生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイロン台の捨て方の正しいやりかたとは。処分方法を知ろう

投稿日:2018-11-12 更新日:2020-10-12

アイロン台の捨て方の正しいやりかたとは。処分方法を知ろう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

洗濯物にアイロンをかけるときには、アイロン台を使いますよね。アイロン台を使うときれいに効率よく洗濯物のしわを取ることができて、とても便利です。そんな便利なアイロン台も、古くなってくると表面の布がはがれたり、しわが寄ってきたりしてしまいます。その状態のアイロン台を使ってアイロンをかけると、かえって洗濯物にしわが寄ってしまうこともあるでしょう。

そのため、アイロン台を新しく買い替える機会もあると思います。そのとき、古いアイロン台の捨て方がわからなくて困ることもあるでしょう。今回は、意外と知らないアイロン台の処分方法についてご紹介します。

アイロン台は粗大ごみで出せる地域がほとんどかと思いますが、冷蔵庫などの大型家電と一緒に出したい。引越し時期が迫っていてすぐに回収して欲しい!という方は、「エコノバ」が便利です。

入力フォームたった4項目。最短1分で5社の見積もりをいっぺんに比較することもできますよ。

\最短1分で無料査定できる!/

アイロンとアイロン台は処分方法が違う

アイロンをかけるときに使うアイロンとアイロン台ですが、この2つの処分方法は異なります。アイロンを処分するときには不燃ゴミとして処分することになりますが、アイロン台は粗大ゴミです。

アイロンとアイロン台をゴミに出すときのルール

地域や自治体にもよりますが、基本的にアイロンなどの電気を使って動かす小型の電気製品は不燃ゴミの対象になります。アイロンを捨てるときには、不燃ゴミとして処分しましょう。一方、アイロン台は基本的に粗大ゴミとして処分しなくてはなりません。ただし、50cm以下のアイロン台は不燃ゴミに出すことができる場合もあります。

ゴミを捨てる際のルールは地域や自治体によっても異なります。アイロンやアイロン台を捨てるときは、自分の住む地域の自治体のホームページなどで捨て方を確認してから捨てるようにしましょう。

粗大ゴミとしてアイロン台を捨てる方法と注意点

粗大ゴミとしてアイロン台を捨てる方法は一般的かもしれませんが、実際に粗大ゴミとしてアイロン台を捨てるときには手間も費用もかかることがあるので注意が必要です。粗大ゴミを出すときには粗大ゴミ受付センターに電話やインターネットで申し込んで、捨てる粗大ゴミに貼るシールを購入してから処分しなくてはなりません。

アイロンとアイロン台は処分方法が違う

アイロン台は分解できるの?

アイロン台を分解して小さくまとめることができれば、アイロン台を可燃ゴミや不燃ゴミとして処分することができるかもしれません。実際、アイロン台を分解して布と金属の部分に分けることができれば、布の部分は可燃ゴミ、金属の部分は資源として回収してもらうことができるでしょう。

アイロン台の分解方法について

粗大ゴミとしてではなく、分解して可燃ゴミや不燃ゴミなどとしてアイロン台を捨てる方法もありますが、実際にアイロン台を分解するのはなかなか困難である可能性があります。

アイロン台を分解する基本的な方法は、ドライバーでアイロン台のねじを外してから、アイロン台を台と金属の脚の部分に分けます。アイロン台を分解する際には、プラスドライバーやマイナスドライバーなどの道具が必要になることがあります。ドライバーなどの取り扱いに慣れていない人には、難しく感じることがあるかもしれません。

アイロン台は分解できるの?

アイロン台の捨て方に迷ったら

アイロン台をゴミとして捨てる方法について、粗大ゴミに出す方法と、分解してからアイロン台を捨てる方法についてそれぞれご紹介いたしました。とはいえ、実際にアイロン台を粗大ゴミに出すには手間も費用もかかって面倒だという方もいるでしょう。

しかし、だからといって分解してまでアイロン台を捨てる方法も面倒だと感じてしまうかもしれません。そのような方のためにもう1つ楽にアイロン台を処分できる方法についてご紹介します。その方法とは、アイロン台を処分するために不用品回収のプロに依頼して引き取ってもらうことです。

アイロン台を不用品回収のプロに引き取ってもらうメリット

不用品回収のプロである業者に依頼してアイロン台を引き取ってもらえば、不用品回収のプロが自宅まで処分したいアイロン台を引き取りに来てくれます。そのためアイロン台を自分で処分してくれる場所まで運ばなくてもよいため、楽にアイロン台を処分することができるかもしれません。また、引き取ってほしいアイロン台が複数ある場合でも、すべて引き取ってもらうことができるという利点もあります。

そのためアイロン台を粗大ゴミとして処分するよりも楽に処分することができるでしょう。不用品回収のプロに不用品回収を依頼すれば、即日でも対応してくれるので、すぐにアイロン台を処分しなくてはならないときにも向いている方法かもしれません。また、依頼する前に無料で見積もりをしてくれるところが多いので気軽に相談することもできるでしょう。

不用品回収業者に依頼するときの注意点

不用品回収業者にアイロン台の処分を依頼するときには注意しなくてはならないこともあります。不用品回収業者に依頼すれば楽に引き取ってもらえる反面、粗大ゴミとしてアイロン台を処分するよりも費用がかかる場合があるかもしれません。一度無料で見積もりをして料金プランを確認してから不用品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

入力フォームたった4項目。最短1分で5社の見積もりをいっぺんに比較することもできますよ。

\最短1分で無料査定できる!/

まとめ

粗大ゴミとしてアイロン台を出すには決まりが多く捨てる際の費用も必要です。アイロン台を捨てる方法は粗大ゴミに出す以外にも、分解して可燃ゴミや不燃ゴミとして手数料を払うことなく自治体によって処分してもらうこともできます。

だからといってアイロン台を分解してアイロン台を捨てる方法もなかなか困難といえるかもしれません。いずれにしてもアイロン台を捨てるのには少し手間がかかります。アイロン台を処分したいときには不用品回収のプロに依頼すれば楽に処分することができるかもしれないので、アイロン台を処分する際には検討してみてもよいかもしれません。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-12 12:21:44
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/122765/
便利屋・代行サービス
洗濯物にアイロンをかけるときには、アイロン台を使いますよね。アイロン台を使うときれいに効率よく洗濯物のしわを取ることができて、とても便利です。そんな便利なアイロン台も、古くなってくると表面の布がはがれたり、しわが寄ってきたりしてしまいます。その状態のアイロン台を使ってアイロンをかけると、かえって洗濯物にしわが寄ってしまうこともあるでしょう。そのため、アイロン台を新しく買い替える機会もあると思います...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!