生活110番辞典各種電気工事

各種電気工事

テレビアンテナの寿命は10年が目安?工事をお願いするタイミングを“ひと目”で確認する方法

自分の家のテレビアンテナがどういう形だったか、思い出すことはできますか?思い出せない人が大多数かもしれませんね。

日常生活で意識されることのないアンテナ。しかし、そんなアンテナもメンテナンスや修理が必要だということをご存知でしたか?4K画質など、テレビの性能がどんどん良くなっている時代ですが、アンテナの質はいまも、テレビの画質を大きく左右します。

そのテレビアンテナ、実は寿命が驚くほど短かったのです。今回は、アンテナについての知識を深めつつ、テレビアンテナの故障がひと目で確認できる方法をご紹介します。

アンテナの寿命は約10年だった!?

アンテナの寿命は約10年といわれています。条件により、10年を過ぎても使用できることもありますが、安全のことや画質のことを考えると、10年を過ぎたら一度メンテナンスをするべきです。

アンテナを止める針金の素材・屋根の材質など、寿命を左右する条件は様々ですが、屋根の上という過酷な環境に立ち続けるアンテナですから、天候的な要因は大変大きく影響するのです。

塩分は金属を錆びさせる性質があるため、海が近い場所に立つアンテナは通常よりも寿命が短いと言われています。海沿いに住む方は、10年経っていなくともまめに点検をした方が良いでしょう。

アンテナがTV波を受信してからテレビが映るまでの仕組み

tv-antenna

アンテナが受信したTV波は、ブースタによって増幅されます。その後、ブースタで増幅されたTV波は、テレビのコンセント端子に差されたケーブルを通り、テレビのチューナにTV波が届き、テレビが映るのです。なお、テレビのコンセント端子は1つしかないけれど、2つの部屋でテレビを見たいという場合、分配器が必要になります。

以上が、テレビが映るメカニズムとアンテナの役割の簡単な説明になります。このメカニズムから、テレビが映らない原因は沢山あることが分かりますね。しかし、全ての始まりはアンテナなのです。

アンテナ交換のタイミングを”ひと目”で確認するには

アンテナ
アンテナにはさまざまな種類がありますが、地上波アンテナはVHFアンテナとUHFアンテナに分類できます。現在放送されている、地上デジタル放送は主にUHFアンテナで受信されているものです。

アナログ放送が終了するときにVHFアンテナからUHFアンテナに買い替えざるを得なかった方もいるかもしれませんが、地域によってはVHFアンテナのままデジタル放送が受信できるケースもありました。

アンテナがVHFアンテナのままなのに、テレビを見れているお家では地デジ移行の時に買い替えていないため、もしかしたら老朽化が進んでいるかもしれません。

お宅のアンテナは、UHFアンテナか、VHFアンテナかを確認してみましょう。形が違うので、ひと目で分かります。もし、屋根の上のアンテナの形が左だったら、業者に連絡をして交換をしてもらった方がいいかもしれません。

アンテナ故障かな?と思ったとき確認すべき3つのチェック項目

急にテレビが見れなくなったり、映りが悪くなった時はアンテナの不具合や故障を疑うべきタイミングです。ここでは、アンテナ工事が必要かどうかを見極めるチェック項目を3つ見ていきます。

チェック1.複数のテレビが映らないか

家に複数のテレビがある場合、どれか一つでも映像が映れば、アンテナ以外に問題があると考えてよいでしょう。テレビの故障、ケーブル接続部分の接触不良や断線、さびが原因で分配器が機能していないなどの原因が考えられます。

チェック2.アンテナが傾いていないか

台風などで大風が吹いてテレビが映らなくなった時は、アンテナの状態を目で見て確認しましょう。倒れていた場合もアンテナが壊れていなければ、アンテナ工事業者に頼んで、角度を直し、方向を調整すれば問題なく映るようになります。

電波の受信感度を高めるために、等間隔でアンテナについている素子は、数本折れていてもテレビが見えなくなることは考えづらいです。しかし、素子が折れている場合は受信感度が下がりますし、強風などで飛んでいっては危険なので、交換した方が良いでしょう。

チェック3.アンテナ本体が壊れていないか

落雷、大雪による屋根への積雪などで、アンテナ本体が破損してしまうこともあります。テレビが映らなくなるだけではなく、アンテナの落下事故や、屋根に登っての確認による転落事故につながることもあります。

アンテナの破損が見受けられるときには、アンテナ修理業者に頼み、確認・交換をしてもらいましょう。

自然災害によるアンテナの故障は、火災保険が効くケースがあるため、保険を申請する時のために修理業者に破損箇所の写真を撮影しておいてもらいましょう。

不安に思ったら見積もりを

テレビの異常を感じた時には、テレビ自体の故障ばかりを疑ってしまいがちですが、アンテナに問題があるケースは決して少なくないのです。常に屋外に晒されているため、アンテナには定期的なメンテナンスや買い替えが必要になります。

工事や購入の頻度があまり高くないものであるため、必要になる費用の価格帯が掴みにくいかもしれませんが、まずはアンテナ工事業者に見積もりを頼んでみましょう。

生活110番」の「アンテナ工事」では、お近くのアンテナ工事業者をお探しいただけますので、ぜひご活用ください。

最新記事

0120-949-986