生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーブの処分方法を間違えると危険!おすすめの処分方法とは?

投稿日:2018-10-14 更新日:2018-10-14

ストーブの処分方法を間違えると危険!おすすめの処分方法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

お家のなかに、故障してしまったストーブや機能が古くなって使わなくなったストーブはありませんか?
「ストーブを処分したいとは思っているけど、捨て方がよくわからなくて面倒……」そう思っている方も多いのではないでしょうか。ストーブの処分方法を間違えてしまうと、大きな事故に発展する可能性もあるため、ストーブを処分するにはいくつかの決められたルールに基づいて処分しなければなりません。

今回はストーブの処分方法でお困りの方のために、ストーブの処分方法や処分費用などについて解説します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

ストーブを処分する前に

ストーブには、大きく分けて2種類あります。「石油ストーブ」と呼ばれる灯油を燃料にして温めるストーブと、「電気ストーブ」と呼ばれる灯油やガスなどの燃料の代わりに電気の力で温めるストーブです。これらのストーブを処分する前には、いくつか注意すべき点がありますのでご説明いたします。

石油ストーブの場合、ストーブの内部に石油が残った状態で処分すると、発火するおそれがあるため大変危険です。石油が余ってしまったり残ってしまったりしている場合は、必ず近くのガソリンスタンドやホームセンターなどでしっかりと処理してから処分するようにしましょう。

電気ストーブを処理する際は、電気ストーブ内の電池を抜くことを忘れないようにすることも必要です。電気ストーブのゴミの種類は各自治体によって異なるため、独自に判断することなく事前に確認し、適切に処分しましょう。

ストーブを処分する前に

ストーブの処分方法

ストーブを処分する準備が整ったら、適切にストーブを処分する必要があります。ストーブの処分方法はゴミに出す以外にも方法があるのです。ここではストーブの処分方法について、項目別にご紹介します。

①粗大ゴミに出す

ストーブをはじめとする暖房器具は、ほとんどの自治体で粗大ごみとして出すことができます。自治体によっては粗大ごみではなく不燃ごみとして出す場合もありますので、各自治体に確認してから処分するようにしましょう。

②家電量販店に引き取ってもらう

ほかの暖房器具などの購入時に、今持っているストーブを引き取ってもらうことが可能な場合もあります。レシートが必要になる場合など、店舗によって引き取りの条件もさまざまですので、一度お近くの家電量販店に電話などで確認してみることをおすすめします。

③リサイクルショップに出す

購入してあまり時間がたっていない製品に関しては、リサイクルショップに出して査定、買取を行ってもらうことも可能な場合があります。リサイクルショップによって、持ち込みの場合と出張での買い取りの場合があります。リサイクルショップに持っていく時間がないという方や、車などのストーブを運ぶ移動手段のない方には出張がおすすめです。

買取の価格に関しては、処分したいストーブの状態がきれいなほど高く付く傾向があるのはもちろんですが、ストーブを買取に出す時期によっても変わってくるようです。ストーブの需要が増えてくる寒い季節にそなえて、品ぞろえを増やすためにストーブを使う時期の少し前に査定を行うほうが、より高い値段で買い取ってもらえることが多いようですね。

④不用品回収業者へ依頼する

上記以外の方法としては、不用品回収業者に依頼しストーブを処分する方法があります。早めに処分したい方や、処分するために持ち運ぶことが難しい場合などにはおすすめです。料金は業者によって変わるため、いくつかの業者で料金を比較し、実績のある業者に回収を依頼しましょう。

ストーブの処分方法

ストーブの処分費用

さまざまなストーブの処分方法をご紹介しましたが、なかには処分時に費用がかかる場合もあります。料金を比較し、状況に合った処分方法を選びましょう。

粗大ゴミとして処分する場合の費用相場ですが、200円~400円ほどで処分できる自治体が多いようです。もちろん自治体によって費用は変わってきますので、一度各自治体にしっかりと確認をとりましょう。

不用品の回収業者に依頼する場合の費用相場は、約1,000円~2,000円のところが多いようです。ストーブの大きさやお住まいによっても料金は変動するので、信頼できる業者で見積もりをとることをおすすめします。

ストーブの処分は不用品回収業者へ依頼するのがおすすめ!

ご紹介したストーブの処分方法のなかでも、とくにストーブの処分手続きが比較的簡単で、回収までの時間が短いのが不良品回収業者に依頼した場合です。自治体に依頼する場合はストーブ回収の事前の予約や、回収チケットの購入など、すぐに依頼できない場合がほとんどです。しかし不良品回収業者は連絡をしてから30分後に見積もりを行ってくれるところもあり、迅速な運搬作業を行うことが可能です。

最近ではスマートフォンで撮った写真で見積もりをしてくれるところもあるので、気軽に見積もりを行うことが可能であることも魅力のひとつです。依頼した当日に回収してくれる業者もいるので、引越しなど時期からみて時間がない方、面倒な予約や事前の準備が嫌だ、という方にはとくに不用品回収業者をおすすめします。

ストーブの処分は不用品回収業者へ依頼するのがおすすめ!

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

ストーブは暖房器具なので、不手際から大きな事故に発展しないように注意する必要があります。ストーブを処分する際には灯油や電池などに細心の注意を払いましょう。

処分方法はさまざまな種類がありますので、お住まいの状況などから最適な方法を選び、正しく処分できる知識を身につけておくことも大切です。

不良品回収業者に依頼すれば、ストーブを処分するのに必要な手間を大幅に削減することができ、迅速に処分することも可能です。処分方法にお困りの場合は、不用品回収業者を利用してみませんか?

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-12 12:00:51
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119634/
便利屋・代行サービス
お家のなかに、故障してしまったストーブや機能が古くなって使わなくなったストーブはありませんか?「ストーブを処分したいとは思っているけど、捨て方がよくわからなくて面倒……」そう思っている方も多いのではないでしょうか。ストーブの処分方法を間違えてしまうと、大きな事故に発展する可能性もあるため、ストーブを処分するにはいくつかの決められたルールに基づいて処分しなければなりません。今回はストーブの処分方法でお...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!