生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

固定電話機や携帯電話を処分したい!捨て方から捨てるときの注意まで解説

投稿日:2018-10-08 更新日:2020-10-12

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

固定電話機や携帯電話を買い替える際に、古い電話機の処分方法が分からずに困ってしまうことはありませんか。どう処分したらいいのかを調べたら、住んでいる地域によって色々な処分のルールがあって難しかったり、処分費用がかかってしまうので処分をやめようかと考えてしまったりしてしまいますよね。

ここでは、そんな時にお役に立てそうな処分方法の例を説明します。また、どの方法が一番楽に捨てられるのかとにかく早く知りたいなどのお悩みを解決できるかもしれません。

ちなみに、処分に困る電話や精密機器をまとめて片付けたいなら、地域ごとの安い人気の不用品回収業者を探せる「エコノバ」が便利です。

入力フォームたった4項目。最短1分で5社の見積もりをいっぺんに比較することもできますよ。

\最短1分で無料査定できる!/

固定電話機は小型家電リサイクル法の対象

2013年4月1日から、小型家電リサイクル法が施行されました。小型家電リサイクル法とは、パソコンや携帯電話といった小型の家電製品を各自治体で回収し、その部品に使われている金属をリサイクル資源として有効活用しようという目的で定められました。

以前施工された家電リサイクル法はリサイクルの対象が大型家電のみで、小売業者が回収し製造メーカーがリサイクルをおこなうものでした。いっぽうの小型家電リサイクル法は、対象が小型家電製品の携帯やゲーム機など種類が多く、自治体が回収し自治体の認定業者がリサイクルをおこないます。

処分にかかる費用については、家電リサイクル法は対象品目によって定められているのに対して、小型家電リサイクル法では市町村によって違いがあります。

各自治体が独自の方法を決めてスタートしたため、地域によって方法が異なり住民が困惑してしまうこともあるようです。会社や自宅で使われる固定電話機、携帯電話もその対象となっているので、携帯電話を処分する際はお住まいの自治体のホームページなどで情報を確認してみましょう。

固定電話機は小型家電リサイクル法の対象

固定電話機は売ることも可能

電話機は小型家電リサイクル法により、処分の際に自治体によっては負担費用が発生してしまうことがあるかもしれません。そこで損をしない電話機の捨て方として、中古品買取業者などに売却の相談をしてみてはいかがでしょうか。

電話機の機能や状態によって買取価格は異なってきますが、処分に費用がかかってしまうより良い方法ではないでしょうか。中古品の買取価格は数百円から5,000円前後とさまざまです。状態の良さや、どのメーカーの製品か、そして機能や付属品などで買取価格が変わってくるそうです。また買取業者によっては店舗持ち込みだけでなく出張での買取にも応じてくれるところもあるので、お近くの買取業者に相談してみましょう。

携帯電話は回収ボックスへ

携帯電話はほんの数年で機種変更が必要となることが多いため、処分方法に困っている方は多いのではないでしょうか。携帯電話も小型家電リサイクル法の対象となり、自治体ごとに定められた処分方法があります。

自治体によっては区役所やスーパーマーケット、さらには家電量販店などいろんな場所に携帯電話用の回収ボックスを設置しています。設置場所は、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

また携帯電話の機種変更や新規契約の際に、店舗で古い携帯電話を回収してくれる場合もありますので店員に聞いてみるといいでしょう。携帯電話の処分方法について紹介しましたが、携帯電話は個人情報や機密情報がたくさん記録されているため、処分の際にはデータ消去をすることをおすすめします。

携帯電話は回収ボックスへ

電話機を売るときはデータを消去しよう

電話機を処分するときはもちろんのこと、電話機を売る際にはデータ消去を忘れないようにしましょう。電話機には他人に知られてしまうと、のちのちトラブルになりかねない情報がたくさん詰まっています。たとえば、電話帳に登録されている知人の連絡先や契約書類の写しなどです。

電話機に個人情報や機密情報が残ったままですと、誰かに悪用や流出されてしまうなどの危険があります。電話機の持ち主本人だけでなく、知人にもトラブルがおよんでしまうかもしれません。データ消去は自分の身を守るだけではなく、知人の個人情報をもらさないためにも必要といえるでしょう。

データ消去の方法としては、説明書に沿って設定画面などからデータ消去をおこなう方法があります。やり方がよく分からなければ、製造メーカーのサポート窓口や販売店などに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

急いでいるときは不用品回収業者に依頼しよう

小型家電リサイクル法によって、各自治体で電話機の捨て方にはばらつきがあります。そのため、いざ処分したいというときに調べるのに時間がかかってしまったり、回収ボックスや店舗が近くになかったりして不便に感じることもあるかもしれません。忙しいときにそういった手間を避けるには、不用品回収業者に依頼するのもいい方法がおすすめです。

全国に数多くの不用品回収業者がありますが、それぞれのサービスに特徴や魅力があります。ご自宅まで出張で見積もりに来てくれる業者や、遅い時間まで営業している業者、処分費用または買取価格について他業者に比べて自信がある業者などさまざまです。急いでいるときこそ不用品回収業者に相談することで、より短時間であなたに合った方法が見つかるのではないでしょうか。

\最短1分で無料査定できる!/

まとめ

電話機の処分は小型家電リサイクル法により、自治体ごとに処分方法が決められています。まずは、お住まいの自治体ホームページなどで情報を確認してみましょう。処分には負担費用がかかる場合もあるかもしれませんが、費用がかからない処分方法の例として、中古品買取をしている業者に売却することもできます。

また、店舗などに設置されている回収ボックスに持ち込むこともできます。いずれの処分方法でも、電話機のデータ消去をおこなうことは忘れないようにしましょう。

処分方法を調べたり実際に処分するまでの手順が難しい、引っ越しなどの理由で処分をとにかく急いでいるという場合には、不用品回収業者に相談してみることも検討してみてはいかがでしょうか。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:3.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-12 12:25:44
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119295/
便利屋・代行サービス
固定電話機や携帯電話を買い替える際に、古い電話機の処分方法が分からずに困ってしまうことはありませんか。どう処分したらいいのかを調べたら、住んでいる地域によって色々な処分のルールがあって難しかったり、処分費用がかかってしまうので処分をやめようかと考えてしまったりしてしまいますよね。ここでは、そんな時にお役に立てそうな処分方法の例を説明します。また、どの方法が一番楽に捨てられるのかとにかく早く知りたい...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!