生活110番ニュース 窓・ドアの修理・防犯

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドアノブが壊れた!そんな時ドアノブのガタつきは自分で修理できる?

投稿日:2017-10-31 更新日:2018-10-01

ドアノブが壊れた!そんな時ドアノブのガタつきは自分で修理できる?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが暮らす家の中には至る所にドアがあり、ドアの数だけドアノブがあります。
一口にドアノブといっても仕様や強度はさまざまですが、中でも使用頻度が高いわりに耐久性が低く「ドアノブが壊れた!」といって修理の依頼が多いのは、トイレや浴室だといわれています。

毎日さわっているうちドアノブはガタつきが出てくるのに、故障のサインに気がつかず「閉じ込め事故」の被害にあう人は意外に多いといわれています。

今は防音効果の高いマンションに一人で暮らしをしている方も多くいらっしゃいますが、そんな状況で、もしもドアノブが壊れて「閉じ込め事故」がおきたとしたら?……考えただけでも恐ろしいですね。閉じ込められるその前に!ドアノブが壊れたときの対処法を知っておきたいものです。

そこで今回はドアノブに焦点をあてて、ご自身で行うことができる修理方法や、ちょっとしたコツをご紹介していきます。

ドアノブのガタつき以外にもある。ドアノブ不調のサイン

ドアノブが壊れた!となる前には、ドアノブにガタつきが見られる以外に、一体どのようなサインがあるのでしょうか?

■ドアノブ不調のサイン

・ドアノブのグラつきが大きくなってきた。
・ドアの開閉が重くなったような気がする。
・ドアを開閉すると変な音がするようになった。
・ドアを閉めても、きちんと閉まらなくなった。
・ドアを閉めても、勝手に開くようになった。
・レバータイプのドアノブが、ドアを閉めても元に戻らない

以上のような不調は、ドアノブが完全に故障する前のSOSサインです。

ドアノブから手に伝わる感覚というのは、非常に微妙なものなので、一瞬「あれ?なんかいつもと違うな~」と感じつつも、そのまま使い続けるうちに慣れていき、違和感がなくなってしまう可能性があります。

その結果ある日突然ドアノブが壊れ、開けられなくなってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?
      ドアノブのガタつき以外にもある。ドアノブ不調のサイン

ドアノブが壊れて開けられないときの対処法

例えばトイレのドアノブが壊れた場合でも「ラッチ」さえ可動するなら「ラッチ」を直接引っ込めることで、簡単にドアを開けられますので、あわてずに試してみましょう!

■対処法

まず診察券や免許証のように、薄くて折れにくいカード状のものを用意します。
ドアとドア枠の間には、少しのすき間がありますので、そのすき間からドアノブの位置に合わせてカードを滑りこませれば「ラッチ」の三角に尖った先端が押され、簡単にドアが開けられます。
(もし手元にカードがないなら、トイレットペーパーの芯を広げて代用してもよいでしょう)

反対にドアの外側から開けたい場合は、針金などを「くの字」に曲げて、すき間に差し込みます。そして「ラッチ」の反対側に針金を当てて、手前に引くようにすれば、簡単にドアが開けられます。

ただし「ラッチ」の先端が四角形で、自然に閉まらないタイプの場合には、このような手段で開けることは難しいので、ドアノブごと外さなければなりません。

ドアノブが壊れたときの外し方

ドアノブにもさまざまな種類があるため、外し方も異なりますが、一般的にドアノブはドアに差し込んでネジで固定してあるだけなので、比較的簡単に取り外しができるといわれています。
ここではドアノブが壊れた場合や、ドアノブにガタつきが出てきた場合の外し方として「水平レバー」のドアノブを外す手順をご紹介します。

(1)部屋の内側のドアノブを外す
ドアノブの付け根部分をよく見ると、横側や真下に小さな穴があります。
その穴に「マイナスドライバー」の先端を差し込んで軽く押しながら、ドアノブを引っ張ると、簡単に外れます。(ドアを傷つけないように注意してください)

(2)「座」の部分を外す
ドアノブの土台部分のカバーを「座」といいます。「座」が縦長で、上下をビスで固定しているタイプなら、そのビスを「プラスドライバー」で外せば、同時に「座」もドアから外れます。
そうしてから、ドアの外側(反対側)の「ドアノブ」と「座」も、一気に引き抜きます。

(3)「新品のドアノブ」を取り付ける
取り外すときと反対の手順で元に戻すように取り付けていけば大丈夫なので、あとは最初と逆の手順で「ドアノブ」と「座」を取り付けて完成です。

完成したら最後にドアを開閉したりして「ドアノブ」が正常に作動するか確認しましょう!

