生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソファーがボロボロ…」そんなときに役立つ4つのソファー処分法!

更新日:2021-02-09

「カバーが破れた」「中身がボロボロ」そんなソファーを処分する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「長年使い込んだソファーがボロボロになっているし、そろそろ買い替えたい」というときに、古いソファーを処分する必要がありますね。

基本粗大ゴミで出せばいいのですが、

  • ソファーの搬出が大変!
  • まとめて出したい不用品が他にもある
  • なるはやで片づけてほしい

そういう場合は不用品回収も視野に入れたほうがいいです。

不用品回収だと以下のようなメリットがあります。

  • 引き取りに来てくれるから搬出がラクちん
  • 最短即日回収可能なところもある
  • 業者間で料金を比較すれば安いところがすぐ見つかる

もしソファーを普通に処分するのが困難であれば、不用品回収業者をチェックしてみてはいかがでしょうか。

▼最安業者を探すなら以下の2サイトがおすすめです

【くまのて】:関東エリアでおすすめ!面倒な入力フォーム無し!LINEで手軽に相談できる

【エコノバ】:最短2分で5社見積もり比較でき、全国の最安業者が見つかりやすい!

こんなソファーは処分しましょう!

ゆったりと深く腰掛けてくつろげるソファーは、居間にリラックスできるスペースをつくったり、来客を出迎えるのにも使える重要な家具です。その座り心地の良さから、ソファーを中心に生活しているという方もいることでしょう。

しかしどんなに頑丈で重要な家具でも、なソファーがも家具である以上、いつかは寿命がきてしまうもの。次のようなソファーをおもちの場合は、ソファーの処分を検討してはいかがでしょうか。

表面がボロボロ

表面が合成皮革でできているソファーは、使い続けると表面がボロボロになります。こうなると床にめくれた皮が散乱し、掃除の手間になってしまいます。皮でなくても中身の綿などが出てくる場合もあるため、処分を検討した方がよいでしょう。

骨組みが露出している

ソファーはのほとんどは内部に骨組みがあります。ることが多く、長期間使うことにより、の使用でそれが露出してくることがあるのですります。

骨組みは金属の場合があり、骨組みが露出すると、小さい子供がけがをする危険性があります。ケガをする前に処分した方がよいでしょう。

ソファーがボロボロになってしまっている場合は、新しいものに買い替えると同時に、古いソファーを処分する方法を考える必要があります。

ゴミに出しづらいソファーは、主に4つの方法で処分できます。

燃えるごみ?粗大ごみ?ソファーを捨てる方法

ソファーは「木材」や「合成皮革」など複数の材質を組み合わせて作られているものがほとんどなので、まるごと燃えるゴミとして捨てることは原則としてできません。ソファーの内部にはスプリングのような燃えない金属部品が含まれていることがも多いためです。

また、自治体によっては燃えるごみや燃えないごみとして出すことのできる大きさが定められていることがあります。ソファーを分解して、材質ごとに部品を分けたとしても、自治体のサイズ制限に引っかかる場合はどちらのゴミとしても出すことはできないのです。

したがって、ソファーをゴミとして出す場合は、「粗大ゴミ」として扱われることになります。自治体の規定にしたがって、粗大ゴミの回収日に指定の方法でソファーを捨てましょう。

 

〇メリット

・安く処分できる
処分にかかる料金は自治体によって異なりますが、二人掛けのソファーなら1,300円前後で処分できることが多いようです。業者に依頼すればもう少し料金がかかってしまうので、安価で処分できるのはうれしいですね。

・身体が不自由な人や高齢者も安心
ソファーを自治体に回収してもらう場合は、ごみ捨て場まで自分でもっていく必要があります。このとき身体が不自由な人や高齢者の人は、自治体の作業員に手伝ってもらえることもあるようです。この制度も自治体によって異なるため、事前にホームページなどを確認しておきましょう。

 

〇デメリット

・事前に申し込みをする必要がある
自治体に回収を依頼する場合は、事前に連絡をする必要があります。可燃ごみなどのように決められた日に回収することになっていない自治体もあるため、回収にくるのに数日から数週間かかる場合もあるようです。

