生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッドフレームの処分はどうすればいい?ベッドの処分方法を解説

投稿日:2018-10-26 更新日:2020-10-12

ベッドフレームの処分はどうすればいい?ベッドの処分方法を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

買い替えや劣化といった理由で新しくベッドを買うとき、古いベッドフレームの処分が必要になることがあります。「ベッドフレームの処分ってどうすればいいの?」と首をかしげる方もいらっしゃるでしょう。ベッドのフレームはそうそう捨てるものではないだけに、いざ処分しようと思ってもどうすればいいのかわからないものです。

この記事では、ベッドフレームの処分方法をいくつかご紹介していきます。ベッドフレームは処分だけではなく、ベッドフレームの状態によっては買取に出すという選択もあるのです。また処分する際に気をつけたい点もあわせてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ベッドフレームは、粗大ごみで出すことも可能なんですが、分解しないといけないので手間がかかります。

そのため買取か不用品回収に出すのがベスト!

地域ごとの安い人気の不用品回収業者を探すなら「エコノバ」が便利です。

入力フォームたった4項目。最短1分で5社の見積もりをいっぺんに比較することもできますよ。

\最短1分で無料査定できる!/

ベッドフレームは小さくできれば粗大ゴミでだせるかも

ベッドフレームの処分として、自治体のゴミ回収を利用して処分できます。ベッドフレームはほとんどの自治体で「粗大ゴミ」として扱われていますので、お住まいの地域の「粗大ゴミ受付センター」に連絡して、回収の申し込みをする必要があります。

ベッドフレームの回収を依頼すると、解体を要求されることもあるでしょう。出し方のルールは自治体によって異なりますが、だいたいは「長さ~m以下」とサイズが決められていることが多いのです。処分サイズを指定された場合は、指定のサイズに解体しましょう。詳しくはお住まいの自治体にご確認ください。

また、ベッドフレームの処分だけではなく、マットレスの処分も考えている方は、マットレスの処分方法についても確認したほうがよいです。マットレスはベッドフレームとは別の粗大ゴミとして設定されているため、マットレス回収の申し込みが別途必要になります。

ベッドフレームは小さくできれば粗大ゴミでだせるかも

状態のいいベッドフレームは売ってみよう

ゴミとして捨てる方法以外に、買取に出すという方法があります。ゴミに出すしかないと思っていたものがお金になるかもしれない魅力的な方法です。しかし、どんなものでも売れるというわけではありません。ベッドフレームの処分で「買取に出す」という方法をとる場合は次の点に注意しましょう。

買取時にはベッドフレームの状態が大きく関係します。傷、へこみ、汚れといったものが目立つ場合は、買取額は期待できないでしょう。傷や経年劣化などがあまりにひどければ買取に応じてもらえないこともあるようです。また、使用年数が10年以上の古いベッドは、状態がよくても引き取ってもらえないことがあります。

マットレスもベッドフレームと同じく状態が重要です。マットレス表面の汚れやシミ、繊維のほつれや全体のへたりなどが目立つ場合は、買取を断られるかもしれません。

ベッドフレームとマットレスの両方にいえることですが、有名ブランドの物は買取に応じてもらいやすい傾向にあります。ブランド物であれば多少状態が悪くても、買取の査定依頼をする価値は充分にあるでしょう。

ベッドフレームやマットレスを売る場合は、お近くのリサイクルショップなどに持ち込むことで買取をしてもらえるかもしれません。買取業者のなかには「家具の高価買取」をうたっている業者があります。こういった業者はベッドフレームなどの買取も積極的におこなっている可能性が高いので、問い合わせてみるのもひとつの手です。

状態のいいベッドフレームは売ってみよう

ゴミ処理場に自己搬入しよう

傷や汚れで売り物にならない場合は、粗大ゴミとして出す以外に近くのゴミ処理場まで持って行くという方法もあります。ゴミ処理場は「クリーンセンター」とも呼ばれ、自分でゴミを持ち込むことによって廃棄処分してくれる施設のことです。回収時には費用が発生しますが、その料金はゴミの「重量」によって決められます。

ゴミの搬入方法としては、まず施設に入る前に計測棟で受付計量をします。車にゴミを載せたまま計量器で重さを量り、案内にしたがってゴミを下ろしにいきます。ゴミを下ろしおわったら再び計量器で車の重さを量り、最初の重量との差、つまりゴミの重さによって料金が決定するというものです。料金は各施設によって異なりますが、10㎏で200円ほどと考えておけば問題ないでしょう。

ゴミ処理場(クリーンセンター)へのゴミの直接持ち込みはその市に住んでいる市民の方のみという条件があったり、曜日によって回収するゴミの種類が異なったり、回収可能な時間などがあります。事前に確認しましょう。

困ったら不用品回収業者に頼ろう

「解体する時間がなくて粗大ゴミとしての処分がむずかしい」「車がなくてゴミ処理場まで持って行けない」という方には、不用品回収業者を利用しての処分をおすすめします。不用品回収業者とは、お金を払うことでゴミの回収をおこなってくれる業者のことです。多少の費用はかかりますが、手間と時間をかけずに処分することができます。

自分でやることは電話やメールといった方法で業者に問い合わせて、ベッドフレームの処分を依頼することです。だいたいの業者が家までゴミを引き取りにきてくれるので、ベッドフレームを運ぶ手段がなくても処分することができます。

業者によってサービス内容や料金が異なりますから、いくつかの業者に見積もりを取ることをおすすめします。対応や料金に納得できるところへ回収を依頼しましょう。また、ベッドフレームの処分だけではなく、ほかの不用品もいっしょに回収してもらうことで料金が割安になることもあります。

\最短1分で無料査定できる!/

困ったら不用品回収業者に頼ろう

まとめ

ベッドフレームの処分方法はいくつかあります。粗大ゴミとして出す場合は、あらかじめ自治体に電話などで問い合わせて手順を確認しておきましょう。ベッドフレームがまだ新しいものや状態のよいものは、リサイクルショップなどに買取の査定を依頼してもいいかもしれません。

捨てる場合は粗大ゴミとして出す以外に、ゴミ処理場(クリーンセンター)までゴミを運んで引き取ってもらうこともできます。ゴミ処理場までベッドフレームを運ぶ手段がある場合には、持って行って処分してもらうといいでしょう。

ベッドフレームを運ぶのが難しいという方や、時間をかけたくない方には不用品回収業者を利用することをおすすめします。業者によってはゴミを引き取りに来てくれるところもあるので、時間や手間がかかりません。いくつかの業者に見積もりを依頼し、料金や対応に満足できるところに依頼しましょう。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-12 12:24:16
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/120652/
便利屋・代行サービス
買い替えや劣化といった理由で新しくベッドを買うとき、古いベッドフレームの処分が必要になることがあります。「ベッドフレームの処分ってどうすればいいの?」と首をかしげる方もいらっしゃるでしょう。ベッドのフレームはそうそう捨てるものではないだけに、いざ処分しようと思ってもどうすればいいのかわからないものです。この記事では、ベッドフレームの処分方法をいくつかご紹介していきます。ベッドフレームは処分だけでは...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!