ドアノブの付け替えは簡単!ラッチについて

■ドアノブの「ラッチ」とは?

ドアノブの「ラッチ」は、正式名称を「ラッチボルト」といい「空締め」のドアノブ脇に取り付けられている、先端が三角形のボルトのことです。

■「ラッチ」の仕組み

通常はスプリングの作用で、ドアノブ脇から常に三角形の先端が突き出すようになっており、ドアを閉めるとき、ドア枠側の「受け座」(ストライクプレート)の縁にあたって「ラッチ」が押し戻され、完全にドアが閉まると「受け座」に「ラッチ」が収まって、自動的にドアが「仮締め」される仕組みとなっています。

■「ラッチ」は消耗品

しかしこの「ラッチ」は消耗品ですので、ドアを長年使用するうちに、スプリングの力が弱くなったり、故障したりすることがありますので、状況に応じて交換が必要となります。
ドアノブが壊れた場合やドアノブにガタつきが出たときは、この「ラッチ」が故障しているケースも考えられますので、よく確認してみましょう。

■「ラッチ」の入手方法

(1)外した「ラッチ」を持っていき、ホームセンターなどで探して購入する
(2)品番を元にインターネットで検索し、通販で購入する
(3)メーカーのカスタマーサービスに連絡して、入手方法を問い合わせる

ドアノブが壊れた場合や、ドアノブにガタつきが出て「ラッチ」の交換をするときは、業者に依頼することも可能ですが、今では新品を簡単に入手することができますし、正しい手順をふめば素人でも簡単に「ラッチ」の交換ができるといわれています。興味のある方は試してみるのも良いかもしれません。

■ドアノブ交換には補助金を申請できる場合も!

ドアノブが壊れた場合や、ドアノブにガタつきが出ていなくても「おじいさんが要介護認定されたのを機に、操作しやすいドアノブに交換しようかな?」……このような理由で、ドアノブ交換を検討なさるご家庭もあると思います。
そのようなバリアフリー工事の場合、必要条件を満たしているご家庭であれば、介護保険の制度の一部として「助成金支給対象」になる可能性があるのです。
こうした制度はその時々によって内容が変更されますので、利用する際は最新の情報を取り寄せ、事前に確認したうえで、申請するとよいでしょう。
又、独自の補助金制度を実施している地域もあるようですので、まずはお住まいの自治体の助成制度について調べてみると、思わぬ発見があるかもしれません。
      ドアノブの付け替えは簡単!ラッチについて

まとめ

いかがでしたか?私たちが暮らす家や、その他の建物にはさまざまな扉があり、そこに付けられているドアノブは次第に劣化していきます。

みなさんもこれまでに「なんとなくドアノブの調子が悪い」と感じられたことがあると思いますが、放置しているとドアノブが急に壊れる可能性があり、万が一の場合には閉じ込められてしまうかもしれず危険です。

普通の大人でも携帯電話が常に手元にあるとは限りませんので、助けを呼ぶ手段がないため、長時間に渡って脱出できないという深刻な事態も起こり得ます。小さなお子様や介護が必要な高齢者が住んでいるご家庭では、特にメンテナンスに気を配りたいものです。

「ドアノブが壊れた!」となって閉じ込められてしまうその前に、一度ご自宅のドアノブにガタつきがないか、点検してみてはいかがでしょうか?

ドアノブ修理 を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「ドアノブ修理」をご覧ください。

ドア以外の建具も対応!
プロが迅速に対応します!
※対応エリアや加盟店によって変わります
サッシや引き戸、開き戸などのドアや建具のあらゆる交換・修理はお任せください!お客様の目的やご要望に合わせて「依頼してよかった」と思える最適な施工を行います。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
引き戸やフラッシュドア、木製ドア、サッシなどに対応しています
ドアノブ修理 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:みか
ライターとして心がけていることは、世の中で役立つ情報を発信すること。情報収集・リサーチを欠かさず、最新の情報を発信できるよう日々努めている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-01 15:24:17
https://www.seikatsu110.jp/window/wd_doorknob/15509/
窓・ドアの修理・防犯
私たちが暮らす家の中には至る所にドアがあり、ドアの数だけドアノブがあります。一口にドアノブといっても仕様や強度はさまざまですが、中でも使用頻度が高いわりに耐久性が低く「ドアノブが壊れた!」といって修理の依頼が多いのは、トイレや浴室だといわれています。毎日さわっているうちドアノブはガタつきが出てくるのに、故障のサインに気がつかず「閉じ込め事故」の被害にあう人は意外に多いといわれています。今は防音効果...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

窓・ドアの修理・防犯 ドアノブ修理

ドアノブ修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

ドアノブ修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!