・粗大ごみシールを買う必要がある
連絡をすれば待てばよいというわけではなく、ソファーに粗大ごみシールを貼ってごみ捨て場に出す必要があります。この粗大ごみシールはスーパーやコンビニで購入することができます。この粗大ごみシールを必要な金額に応じた枚数だけソファーに貼り、ごみ捨て場に出します。

無料で処分してくれることも!家具販売業者を活用する

家具販売業者やホームセンターなどでは、新しいソファーを購入した際に、不要になったソファーを下取りしてくれるところがあります。購入したソファーと入れ替えで古いソファーを引き取ってくれるので、家のスペースを圧迫することなく、スムーズに新しいソファーを手にすることができるのです。

 

〇メリット

・費用を安く抑えられる
不要なソファーを下取りに出す場合、格安料金や無料で引き取ってもらえたり、新しいソファーの購入代金を割り引いてもらえることがあります。新しいソファーの運び込みと古いソファーの運び出しを一緒にやってもらえるところもあるので、サービス内容でソファーを購入する先を決めるのもよいかもしれません。

 

〇デメリット

・商品の購入が必要
あくまで「下取り」なので、その家具販売業者で商品を購入する必要がある場合がほとんどです。新しい家具を買うかわりに引き取ってもらうというシステムになっています。

また、場合によっては下取りの対象家具が決まっておりソファーが含まれていないこともあるため、家具販売業者に事前に確認するようにしましょう。

家具販売業者に下取りしてもらう

状態次第でお金になるかも?中古品として売り払う

ソファーがボロボロではなく、状態がよい場合は、中古品としてリサイクルショップに売却するという方法もあります。状態次第では、思った以上の価格で買い取ってもらえるかもしれません。

 

〇メリット

・処分に費用がかからない
不要なソファーを捨てたり引き取ってもらうとなるとどうしても費用がかかってしまいますが、「買い取り」なら逆にこちらの収入になります。値段がつかない場合でも、無料で引き取ってもらえることもあるため、一度査定に出してみるのもよいでしょう。

 

〇デメリット

・あまりにボロボロなものは買い取ってもらえない
当然ですが、商品にならないような状態の悪いソファーは買い取ってもらえないことが多いです。リサイクルショップに直接ソファーを持ち込むにせよ、出張査定を頼むにせよ、処分とは別途にコストがかかる場合があるので、売却するのは状態のよいソファーだけにしましょう。
リサイクルショップに引き取ってもらう

処分に時間が取れないなら回収業者を呼ぶという手も

新規にソファーを購入する予定がなく、値段がつかないほどソファーがボロボロで、粗大ゴミに出したいけど家から運び出す時間も人手もない……という場合は、不用品回収業者に引き取りを依頼するのがおすすめです。

不用品処分のプロを派遣してもらって、邪魔なソファーを持っていってもらいましょう。

 

〇メリット

・迅速に対応してくれる
回収業者は処分のプロなので、連絡してから迅速に対応してくれることが多いようです。ソファーの処分だけでなく、搬出なども素早く行ってくれます。

・回収日が自由
回収日をこちらで決められる、ということもメリットの1つです。営業日などの制約はありますが、基本的には自由に決めることができます。

 

〇デメリット

・自治体にくらべ割高
自治体とくらべるとサポートが手厚いぶん割高になってしまいます。料金をとるか手間をとるか、よく考えたうえで依頼しましょう。

・業者を選びづらい
不用品・粗大ごみの処分は相場がわかりにくく、業者を選びづらいと感じる人が多いようです。事前に相見積もりをとって、お得な業者を選ぶようにしましょう。

▼最安業者を探すなら以下の2サイトがおすすめです

【くまのて】:関東エリアでおすすめ!面倒な入力フォーム無し!LINEで手軽に相談できる

【エコノバ】:最短2分で5社見積もり比較でき、全国の最安業者が見つかりやすい!

まとめ

ソファーがボロボロになってしまっているときは、思い切って処分してしまうことも検討してみましょう。ソファーを処分する場合は、主に4つの方法から選ぶことができます。

処分にかかる料金を気にするのであれば、自治体やリサイクルショップにもっていくのがよいでしょう。素早く処分したい場合は不用品・粗大ごみ回収業者に依頼することができます。それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、かしこくソファーを処分してくださいね。

不用品回収・リサイクルを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収・リサイクル」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:3.9

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!