がないため、ちいさなお子様と一緒に楽しくDIYできますよ。マスキングテープを使うことによって安っぽくならないか……、と心配になってしまいがちですが、意外にもカラフルでポップなものから、落ち着いたデザインのテーブルまで早変わりできます。
気に入らなければ貼ったマスキングテープをはがせばいいだけなので、ぜひチャレンジしてみてください。

高価なテーブルだからリメイクができない。そんな場合は

ここまではテーブルのリメイクについてご紹介しました。しかし、古いテーブルのなかには、思い出のあるものや、高価なテーブルでそう簡単にリメイクできない、したくないときもあるでしょう。
しかし、ところどころ傷だらけ、劣化だらけで、テーブルとして使い続けるのは心配。そういった場合は家具修理業者に依頼して、テーブルを修理してみてはいかがでしょうか。

依頼する業者にもよりますが、家具の修理であれば最安約2,000円からおこなってくれることがありますよ。あくまで最安価格ですので、修理する家具の種類や状態によっては費用が変動する場合があります。金額について疑問、心配に思った人は一度業者に問い合わせてみてください。

まとめ

工夫すれば、シンプルなテーブルもリメイクしておしゃれにできます。傷だらけ、塗装剥がれのテーブルも少しの手間をかければ新しいデザインのテーブルへ様変わりできるのです。最近では壁紙シートやマスキングテープを利用したテーブルリメイクも流行っているため、やり方にさえこだわらなければオリジナルのテーブルをつくることが可能ですよ。

しかし、思い出のあるテーブルや高価なテーブルなどはなかなかリメイクすることはためらってしまいますし、壊れていればそのまま放置することはできません。そういった場合は家具修理業者を頼って、テーブルを修理してもらってはいかがでしょう。新しくテーブルを買い替えるよりは安く済む場合がありますし、修理することによって思い出のあるテーブルを使い続けることができますよ。

家具修理はプロにお任せ!

大切な家具を丁寧に修理します

※対応エリアや加盟店によって変わります

テーブルについた傷を目立たなくしたい、椅子のクッションを変えたいなど、さまざまな修理に対応しています。ガラス部分の割れや金具の交換もおまかせ下さい。

『生活110番』では、
お住いの地域で人気のプロを探せます

輸入家具やアンティーク家具にも対応。ぜひご相談ください!

家具修理 8,800円~
家具修理のおすすめ業者を見る

関連記事カテゴリ一覧

家具修理の記事アクセスランキング

家具修理の最新記事

カテゴリ別記事⼀覧

お庭の手入れ
害虫駆除
害獣駆除
電気工事
鍵開け・交換・修理
窓ガラス修理・ドアノブ修理
家の修理
バッテリー上がり
バッテリー上がり
ハウスクリーニング
ペット火葬・葬儀
ペット火葬・葬儀
家電修理
パソコン修理・ネット回線
家具・雑貨の修理