生活110番ニュース お庭

このエントリーをはてなブックマークに追加

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

投稿日:2019-09-11 更新日:2019-09-17

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

庭に雑草が生えてくる場合、砂利を敷いてあげると解決することがあります。しかし、単に砂利を敷くだけでは、砂利が飛び跳ねたり年月が経つにつれてどこかにいってしまったりするおそれがあります。そうなれば、再び雑草が生えてきてしまうのです。

このような砂利のデメリットを解決してくれるのが固まる砂利です。固まる砂利は、砂利が動かないように固定してくれるので、飛び跳ねたりどこかへいってしまったりする心配もありません。この記事では、固まる砂利の特徴について紹介します。固まる砂利のメリットやデメリットもわかれば、適した場所に活用することができるでしょう。

固まる砂利には2つのタイプがある

固まる砂利とは、砂利同士を薬剤などでくっつけて固定するものです。砂利などの飛び跳ねが気になる方には、おすすめの施工方法といえます。固まる砂利には大きく分けて2種類のタイプがあるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

敷いた砂利に薬剤をかけるタイプ

まずご紹介するのは、砂利に液体状の薬剤を吹きかけると固まるタイプのものです。スプレー容器などに入れ替えて吹きかけるだけなので、誰でもおこなうことができます。また、液体を吹きかけて1日もすればカチカチに固まってくれるため、完成までの時間も少なくて済むでしょう。

できあがりの見た目は水で濡らしたような質感に仕上がるため、ツヤも感じられます。薬剤は液体状なので、薬剤が全体につきやすい1~2cmほどの砂利を固めるにはとても効果的です。1度固めてしまえば、3~5年ほどは固まった状態で維持できます。

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

水と練ってから流し入れるタイプ

もうひとつはあらかじめ砂利とセメント、水を混ぜ合わせてから、敷きたい部分に流し入れるものです。練ってから敷きつめるので多少体力は使いますが、液体タイプのものより丈夫といえるでしょう。

しかし、経年劣化によりひび割れが起こることがあるので3~5年ほどで補強したり交換したりすることをおすすめします。施工してから1~2日ほどで固まるため、完成するまでにそれほど時間もかかりません。砂利と土を混ぜ合わせたような質感に仕上がるのが特徴です。

固まる砂利を使うメリット

固まる砂利を庭に敷くことで、さまざまなメリットがあります。ここでは、2つの固まる砂利のメリットについて紹介していきます。

敷いた砂利に薬剤をかけるタイプ

すでに敷いてある砂利にもさっと吹きかければ固めることができるため、誰でも簡単に施工することができます。また、どんな砂利でも対応できるのが薬剤をかけるタイプのメリットです。

砂利は、商品によって色や形など違いが多く、種類も豊富です。そのため、ほとんどの砂利を固めることができるこちらのタイプは、庭のデザインを幅広く楽しむことができるでしょう。

砂利が固まることで雑草の予防もしてくれ、掃除の際も砂利が紛れ込んでくることがないので手間も省けます。

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

水と練ってから流し入れるタイプ

練ってから流し入れるタイプも水と合わせるだけなので、とくに材料費がかさむこともありません。また、混ぜるだけという簡単な作業なので素人でも簡単に準備することができます。

さらに、前述でも述べた通り、土と混ぜたような質感に仕上がるので庭の植木などと調和を取りやすいでしょう。頻繁に踏むような場所でなければ、あまり壊れることもありません。砂利の隙間から雑草が生えてくることもないため、高い防草効果が期待できます。

固まる砂利を使うデメリット

メリットの多い固まる砂利ですが、もちろんデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも把握しておくと、固まる砂利に適した場所がわかるはずです。それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

敷いた砂利に薬剤をかけるタイプ

薬剤によって固まる砂利は、スプレー容器に入れた液体を吹きかけていくので、広い庭全体を固めるのは非常に大変な作業になります。また、よく歩く玄関のアプローチなどに使用すると、剥がれたりひび割れたりしやすくなります。

さらに、どんな砂利でも固めることはできますが、大きい砂利は薬剤が全体につきにくく剥がれやすい傾向にあります。液体タイプを使用する際は、あまり広くなく人が日常的に歩かない場所が適しているでしょう。砂利を選ぶ際も固めることを前提にして、小さめの石を選ぶとよいかもしれません。

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

水と練ってから流し入れるタイプ

水やセメントを練って流し入れるタイプは種類が少なく、色や形を好きなように選べるわけではありません。庭のデザインにこだわりたい方は、思う色合いや形のものがないと不満に感じることもあるでしょう。

また、固まる砂利を練る作業は誰でもできますが力が必要になるため、疲れる作業になります。さらに、流し入れる際にきれいに平らにするのは、技術が必要です。素人がおこなうときれいに仕上がらないこともあり、表面がデコボコになると、庭の景観が損なわれるおそれがあるのです。

