屋根裏害獣|くらしの用語大辞典

くらしの用語大辞典

「屋根裏害獣」に関する用語一覧

「屋根裏害獣」に関わる「あ」行の用語

  • アライグマ

    体長4~60センチの雑食性の動物。元々は海外から輸入されたペットだったが、それが野生化して増加した。可愛らしい風貌だが成獣は気性が荒い。
  • 暗視カメラ

    赤外線を利用し、夜間や暗所でも映像が撮れるようにしたカメラ。
  • イタチ

    胴長短足の細い体型をしており、体長は40センチほど。雑食。素早く動き、運動能力も高い。凶暴。

「屋根裏害獣」に関わる「か」行の用語

  • 忌避剤

    害獣の嫌う臭いや味を使い、近寄らせないようにする薬剤。

「屋根裏害獣」に関わる「た」行の用語

  • 鳥獣保護法

    正式には「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」。狩猟や保護管理事業に関することが定められている。

「屋根裏害獣」に関わる「は」行の用語

  • ハクビシン

    日本で唯一生息するジャコウネコ科の動物。体長は50センチほど。雑食。運動能力が高く、木登りやジャンプが可能。
  • 糞害

    糞による害。悪臭の他、病原性の細菌やウイルスが含まれている場合がある他、建物の汚損の原因となることがある。

おすすめの業者

生活辞典コラム

0120-949-986