生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きさが違うとゴミの分類も違う!発泡スチロールの処分方法について

投稿日:2018-10-06 更新日:2018-10-10

大きさが違うとゴミの分類も違う!発泡スチロールの処分方法について

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

発砲スチロールは、スーパーのトレーや果物を入れるために使われる非常に便利な素材です。そのため、気づいたら家に発泡スチロールがたまっていたということも少なくありません。しかし、「発泡スチロールはなにごみで出していいかわからない……」なんてことはありませんか?

使い終わっていらなくなった発泡スチロールを処分するには、どうしたらよいのでしょうか。さらに、大きい発泡スチロールや大量の発泡スチロールの処分方法を詳しく知っているかたも少ないかと思います。
そこで今回は、一般的な発泡スチロールから大きい発泡スチロールまでの処分の方法をご紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

発砲スチロールの処分は自治体によって違う

発泡スチロールは、断熱性があり、軽くて丈夫でなおかつ水を通さないため、生鮮食品の鮮度を保つためや家電製品を衝撃から守るために使われています。普段から発泡スチロールを手にする機会も多く、気づいたら家に発泡スチロールがたまって、処分に困ってしまうことも少なくありません。では、使い終わった発泡スチロールはどのように処分したらよいのでしょうか。

いらなくなった発泡スチロールを処分する方法として、一般的には自治体にゴミとして出すことが多いと思われます。しかし、発泡スチロールは「可燃ごみ」や「資源ごみ」だけではなく、「不燃ごみ」としても扱われる自治体があるため、どの種類のごみとして出すのか事前に把握しておくことが必要です。

もし、発泡スチロールをなにの種類のごみとして出してよいかわからないときには、お住いの自治体のホームページを確認するもしくは問い合わせてみましょう。

発砲スチロールの処分は自治体によって違う

大きな発泡スチロールはどうしたら……

家電を梱包する発泡スチロールには、比較的に大きい発泡スチロールが使われています。このような大きな発泡スチロールを処分するときは、そのまま「可燃ごみ」「資源ごみ」「不燃ごみ」として出すことはできません。

大きな発泡スチロールは、サイズによって粗大ごみとして扱われてしまうことがあります。どのサイズの発泡スチロールから粗大ごみとして扱われるは、各自治体によって変わるので確認をしておきましょう。
大きな発泡スチロールを粗大ごみとして処分をしたくないときには、小さく切り分けて一般ごみとして出す方法があります。

体重を利用して砕いて分ける場合

体重を利用して発泡スチロールを砕いて分ける場合には、最初に砕いて分けたい発泡スチロールを袋にいれましょう。発泡スチロールを袋に入れたら、砕きたい箇所にひざや足などを用いて体重をかけて砕きましょう。袋に発泡スチロールを入れておくことで、砕いたときに細かな発泡スチロールが袋から外に出ていくことを防ぐことができます。

手動や電動カッターを利用して切り分ける場合

手動や電動カッターを利用して切り分ける場合には、手動カッターを使うか電動カッターを使うかで大きく異なります。手動カッターを使うときは、カッターをのこぎりのようにして発泡スチロールを切り分けましょう。しかし、一般的なカッターを使うと、発泡スチロールを切ったときのかけらや小さなごみが発生することがあるため気を付けて切りましょう。

一方、電動カッターは、カッターの線に熱を発生させ、その熱を用いて発泡スチロールを溶かすことできることができます。この電動カッターは、手動カッターを使ったときに発生した発泡スチロールのかけらや小さなごみがかなり減ります。
しかし、熱を用いて発泡スチロールを切り分けるため、スイッチを入れているときは、カッターの線が非常に熱くなっています。そのため、カッターの線に触れるとやけどするおそれがあるため、十分に気を付けて使いましょう。

大きな発泡スチロールはどうしたら……

食品トレーなどの小さなものはリサイクルボックスを利用

大きな発泡スチロールではなく、スーパーとかで野菜や魚を購入したときについているトレーに発泡スチロールが使われています。トレーに使われている発泡スチロールは、スーパーに設置されているリサイクルボックスを利用することで、トレーである発泡スチロールを処分することができます。

このリサイクルボックスを利用するには、食材を入れた後のよごれたトレーである発泡スチロールは入れることができません。そのため、簡単に水洗いなどをおこない、トレーをきれいにしてからリサイクルボックスに入れましょう。スーパーによって、リサイクルボックスの利用方法や注意事項などのルールが異なるときがありますから確認をしてから利用しましょう。

食品トレーなどの小さなものはリサイクルボックスを利用

大量の発泡スチロール処分は不用品回収業者におまかせ

一般に家庭ごみとして大量の発泡スチロールが出ることは少ないですが、家具を買ったときや引っ越しの梱包に使ったときに大量の発泡スチロールが出てしまうこともあります。
この大量の発泡スチロールを処分する方法として、粗大ごみとして処分する方法や砕いたり切り分けたりして小さくして一般ごみとして出すのが一般てきです。

しかし、大量の発泡スチロールの処分は、粗大ごみとしての費用や一般ごみとして出すための手間がかかります。そこで、大量の発泡スチロールを処分する際には、不用品回収業者をおすすめします。不用品回収業者に依頼すれば、発泡スチロールを回収しに来てもらえることもあるため、粗大ごみとして出したり切り分ける手間もなくなります。

大量の発泡スチロールがあって処分したい人や手間をかけずに処分したい人は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

普段からスーパーのトレーや家電の梱包などで発泡スチロールを使われている機会はたくさんあります。発泡スチロールは自治体によってごみの分別する種類がことなるため、確認をしてから発泡スチロールを捨てることが大切です。

食品トレーなどの小さなものは、リサイクルボックスを使うことができる場合もあるので利用してみてはいかがでしょうか。大きな発泡スチロールは、粗大ごみとしてだすか小さく切り分けて一般ごみにしてだしましょう。

粗大ごみの回収期間まで待てない方や大量の発泡スチロールを処分する手間をなくしたいという方は、発泡スチロールを処分してくれる業者へ一度相談してみることをおすすめします。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-10 11:03:03
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119182/
便利屋・代行サービス
発砲スチロールは、スーパーのトレーや果物を入れるために使われる非常に便利な素材です。そのため、気づいたら家に発泡スチロールがたまっていたということも少なくありません。しかし、「発泡スチロールはなにごみで出していいかわからない……」なんてことはありませんか?使い終わっていらなくなった発泡スチロールを処分するには、どうしたらよいのでしょうか。さらに、大きい発泡スチロールや大量の発泡スチロールの処分方法を...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!