固まる砂利をDIYで施工するときの注意点

費用削減のために、固まる砂利を自分で施工する方もいるでしょう。固まる砂利を自分で施工するには、いくつかの注意点があります。これらに気をつければ、自分でも施工することは可能です。それぞれの注意点について見ていきましょう。

水はけ用に勾配をつける

固まる砂利自体は水を通すため、薬剤やセメントなどを使っても水はけが悪くなる心配はありません。しかし、梅雨や台風、ゲリラ豪雨などの場合はいつもより雨水がたまりやすくなってしまいます。そのため、固まる砂利に傾斜をつけて水の流れをよくしておくと、急な豪雨でもうまく排水してくれるのです。

しっかり固まるまでは養生する

固まる砂利は種類によって異なりますが、完全に固まるまでに約1~2日かかります。まだ固まっていないうちに固まる砂利の上を歩けば、ひび割れや地面のでこぼこの原因にもなりかねません。人やペットが立ち入らないように、しっかり養生しておきましょう。

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

駐車場には向かない

固まる砂利を駐車場に敷くのはあまりおすすめしません。なぜなら、固まる砂利はそれほど強度が高くないため、車のような重量があるものが乗り入れると、ひび割れなどを起こすおそれがあるからです。

また、タイヤが何度も行き来すれば、砂利が擦れて地面がデコボコになってしまいます。バラバラになった砂利は、雨の日などに道路や隣の家に流れ出すこともあるため、ご近所トラブルにもなりかねません。さらに、何度も敷き直せばその分費用がかかってしまうでしょう。

固まる砂利の施工を業者に任せるには

固まる砂利を自分で敷く自信がない方や時間が取れない方は、業者に依頼して施工してもらうことをおすすめします。業者に依頼すれば、手間をかけずにきれいに仕上げてくれます。しかし、固まる砂利の施工をおこなっている業者はたくさんいるため、どのように選んでよいかわからない方が多いかもしれません。

優良な業者を選ぶには、現地調査をおこなってもらったうえで見積りを出してもらうことからはじめましょう。現地調査とは、実際に業者が自宅に訪問して庭の面積や状況を見たうえで正確な料金を出してくれるものです。

業者が出してくれる見積り書には、料金のほかにも作業内容などが詳しく記載されています。業者によって料金や作業内容はさまざまなので、1社に絞らず複数の業者に依頼するようにしましょう。

費用を少しでも節約したい方は料金が安い業者を選びがちですが、料金だけでなく詳しい作業内容まで目を通して、自分の要望と合っているか確認してください。要望をより叶えてくれる業者に依頼すれば、イメージ通りの庭に仕上げてくれるはずです。

固まる砂利なら砂利の飛び散りも埋没も防げる!特徴とメリットを紹介

まとめ

固まる砂利は、スプレー容器に入れて直接吹きかける液体タイプのものと水と合わせて練って流し入れるタイプのものがあります。液体タイプは吹きかけるだけの作業なので誰でも簡単におこなえますが、大きな砂利を固めるには不向きです。

また、練って流し入れるタイプは水と混ぜるだけでよいですが、きれいに整えるのが難しい作業になります。メリット・デメリットを把握したうえで施工に臨みましょう。自分で施工する場合は、勾配をつけて水はけがよくなるように工夫してみてください。失敗しそうで不安な方は、業者依頼がおすすめです。

プロの手を借りれば、庭に合わせて固まる砂利を施工してくれ、きれいな仕上がりが期待できるでしょう。

実は奥深い砂利敷き
現地調査、見積もりは無料です
※対応エリアや加盟店によって変わります
一口に砂利といっても防犯対策に適した防犯砂利やお庭を綺麗に見せる玉砂利など様々です。生活110番では目的や施工場所によって最適な砂利をご提案します。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
お庭、駐車場、外構などに対応。砂利の撤去もお任せください。
砂利敷き 平米 1,400円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
10投票,  平均評価値:4.3

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-17 11:40:54
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_gravel/163661/
お庭
庭に雑草が生えてくる場合、砂利を敷いてあげると解決することがあります。しかし、単に砂利を敷くだけでは、砂利が飛び跳ねたり年月が経つにつれてどこかにいってしまったりするおそれがあります。そうなれば、再び雑草が生えてきてしまうのです。このような砂利のデメリットを解決してくれるのが固まる砂利です。固まる砂利は、砂利が動かないように固定してくれるので、飛び跳ねたりどこかへいってしまったりする心配もありませ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

お庭 砂利敷き

砂利敷きのお問い合わせ・ご相談はこちら

砂利敷きについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!